ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 『るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝』&漫画『るろうに剣心 完全版』が発売。TVアニメ版はT.M.Revolutionの主題歌込みでカッコ良かったのと、OVA追憶編、星霜篇は剣劇アクションが僕的殿堂入りな作品。追憶編クライマックスの雪の中の剣劇と星霜編の弥彦VS剣路の剣劇がかなり印象に残ってるのでした。『完全版』は今回こそ収録されると思われる「弥彦の逆刃刀」収録巻はデフォで購入。あとは新ライナーノートorおまけページが付くのかどうかで判断って感じで。
●ONE PIECE

 サンジきました。相変わらず単独行動でいい所で出てくる男です。

 ただこれでウソップがただの助けられ要因に降格は無しだと思う。ルフィとの仲間われから引っ張って、一つウソップのパワーアップ物語が話の軸の一つだったと思うのですよ、今回のエピソード。特に、ゾロの「剣士」は言うまでもなく、コックとのバトルでサンジの「コック」、トムさんのエピソードでフランキーの「船大工」とか、もろもろそれぞれの「職業」の矜持みたいなのがクローズアップされて描かれてきたはず。ウソップも巨人族を味方にして活躍したり、クライマックスで世界政府の旗を打ち抜いたりはしたけど、最後にもう一つ「狙撃手」としての見せ場が欲しいです。ルフィにそげキング=ウソップとのバレイベントが入る終盤あたりかなぁ。

●銀魂

 お妙さんが新八をブツ所で「ぶべら!」が入ったのに笑ってしまった。せっかくいい場面だったのに画太郎リスペクト。もう、「ぶべら!」は「ひでぶ!(北斗の拳)」くらい漫画界の常識になってるのかな。一応どっちもジャンプ漫画だからネタにしやすいのか。

 本編はじーさん(大将)VS銀さんと新八(大将)VS九ちゃんとの2面バトルがクライマックスと、ガチの大将VS大将パターンじゃなくて面白いです。王道をゆくなら銀さん(主人公)が勝利で締めだと思うんですが、じーさんが今の所我流剣法使ってるのが、後半にじーさんも柳生流を使い出してもう一段階パワーアップする話が入るのかなとちょっと期待しております。人情オチでくるのかギャグオチでくるのかハラハラです。

●メゾン・ド・ペンギン

 人気ないキャラはお引っ越し!ゲイ鈴木人気なかったのか。どうやって人気集計してるんだろう。ファンレターのトピック数とかかな。大仏くんがお引っ越ししちゃわないようい祈ろう。ファンレターは出しませんが。これ、皆同じとこに済んでる設定なんだっけか。人間キャラはともかく、文字郎くんとか、ストーカーサムライとかも住んでると考えるとかなり荒技な設定で面白い。やはりギャグ漫画です。

●To LOVE る−とらぶる−&エム×ゼロ

 この二作品、お色気要素のミックスアップ(←『はじめの一歩』の一歩VS千堂戦でこの言葉覚えました)を生み出してるような気がします。『To LOVE る−とらぶる−』の方は、朝起きたら裸の娘が一緒に寝てたとか、西連寺ちゃん胸揉まれ(女子から)とか、お風呂で裸で洗いっこ(ただし妄想)とか、かなりストレートに攻めてるのに対して、『エム×ゼロ』はヒロインとロープで緊縛とか、胸タッチしても恥じらいながら許してくれるとか趣深く攻めてる感じです。ララは裸々(らら)もかけてるのかなぁと思う今日この頃。愛花ちゃんの「……もー…今回だけだよ?つ…次は怒るからね!!」は分かっててもこそばゆいというかなんか身もだえてしまった。はっ、これが萌え!?

●こち亀

 なまじ「取材日」なんかが記載されてるだけに、オタクを扱ったノンフィクションドキュメントとして現実とリンクさせられながら読んだ感じで無駄にオタクについて考えさせられました。「アニオタも濃いが…鉄道オタも濃いぞ!」ってそうなのか。

 東京の歴史語りはいつもは両さんの出番なんだけど、今回は両さんよりもさらに上をいく夏春都の語りで締められてるのがなんか良かったです。両さん以上の強キャラだけど人情キャラってのが良いですよね。

●D.Gray-man

 休載してたのが惜しまれます。今回の話までやってから休載だったら良かったのに。

 休載前にリナリーは「仲間=世界」とまでの認識で生きてるということを描写するエピソードと、それゆえに仲間のためにエシの撃破にリナリーは命をかけたというタメがあるからこそ、今回のそれでも救えた「仲間」はほんの少しだった……というリナリー視点からのラストのアニタさん散華のシーンがすごく切ないのに。読者、ちょっとタメを忘れちゃうほどに休載期間が長かったですよ。

 ディグレはとにかく、ミランダ篇の時といい、クロウリー篇の時といい、各エピソードのエンディングシーンが綺麗。今回も堪能させていただきました。

●テニスの王子様

 このスーパーな世界観で、敢えて「脳波」とか科学的なものを持ち出して裏付けにしてるのがなんか面白かった。「脳波」よりは「民明書房」で裏付けしてくれた方が似つかわしい世界観です。

 「無我の境地」の三つの扉のうち、「百錬自得の極み」と「才気煥発の極み」が明かに。順当に予想すると三つ目をリョーマが発揮するのかな。どんなとんでもな「極み」が出てくるのか今から楽しみです。

●みえるひと

 パラノイドサーカスの面々が、BLEACHのソウル・ソサエティ篇での当時の敵ポジションだった護廷十三隊ほどにキャラクター魅力を感じないのがちょい不安。やっぱジャンプはライトなキャラクター魅力でなんぼだと思うんですが、雷猿のゴウメイとか、美形を狙わないにもほどがあります。真・明神がおっさんだったのといい、美形は極力出さないポリシーとかあるんでしょうか。一ランク上の強キャラっぽいキヨイのビジュアルに期待です。せっかく人間の姿に願望を持ってて人間に類した姿をしてるという設定なんだから、キャラクターの魅力で押そうと思えば押していけるような気がします。でもってそのまま勧善懲悪じゃなくて、パラノイドサーカスも二枚岩にして仲間化キャラを出すとか、そんな展開を希望です。

→るろうに剣心DVD-BOX

るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝

→るろうに剣心完全版

るろうに剣心 1 完全版―明治剣客浪漫譚 (1)
るろうに剣心 2 完全版―明治剣客浪漫譚 (2)


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ
WJ感想のインデックスへ