昨日は更新できなかった……。
 ◇◇◇

 「けったグランプリセカンド」優勝者は七瀬さん

けったグランプリセカンド 結果発表/けった魂

 僕が時々やってる「今回の見所ベスト●」みたいな形の感想記事っていうのは七瀬さんを真似して始めたものなんですが、本家がそのフォーマット自体をネタにしてきてる! とか、一人で高度な攻防を読みとったりしつつ眺めておりました。

 どうやってもそのジャンルでは勝てない人がいるというのも再確認できた出来事でした。自分の芸風を大事にしていこう。

 全て計算しているのか、本当に酔っぱらいながら書いてるのか、七瀬さん怖い。他、七瀬なんて人間は本当はいない説とか、色々ある。

----------------

七瀬さんには、

 1:優勝者の希望賞品(金額は5000円程度)
 2:けったに何かさせる権利(3つのうちの1つ)
   ・けったが所持金5000円で優勝者の所に会いに行って、帰ってくる
   ・けったが優勝作品の題材と同じものをレビューする権利
   ・けったが優勝者が指定したものをレビューする権利

が贈られます!

----------------

 やばい、これマジで楽しみ。

 ◇◇◇

 TMR西川さんのTwitter(こちら)でのモロッコからの真面目な一連のツイート。

 ツイートの内容自体とは関係ないんですが、西川さんがアニメの歌など多めに歌うのは、日本の産業の事とかも考えてるんだろうなと思い至った一連のツイートだったのでした。

 ◇◇◇

 『ガンダムSEED&SEED DESTINY スペシャルエディション』のDVD-BOXが発売。

 まだ持ってない人には安くなっております。

 個人的見所は、SEEDのスペシャルエディションは、キラとラクスの関係がより踏み込んで描かれている部分。

 昔(2004年! マジで昔です)僕が書いた記事だとこれですか↓

キラとラクスの関係は描写不足だったか?/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想/番外編

 DESTINYのスペシャルエディションの方だと、3巻の『運命の業火』ラストのアスラン出撃シーンが、楽曲がスペエディ版の「遠雷〜遠くにある明かり〜」になってたり、少しラクスの台詞が変わってたりで感動指数が上がってる部分。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火』/感想

 辺りですかね。

G-SELECTION 機動戦士ガンダムSEED/SEED DESTINY スペシャルエディション DVD-BOX
G-SELECTION 機動戦士ガンダムSEED/SEED DESTINY スペシャルエディション DVD-BOX

 ◇◇◇

 本日(13日)夜(20時頃になりそうです)配信の僕のWEB講座『B&C』1号のコンテンツ解説です。

------------------

 【1】講座本編「Flexible Marketing & Copywriting」Normal 10月分
    -マーケティング講義「絶対に売れる条件<前編>」-
 【2】時事評論:iAd -広告の未来-
 【3】制作中の漫画『真夜中のクワドラブル』ブログなど未公開ラフ数点
 【4】コラム:兄妹近親恋愛もの作品について
    -ニーチェ哲学、宮沢賢治の「表裏」と
    『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』-
 【5】編集後記

------------------

【1】講座本編「Flexible Marketing & Copywriting」Normal 10月分-マーケティング講義「絶対に売れる条件<前編>」-

 マーケティングにおける「絶対に売れる条件」について解説させて頂いてる講座本編です。

 環境としてその条件を整えられるかはまた別問題なので、これを読んだからといって売れる訳ではありませんが、条件自体は知っておく必要がある、というコンセプトで書かせて頂きました。

 あなたのビジネスで100%この条件を整えられればバカ売れですし、65%整えられればかなり売れる。0%ならまず売れない。そんな知見を提供する講義にできたと思います。

 例によって、現在もプレイヤーとして色々なものを販売し続けて、実際に売れた時、売れなかった時の膨大なデータを持ってる僕なりの見解となります。


【2】時事評論:iAd -広告の未来-

 アップルが発表したiAdという広告の話を窓口に、現代の広告を3つに分けて切り取った評論です。

 状況が加速する中で、あなた自身が広告を使う側、広告を見る側双方から、何を知っておくのが大事なのかという辺りを書いてみました。


【3】制作中の漫画『真夜中のクワドラブル』ブログなど未公開ラフ数点

 『Business&Creation(B&C)』と講座名に「Creation(創造)」も入ってる講座ですので、私的創作活動の話なんかもちらっと。


【4】コラム:兄妹近親恋愛もの作品について-ニーチェ哲学、宮沢賢治の「表裏」と『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』-

 『ヨスガノソラ』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』などの妹もの作品がプッシュされてる秋アニメ事情を踏まえて書いてみたコラムです。

 ニーチェにしても宮沢賢治にしても、『超訳』とか「なんとなく」で知ってるだけじゃなくて、知っておいた方がよいこともある。みたいなお話。


【5】編集後記

 今から書くのでまだ未定です。
 (→追記:時事ネタのお話として大学就職率低下や尖閣ビデオ流出に関する文章などになりました。)


 と、こんな感じの第1回配信となります。

 今からお申し込み頂いても今回の講も含め、講座開催期間中のコンテンツは全て受け取って頂けますので、ピンと来た方はこちらのページからお申し込み頂けたら幸いです。

 ではでは、本日はこれにて。