時間が取れなかったため今週は簡易感想で。

●ONE PIECE

 Tボーン大佐の車両が切り離されたってことで、追ってきてるゾロとの剣士対決が見れそう。でもって、サンジの方は「お料理格闘家」ワンゼと対峙。どうやらこのシリーズで「仲間」のテーマと共に掘り下げてる、「職業」テーマの方がゾロとサンジに関してはバトルで描かれそう。「船大工」は海列車製造の過去編でもう十二分に掘り下げられてる気がするんで、あとは本命ウソップの「狙撃手」と、荒波のシチェーションでナミの「航海士」辺りが掘り下げられたら満足かな。「医者」はいくらでも出番作れそうだし。

●魔人探偵脳噛ネウロ

 ストーカーの男が犯人、アヤ本人が犯人、第三の新キャラが犯人の3択だったんですが、特にミスリードもなくアヤが犯人でした。シンプルでしたが孤独ネタ脳ネタが絡んでたんで結構楽しめました。

 もう一つのネウロがどうやって弥子の事務所を有名にするかという戦略パートの方は、視聴率マックスの所で乱入というシンプルなものでした。序盤パートで、視聴率に興味を示すネウロが描かれていたんでとりあえず伏線通りでした。

●タカヤ−閃武学園激闘伝−

 渚ちゃん、師匠ポジションも兼ねてるってのが中々美味しい型なんじゃないかと。サンデーでは『ケンイチ』、マガジンでは『ネギま』辺りがこの型で、主人公にとって師匠+ヒロインにあたる女性キャラを使って上手く楽しさを作り出しています。主人公のタカヤを地味な成長キャラに置きつつ、それを取り巻く師匠&ヒロインキャラのキャラ魅力で引っ張っていく漫画にしたらアンケート取れるんじゃないかなぁ。次は面白師匠か第2ヒロインか、あるいはその両方を兼ね備えたキャラを追加する方向でどうだろうか。

●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

 さらに仲間チームの不和描写が続行中。四人のウチの誰かがソフィーの可能性も示唆させてさらにギクシャクするような展開に。でも誰がソフィーだ?っていうミステリ的な引っ張りで魅せるというよりは、普通に不和解消で協力型に移行する所で盛り上げてくれそう。

 少年漫画には主に天才型と努力(修行)型と協力型の基本形があると思うんですが、天才のムヒョに凡人のエンチューっていうこの前のエピソードで入ったテーマなんかからも、ムヒョは天才型のムヒョと努力型のロージーを基本に、最終的には協力型に展開していく魅力を描く話なんじゃないかなぁと思ってます。

●テニスの王子様

 修行の末の縮地法とかで地味に頑張ってる沖縄勢が、人間分身だとかスーパーサイヤ人2だとかで理不尽に蹂躙されていくのがステキ。『はじめの一歩』的に努力で技術を身につけたのに、うっかりドラゴンボールのZ戦士達に闘いを挑んでしまったみたいな。

 木手永四郎くんは僕的に最近のスマッシュヒットキャラなんですが、先週の怒濤の眼鏡構成は伏線だったりしないのかな。実は逆手でレフティ!のノリで、実は視力イイのに度が入った眼鏡をしていた!みたいな感じで実力を隠してるとか。

●HUNTER×HUNTER

 「境なんてあってねェようなもんさ」(メレオロン)

 これは楽しみ。異形と人間の境界をテーマにした話は最近『武装錬金』と『Waqwaq』でも描かれてましたし、今でも「D.Gray-man」で描いてたりしますが、それらの作品の遙か昔から『幽遊白書』や『レベルE』でそのテーマを描いていた先行者である冨樫先生がこの最新作でどのように描き、どう結末を描くのかは非常に楽しみ。

●いちご100%

 作中でクリスマス商戦の時期まで来てるってことで、真中の大学進学エンドはもうなくなったのではないかと。東城は既に推薦で別の大学へ進学することが描かれてますし、作中で描写されてる真中の学力では今から猛勉強しても合格は難しいっぽいってことで、中学卒業時をリフレインでの真中、東城、同じ大学(当時は高校)へ進学オチはもうないんじゃないかと。

 そうなると真中的には明としての映画業界入りエンドか、暗としての浪人エンド……が可能性としてはあると思うんですが、どう描くのかなぁ。夢を一つのテーマにしてきたからこそ、夢は叶う!とハッピーハッピーなメッセージを送って締めるのか、現実の厳しさを滲ませて、浪人するんだけど夢は諦めないぜ!的に締めるのか、そんな感じかなぁ。


このブログの投票にご協力下さい。人気のブログを探すならコチラ、人気BLOGランキング