ブログネタ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない に参加中!
 BS11で遅れ視聴のアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(公式サイト)』、第1話「俺が妹と恋をするわけがない」の感想です。
 ◇◇◇

 オタクネタを扱ったアニメなんですが、意外と普通の人でも「あるある」的な部分があるんじゃないかと思いました。

 自分の分野にハイコンテクスト過ぎる妹の側面に初めて触れてしまって戸惑う兄……というのを面白おかしく描いてるんですが、ジャンルが漫画、アニメ、ゲームなどじゃなくても、こういうのは結構ある気がします。

 ゲームを初回版、全年齢版、特典追加版、なんで基本同じもの全部買うんだよ! とか、意外と色んなジャンルに通じるツッコミ。普通の本でも、コアなファンだったりすると、初版、文庫版、あと原書も買う……とか、普通に「あるある」だと思う。自分を鑑みるに、講談社ノベルス版、文庫版、同人誌、DVD全巻と全部買ったけど、今度出るBlu-ray BOXも『空の境界』は買うんだよ! 『いちご同盟』はハードカバー版と文庫版と両方がデフォだよ! サリンジャーは文庫版に原書版に……とか、いくらでも出てくる。

 これだけだとゲームとか本の例だけだけど、「ハイコンテクスト過ぎる」の部分だと、僕の姉さんは日本史好き過ぎて僕の文脈の何十倍もの文脈を持っていて、時々何言ってるか分からなかったりする。そんな感覚。

 良い意味でみんなマニアックになってきてる最近なので、「マニアック過ぎる部分が理解されないんじゃないかと普段は隠してる」という妹さんの悩みは意外と視聴者に合わせて色々と変換可能、共感可能な気がします。本当か!?

 どんな話になっていくのか分からないのですが、悩みとしては京介側、普通人側の人の方も最近は結構悩んでる気がする。つまり、マニアックになれるほど情熱を持って打ち込めるものがない、というような悩み。この前「STAR DRIVER 輝きのタクト」っていう日曜五時枠(たぶん旧土曜六時枠)のアニメの感想を久々にタイムリーにブログにアップしたら、ダブルオーとかコードギアスとか、もっと遡ってガンダムSEED時代くらいからトラックバック送り合っていたブログさん達から一斉にトラックバック送られてきて、「み、みんな、まだこんなに熱心にアニメ観てたのか…… 僕もだけど!」と感動したものです。そうか、僕ら勝ち組だったんだな……(えー)。

 もはや番組の感想じゃなくなってきてるんですが、真面目な話、バナナダイエットが紹介されてはスーパーにバナナを買いに走り、ドラッガーがプロモーションされては「マネジメントが大事です!」と言い出し……と忙しい昨今、しょこたんイズムと言うか、黙々と漫画読んでアニメ観てるっていうのは、ある種のカッコ良さがあります。しかもこの妹さんは「ゲームやアニメで憧れてモデルを目指す」じゃなくて、「ゲームやアニメのDVDを買うために、モデルで金を稼ぐ」ですよ。何かが逆になってる。何かが逆になってるけど、「仕事の息抜きにアニメを観る」ではなくて「アニメのDVDを買うために仕事している」人に通じるものがある。

 という訳で、桐乃の第一印象は、萌えとか妹とか竹達彩奈さん! とかよりも、「カッコいい」でした。ファッションとか陸上とか学業とかに大きくリソースを使いつつも、「クリアしなきゃいけないゲームがありますんで」と我が道を行ける強い娘になって欲しい。本当か!?

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)

→次回:第2話「俺が妹とオフ会に行くわけがない」の感想へ
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』感想の目次へ