ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 今回も週遅れになる前に簡単に。
●こち亀

 連載節目記念恒例の、「おばけエントツ」的、古き良き、だけど今は時代の流れの中で消えてしまった存在(今回はお猿さん電車)と、それに関わっていた女性と幼勘吉との交流を描いたエピソード。

 お猿さんいいなーと、別に自分が見てたわけでも無いのに若干の郷愁感を感じてしみじみしていた所に、ラスト数ページでさらっと描かれてるけど、近代化の波とか、それに伴う世論の(ある種)ノイジー化によって、あっけなくお猿さん電車が消えていく様が切なかった。わりと、意図して数ページでパっと消滅を描いてるのかもしれない。強大な世の中の動きの前では、培われた関係や、それと関連する古き良き存在もあっという間に無くなってしまう……みたいなのを表現するために。このシリーズは、たいてい、そんな世の中、時代の流れという強大な相手に対して、幼勘吉がささやかな反逆を試みるんですが、今回は奥村さんが立て込んでる間にこっそりお猿さんのトレーニングをつけてあげていたという、本当にささやかな反逆だったのが、かえって等身大で良かった。そして、あれだけ大きいことをやってもおばけエントツが消えていったように、それでもお猿さん電車は消えていくという、やっぱり時代の流れには勝てなかったラスト。切ないけど、やっぱり、こち亀はたまにこういう話もやってイイ。

●To LOVE る−とらぶる−

 マロンがエロ犬なのが良かったです。そして、実際には出来ないけれど、妄想だったらOKということで妄想内で春菜ちゃんナメ回しモード。前回沙姫に行ってた所業も相当ダイレクトでしたが、今回も相当ダイレクトです。行っていたとか、行ってないとか、矢吹先生が作中のキャラにという意味ね。

 このくらいの直接的なエロが、いよいよ次回、金色の闇や御門先生といった、これまでガード固めだったキャラクターに行われるのかに注目です。というか巻末コメント、スケジュールの都合で一から矢吹先生が作ることになった途端、当たり前のようにイヴの話にしてるのが面白かった。

●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

 冥府海の王子パケロ登場のカッコよさに尽きます。雨が降り出して何がくるんだ?という期待感から、小さい本体が逆に強キャラのオーラを感じさせるパケロが不気味に登場のコマまで、最高。そういえば、こういう魔法律使用時の見開きゴマが好きで初期は惹かれていた漫画でした。いやー、パケロかっちょいい。

 対立軸は1話にして五嶺とアイビーの因縁を描写していて上手いです。そして、そんないわば復讐の連鎖を断ち切るために五嶺、パケロ召還。王道的な当初反目していた敵キャラが仲間に!シチェーションなんですが、素直に五嶺視点に浸れてる自分がいます。

●サムライうさぎ

 今回もすげー面白かったです。各種道場が、それぞれ勝手に理念を掲げてるのは、史実かはともかく、伍助が息苦しく感じていた建前重視の封建体制下において、結構皆自由に多様性を持っていたという描写なわけですよ。で、そこに多様性を廃して、独自の規範解釈(武士道とふは死ぬ事と見つけたり)を人に押しつける講武館と清木清左衛門が登場なわけです。一度なびきかけた伍助が、その清左衛門の規範の押しつけが妻の志乃と反目すると気付いたや否や打ちかかっていくのが熱かった。第01話が規範や建前に埋没していた伍助が自由な志乃に救い出される話だったので、一律的な規範解釈(とその押しつけ)VS自由な解釈(と多様性の容認:志乃は伍助みたいなサムライもアリだと思ってる)という形で、清左衛門は明らかに志乃とは対立するわけで、そこはもちろん伍助は志乃につきます。型にはまって堅苦しい(と思われてる)封建時代下を舞台設定にして、自由な発想や、そこから生まれる多様性の是をあぶり出していくという構成を取ってる作品なんだよなー。第2話冒頭の、ウサギの解釈が型どおりな人々と、独創的で自由な志乃との対比も、そこにかかっていくわけで。あー、説教くさいと思わずに、こういう教訓譚で普通に世の子供達が自由について考えるきっかけになってくれればいいんだけどなー。

●魔人探偵脳噛ネウロ

 おそらく「子供と向き合うためには子供にならなくてはならない」という思想が、今回の動機面でのキーになると見ました。

 普通だったら、少年漫画的に子供VS大人の対立で、ある種夢いっぱいの子供サイドの人間だったこのロリコンおじいさんは肯定的に描かれそうなものなんですが、なんか、松井先生のこれまでの作風からすると、だからこそ逆に子供の悪意を描き出そうとしてるんじゃないか?なんて勘ぐってしまいます。まあ、具体的にはまだ何にも分からないんですけど。

●太臓もて王サーガ

 矢射子が自己嫌悪で布団で涙を流してる場面は、これまでの積み重ねもあって非常に切なく、だからこそラスト見開きの「好きです!!!!」は感動だった。うん、やっぱり表現するなら「感動」。ソーセージギミックとか使って、わりと台無しにしてる感もありますが、それでも感動。

●テニスの王子様

 赤也がヴィクター化。「悪魔(デビル)赤也」とか、「無我の境地」に対するカウンターの現象なんでしょうか。本家ヴィクターよろしく、無我のオーラを吸収した!くらいの展開には普通になりそうで燃えます。

 あとは、紳士がレーザービームを破られてあっさり負けてたのが面白かった。レーザービーム、登場した時は画期的に世界観をスケールアップさせた感がありましたが、最近の師範の波動球などによるインフレに対抗できなかったか。

●P2!-let's Play Pingpong!-(ピーツーレッツプレイピンポン)

 覚悟というのは行動した後に付いてくるものだって事

 熱い。眞白をはじめ、まだ分からない部活メンバーと「関わる」ことと、卓球という一つのスポーツに「関わる」ことをかけての、まずは「関わる」こと、行動を起こすことから始まるという当たり前のことに、このシチェーションで、運動と「関わる」ことをしてこなかったヒロムが気付くのが熱かった(描写されてないけど、人間と「関わる」部分も、ヒロムは卓球を始めるまでは乙女ちゃんくらいしか深く関わってる他者がいなかったのではなかろうか)。

 そして、岩熊さんから何かを受け取ったという、まさにサブタイ通り「パラダイム・シフト」(岩熊→ヒロムへのシフト)が行われた所で、岩熊さんが食らうのを見ていたからこそ、絶影がフォアのコーナーに来るというのを予測し返して相馬のパラダイムを破るというのが最高に熱かった(まだ破ることに成功したのかはボカされてるけど)。まさに、岩熊さんから何かを受けついで、それゆえのパラダイム破りという感じ。

→『るろうに剣心 完全版』19巻と20巻の表紙は、燕ちゃんと弥彦(公式サイトより(音注意))

 ということは、ついに第二百二十四幕「真実」の回収録巻か。あの一話丸々白梅香の回想に費やして、最後に燕ちゃんが剣心のもとにやってくる場面、思い出すだけで今でもこみ上げてくるものがある。

るろうに剣心完全版 19
るろうに剣心完全版 20

→応援よろしくです。


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ
WJ感想のインデックスへ