約2週遅れで仙台でも放映中の「けいおん!!」。こちらでは本日深夜が第14話放送です。
 OP&EDがこの回から変わるのは知っているので、楽しみ。
 ◇◇◇

 コミックスの4巻がAmazonで予約受付開始です。

けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)

 それが作品の完結なのかはともかく、僕が見る限り明らかに作中テーマと絡めつつ、TV放映分と、雑誌連載分のクライマックスのリンク(劇中時間の卒業あたり)を狙ってると思うので、楽しみ尽くしたい人は今からでも「まんがタイムきらら」連載分を追ってみてはと思っております(送り手も連動すればより楽しめるのをたぶん前提で作っている)。特に、今店頭に並んでるのに掲載されてる分あたりからいよいよという感じなので、まだ間に合います。

 ◇◇◇

 音楽聴きながら、『戦場のヴァルキュリア』のシーンシーンを「動き」に注意しながらラフスケッチするのが幸せな最近。

 島本和彦『アオイホノオ』に、80年代は、アニメのこれだ!というカットを、記憶力を頼りにスケッチしていた、普及しはじめたビデオのコマ送り機能が神、みたいな場面がありましたが、本当僕は恵まれた時代に生きていると思いました。DVDは、PS2のコマ送り機能だけでも、プロの動きの繋げ方をじっくりと学べます。

 ◇◇◇

 明日(23日:金)の20:00発行予定の、まぐまぐさんから出させて頂いているメールマガジンのコンテンツリストがこちらとなります↓



------------

創作者のためのマーケティングエッセンス 第18号 流動化する時代の「集客」の考え方

 【1】流動化時代の前提、何もしないと「消費」されてしまう
 【2】移り気な顧客
 【3】古典読解と、流動化時代に有効な「集客」の共通点
 【4】編集後記(『ブログをWEB上の雑誌にパワーアップする方法』明日までです)

------------



 (例によって発行当日まで推敲するので、若干の変更があった場合はご容赦下さい<(_ _)>)。

 サンプルを読んでみてから……という場合は、まぐまぐさんの方のバックナンバーページで過去1号分だけ読めるのですが、現在はレポートの販売開始告知メールだけになってますので、こちらのPDFで、少し前の16号を読んで頂けたらと思います↓

サンプルに「第16号 創作環境2.0」を読んでみる(PDFファイルへのリンクです)

   読んでみたいと思って頂けた場合は、明日の20時までにこちらから登録しておいて頂けたら、上記の最新号が届きますので、よろしくお願い致します<(_ _)>(フリーで登録できます)↓

メールマガジン:創作者のためのマーケティングエッセンス(発行元であるまぐまぐさんのページです)

 ◇◇◇

 レポート、『ブログをWEB上の雑誌にパワーアップする方法』も、先行販売期間はあと2日となっております。色々お得になっておりますので、気になっていた方は期間中にビジネスブログのこちらの記事からご確認下さい。

 ではでは。