ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

TwitterlogFacebookWebSitePixiv

【ブログ目次】

▼本・漫画など
書評(感想)
漫画感想(レビュー)

▼最近感想を書いている小説・漫画・アニメ・ゲームなどのページ
少女☆歌劇 レヴュースタァライト(第四話)
響け!ユーフォニアム2(『リズと青い鳥』)
ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第4話)
『FGO』感想・プレイ日記(Lostbelt No.1)
HUGっと!プリキュア(第22話:別ブログ)

▼昔書いていたアニメ・漫画・感想記事
コードギアス反逆のルルーシュ
機動戦士ガンダムOO
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
機動戦士ガンダムSEED(大昔のサイト)
けいおん!!(college&highschool(&映画))
アニメ涼宮ハルヒシリーズ(映画『消失』)


▼語学
外国語と日本語の架け橋

【有料コンテンツ】
1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
2:WEBで収入と創作を加速させる方法

▼その他にやっているブログ
→姉妹ブログ(最近はプリキュア中心):Girlls Fiction Fan Blog-少女創作ファンブログ-

▼メルマガ
創作者のためのマーケティングエッセンス

働かなければ生き残れない


 「闘わなければ生き残れない」がキャッチフレーズだった「仮面ライダー龍騎」は平成ライダーシリーズ屈指の名作でしたが、世の多くの人間の物語にとっては、「働かなければ生き残れない」の方がキャッチフレーズとして適切なように思う。

 母親が倒れて以来、あいば家の家計を僕が預かり、完全データ化で一括管理。ようやく一ヶ月にどれくらいの収入・支出があるかを把握できるほどに至ったワケだけれど、月計算では余裕で赤字なことが判明(日本の高額医療費返還制度に感謝しつつも、やはり医療費・介護用品費などの出費が大きい)。

 1〜2年後を目処にして経済的に自立しようと目論んでいたけれど、とりあえずそういう以前に短期的に働いて月ごとに多少の収入を入れながらやっていかないとダメっぽい。

 なんで、バイトすることにしました(不定期には今までもやっていたのだけれど)。看護と家事があるんで勿論在宅で。

 日に二度母親の食事とリハビリにつき合うために病院へ。主夫業として家事もこなしつつバイト。余った時間で長期的な経済自立へと向けて準備。たまには大学にもいかねばならない。中々にハード。

 しかし、安寧か逆境かと言われれば、つい逆境を選んでしまうのが僕という男。僕という人間の物語の主人公としては、このくらいはやり通してみせねば。

CLAMP『XXXHOLiC〜ホリック〜』第5巻/感想/ヤンマガコミック

 「がんばれ四月一日。でもボクは百目鬼の味方だが。」(京極夏彦)

 京極夏彦が推薦文書いてる!

 この推薦文を見た瞬間電撃的に悟りました。京極夏彦の『京極堂』シリーズに似た構造を持った漫画として、最近ぼくはWJの『未確認少年ゲドー』を挙げていましたが、考えてみたらそれ以上にこの『XXXHOLiC』の方が遥かに『京極堂』的です。 続きを読む

「女子高生」ブランドをブログで「価値」に変えるんだ!


 「女子高生」という肩書きには、確実にブランドイメージがあるように思う。男子大学院生のあいばさんにハァハァする人はあんましいないが、「女子高生」と聞いただけで頭の女子高生アンテナがギュピピーンとMAXになる男は僕の回りにも多いし、世の中的にも沢山いると思われる。

 レンタルビデオ屋のAV欄を見てみるが良い、女子高生モノのエロビが散乱している。コレは何故か?「女子高生」のブランドイメージが男の購買意欲をそそっているからではなかろうか。援助交際で女子高生が稼げる?コレは何故か?男は体だけを求めているワケではない。「女子高生」のブランドイメージをも同時に買っているんじゃなかろうか。「マリア様がみてる」は登場人物達が男子大学院生でもここまで売れただろうか?否、ある程度「女子高生」ブランドイメージを利用したからこそここまで売れた側面もあると思う。

 このように様々な「価値」を生み出す特質を持った「女子高生」の肩書きは、やはり一つのブランドと捉えて良いと思われる。
 ならば、このブランドイメージを利用して「価値」を創出しない手はない。女性が受験して高校に入るだけで手に入るブランドイメージである。非常にお手軽に利用できる。

 しかしだ、援助交際なんか手軽で良さそうだが、コレはどうか。倫理的にどうこういうつもりはないが、高校に入っただけで特に何もせずデフォルトで与えられた「女子高生」のブランドに、それこそ生まれつきデフォルトで与えられた「女性の体」という資本で持って男を喜ばせ価値を生み出す。なんだか、デフォルトデフォルトばっかで自分は何にもやってないみたいで、価値創出のプロセスとしては非常にクールじゃない。コレは美意識の問題だ。真にクールな女子高生とは、「体」ではなく、「頭脳」を使って「女子高生ブランド価値」を創出するような人のことを言うのだ。

 前置きが長くなった。「頭脳」を使って「女子高生ブランド」から「価値」を創出したい女子高生諸君は、ずばり、ブログをやってみてはどうか。「頭脳」から生み出される「言葉」、その「言葉」と「女子高生ブランドイメージ」の両方を使って男達を喜ばせる(別に女性を喜ばせても良い)。本当の女子高生の生の声を聞きたいという男性ニーズは、確実に世に存在する。それらのニーズを埋めてやるのだ。コレは立派な「価値創出」である。広告収入なんかのオプションもつけられるくらいになれば万々歳だ。

 そんな文脈で紹介します。



 本物の現役女子高生の瑞希さんが送るブログ、「アンダンテ



 コイツはお薦めです。既にQウェル君に貧乳メールを送ってネット界隈(局所的)に第一次貧乳ムーブメントを巻き起こした頭脳派で前科持ちの彼女です。やり手です。コイツは期待できます。昨日(11月16日)の本当に学校にお姉様(←マリみて読んでないと分からん)がいる話も面白い。

 援助交際?あんなのはどんなにハードに一日一人くらいのペースで頑張っても、喜ばせられる男の数は月30人が限度です。僕がこの文中リンクで300人(この前いづみっチの所で実験)送って差し上げましょう。瑞希さんは一日で150人(半分は男と計算)の男を喜ばせるのです。コレを、「価値創出」と言わんで何という。

CLAMP『XXXHOLiC〜ホリック〜』第4巻/感想/ヤンマガコミック

 言語研究者にとっては涙モノの4巻だったワケですが。(挨拶)

 「イキモノはね 色んなものに縛られているの 自然の決まりごと 時の流れ 躯という名の器 心という名の自我 それは全てのイキモノに共通する鎖 でもね、ヒトにだけ使える鎖があるのよ」

 学部生のころ初めてこういう考えに触れたときは結構衝撃だった、というかオー、なるほどと思った記憶があります。続きを読む

CLAMP『XXXHOLiC〜ホリック〜』第3巻/感想/ヤンマガコミック

 「無から有は生まれない 願いの成就には必ずその代償 もしくは代価を必要とする」

 この教育実習生の話も、Holicでずーっと描き続けている「対価」の話です。願いでもなんでも、ある価値を得るには、それと同価値のものを払わなければならない。続きを読む

CLAMP『ツバサ』第8巻・第9巻/感想/マガジンコミック

 第8巻・第9巻相当の「紗羅ノ国」篇&「修羅ノ国」篇はアニメ版の方でみっちり感想を書いたので、そちらでお楽しみ下さいm(_ _)m続きを読む

CLAMP『ツバサ』第7巻/感想/マガジンコミック

 「推測も大事だけどそれは真実じゃない 考えても答えが出ないなら出来る限りの資料と物証を集めて少しでも確信に近づく 父さんがそう教えてくれた」(小狼)

 小狼くんの、こういう建設的な思考をしてるところが好き。ほんと、この主人公は好き。続きを読む

CLAMP『ツバサ』第6巻/感想/マガジンコミック

 「しかし その瞳に炎を宿しておる」

 右目盲目の小狼くんに宿る炎燃え。続きを読む

CLAMP『ツバサ』第4巻・第5巻/感想/マガジンコミック

 「目に見えることだけがすべてじゃない 世界にはね まだ誰も目にしたことのない不思議がたくさんあるんですよ それを知ることが 本当に幸せなんです」(小狼パパ)

 同意。続きを読む

CLAMP『ツバサ』第3巻/感想/マガジンコミック

 「庇ったりしない どこを怪我していようが関係ない やると決めたことはやる」(小狼)

 上の台詞のシーン超カッコいい。ほんとカッコいい。マジカッコいい。三回言ってみました。続きを読む
Special Advertisements

→12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

→8月25日(土)、NHK・Eテレにて映画『 聲の形』が放映


 管理人のお仕事記事↓

7495110c

本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介/マンガタリ

 ◇◇◇

・10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×2。↓

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガタリ

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に日常と非日常を行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2018年夏より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ