週遅れにならないうちに簡単に。
●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

 ムヒョがどうしてロージーをパートナーに選んだのか、その理由の片鱗が描かれるであろうこの過去編。今週の話でチラっと入ってるのではリコピンマンの大冒険を話題にしてるシーンだけかなぁ。でもこれだけではまだよく分からず。当然のように一イベント起こったので、その中でさらにロージーを選ぶ理由になるような部分が描かれるのに期待。リコピンマンがもう一度キーに使われるんじゃないかと予想。

●家庭教師ヒットマンREBORN!

 ツナが「あなたはそんな悪い人じゃない」と言う所でリボーンの表情が隠れてるコマがイイです。なんか、ツナのツナなりの良さ、特性をリボーンは分かってて静かに笑ってる感じ。先週も書いたけど、切り札の死ぬ気弾を使っちゃって、素のツナとしてラスボスに挑むという、ツナなりの特性が発揮されそうな燃え展開。次号巻頭カラーでクライマックスです。ラストエピソード的な盛り上がりですな。

●みえるひと

 二人とも霊達が「みえるひと」だったというのが、真・明神と明神との共通点であり、絆の源泉だったわけですが、最後はそこに回帰して自分たちには「みえる」誰か(霊達)のために戦うというのを真・明神から明神が受け継ぐという過去編のラスト。作品のタイトル「みえるひと」に強力にかかってるのがイイ感じ。タイトルを担ってるのは姫乃の側面が強いのかなぁとも思ってましたが、こうして描かれるとやっぱり明神もズバリこのタイトルにハマる主人公なワケですね。
 本当の名前、冬悟はどう使われるのかなぁ。『Waqwaq』の神さまみたいに最後まで本名が明かされないまま終わるというのもアリなんですが、こうして出てきたからには最後は受け継いだ明神という名前よりも、俺は俺、冬悟として戦うみたいな話が描かれるのかなぁ。掲載位置から次の改変期あたりで終了が予想されるんですが、姫乃も含めて冬悟ら「みえるひと」チームが、「みえる」霊達をうたかた荘で守っていく、本当の明神から受け継いだテーマを、今度は自分は自分、冬悟として引き継いで活動していく、そういう所に着地していけば綺麗じゃないかなと思います。霊が「みえるひと」と善良な霊達との関わりを描くのが当初からこの漫画のメインでしたから、そこを守るという所に落ち着いてくれればと。


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ