ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

TwitterlogFacebookWebSitePixiv

【ブログ目次】

▼本・漫画など
書評(感想)
漫画感想(レビュー)

▼最近感想を書いている小説・漫画・アニメ・ゲームなどのページ
ゾンビランドサガ(第3話)
少女☆歌劇 レヴュースタァライト(最終話)
仮面ライダージオウ(第2話)
響け!ユーフォニアム2(『リズと青い鳥』)
ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第4話)
『FGO』感想・プレイ日記(Lostbelt No.1)
HUGっと!プリキュア(第22話:別ブログ)

▼昔書いていたアニメ・漫画・感想記事
コードギアス反逆のルルーシュ
機動戦士ガンダムOO
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
機動戦士ガンダムSEED(大昔のサイト)
けいおん!!(college&highschool(&映画))
アニメ涼宮ハルヒシリーズ(映画『消失』)


▼語学
外国語と日本語の架け橋

【有料コンテンツ】
1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
2:WEBで収入と創作を加速させる方法

▼その他にやっているブログ
→姉妹ブログ(最近はプリキュア中心):Girlls Fiction Fan Blog-少女創作ファンブログ-

▼メルマガ
創作者のためのマーケティングエッセンス

太鼓ドンドコ攻撃に衝撃/二之巻「咆える蜘蛛」/仮面ライダー響鬼感想


 「中々答えづらいな、ハハ……自分を信じること、それが自分が自分らしくあるための第一歩なんじゃないかな」(ヒビキ)

 最近の平成ライダーのテンパり型主人公では第02話では絶対出てこないであろう台詞です。最初から大人ライダーの響鬼。その背中を追う少年の成長物語。イメージされる言葉は「クラシック」。

 実際、なんやかやとわだかまりを抱えてる明日夢少年(今の所「進路」と「母親」が主?)を最初に描写しておいて、ヒビキとの交流を通してラストの笑顔へ……という流れにはクラシックに視聴娯楽中枢を満足させてくれる快感がありました。中々、イイ笑顔を魅せる演技をする役者の少年です。

 ま、それはイイとして、

 太鼓でどうやって攻撃するのか?

 その問いを最初の動機にこの番組を見はじめて、先週の第01話では響鬼の最初の攻撃が口から不意打ちファイヤーというラストに衝撃を受けたりもしたんですが(今週の冒頭、火力強すぎ)、しかし、そんな衝撃を忘れるほどに衝撃的なバチと太鼓を使っての攻撃方法が今週初披露。

 馬乗り(馬っつーか蜘蛛に乗ってるんだけど)になってそのまま背後からブチ合わせ太鼓の如く、バチでドンドコドンドコ乱れ打ち

 す、すげー。

 これはメラ燃えです

 そして、メラ爆笑です

 な、なんなんだこの複雑な楽しさは!

 バトルシーンでドンドコドンドコ太鼓のBGMが始まった時点でメラメラとクるものがあったんですが、まさか、素で、なんの小細工もなくそのまま太鼓をバチでドンドコ叩いて攻撃するとは!

 あ〜、もうなんかハマりそう。音楽は何のフィルターを通して聴かずともスッゲー美しいと思うしね。

 これからもどんなとんでも攻撃方法が飛び出すかを楽しみに視聴を続けたいと思います(とりあえず、今週の馬乗りドンドコはデカい敵にしか使えなそうなので、等身大の強敵用にどんな技があるのかに期待)。



 最後にブログ紹介です。

 「響鬼ポコ突き団」様。

 龍騎放映時代に伝説を残した一匹のカエルがいました。そんな「龍騎ピコチュキ団」を運営していた旧ググガガさんが、響鬼のあまりのハジけっぷりにカムバック。最近飽きっぽいんで途中でやめるかもとの断り付きですが、短期間でも何でも再びライダーに関する(旧)ググガガ語りを聞けるだけで壮絶に嬉しいです。響鬼視聴者必携のブログになっていくこと請け合いかと。ただ、激しく今後のネタバレ全開のブログ様なので、そこだけは注意。龍騎放映時代はディープに通って龍騎の楽しさを倍加させて頂いたものです。超お勧め


ハンディシリーズ1 仮面ライダーヒビキ 音撃棒セット


ハンディシリーズ2 変身音叉 音角

復活デュアルオーロラウェイブに燃え/第01話「やっぱりふたりはプリッキュア〜!伝説は続くよどこまでも!」/ふたりはプリキュアMaxHeart感想


 「未来は全てあなた達に託します」(クイーン)

 先週のプリキュアラストで描かれていたモノの一つに「受け継ぎ」があったと思うので(クイーンからプリキュアへの受け継ぎ、卒業生からなぎさ・ほのかの代への受け継ぎ)、この流れは納得。引き継いで、部長という役職に付き、クイーンから未来を託され、一歩成長したなぎさとほのかの物語が今シリーズでは描かれていくんじゃないかと。

 OPの中身が宇宙にスケールアップしていたりと、荒唐無稽さ(いい意味での)大好きの子ども視聴者を相変わらず楽しませ、相変わらずのピコ深みや、ミステリアスな新キャラ九条ひかりの謎の物語牽引力で引っ張っていくなど、大人視聴者をも楽しませる、良番組の基本が第01話からにじみ出ていたんじゃないかと。

 特にピコ深みの部分はね、クイーン(光)とジャアクキング(闇)は両儀の関係だったっていう部分が前作ラストでは昇華されてなかったんで(ジャアクキングだけ滅びちゃった)、今回第01話で設定通りクイーンが消滅したのは、この両儀、光−闇の二元に関するテーマに今作でこそ帰結をつけてくれそうで、大人視聴者としては期待大。

◇ピコポイント

・クイーンの「生命」、「こころ」、12のハーティエル(こころざし)を集める物語。
 12ってのが多っ。2話で一つくらい探さないと間に合わないじゃん!
 こころざし一つ一つにテーマが込められていたらステキなんて思ってたら、やっぱり今回登場したハーティエルは「探求」というように(公式サイトより)一つ一つ定まっているらしい。これは面白い。

・長老レギュラー化に燃え

 ジジイキャラは、無条件で好き。

・プリキュア復活のデュアルオーロラウェイブは普通にカタルシスあり

 前作の力が復活というシチェーション。SEED DESTINYではキラとアスランの力の復活に1クールかけましたが、プリキュアMHは1話で復活です。このテンポ重視。ターゲット年齢層が低い番組ならではで小気味よい。

・「まぁ〜く〜すハート♪」が頭から離れない

 前作プリキュアの「プリキュア♪プリキュア♪」を最初聞いた時も二週間くらい頭から離れなくて苦労したんですが、今回も惹きつけ度数高いですわ。


キューティーモデルプリキュアシリーズ2 美墨なぎさ


キューティーモデルプリキュアシリーズ2 雪城ほのか

シン的正しさに燃え/第16話「インド洋の死闘」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想


 「力を持つ者ならその力を自覚しろ!」(アスラン)

 ちょっと説明し過ぎ?ってくらいのこのアスランの台詞で、第2クールのテーマが見えてきた感じ。ずっとアスランの葛藤、ラクスの躊躇いなんかで「力の使い方」に関する伏線が張られていたのだけれど、第2クールはいよいよ持ってそれをやるという感じ。続きを読む

バンダイのSEED DESTINY「Voice I-doll」シリーズが気になる


 今までの所、戦闘シーンよりも人間ドラマの方に時間を取ってる感があるDESTINYなので、商売としてもガンプラもイイけどフィギュア何かも売れるんじゃ?なんてちらっと考えていたので、この新商品は納得。

 僕、何だかんだ言って前作SEEDやってる時ラクスフィギュアだけは買っちゃったしな。フィギュアの顧客吸引力、やっぱアリで。

 まあこの「Voice I-doll」の場合、別に音声は出さなくとも、その分フィギュアのディティールにお金をかけて一品の値段を下げた方が全体的には売れるんじゃ?なんても思いますが。

 ただ、朝の出がけにポチっとボタンを押して、「アスラン・ザラ、出る!」を聞いてから家を出るというのは面白いかもだ。

和月伸宏『武装錬金』第6巻/ジャンプコミックス


 「キミが死ぬ時が 私が死ぬ時だ!」(斗貴子)

 1〜5巻分の物語の中でカズキ−斗貴子さんの絆は揺るがないものになっているという描写を所々に描いておいて、斗貴子さんはここまで言ってくれる「仲間」なんだ!というこの台詞がクライマックス第54話「一心同体」で飛び出します。このシーン、超感動。

 まとめて読んで、この再殺部隊編は随分前から「仲間」がテーマなんだと認識させられました。序盤の海水浴の打ち合わせの場面あたりから、R.O.Dトリオらを「キミは本当にイイ仲間を持ったな」と斗貴子さんが評する場面なんかを「仲間」がキーになる前フリとして入れておいて、そこから「仲間」であったブラボーとの離別、そして「既に」絆が構築されている「仲間」である斗貴子さんの仲間物語を描いておいて、そこから今度は現在連載で進行中の「これからの」絆の構築過程、「仲間」までの道のりが描かれている剛太の仲間物語へと移行していくワケですよ。

 なんで、本巻のヴィクターの紹介項で和月先生が書いてる、「ヴィクターになくてカズキに有るモノがこの先の二人の分岐点になることでしょう」の言葉の解釈は、「仲間」、あるいは「仲間を呼ぶようなカズキの特性」がヴィクターとカズキを分けるんじゃないかと予想。

 他、細々とした所箇条書き。

・ムーン・フェイスは再登場伏線あったんですね。
・第54話で斗貴子さんが口にする「一縷の望み」という表現は『るろうに剣心』を思い出します。縁を救えるかもしれない巴の日記帳が同じく「一縷の望み」と表現されていたのを覚えています。やっぱり、似たような展開の場で自然に出てくるその作家固有の表現ってあるよね。
・相変わらずライナーノートの元ネタ暴露部分は、そんなの分かるか!というモノばっかで熱い。「斗貴子さんの水着の胸のマークはゲッター2の額とお揃い」とか、そんなの分からないよ!

 というかまとめて読むと面白さ倍化ですわ。武装錬金、面白ッ!




武装錬金 6 (6)

アニメ・『ツバサ・クロニクル』が気になる


 既にご存じの方も多いと思いますが、CLAMPの『ツバサ』が今年4月から『ツバサ・クロニクル』としてNHK教育でアニメスタート

 これ、視聴してみようか迷ってます。

 視聴すれば当然感想コンテンツをもうけることになると思うんですが、

1.最近視聴番組は感想でどれくらい閲覧者数が獲得できそうかというアクセス数主義で選んでる傾向があるんですが、NHKだし、原作人気だしで、結構な感想閲覧者数が望めそう。

2.単純に原作が好き。

3.これまで僕が書いてたTV番組感想ってTV番組ありきのものがほとんどだったので、こういう原作付きのものを扱ってみて、原作と比較しながら感想を書いてみるって作業も面白そうかもなんて思った。

 といった理由で、観ながら感想書くのも悪くないかな、なんて。

 時間的な調整もあるんでまだ決定じゃないですけど、もし少しでも観ようかなーと思ってた人がおりましたら心の片隅にでも留めていて頂けたらと。

 ちなみにコミックスの方の新刊、『ツバサ』9巻は2月17日発売予定です。色々あってマガジンで読めてなかった頃なので楽しみ。




ツバサ 9―RESERVoir CHRoNiCLE (9)

小池雪『青空のように君は笑う〜僕らが起こしたちょっとした奇跡〜』/コバルト文庫


 「……みんなはそれで大人らしく、乾杯の一つでもして旅立てるのかもしれないけど、わたしは、何一つ実現してないから。このままじゃ終われないっつーの」(岡町環)

 自分が何者かに尊い存在だと信じて、英語の勉強に打ち込むことで周囲と距離を置きながらもアイデンティティを保ってた少女(主人公)が、バイト先の「蟲明電気商会」なる電気店の没落に巻き込まれるうちに自分が何者でも無いことが段々分かってきて、でもそれでも諦められなくて行動を開始する話。

 勿論、「自分、何者でもないんだ」って落ちる所から、バイタルに立ち上がる所が一番の燃えポイントです。

 そっから先は「蟲明電気商会」の没落を回避するために、仲間と協力しながらあの手この手と尽くしていく「目標に向かって邁進する型」のエンターテイメントです。「仲間」が非常に魅力的に描かれているので(キャラクター小説的と言ってもいいくらい)、そこの部分は本当に良質エンターテイメントしています。 「蟲明電気商会」の没落を狙う敵役として型通りのぼっちゃんキャラなんか出て来たりしてね。

 読みやすくて、ああやっぱコバルト文庫の小説の魅力って、こういう少年少女の悩みとそれの昇華なんかを描きながら気軽なエンターテイメントを届けてくれる所かなぁなんて思ったり。

 とりあえず主人公の岡町環ちゃんの性格が可愛いかったっス(^_^;




青空のように君は笑う―僕らが起こしたちょっとした奇跡

介護保険の認定調査員がやって来る/介護カテゴリ新設


 「介護」カテゴリを新設。

 こういう時は記事ごとにカテゴリを設定できるブログは便利ですな。介護に興味の無い方はそのカテゴリの記事だけを読み飛ばして貰えればいいだけなんで。

 高齢化社会、介護に関わっている若者は既に沢山いるだろうし、今から関わっていく人もこれから沢山増えていくと思います。

 そんな人達へ向けて、まあ状況はのっぴきならなくても、本を読んだりアニメを観たりしつつ、在宅で仕事しながらボチボチ前向きに介護生活もやっていけるんだと、そんな一例としての情報を発信していけたらと思います。

 つーか本当にボチボチやっていけるのかどうか、僕的にも一寸先は闇なんですが、まあやってやるぜみたいな。ダメな時はダメな時で、その散り様見といて下さい、みたいな。イヤ、散らないけど!

◇介護保険の認定調査員がやってくる

 アレですね、社会的にもよく話題になってる、介護保険の介護の度合いを6段階で判定する人です。判定が終わるまでは申請から一ヶ月くらい。今日やって来た人がこれから2週間〜3週間かかると言っていたんで、まあ、中々時間がかかるものです。結果は郵送で通知される模様。さてはて。介護する人的には介護度なんて軽い方が勿論嬉しいんですが、重く判定された方が利用できるサービスの上限額は高くなるという複雑な心境。

◇色々質問される

 まあ無難に半身麻痺で歩くのは無理っぽいのと、言語障害が結構残っているということは理解して頂けたようだ。母、「今は何月?」という質問に対して誤答。前から気付いてたけど、どうも「時間」に関する認知機能がちょっと弱ってるんだよなー。ダメージを受けてるのは主に左脳なんですが(だから言語障害が出ている)、漠然とした時間認知ってどの部位でやってるんだろう。認知科学勉強してたけど、言語のことばっかやってたんであんまり詳しくないなぁ。テンスとかアスペクトといった言語的時間認知は別に大丈夫なようなんだけど。友人に脳神経医めざして勉強中の人がいるんで、彼が大成した暁には色々聞いてみよう。

◇若いのに随分しっかりした息子さんですねと言われる

 少ししか会話してないのにそこまで見抜くとはやるな……って別にしっかりしてないよ。まだかなりダメダメだよ。逆に鬱に。こちらの主観としては情報収集、準備がまだ全然不足しているのに、「頼りになる」とか言われてもねー。まあこの鬱をはらすには地道に勉強しつつ準備を整えて自分の介護者レベルを上げるしかないんですが。


介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本―制度運営の仕組みとサービス利用の手続き

堀江貴文『100億稼ぐ超メール術』/東洋経済


 仕事の準備関係で処理するメールが増えてきたので読んでみました。

 超お勧め

 ライブドアの堀江社長は一日に5000通のメールを処理するそうですが、そこまでいかなくとも一日にある程度の量のメールを処理する人には必読の書かと。

 メーリングリストを仕事のツールとして特化させてるライブドアの内部事情なんかも興味深く読めるんですが、やっぱ一番は第3章の「堀江流・これが私の実践メールテクニックだ!」における堀江社長本人のメール処理術が非常に参考になります。

 フィルタリング&一元管理というメール処理術、僕もこれからマネしていこうと思います(というか昨日これ読んでから早速いろいろとフィルタリングしてたんですが、ついつい懐かしのメールを読みふけってしまうという罠に)。


100億稼ぐ超メール術 1日5000通メールを処理する私のデジタル仕事術

 堀江社長もあいばも使ってるメールソフトはこちら。細かなフィルタリング機能と強力なスパム対策機能が魅力。


Eudora 6J 日本語版 for Windows

 ライブドアの回し者ですともさ、ええ。

有坂美香『Life Goes On』/機動戦士ガンダムSEED DESTINYセカンドED


 「本当の哀しみを知った瞳は 愛に溢れて」

 やはりDESTINYフィルター全開で聴くと、シンとステラの歌に聴こえます(ジャケットがシンとステラだし)。

 シンの変化のきっかけに被さる歌。「怒れる瞳」→「本当の哀しみを知った瞳」という変化だという解釈がカッコよさ気。

 歌詞にはまたしても「運命」のキーワードあり。これで、OP&EDの既存4楽曲全てに「運命」のキーワードが入ってます。これはもう、統一してるのかな?
今年最大の活動

 知力チート歴女最強ヒーリング聖女の異世界SFファンタジーが演奏スタート。

 女主人公二人が百合っぽく活躍して異世界の戦争を驚きの方法で終わらせます。


 新作長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 毎週、月、水、金の17時に一章ずつ、


カクヨム


 さんで連載中。

 火、木、土は、


pixivFANBOXさん(月額500円の支援者様向け)


 でコラムを更新中。

Special Advertisements

・10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

→12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×2。↓

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガタリ

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に日常と非日常を行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2018年夏より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。



 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ