ブログネタ
涼宮ハルヒの憂鬱 に参加中!
 「東中出身涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしの所に来なさい!以上!」(涼宮ハルヒ)

 お、面白い!
 映像が美麗で怒濤のカメラアングルなんかがスゲーなーというのは前回書いた通りなんですが、内容も面白いの!久々に新規開拓で次回も観たくてワクワクなアニメに出会ったよ。
 とにかく主人公涼宮ハルヒの奇人、変人ぶりが視聴者視点であるキョン視点から解説されるAパート。

 曰く、

・曜日によって髪型7変化(曜日が進むごとに結び目が増えていく。月曜になるとリセット)
・体育の時は教室に男子が残ってるうちから着替え開始(男子生徒はジャガイモ)
・全ての入部に仮入部して、結局どこにも入らなかった

 って感じなんだけど、単に破天荒キャラを印象づけるためだけじゃなくて、後半Bパートの怒濤の勢いのタメになってるんだよね。

 いたずらに奇行を繰り返してるワケじゃなくて、奇行の源泉は日常に退屈してるがゆえ。リミッターが100のハルヒには10くらいで制御されてる日常も、一般人も退屈なだけで、それゆえにタイトル通りの「憂鬱」。そう考えるとちょっと切ないの。

 それが、後半のキョンの「凡人はそこにあるもので満足して暮らす、それができないやつが創り出す、そういうやつは天才」という趣旨の発言をうけて、

 「気がついた!どうしてこんな簡単なことに気がつかなかったのかしら。無いんだったら、自分で創ればいいのよ!」

 とスパークするシーンからはカタルシス。

 うむ、カタルシスって言うのは違う気がするんだけど、やっぱりカタルシスって言っていいと思うよ。

 憂鬱が晴れて、めっちゃイキイキとして部活作りに奔走。この部分のどんどんどーんとコメディしながら仲間を集めて部活、SOS団(S・世界を O・大いに盛り上げるための S・涼宮ハルヒの団!)結成までのテンポ、勢いが、映像、会話のテンポ、展開全て含めてスゴイ。あっという間に『ハイペリオンの没落』読んでる読書少女(長門有希)と、ロリ巨乳萌え担当キャラ(朝比奈みくる)がどんどーんと出そろうのが爽快。エ?いつの間に新キャラ(みくる)がハルヒに乳揉まれてんの?みたいな(笑)。「事件がある所に萌えキャラ有り、だから萌えキャラを確保しておけば事件が起こる」というハルヒの理論になるほど!と思ったり(笑)。

 それでいてキョン以外のキャラには何かワケありの伏線が既に張ってあったり。

 学園モノで部活作り話と、わりと王道なはずなんだけど、なんていうか、

 これは凄いよ

 映像が美麗で、ちゃんと伏線とか構成とかも考えてるボボボーボ・ボーボボみたいなアニメです。

 観てて純粋にワクワクしました。これからもなんかワクワクさせてくれそうな予感があるので、来週も観ます。深夜というのがネックですが頑張ります!

#映像がイイ!ってのは繰り返し言いましたが、OP、EDもやっぱイイです。4回くらい繰り返して観ちゃったよ。EDは振り付けして一緒に踊りたくなったよ(笑)

→DVD限定版


涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 2 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 4 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 5 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 6 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版


→DVD通常版

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 2 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 3 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 4 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 5 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 6 通常版
涼宮ハルヒの憂鬱 7 通常版

→OP主題歌

冒険でしょでしょ?

→ED歌

ハレ晴レユカイ


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ