ブログネタ
侍戦隊シンケンジャー に参加中!
 『侍戦隊シンケンジャー』第九幕「虎反抗期(とらのはんこうき)」のネタバレ感想です。
 シンケンジャーの面白さは異常だなー。
 ◇

 殿様が大活躍の話は異様な面白さだなー。

 「流ノ助、耐えろ!」

 「虎折神、戻れ!」

 と、命令口調で作戦を断行していく殿様が凄すぎる。

 また今回はロボバトルが熱い。

 さっそく虎に乗ってる殿様の時点で面白かったんですが(使えるものは即投入的な面白さ)、合体がドリルで、ドリル…キターーー(>▽<)状態に(僕が)。

 そんなワクテカしていた所で、殿様が真面目に口にした虎を使った新必殺技名が、

 『虎ドリル突撃ッ!!』

 で爆笑してしまった。

 直球だー。

 もう、殿様的にも、使えればイイ、的な。技名考えるのも面倒だから、虎でドリルで、突撃だからそれでイイ、的な。機能面さえ使えればそれで良さそうな殿様っぽい。しかし、動物モチーフメカなのに、心の交流話とかが一切無いのがまた凄い。「戻れ!」と命令して、さっそく戦闘に投入して、そのままドリルで突撃。虎の気持ちとか、長い年月挟まっていた苦悩話とかが一切なくて、淡々と殿様の命令で番組が進行していくのが凄い。

 しかし、そんな殿様ですが、

 「ゴメン……」(志葉丈瑠)

 最後にちょっとだけデレました。

 そうかー、やっぱりちょっとずつ殿様が仲間達にデレていくストーリーラインなのか。デレ無しで行って欲しい気もしたけれど、デレはデレで楽しみだ。

 それでも、今話時点では、操られて殿様を殺しに来た流ノ助と、命の保証無く流ノ助に一撃を入れた殿様は、対価の原理上イーブンと、理屈でデレを覆っている所がまたニクい。

 殿様のカッコ良さはすげーですわ。

侍戦隊シンケンジャー VOL.1 [DVD]
侍戦隊シンケンジャー VOL.2 [DVD]

→次回:第十一幕「三巴大騒動(みつどもえおおそうどう)」の感想へ
シンケンジャー感想の目次へ