ああ、終わってしまった……と心に残る何かを噛み締めながら読みました最終巻。
 今年、いや近年新たに出会った漫画の中でも間違いなく傑作と言い切れる素敵な漫画でした。
 簡単な感想ですが、以下は最終巻のネタバレがありますので注意です。
 ◇

 序盤の何か新しいことが始まっていく感じ、視界が、世界が広がっていく感じが好きだった者としては、賢洋高校が出てきてから本格的に始動しはじめた(中盤の梓さんのエピソードからかなり始まってはいたけれど)、

 高みを目指すべきなのか
  VS
 楽しい部活でいいのか

 みたいな思想対決にシフトしていきそうな雰囲気を感じた時は、あんまりそっちに行ってほしくないかなと思ったんですが、杞憂でしたね。賢洋高校の面々は千代谷高校のあり方を否定するカウンターな感じで登場してきつつも、最後は敵味方じゃない所に美しく纏まっていった感じ。

 感情というか、作中の言葉で言えば「色」に最後はまとまっていって、ラストでは「高みを目指す」最右翼だった天野恵介が吉良のトランペットを通して感じていた感情(色)と、楽しい部活側のキャラだった平音くんが梓さんに「覚えていられる?」と問われた感情(色)とが、優劣を超えたものとして描かれている。それこそ、コンサート時の「時間の芸術」が学生時代の「放課後の時間」と重ねられて描かれている中で、その限定的かつ流れている貴重な時間の中でしか経験できない貴重な感情(色)として、作中で最も価値があるものになっている(なので、序盤に出てきた月川先生の「色」を増やせる時期に関する語りが作中の一大キー台詞だったことが改めて分かります)。

 最後にこの流れている限定された時間の中でのみ可能なことの象徴のように、平音の一種の「アドリブ」ソロが行われるというシーンは本当に良かった。中学時代の最後にソロを任されて失敗した藤本さんに対して、それでも上手い下手じゃなく、藤本にみんなは任せたかったんじゃないか? という見解に達していた平音に対して、このシーンでは、

 ――藤本だけは、やたらと嬉しそうなカオをしていた――

 と藤本さんからのアンサーが返ってきているのが美しすぎる。上手いのは月川だけど、藤本さんも上手い下手という所を超えて、平音に任せたかったのだ。それを受け入れて無言で平音に譲った月川もカッコ良すぎる。ここも、高みを目指す方に寄った感じで登場した月川の物語にも決着をつけている場面。高みがどうこうでも、かといって楽しくやってりゃそれでいいというのでもなく、ただ月川は、この時の平音の、それにかかっている藤本さんの、「色」のようなものを尊重しただけ。

 本当に素晴らしい傑作でした。折に触れて読み返そう。もの凄く、お勧めの漫画です(^^;

放課後ウインド・オーケストラ 1 (ジャンプコミックス)
放課後ウインド・オーケストラ 1 (ジャンプコミックス)