今年は結構DVD(主にアニメ)を観ております。
 ◇◇◇

 「けいおん!!」新曲の「ごはんはおかず」と「U&I」は日付が変わったら無事iTunes storeに登録されていたので購入できました。「U&I」が何重の意味にも取れていい感じ。

 どうも「けいおん!!」楽曲は積極的にiTunes storeに対応していく方針っぽいのが今回でさらに分かったので、これは二期はキャラソンも僕はiTune storeで購入かなー。

 ◇

 そしてそんな「けいおん!」、原作漫画は、明日(9日)発売の「まんがタイムきらら」に最終回が掲載です。べつにラストでどんでん返し的な作風でもないので既に安心感を感じつつ待ってる感じですが、良い終劇に期待しているのでした。

→テキスト部分9月号になってますが、書影や発売日より、明日発売の最終回掲載の10月号ですね↓

まんがタイムきらら 2010年 09月号 [雑誌]
まんがタイムきらら 2010年 09月号 [雑誌]

 ◇◇◇

●化物語一巻-ひたぎクラブ-/感想

 遅れば馳せながら、アニメ『化物語』一巻「ひたぎクラブ」をDVDにて視聴。

 これは、大変面白かったです。

 作中序盤にあるツンデレに関する言及が、その時点ではツンデレ? もう使い古されてる萌え系フォーマットでしょ? くらいにさらっと言及されてるのに、お話全体では、ツンデレもツンからデレに至る過程に骨太なものを描けば、しっかり「物語」になるというのをやっていた気がします。

 今年に入ってから僕が出会った、ツンデレってもう形骸化してるじゃん的な感覚を逆手にとって、しっかりお話に組み込んでみた作品に、『迷い猫オーバーラン!』とこの『ひたぎクラブ』があります。「迷い猫」はギミックとしての使い方が上手くて、こっちは本格的に物語としてのチャレンジでやってみた感じかなー。

 京極堂ノリの妖怪的現象を色んな意味を重ねがら解体していく感じも良かったし、戦場ヶ原さんもキャラクターとして大変面白かったです(一時みんなが戦場ヶ原さん戦場ヶ原さん言っていたのが分かったよ!)。全部感想を書く時間は今ちょっとないと思うんですが、全部見終わったらまとめ感想は書いてみたいと思ったのでした(^_^;

化物語 第一巻 / ひたぎクラブ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
化物語 第一巻 / ひたぎクラブ【完全生産限定版】 [Blu-ray]