ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!

 「みえるひと」がバトルオンリーだったせいか、今週は感想書くモチベーションが上がらなかったんですが、とりあえずONE PIECEとムヒョロジだけは今回なんかしんみりと思う所があったんで書きます。ONE PIECEの最後の仲間勢揃いの見開きは普通に揺さぶられるものがありました。ウォーターセブン編で今までの仲間がバラバラになるエピソードを長期にわたって描いていて、バラバラゆえ、迷いゆえに一度は敗北、そこから物語を経て目的が一致して全員集結というのが熱すぎ。ワンピ、ここ数巻単行本買うの後回しにしてたけど、またまとめて買ってこよう。長期エピソードのクライマックスは尋常ならざる盛り上がりをみせる漫画です。
●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所&ONE PIECE

 どっちもロージー、ロビン、それぞれが心理的にボロボロの所にいて、これから復活……という所の話ですよね。

 まずロージーの方は、

 「僕が今するべき事は――僕の事を知る事なんだ…!!」

 ってことで、自分を見つめ直すことで復活していくプロセスを描く話になりそうです。これ、自分の特性を探したりする作業、現実では就活の直前に必要にかられてやってみた経験が……なんて人が多いと思うんですが、ダウン気味、逆境気味の時にやってみると少し復活できるというのは個人的に経験があります。特に自分のやりたいことを再確認したりして少し気力が復活した経験が。なんで、ちょびっと今のロージーに共感。共感できると読むのが面白くなります。もともとロージーは読者視点キャラってのもありますし、素直にノって読めます。

 で、ワンピのロビンの方は、死にたいとか言ってるんで、ロージーよりももうちょっと重傷っていうか、かなりボロボロっでダウンな状態。ここまで来ると、自分を見つめ直すとか独力で復活は大変。自分を知ること……なんて辺りは通過した上でのボロボロって感じです。こういう人を復活させるのには、やっぱり今回のように有無をいわせずダウン気味の場所から引っ張り出してくれる仲間の存在っていうのがやっぱ大事なんだと思いました。本当、こういう仲間が欲しい。基本的にはアラバスタで生きる希望を失ってたロビンをルフィが強引に連れ出したのと同じく、ロビンの言い分を聞かないくらいにロビンがピンチの時には陽の方向に引っ張っていってくれる仲間が……というシーンですよ。ちょっとじんと来る仲間の絆が描かれたシーンでした。

 予告をあんまり信じるのもアレですが、目次の次週予告に、次号はONE PIECE巻頭カラーで、「ロビンの過去が……!?」という文字があるんで、予想通りロビン過去編が入りそうで楽しみです。ロビンの過去、内面が描かれた上で、仲間達が強引にロビンをネガティブな場所から救い出す。そしてロビンも復活する。そういう話を読みたいです。ロビン復活回もカタルシス大きそうです。今から期待。

◇ポートレート・オブ・パイレーツ ワンピースシリーズが素敵
ルフィゾロナミ1ナミ2サンジウソップとチョッパーロビン

あと季節的に、→ワンピース おしゃべり! お散歩チョッパー サンタクロース


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ