ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

TwitterlogFacebookWebSitePixiv

【ブログ目次】

▼創作活動
創作サークル『Language×Language』

▼語学
外国語と日本語の架け橋

▼本・漫画など
書評(感想)
漫画感想(レビュー)

▼最近感想を書いている小説・漫画・アニメなどのページ
アクションヒロイン チアフルーツ(第3話)
小林さんちのメイドラゴン(第12話)
けものフレンズ(最終話)
響け!ユーフォニアム2(最終話)
UQ HOLDER!(第6巻)
キラキラ☆プリキュアアラモード(第18話:別ブログ)

▼昔書いていたアニメ・漫画・感想記事
コードギアス反逆のルルーシュ
機動戦士ガンダムOO
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
機動戦士ガンダムSEED(大昔のサイト)
けいおん!!(college&highschool(&映画))
アニメ涼宮ハルヒシリーズ(映画『消失』)


【有料コンテンツ】
1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
2:WEBで収入と創作を加速させる方法

▼その他にやっているブログ
→姉妹ブログ(最近はプリキュア中心):Girlls Fiction Fan Blog-少女創作ファンブログ-
→ビジネス:個人自由業者になりたい方へ贈るビジネスの基礎講座

「本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介」という記事を新「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様に寄稿させて頂きました。

koenokatachieyecatch2

170918koenokatachi1

170918koenokatachi2

 相羽です。

 今回、最近スタートした「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介/マンガタリ


 という記事を寄稿させて頂きました。

 これからは、自分のブログだけでなく、時々こういう外部メディア向けの文筆業もやっていこうかな〜などと思っていたりです。

 打ち切られなければ(苦笑)、一、二週間に一本くらいのペースで色々な漫画の記事を書いていくという話に今のところなっております〜。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、SNS等で拡散してやって頂けたらさらに喜びます〜。

・補遺となる、当ブログでの映画『聲の形』の感想記事はこちら↓

映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

2016年「アニメ作品」ベスト10〜過去の悲しい出来事を受け取り直し始める震災から五年後の想像力(ネタバレ注意)

→聲の形


SocksOwlゆず原画展・スミレグラス・エグゼイド対キュアぱず

 相羽です。

 僕の電子書籍の表紙なども描いて頂いたりしている柚山さん(Twitter)(ゆずさん(Twitter))の原画展が開かれるとのこと。↓

9月21日〜10月10日 SocksOwlゆず原画展 yuzu_ten/イベント公式サイト

 開催場所は、うちのブログ的にはxaviさん(Twitter)が個展を開いたりしていたニジノ絵本屋さん(Twitter)です!

 僕が見に行った2013年のxaviさんの個展の時からは、場所を移動してたりするのですけどね。


参考:個展「なないろのそれ」に行ってきました


 ちなみに最近のxaviさん。↓

(「ざびノート」…書籍化してほしい…。ちなみに「デスノート」ではない…。)

 このSocksOwlゆず原画展『yuzu_ten』、続きを読む

パインは持久力

 相羽です。

 僕が執筆したとある漫画の紹介記事が、近々僕のブログとは別の媒体で出る予定です。

 温かい感じの文章にしたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 公開されましたら、またお知らせしますね。

 ◇◇◇

 Twitterを始めて8年くらい、初めてヘッダー画像というものを入れてみました。

170914twitter

 w。

 姉さんが動物園で撮影してきたパンダの写真ですね。

 色々試し中なので、また変えるかもしれませんが。

 まったり系が良いですよね。自分に権利があるシロクマ写真とかあればイイんですが……。続きを読む

小説『非幸福者同盟』第260節「モウイチド!」を更新

asumiforkakuyomu2

 相羽です。

 「歴史建造物擬人化×能力バトル」な郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』、最新・第260節(第257節)「モウイチド!」を本日公開です。

 長めだった物語ですが、ラスト二話(/全十三話)に突入中です。

 もうちょっと言うと、今回を含めて完結まで残り十九節です。第十二話に関しては今回更新分を含めてあと二節。

 今回更新分もですが、ここまでくると、よくここまで来られたな〜としみじみしながら毎回書いている感じです。読者さんもありがとう。

 最新節は現在、月一ペースで「カクヨム」様と「小説家になろう」様で同時公開という形で進めております。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら(最近リニューアルいたしました。)↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 まぎらわしいですが、「カクヨム」様と「小説家になろう」様で最新節の数字が違うのは、「カクヨム」様版は作品冒頭に3節分「プロローグ」が追加されてるからです(+3節分になってる)。今回更新分(最新節分)のエピソード内容には、両者違いはありません。

 以下、少しライナーノート的な小話。続きを読む

FGO感想・プレイ日記29〜イベント「ネロ祭」が始まっていた頃

ブログネタ
Fate/Grand Order に参加中!
 相羽です。

 2017年9月の期間限定イベント「ネロ祭再び 〜2017 Autumn〜(こちら)」に参加中です。

170907fgo2
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 イベント限定星5概念礼装「バトル・オリンピア」もゲットしました。初秋は、ネロ皇帝を称えて過ごそう……。

 TYPE-MOONのスマートフォン用ソーシャルゲーム、FGOこと『Fate/Grand Order』の感想・プレイ日記などです。公式サイトはこちら。↓


『Fate/Grand Order』(公式サイト)


 「ネロメダル〔金〕」のドロップ数が増える「バトル・オリンピア」ですが、サポート編成の不夜城のキャスターさんLv.100に付けたら、エラくフレンドさんに使って貰えるようになりましたよ(フレンドポイントがめっちゃ貯まっている)。

 今回のイベントの抽選式交換所、通称「ボックスガチャ」は歴戦のFGOガチ勢でも本気出すくらい(アイテム獲得とかの点で)すごいことらしく、たぶんフレンドさんの何人かのFGO廃人(え)の人とかがやる気出してるものと思われます。

 一方ブリュンヒルデさん目当てでチャレンジした、僕の今回のイベントのガチャ結果は……。続きを読む

小説『非幸福者同盟』第260節(第257節)「モウイチド!」・予告

 もう一度、この言葉を使うよ。

 アスミと。

 それとこの世界と。


「『共存・開始』」


 最新・第260節(第257節)「モウイチド!」/「カクヨム」および「小説家になろう」にて9月9日(土)に公開。(小説『非幸福者同盟』)


---

 ティザー的に。

 郷里的「歴史建造物擬人化×能力バトル」なオリジナル小説『非幸福者同盟』。

 「大仏様」のPVが伸びてますが(笑)、こちらもクライマックスです。

 月一連載で、ラスト二話(/全十三話)部分を現在更新中となっております。

 長めの作品となりましたが、完結まで残り十九節となります。

 第十二話に関しては、この節を入れて残り二節ですね。

 そこから、最終話「大楼閣と古の戦艦」に入っていきます。

 物語の結末、見届けてやって頂けたら喜びます〜。

 読めるところをまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう

小説『非幸福者同盟』イントロダクション&登場人物紹介


 累計46000PV達成も感謝です。続きを読む

新作小説『大仏転生』第二話「大仏様、総理大臣に会う」を「小説家になろう」様で公開しました。

 相羽です。

 昨日、「小説家になろう」様で公開した新作小説『大仏転生』。

 最近の『非幸福者同盟』最新話公開時よりも初動のPV数がたいへん多いですw。

 やはり「なろう系」にチャレンジしてみてるのが良いのか、時代が大仏様を求めているのか。

 そんな感じで、気がつくと大仏様になっていた俺が、巨乳女子高生を助けたりしつつ、末法の世の不届き者たちに俺TUEEEする、痛快救世系アクション物語…………という感じのこの小説、本日は第二話「大仏様、総理大臣に会う」を公開です。

 ここまで(文章量的にも)サクっと読めると思うので、こちらをクリックして読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


『大仏転生』/小説家になろう

新作小説『大仏転生』を「小説家になろう」様で公開しました。

 相羽です。

 「異世界転生」「ハーレム」「俺TUEEE」などなどの要素を持つ、いわゆる「なろう系」と呼ばれる小説。

 個人的に何となく否定的に捉えていたのですが。

 とはいえ、否定的に捉えるとか、そうでもないとか、実際に自分で書いてみてからだよな〜と以前から思っており……。

 そんな訳で実際に書いてみました。

 気がつくと大仏様になっていた俺が、巨乳女子高生を助けたりしつつ、末法の世の不届き者たちに俺TUEEEする、痛快救世系アクション物語…………という感じの小説です。

 第一話は(文章量的にも)さくっと読めると思うので、こちらをクリックして読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


『大仏転生』/小説家になろう

FGO感想・プレイ日記28〜夏の水着イベント(2017年)のストーリー感想―どちらの虚構を選ぶのか?

ブログネタ
Fate/Grand Order に参加中!
 相羽です。

 2017年夏の期間限定イベント、前編である「デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜(こちら)」および後編である「デスジェイル・サマーエスケイプ 〜罪と絶望のメイヴ大監獄2017〜(こちら)」に参加しておりました。

170831fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 今年の僕の「夏らしいこと」の大部分は『FGO』が占めていたのだった……。

 TYPE-MOONのスマートフォン用ソーシャルゲーム、FGOこと『Fate/Grand Order』の感想・プレイ日記などです。公式サイトはこちら。↓


『Fate/Grand Order』(公式サイト)


 「マハトマ」をはじめ、エレナ・ブラヴァツキー女史が「虚構的なもの」を見ていたということを守るために、トーマス・エジソンさんとニコラ・テスラさんが立ち上がりチーム「サティスファクションE∴T∴E」を結成するという出だしだったりする今回。

 「虚構的なもの」の意義を守るというのは、最近の『FGO』ではよく出てくるテーマであります。

 今回の記事は、期間限定イベント「デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜」&「デスジェイル・サマーエスケイプ 〜罪と絶望のメイヴ大監獄2017〜」のストーリーは(テーマ的に)この後の第1.5部、あるいは第2部の圧縮になっているという予測から、ストーリー感想を書いてみます。

 以下、今回のイベントのストーリーに関してネタバレで書いてますので、注意です。続きを読む

アニサマ2017の1日目でSOS団が復活

 相羽です。

 本ブログ的にはアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒ役の役者さんの平野綾さんのこちらのブログ記事、読みながら涙ぐんでしまいました。↓

 「SOS団」が平野綾さん(涼宮ハルヒ役)、茅原実里さん(長門有希役)、後藤邑子さん(朝比奈みくる役)のオリジナルメンバーで復活。

 また、最近は当ブログ的には『Wake Up,Girls!(感想)』の監督という感じですが、「ハルヒダンス」の生みの親でもある山本寛監督もリハーサルを見に行った時の感想をブログにアップされております。↓

 こちらもグっとくる……。

 谷川流先生の原作小説『涼宮ハルヒの憂鬱』、京都アニメーション制作でアニメーション化されているのは『涼宮ハルヒの消失』まで。

 その後、最新刊の『涼宮ハルヒの驚愕』まで読んでいると、(もし、この先の物語が執筆されるなら)未来において、どこかのタイミングで、


・SOS団の解散


 があるのが予想されます(未来軸朝比奈みくるさんの描写より)。

 なのですが、けっこう温かい作品なので、最終的にはそこからの何らかの形での「SOS団の再合流」までが射程に入っている作品なんじゃないかと個人的には感じております。

 原作小説の続きが中々執筆されないので、京都アニメーションさんが先行して「ポスト・ハルヒ」的な文脈の作品を作っているというのは、これまで何度か記事にしてきました。↓


参考:『涼宮ハルヒの消失』と『境界の彼方』との関係について(『境界の彼方』第8話〜第11話感想)

参考:『ハルヒ』放映開始から十年、京都アニメーションがここまで進めた「日常」と「非日常」にまつわる物語〜『無彩限のファントム・ワールド』最終回の感想(ネタバレ注意)

参考:映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)


 今回の「Animelo Summer Live 2017」でのリアルの方の「SOS団」の再合流も、原作小説とは異なる異相で、『ハルヒ』の先が実現した出来事だったのかもしれません。





●当ブログの『ハルヒ』シリーズ感想記事

『涼宮ハルヒの憂鬱』アニメ版の感想
谷川流『涼宮ハルヒ』シリーズ原作小説の感想
WEB小説その2

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』を月一更新でWEB連載中。

 2017年9月9日(土)、最新・第260節(第257節)「モウイチド!」が公開です。現在ラスト二話部分、完結まで残り十九節です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計46000PV達成感謝。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

WEB小説その1

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

 小説『こちら街アカリの復興部!』。(最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位ありがとうございます!)

 2017年6月19日(月)、最終節「エピローグ〜北へ」を更新して完結いたしました。↓

「ノベラボ」様で読む。

WEB小説その3

 気がつくと大仏様になっていた俺が、巨乳女子高生を助けたりしつつ、末法の世の不届き者たちに俺TUEEEする、痛快救世系アクション物語。

 おもむろに更新中。

大仏転生/小説家になろう

小説色々


 <NEW>S市(仙台)が舞台のオリジナル小説シリーズ。前作『妹の紋章』のKindle電子書籍版が2014年8月12日より販売開始中です。「妹萌え×地域復興×バトル」の物語。WEB版は最終的に40000PV、5700ユニークアクセス感謝でした。詳しくはこちらのブログ記事より。
 Amazonさんのサイトからアプリをダウンロードして、各種スマートフォンで読んで頂けます。

追記:2014年8月12日、Kindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位感謝! 新記録で地味に嬉しい……。

 ◇◇◇

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!↓



 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

Advertisements@ガンダムシリーズ
ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

最新のトラックバック
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール
管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

管理人、相羽の創作活動

▼メインで運営している小説や漫画の創作活動のホームページ
Language×Language

●Amazonさんで販売している同人誌はこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ