本日の日記は、暑苦しいと思われそうな気がしつつも、最近エラく感銘を受けた映像(いずれもアニメーション)4つに関して、切々と感想をば。
 ◇◇◇

その1:キュアサンシャイン変身バンク

 ハートキャッチプリキュア!第23話より。

 今やあらゆる業種を巻き込んで展開しているプリキュア産業の、夏商戦の運命を賭けてリリースされた経済的な視点からも熱い映像。多くの人がこの夏ごはんが食べられるかどうかというのが、この映像でキュアサンシャインが売れるかどうかで左右されるというのも凄い国です。

 結果は凄まじかったです。長峰監督のTwitterによると、この変身バンクに5000枚使った。やっちまった、とのこと。もう意味分からない凄さ。変身アイテムをお手玉のように何回も持ち替えながら変身するんですが、そんな凄まじい労力がかかる演出入れんでも……と思いながらも、敢えてやる所がカッコいい。

 またストーリー上、男装の少女が自身の本然の女性性に立ち返るという意味合いがある変身なので、変身バンクも、男装から少女へ、少女からプリキュアへ……と、二重に変身してるみたいになってるのもカッコいい。これは、歴代でも凄い変身バンクでした。


その2:プリキュアオールスターズDX2ダンスエンディングコンプリートバージョン

 先にプリキュアを続けて。

 先日発売されたBlue-ray&DVDの特装版に付いてくる、17人のプリキュアが踊り狂うという、何かを越えてしまった映像。

 意外と? 僕は三次元と二次元の区別はきっちりついてる方なんですが、インパクトとしては、10代の多感な頃に見た「モーニング娘。」の諸々の映像なんかを、創作物(表現物)として越えたと思いました。

 とにかく、OverPromise,OverDeliverで進んでいくのが凄い。1分前に、「これくらいはやってくれるかも」と予想していた辺りを、1分1秒後にはゆうに越えていく映像を見せてくれるのが凄い。

 こればかりは二次元の強みかもしれない。さすがに、三次元アイドルはダンス中に空飛びながら回転とかできないからなー。


その3:『戦場のヴァルキュリア』後期オープニング映像

 「動き」に関してはこちら。コンテが凄すぎる。

 全体的にめくるめくようにアングルが動きながら、中盤の屋根の上のアリシアの箇所。長銃で何回か発砲→弾切れで長銃を捨て短銃に切り替え、数発発砲した後にジャンプ→アングルが転倒して、天空から舞い降りるように銃撃……の所が凄すぎる。

 天空に飛んだ所で入る背景の空、雲、陽光とかもなー。別レイヤーで作ってるんだろうけど、よくもまあこんな映像にできるよな、と。これも7月に入ってから100回近く見返している映像です。


その4:『けいおん!!』後期エンディング映像

 詳しくはこちらに書きました↓

けいおん!!感想/後期エンディング「NO,Thank You!」の映像

 コンセプチュアル度ではピカ一。本当凄い。商業エンタメとアートの隣接点を果敢に攻めています。

 補足ですが、僕は色彩についはまだそれほど鋭敏な感覚がないので若干自信ないですが、「未来軸の澪」が提示する「手のひらの中の空」や、「窓の外の空」で使っている「青」と、「現在軸の澪」の主観から見える空の「青」とで、色彩を違えてないか? 現在軸の方からは、何やら不安を掻き立てるような感じの「青」になっていて、未来軸の方から提示されているのは、希望に満ちてるもっと明るい「青」になってる気がする。これ、その通りだったらますますコンセプチュアルだなー。


 と、以上、目をキラキラさせつつ語ってみました。本当最近、こんな凄い映像を見られるなら、こんな凄いのを作ってる人達がまだいるなら、生きてる甲斐があるなと思っております。

 ◇◇◇

 レポート『ブログをWEB上の雑誌にパワーアップする方法』は、今日がお申し込み最終日です。

 決済システムを利用しての販売再開も予定していますが、システム利用分高くなるのと、中々準備が大変で時間がかかるのとで、気になっていた方は今日中のお申し込みを推奨です。

 ビジネスブログのこちらの販売記事よりどうぞです。