ブログネタ
ダブルアーツ に参加中!
 今週の「ダブルアーツ」。ジャンプ雑誌本編のタイムリーネタバレ感想。第8話「彼の選択」のネタバレ感想です。
 ◇

 多数を生かすために部分を犠牲にするか、部分を生かすために多数を犠牲にするか。子どもの理想だと分かっていても全員救済を目指すか、大人として部分を切り捨てるか。

 近年のサブカルチャーな世界では『Fate/stay night』でど真ん中で扱っていた主題ですね。で、サブタイトルの「彼の選択」として、子どもの理想だとは分かっていても(曰く「ガキだって分かってるけど」)キリは全員救済の理想を目指すと。

 「大事な事は……!!心が本当にしたいと思ったことをしろよ!!」(キリ)

 の辺りも、自分の本然と向き合うという『Fate/stay night』というか奈須きのこ作品で必ず関わってくる主題に踏み込んでいるようで、直接古味先生が作品に触れているか、同時代人として同じ世界を見ているうちに、同質のアウトプットに至ったのかもしれないですね。

 少し深読みの予想ですが、今回の「誰かを切り捨てて誰かが救われる」という原理を、作中のマクロな世界にまで広げて今後テーマとして描いていく可能性を考えると、トロイで消えてしまう人々の分、誰かが得をしている、誰かが救われていたりするのかな?と思いました(今の所、トロイがあると都合がいいらしいガゼルメンバーらが第一候補ですが)。

 で、キリはそんな誰かが消えて誰かが得をするというこの世界の原理に、どっちも救いたいんだと、トロイで消えていく人も、(仮定される)それで得をしている/救われている人も救いたいんだと、全員救済の子どもの理想を掲げて頑張っていくと。そういう大局的なお話に繋がっていく第一歩としての、今回の誰かを切り捨てて誰かを助けるか、それとも全員救済を目指すか?という「選択」だったのかなと思います(キリが選択したのはエルーを抱えてシスター達の元に戻るという「全員救済」)。

 さて、キリは、さすがに切羽詰まって、今話のラスト部分では我を忘れていますね。「オレのせいで……」「オレのせいでこうなったんだぞ…!!」「オレが…」「オレがなんとかしなきゃ……!!」と、オレ、オレと4回も連呼してる通り、自分の本質が仲間パワーの強化にあるのを見失って、自分一人でなんとかしようとしてしまっています。

 なんで、そのテンパり具合を脱出して、「オレ一人じゃなくてみんなで」という通常のキリモードにどう戻るかが見所ですかね。僕的には、前回予想した通り、スイが来るか、シスターさん達をフレアで強化して戦うがありそうな気がしています。

前回第7話「鴉は舞い降りる」の感想へ
次回第9話「そして彼は歩きだす」の感想へ
「ダブルアーツ」感想インデックスへ