普通の日記です。
 ◇◇◇

『坂の上の雲』に挑む/〜 Literacy Bar 〜

 NHKのドラマ『坂の上の雲』が、12月の第2部に合わせて、11月20日から去年放映の第1部を再放送(詳しくは公式サイト)。

 去年はまとまった時間が取れずに見られなかったんですが、今年は新しいTVで録画環境が整っているので色々調節付きそうで、1部2部と続けて今度こそ見てみるつもり。

 しかし与力さんのブログの歴史記事は足利尊氏を延々と語ったり、福沢諭吉に「おまえがいうな」とツッこんだり、何かと面白い。

 ちゃんと研究してるのにMaywayを行っている、謎の歴史WEB雑誌になりつつあります。サイドバーの「歴史」カテゴリから色々読めるんで、お勧めしてみます。↓

〜 Literacy Bar 〜

 フォント弄りとか最早僕の中では懐かしいのも妙にツボ。Twitterだfacebookだというご時世に、与力さんは「侍魂」の頃のテキストサイトノリですよ、これ。

 ◇◇◇

●最近の仮面ライダーOOO感想

 主人公がガチでトラウマを持っているというお話でした。

 「世界の旅の途中で日本の街で休憩している主人公」ということで、ガチで「世界を旅する主人公」だった『ディケイド』と、「街の守人の主人公」だった『W』と融合して終劇するんじゃないかと予想してみる。実際、次の映画は『W』と世界観共有で競演ですし。

 『W』も財団Xの問題が未解決だったり、最終回の冴子姉の、今は答えが分からなくても街を守り続けなさい、いつか分かる時が来るからみたいな台詞とイイ、『W』ってまだ終わってない部分もあるんだよな。

 来年夏辺りの最後の映画で、『W』と『オーズ』の本当の最終回が描かれるのだとしたら、それはとても楽しみだと思うのでした。

 ◇◇◇

 冬コミ漫画進捗は下書き3ページ目くらい。1ページ目から順番にやってる訳じゃないくて作業工程の流れ的に丁度良いコマからやっているので厳密には計算しづらいのですが。

 しかし雪の街を淡々と描いていると落ち着くのは何なんだろう。そして落ち着くのはいいけど、「街の風景」というのは描いているとあっという間に時間が経ったりもします。「終わらなかった」ということは無いように気をつけないと……。

 ◇◇◇

 僕の新しい講座、『- Business&Creation(B&C) Quadrant Flow -』は、特典レポートを手にして頂けるのは、本日11月3日(水)の23時59分までお申し込み頂けた方までです。ふるってお申し込み頂けたら幸いです。

 レポートではAmazonでの個人誌販売の話なんかも解説していますが、僕が現在頼んでる密林社(Twitter)の中の人が今度コミティアで同人誌出しますとか言ってたり、良い意味で色んなことがアリな世の中になってきました。コミックマーケット的な文化と、新しい流通現象(Amazonに限らず色々ありますが)との間に、橋が架かってきている最近。どういう流れなのかは押さえておきたいと思うのでした。

 講座のお申し込みはこちらのページからよろしくお願いします!