ブログネタ
アニメ・漫画あれこれ に参加中!
 「私は魔物を討つ者だから」(川澄舞)

 京都アニメーション版「Kanon」DVD2巻の感想です。
 引き続き、悶え悶え感想に終始してます。
 ◇

第4話「休日の奇想曲〜caprice〜」/感想

 名雪が陸上やってる姿がビジュアルで見られて良かった。部長さん設定だけど、実際に部活やってるシーンがビジュアル化されたのは初じゃなかろうか。体育館でやってたんですね。だよね、雪降ってるからね。なんか、校庭で走ってるイメージ持ってたよ。

 そして、そんな頑張る名雪のいない所で祐一と香里が出会って、名雪は頑張り過ぎる所あるからーなんて話合う二人に萌え。香里はツンとしてるけど、名雪の理解者。祐一もふだんツレないけど(恋愛以外では)名雪の理解者ということで、名雪を媒介にして分かりあえちゃう二人。かおなゆでもかおゆうでも、どっちでも悶える。

 あとは秋子さんに祐一が持つのを頼まれる食材が米とか、ファンだけに分かるお米ネタが嬉しかった。ドラマCDの「水瀬さんち」とか、このお米ネタでCD5枚分引っ張ったもんな(;´Д`)

 さらにたぶんアニメオリジナルなのが、真琴とあゆが水瀬家で接触してる点。人見知りが激しくて、それがちょっぴり孤独に繋がってる真琴の寂しさを、最後にあゆが手を振ってくれることで緩和してあげる感じの展開になってます。

 この辺りは、CLANNADが世に出た時のKEY制作陣のインタビューで、コレまでの作品ではヒロイン同士の横の繋がりが薄かったので、CLANNADはそこを強化して改善したと仰ってたのを記憶してるので、それ以後に作られたこの京都アニメーション版Kanonでは、その辺りはデフォで改善して、原作以上にヒロイン間の横の絡みを作っていく方針なのかも。それは、後の話の真琴−舞ラインからも感じられる点です。

第5話「魔物たちの小夜曲〜serenade〜」/感想

 「私は魔物を討つ者だから」(川澄舞)

 これももう美少女ゲーム界伝説の台詞と言っていいんじゃなかろうか。アバンにて披露されてオープニングへという流れがきれい。

 他は、真琴のお風呂イベントに、佐由理さんと舞とのお食事イベント、祐一を待っている栞とのイベントに……と、フラグ縦横無尽立ての一話でした。

 そして、ラストに、夜の学校に行くパートナーが、名雪ではななく、真琴にという展開に。そして、舞から、

 「祐一、あの子に優しくしてあげて」(川澄舞)

 の台詞が飛び出して引きに。

 舞がうっすらと真琴の素性に感づいてるかのようなこの描写は、京都アニメーション版オリジナルだよなぁ。前述したヒロイン間の横の繋がりが見えてイイ感じ。舞×真琴とか、以外なカップリングがきましたよ、これ。

第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」/感想

 あゆとの映画の約束がキーポイントの一話でした。前々回の時間を超えた「駅前のベンチで待ってるから」の約束リフレイン描写といい、物語全体にかかってくる、祐一とあゆの「約束」をここで細かく演出してきます。

 「待つか……」(祐一)

 の所で病院の建物が一瞬カットインとか、本当凝ってます。

 しかし、引きは真琴のみそ汁風呂イベントで、どうやら描写の雰囲気から、最初は真琴ルートを描くので決定っぽいです。真琴ルートも、今になって思い返すと、「実は人外の存在」というギミックとか、その後のKEY作品の一つの雛形になってるお話だよなぁ。

 ◇

 引き続き至福の時間でした。3巻も既にレンタル済みです。さっそく突撃します。

Kanon 2

Kanon ~Standard Edition~ 全年齢対象版

Kanon ベスト版

→前回:DVD1巻の感想へ
→次回:DVD3巻の感想へ
京都アニメーション版「Kanon」感想のインデックスへ