ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

TwitterlogFacebookWebSitePixiv

【ブログ目次】

▼本・漫画など
書評(感想)
漫画感想(レビュー)

▼最近感想を書いている小説・漫画・アニメ・大河ドラマ・ゲームなどのページ
いだてん〜東京オリムピック噺(第2話)
少女☆歌劇 レヴュースタァライト(最終話)
仮面ライダージオウ(第2話)
響け!ユーフォニアム2(『リズと青い鳥』)
『FGO』感想・プレイ日記(Lostbelt No.3)
HUGっと!プリキュア(第47話:別ブログ)

▼昔書いていたアニメ・漫画・感想記事
コードギアス反逆のルルーシュ
機動戦士ガンダムOO
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
機動戦士ガンダムSEED(大昔のサイト)
けいおん!!(college&highschool(&映画))
アニメ涼宮ハルヒシリーズ(映画『消失』)


▼語学
外国語と日本語の架け橋

【有料コンテンツ】
1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
2:WEBで収入と創作を加速させる方法

▼その他にやっているブログ
→姉妹ブログ(最近はプリキュア中心):Girlls Fiction Fan Blog-少女創作ファンブログ-

▼メルマガ
創作者のためのマーケティングエッセンス

FGO感想・プレイ日記40〜第2部 Lostbelt No.3―人智統合真国 シン 紅の月下美人ラストまで(ネタバレ注意)

ブログネタ
Fate/Grand Order に参加中!
 相羽です。

 お久しぶりの『FGO』プレイ日記となります。

 第2部第3章が配信開始となりましたね。

 本日は、さっそく読了したメインクエスト第2部第3章「Lostbelt No.3 B.C.210?―人智統合真国 シン 紅の月下美人」の感想を中心にいってみたいと思います。


181203fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)


 TYPE-MOONのスマートフォン用ソーシャルゲーム、FGOこと『Fate/Grand Order』の感想・プレイ日記などです。公式サイトはこちら。↓


『Fate/Grand Order』(公式サイト)


 それでは以下、メインクエスト第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」の感想をば。

(ストーリーの感想、ここから。(『FGO』『Fate/stay night』のネタバレあり)/)続きを読む

介護も災害も大変なのでSOS団的な虚構力に現実を手伝ってもらう方向

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。一昨日は第二部の「プロローグ」も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 昨日(土曜日)からは、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しております。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、是非。

 まだ『少女輪廻協奏曲』には「読者選考中最初のおすすめレビュー」はないゼ。チャンスだゼw

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日も(昨日更新予定だった分ですが)、「自分のためにも」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■自分のためにも

 相羽です。

 年明けくらいから新しくはじめようかと準備していること、実現していけばけっこう世の中の役に立つ気もしていますが、何より自分のためにもそういう未来はイイなと思っていたりします。

 僕の場合親の介護が大変なのですが、残念ながら、これがこれからもうちょっと大変になっていくだろうという予測しているのです。

 そういう時に、

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新自分のためにも/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 最近ちょくちょく書いてる、ちょっとやってみようかなと思ってる活動。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンが、「やれやれ」ってやるみたいな感じで、必ずしも僕のハートのコアからくる超積極的活動でもないのですが、淡々と研究を進めていこうかなと思っているのでした。

 SOS団とか、今になって考えると実質無意味だったっぽい気もしてるのですよ。

 作品が完結する気配がまだないとかそういう話ではなく(え)、SOS団みたいな虚構的な繋がり(時期的にコミュニケーションが簡易化したネットの発展期と重なってる)は楽しかったけれど、SOS団的な繋がりでこれから介護の問題に直面した時や、大きい災害にあった時とかに、何か実質的にいっしょに乗り越えていけるかというと、けっこう疑問です。

 ただ、SOS団的なものがまったく無意味だったかというとそうも言いたくないですし、実際そうでもないだろうと感じる部分もあるわけで。

 虚構的なものを、虚構的なまま現実の実際をも手助けしていくような、虚構Ver2にする、みたいなことを考えています。

 まだあんまり伝わらないと思いますが(pixivFANBOXには具体的に書いてるのですが)、もうちょっと研究を進めてみていけそうだったら、年明けくらいから色々なところでも書いていこうと思っております〜。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日3日(月曜日)の17時に第十一章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。

 「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」への参加も開始したので、もうちょっと読んで貰えたらなと思ってるのですけどね。

 第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 また!


アニメーション映画『薄暮』のティザームービーが公開されました

 相羽です。

 僕もクラウドファンディングに参加させて頂いていたアニメーション映画、『薄暮』。


参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました


 昨日(11月30日)、ティザームービーが公開されました。↓

 『薄暮』には山本寛監督が書いた原作小説があります。(クラウドファンディングに参加した人には紙の文庫本サイズの書籍が届けられています。)

181201hakubo

 以下、原作小説から僕が好きな部分をちょっと引用。↓(ネタバレ注意です)


---

 小六の時に、どうして自分は生きているのだろう? どうして自分は自分であって、お姉ちゃんでもなければお父さんでも、お母さんでもないの? テレビの中で顔を粉塗れにしてふざけているお笑い芸人でもなければ、今日駅前のパチンコ屋の前でぶつかって睨まれたあのおばさんでもないの? という疑問で眠れなかったことがある。
 あの夜は、怖かった。
 自分という存在がどこまでで、どこからが他人なのか、世界と自分との境界が解っているようで、まだ解ってない気がする。自分の皮膚一枚が、どれだけ自分を護ってくれているのだろうか。今にも中の臓腑が飛び出して、理科準備室の人体模型みたくなってしまうんじゃないだろうか。
 だから目の前に見える世界が、時々ぼんやりと霞む。
 お風呂に入っている時、自分のちょっとだけ膨らんだ胸を見て、どうして男じゃないんだろう? とか。
 私はどうして夜になると家の前に集まってくる野良猫に生まれてこなかったんだろう? とか。
 え、これはもしかして夢? 私、生きてる? 誰がそれを証明するの?
 うわー、頭おかしい。そんなこと考えてる自分って、キモいよね。
 周りには決して言えない、私だけの秘密。こんなの相談できないし。

 山本寛『薄暮』(アイズクライム文庫)より


---


 主人公の佐智が「どうして自分は自分であって、お姉ちゃんでもなければお父さんでも、お母さんでもないの?」と言ってるのは、哲学の専門用語でいう「自同律(じどうりつ)」に関してですね。


自同律:「わたしがわたしであること」


 「愛城華恋と再生産」の記事でも書きましたが、予備知識なしだと、わたしがわたしであるって、そんなの当たり前じゃない? って感じかもしれないですが、その「当たり前」を疑ってみる哲学なり作品なりというのは、とても昔から存在しています。続きを読む

第二部序章「赤髪の女子のプレリュード」を更新です/新作長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

181130enty

 相羽です。

 連載をスタートしております、新作異世界ファンタジーSF長編小説、


 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 本日(30日)は、


 第二部序章「赤髪の女子のプレリュード」


 を更新いたしました。

 今回は第二部開始のプロローグ。

 ヴェドラナの能力も明らかになりつつ。

 帝国で彼女は、ナイチンゲールの言葉を引用します。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております〜。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです〜。

日付が変わると「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」がはじまるヨ

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。一昨日は第一部のラスト、第十章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 日付が変わると、土曜日(1日)からは、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加いたします〜。

 「世界の謎を解いていくお話」。

 『少女輪廻協奏曲』は内容を簡潔に伝えるワ―ディングとして、まずはこれを使っていってみようかなと。

 コピーは主人公の志向の向かう先とリンクしてるとイイと思うのですが、異世界もの作品でも本作の場合、異世界でダンジョン探索しようとかハーレム作ろうとか悠々自適生活しようとかではなく、「(異)世界の謎を解く」に主人公のノギクの気持ちが向かっていってる感じなので。

 僕本体も、異世界もの作品、異世界行っちゃったら、満喫しようという方向より、まず「この世界何?」に一番意識が向かないか? とは常々思っていたのでした。これは、僕の個人的な志向性でしょうか。

 そんな感じで、サブコピーも「――全員分の居場所を見つけるために、二人の少女は世界の秘密を解き明かす。」にとりあえずしてみました。

 流行の方向(現実からの逃避とリンクした異世界の満喫?)とは違う感じですが、ただこの作品、最近時々書いてる、来年くらいから僕本体がやってみようかな〜と思ってる(現実の)活動とリンクしてたりもして、もう、自分なりの核心がある世界を伝えていくしかないかなとも。

 今日はコンテストの参加手続きのために、日付変わるまで起きてるぞい。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 昨日はちょっと更新できなかったので、昨日(木)の分のコラムを本日(30日)金曜日に、「アイトラッキングの技術とAI、VR/ARにおける言語学の出番」と題して一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■アイトラッキングの技術とAI、VR/ARにおける言語学の出番

 相羽です。

 ちょくちょく書いてる、年明けくらいからやってみようと思っていること。

 最近の技術に関して包括的な知識が必要になるので、色々と勉強しているところです。

 今回はVRにおける「アイトラッキング」について。

---

 ライトから微弱な赤外線を目に照射して、赤外線センサーで動きをとらえます。それにより、眼球の動き、まばたき、画面の遠くにあるものを見ようとしているのか、近くを見ようとしているのかという微細な違いまで把握することが可能になります。

 新清士『VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK出版新書)より

---

 日本が拠点でVRヘッドマウントディスプレイを開発したりしているフォーブ社が強い部分です。

 アイトラッキングによってユーザーの「感情表現」を仮想空間で可能にしようとしています。

 実際、

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新アイトラッキングの技術とAI、VR/ARにおける言語学の出番/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 最新のメインストーリーが配信されるので集中して『FGO』やるぞいって言ってたんですがw

 は昨日無事クリアいたしました。

 虚淵玄氏の最新のテキストによる物語を、二日くらいかけてじっくりと読むという充実した時間でした。めちゃめちゃ面白かったです。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は今日30日(金曜日)の17時に、第二部の序章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。

 第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 コンテストもはじまるので、色々策を講じていこうと思います。そう、なんかピックアップすり抜けで宝具Lv.3になった、諸葛孔明さんのようにね!(え)

 また!

第十章「セイレキ二〇一一年〜仙台その一」を更新です/新作長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

181128enty

 相羽です。

 連載をスタートしております、新作異世界ファンタジーSF長編小説、


 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 本日(28日)は十回目の更新ということで、


 第十章「セイレキ二〇一一年〜仙台その一」


 を更新いたしました。

 舞台は再び異世界を離れて。

 第一部のラストです。

 短いですが大事な部分をギュっと詰め込んでます。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております〜。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです〜。

カクヨムコン4、漫画メディアとキャラクターとVR/AR、FGO

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第九章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 土曜日(12月1日)からは、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加いたします〜。

 金曜の夜は参加手続きのために、日付変わるまで起きてないと。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(27日)火曜日も、「漫画(物語&キャラクター)とVR/ARにまつわる最近の話」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■漫画(物語&キャラクター)とVR/ARにまつわる最近の話

 相羽です。


 「マンガタリ」さん

https://mangatari.jp/


 のミーティングなど。

 なんか、去年あたりから時々僕がライターの一人として書いてる謎のメディアくらいに思われてるかもしれませんがw 来年あたりから、オオっって思って頂けるようなことが増えてくるかもしれません。

 既に月間PV数とか、オオってくらいのメディアになってるのですが、もうちょっと分かりやすい意味での、オオって感じになっていくと思います。

 去年くらいからの、ある意味泥臭い初期のスタートアップ期を追ってくれていた方は貴重というか、勉強になったりしたんじゃないかとも思います。

 メディアを作る時って。


・完璧で洗練されたものを作ってからスタートしよう

→あんまり上手くいったケースを見たことがないです。大資本が運営するとかならまた別ですが。


・「ブサイクスタート」でもはじめてみて、少しずつ改良していく

→気がつくとけっこうなメディアに育ってたりします。個人や小規模、中資本運営とかなら作戦としてはこっちという気がします。自分事になりますが、僕のブログなどもこっちのパターンですね。


 話題のAI(人工知能)をはじめ、VR/AR(からのMR)とか、技術が色々なものを大きく変えていくまさにその時に僕らは立ち会ってる感じなのですが、「ライター」みたいな仕事も、ちゃんとしてるところはもう「次」に向けて動いております。

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新漫画(物語&キャラクター)とVR/ARにまつわる最近の話/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 今日は夜に、

 を観る予定ですw

 『FGO』第2部第3章、今日の夜からもう配信だと、生活、仕事とかのタイミング的に明日をFGO休暇にするのが個人的にちょうど良かったりするのですが、どうなりますかね〜。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日28日(水曜日)の17時に第十章(第一部のラストの章!)が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 また!

第九章「音楽を奏でる」を更新です/新作長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

181126enty

 相羽です。

 連載をスタートしております、新作異世界ファンタジーSF長編小説、


 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 本日(26日)は九回目の更新ということで、


 第九章「音楽を奏でる」


 を更新いたしました。

 第一部の異世界パートラストです。

 ノギクが「糸」でヴェドラナから伝えられたリュヴドレニヤ地下の「存在」に向かうと?

 どういうこと? という感じの第一部終盤かもしれないですがw 是非物語の最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております〜。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです〜。

自由競争の限界について:「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」に参加いたします

 相羽です。

 お知らせ。


新作長編異世界ファンタジーSF小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 で、

 12月1日(土)よりはじまる、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 に参加いたします。

 京アニ大賞に応募して落選した作品を加筆・改稿したものなので、最近僕がハマった作品のキーワード的には「アタシ 再生産」であり「ゾンビランドアイバ」ということで、今年のノリの集大成で12月はいくぞい、という感じです。

 どうでしょう。

 「カクヨムWeb小説コンテスト」は2016年の第1回の時も小説『非幸福者同盟』で参加していて、確か最高で読者選考期間中のコンテストのジャンルランキングの50位とかそれくらいに表示されるくらいまでいって、結局読者選考は通過できなかったのでした。

 今度はもうちょっとちゃんと準備して、新作でもう一回参加してみるかたちとなります。今回は、ちゃんと読者選考期間が終わる来年一月の終わりに、作品も完結するようになってるのでしたw

 同じKADOKAWA系列の賞(土台にあるのは自由競争)に自分も参加してみると言っていて、自己矛盾にもみえるかもですが(実は、論理学の捉え方、一般的に「論理」と言われるものをメタ論理的にどこまで想定するかによっては矛盾ではない)、それにしても競争で勝ち残った一部に大部分が集中しているなと。

 もう一つ、時間が間に合うようだったら僕も短編を応募してみたいと考えている、こちらの「カクヨム」さんの企画。↓

 アーティストの「X→LIST+(エックスリストプラス)」さんがYouTubeに投稿されてるメル・アイヴィーという架空のキャラクターをコンセプトとした曲、とてもイイです。

 こちら↓

 とか、今、僕は毎日聴いています。

 ただ、それでも再生数は現在400程度(この動画単体の場合。投稿されてる動画全部の総再生数だともっといきます)。テキストと動画を一概に比較できませんが、僕のブログの一日のPV以下です。(自慢したいとかじゃなくてね。実感をともなって比較できる一番身近なものが自分のメディアというだけで)

 競争をかなり上まで勝ち抜いて大部分(主にはお金とか広報リソースとかですが)が集中するステージまでは入らないと、たとえば商業のKADOKAWA系列の「カクヨム」さんとタイアップしたとしても、再生数的にはこれくらいなんだなと。

 現在、淘汰の末に様々な要因で勝ち残った『やがて君になる』や『ソードアート・オンライン(SAO)』などに人もお金も祝福も一気に集中しているのですが(そしてもちろん『やが君』も『SAO』も素晴らしい作品なのですが)、こういった一握りの勝者に全てが集中する力学を東浩紀さんの『ゲンロン0 観光客の哲学』では「スケールフリー(統計学では「べき乗則」)」の概念で捉えています。WEBを例にしてみると、ごく少数の強いページ(ハブ)に膨大な数のリンクが集中している一方で、大多数のページにはほとんどリンクが張られない。続きを読む

虚構の力を現実の問題を解決する力に変換する

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第八章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 おお、少しずつフォローしてくださる方とか、ハートマーク付けてくれる方とか増えてきていて嬉しい〜。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(24日)土曜日も、「無意味かもしれない虚構で現実の介護の問題を解決していく作戦」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■無意味かもしれない虚構で現実の介護の問題を解決していく作戦

 相羽です。

 東日本震災以降、虚構(二次元キャラクター)に耽溺してきた僕らの歴史に意味はあったのかということを考えてきたのですが、七年八か月ほどに及ぶ思索と研究の末、ようやく意味があったことを現実に助力する形で証明する目処(仮説)が立ってきました。

 これから、仮説を実証していきたいと思っています。

 虚構、たとえば小説とか漫画とかアニメとかゲームとか、もうそんなこと言ってる場合じゃないんじゃないの? という感覚は2011年〜2012年頃の僕に色濃くありました。

 ある程度、きっと意味はあったはずだ、もう一度やってみようと思えるようになったまでの過程は、AmazonさんのKDPから2013年に出した『ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯』という電子書籍にまとめております。

 で、今回はその発展編です。

 虚構(二次元キャラクター)の力を使って、本当に現実の問題を解決していきます。

 まず取り組もうと思ってるのは、介護の問題です。

 防災、も考えたんですが、どうも介護の方が、僕自身が十四年以上母親の介護をやってることもあり、僕の本質に根差した対象であるようです。

 超少子高齢化ですが、震災の時と同じパターンで、介護の問題を解決しておかないと、僕らは小説とか漫画とかアニメとかゲームとか、やってる場合じゃない……となってしまいます。もう、なってる人も多いです。

 そこで、これまでの歴史で積み重なってる虚構力(のようなもの)を変換して、介護の問題を解決していく一助にするという作戦を仮説として考えています。

 今までは、コンテンツとかキャラクタービジネスを海外向けに展開して、そうして手にしたお金を介護の現場に分配していく……みたいなのを考えていたのですが、今回はもっと直接的な方法です。

 どういうことかというと……

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新無意味かもしれない虚構で現実の介護の問題を解決していく作戦/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 ちと、まだ準備中の初動の初動という感じですが、FANBOXの方にはけっこう書いちゃってます。

 言語学(認知科学)をやってた14年前の力と、虚構と向き合った14年後の力を合わせて、14年間の介護生活の経験も合わせて、世の介護の問題を解決していこうか〜というような話なんですが、まだ勉強しながら仮説を検討してるような段階なので、色々話し始めるのはもうちょっと後で。

 仮説を検討していった結果、どうにも無理そうだとなったら、話自体しなくなりますがw

 年明け辺りから、ちょっと動こうかな? と思ってるような段階です。

 介護の問題を解決しないと、もうプリキュアとかも観ていられなくなりますし、漫画家さんは漫画を描けなくなってきますし、VTuberさんも動画とか撮ってる場合じゃなくなってきてしまいます。(広義で、何らかの意味・状況で介護が大変過ぎて)

 ちょっと、まだオープンにはほとんど何も書いていない状況ですが、クラウドファンディングとかいろんな可能性を検討しております。今だとpixivFANBOXに入って頂くのが一番ありがたいです。たぶん、初動の初動の初動だけでも100万円くらいは集める必要が出てくると思うので。

 小説『少女輪廻協奏曲』も前フリみたいな位置づけなんですね。

 コンテンツとしての作品自体も、ストーリーも、こういうことか、となって頂けるんじゃないかと思います(まだ序盤の序盤を公開してる段階ですが)。なので、もうちょっと読まれるようになってほしいんですけどねw

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明後日26日(月)の17時に第九章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 また!
最大の活動

――全員分の居場所を見つけるために、二人の少女は世界の秘密を解き明かす。

 新作異世界ファンタジー(SF)長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 毎週、月、水、金の17時に一章ずつ、


カクヨム


 さんで連載中。

 火、木、土は、


pixivFANBOXさん(月額500円の支援者様向け)


 でコラムを更新中。

Special Advertisements

・2018年10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

→2018年12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×2。↓

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガタリ

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に日常と非日常を行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2019年より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。



 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ