簡単な東京上京話と、いよいよラストに向かう仮面ライダーWの話など。
 ◇◇◇

 東京上京は、今回からレポート的なものは書かないのですが、軽く雑感をば。

 クリエイター的な方、ビジネス方面の方、時間が許す限りまんべんなく会ってきましたが、感じたのは何かしら自分から創造できる人は、静かでも勢いがある、ということ。コミケの熱気なんかは(今回は普通に気温的にも暑かったですが!)まさにそんな感じです。僕もコツコツと作り続けていきたい所です。

 あとは旅行はやっぱり短くても視野が広がっていいです。仙台で家で介護生活しているシロクマ、という視点から見える風景は限られていますが、擬似的に東京の都会で暮らす人から見える、仙台で介護しているシロクマ……みたいな風景も見えてきます(簡単に言えば他人の視点から自分の環境が見えてくる)。旅行も、小さいものでもいいのでちょくちょくやっていきたいなと改めて思いました。

 ◇◇◇

●今週の仮面ライダーW

 もう、次週爆涙必至、的な(笑)。

 ビギンズナイトで安易な決断で悲劇を招いた翔太郎が、決断を一時見送った(フィリップの死と等価の変身をすぐには決断しなかった)辺りなど、本当序盤からのアンサーが描かれている感じです。

 最後はどうするんだろうなー。どちらにしろ、批評の世界の言葉の「決断主義」とか「セカイ系」の、一つの10年版解答みたいな捉え方もできるラストになりそう。中景としての家族(キミとボクだけでもなく、ボクとセカイまで飛躍もしない、その中間)を守る、みたいな展開なのかなー。

 ◇◇◇

 個人誌『パープルタイズ』、Amazonさんで17日現在2点在庫有り表示になっております。おそらく通常のAmazonさんクオリティで早くに発送されると思いますので、良かったらよろしくです(^_^;