たった一匹でいいから、あたしの蛍、って思いたい。あたしだけに光ってみせてくれる子だって思いたい。

   今巻は自分にとっての「特別な一人」を探すお話。そんな人が見つかるなんて夢だと、綺麗事だと人は言うかも知れないけれど、それでもバートさんは原節子さんを探し、未来もそれが朱海さんなのか今は分からないけど、いつか自分もとまだ諦めない。全てが最後の「一匹の蛍」探しのエピソードに象徴的にかかってくるのが綺麗。
 少女創作ブログで続きを読む