ネウロ面白いです。インパクト重視のはったりエンターテイメントなんですが、一方でネウロの価値観、サイの価値観辺りは、スタンダードから外れながらも妙に整合してるのがカッチョいいです。今更ですが、「ネウロ」の名前は「脳」絡みで「ニューロ(neuro-)」から取ってるんでしょうな。
●太臓もて王サーガ

 先週「もて王」と入ったタイトルだけ予告で見た時は、『天外君の華麗なる悩み』(←今のジャンプ読者は知らない?)みたいな感じで、主人公がモテまくる設定の話なのかと思ったんですが、実際には真逆で、究極に非モテ設定でした。これは熱い。

 阿久津が前作『無敵鉄姫スピンちゃん』における透瑠みたいな感じで、(一応の)常識人+突っ込み担当、あとは太臓と寺悠のコンビでスピンちゃんとジジイ相当でギャグ担当と、笑いを生み出す基本的な部分は前作と変わってないんですが、下ネタ+パロネタというのを自分の持ち味として認識したのか、その辺りが強化されてるような気がします。

 特にパロネタはラッシュです。されど僕とか分かるから笑えるけど、セルフ突っ込みしてるくらい昔の作品のパロが多いのは、今の子ども読者向けにウケるかどうか、すなわち打ち切りレースを生き残れるかどうかの視点からはヤバい。サブタイの「ハロー来訪者」からして荒木先生WJを去っちゃったし。パロネタ、味付け程度どころかメイン要素にしてるような印象を受けるので、子ども読者層の支持も狙うなら、真中ネタのように今のジャンプに載ってる作品をネタにした方が今の子どもにも拾ってもらえてイイかも。自分も『スピンちゃん』で無我の境地パロッた時は本当爆笑してましたし。

●ONE PIECE

 海列車の過去エピソードの時のトムさんの台詞を、ロビンの存在肯定にまでかけてくる構成には脱帽。これで、ロビン物語はロビンの存在肯定が描かれて着地というのをほぼ確信しました。この前のウソップの「ルフィを信じろ」の台詞もあるし、アラバスタで自分の存在を否定して死のうとしていたロビンすくい上げたルフィが、再びロビンをすくい上げてロビンの存在が肯定されるんじゃないかと。アラバスタ編の最後でルフィがビビについての想いを語ったように、最後の最後でルフィからロビンへの熱い言葉が出るんじゃないかなぁ。そこで久々に「○○人目」のタイトルとか出たら最高なんですけど。

●BLEACH

 前回の感想で死神組がどう関わってくるのか、なんて書いていたらさっそく死神組始動です。描写的に日番谷が主人公級に昇格っぽくて、一人でめっちゃ喜んでしまいました。一護はルキアを護れたけれど、日番谷は雛森を護れなかった。「護る」のテーマの継承者として頑張って欲しいです。雛森がこの作品の僕的ヒロインというのもありますが、マジで主人公チェンジくらいの勢いでやってくれてもイイんですけど。実際、ラスボスの藍染との因縁が大きく描かれているのは、一護らよりも、雛森の「自立」テーマも絡んで、日番谷と雛森の方でしょうから。

●魔人探偵脳噛ネウロ

 ネウロとサイの会話はゾクゾクものでした。サイの方の動機は究極の自分探し。それに対してすでにネウロの方は「自分(の正体)」の解答を持っているのが熱い。それも他者との関係性とか、清い作品に挿入されるような要素が微塵もなく、謎に対する欲求こそが「自分」と超然としてるのが熱い。いつだかの表紙に載った「君は本当に君なのか、それともただの脳なのか」みたいな(うろ覚え)キャッチフレーズといい、「自分」というテーマに関して、恒久の自分探し螺旋に陥ってしまっている世の自分探しが自分の目的組に対して、ネウロ、ひいてはこの作品は超然とした所から見下ろしてるような印象を受けます。弱者の立場からするとムカつく存在ですが、ネウロは圧倒的な実力もともなったキャラなので、多少の不遜はOKです。

 X・Iはいいですね。作品を終わらせようと思ったら、唐突に登場させて、2、3話かけてサイの帰結を描いてフィナーレに出来そうなキャラです。『プリティフェイス』における本物の理奈ちゃんみたいな存在。

●みえるひと

 やっぱりアパート物のキャラキャラしい話をまずはやってみるみたいで、さっそくうたかた荘の住人エージが登場。もうちょっとあざとくキャクターで売ります!みたいなキャラでも良かったような気がしますが、姫乃と霊の最初の交流話を担うので重要キャラです。こんな感じで魅力的な住人が追加されていけばいいんじゃないかと。

 それにしても桶川姫乃ちゃんがいいですよ。夜に一人になって時間差で怖くなってきちゃう所とか、それでいてエージと話すときは明朗に笑ってしょっぱなから人−霊の境界の偏見を無化してる所とか、かなり好きなヒロインです。序盤なんでバトルキャラの明神の方を中心に話を作りそうなモノを、第02話にして視点キャラの姫乃の方が比率高いのも好感です(姫乃好き視点からすると)。

 引きはバトルへ突入の流れですが、とりあえずはバトル路線重視じゃなくて姫乃と霊の交流を通した日常話路線を希望です。

●テニスの王子様

 火のついた男が海堂だと思わせておいて、実は乾の方だった!というのは普通に上手いです。火のついた男っていうか火を放出する男の絵で引きだったのはさらに上手いです。火っていうかギャリック砲を放出しています。

●タカヤ−閃武学園激闘伝−

 とにかくお金が悪者テイストなのはいただけないな、ロバート・キヨサキ氏(『金持ち父さん貧乏父さん』の著者)やマスヤマコム氏(『M.I.Q.』の原作者)が遺憾の意を示しそうだな、と最初思いましたが、普通に後半は自分の力を磨くことなくお金だけ手に入れようとしてもダメ、お金を稼ぐにも「鍛える」ことが必要と、真理をついてまとめてありました。オチも、そうは言ってもお金も必要なんだよね的なオチだったので好感です。

 「ハンマーの扱いもノミの扱いもまるでなってないわ!!」(倉木まなみ)

 の台詞はクールでした。

 テニスの王子様における、ラケットの扱いに通じるクールさです。

●こち亀

 新幹線のシーンの不思議コマ割で同時展開は懐かしいと思いました。昔は不思議コマ割のまま1話まるまるとかやってました。こういうお遊びが気兼ねなくできるのも打ち切り対象外の特権ですかね。

 早矢→纏でLOVEの香りがすると腐男子的なことを言ってみる。

●いちご100%

 感動的でした。それぞれの読者が、それぞれの卒業を思い出しながら浸れる1話。

 またみんなで会おう……!って必ず言って別れるんだけど、中々会えないのが世の常なんだよなー。それでもそれぞれの道を祝福して別れるしかないわけで。なんだ、この言いようのないノスタルジー。

 これ読んで、学生時代の旧友にメールしてみちゃったのはナイショだ!

 今週も良かったですが、ラストも感動できそうです。期待。


JUMP SUPER STARS


このブログの投票にご協力下さい。人気のブログを探すならコチラ、人気BLOGランキング

前回の感想へ次回の感想へ