普通の日記です。
 ◇◇◇

 新年(1月)の新アニメ、個人的に注目は『フラクタル(公式サイト)』です。

 今日発売の今月のニュータイプの記事によると、「全員がニートでも生きていけるようになったSF的管理社会から始まる、冒険活劇で、二人のヒロインは片方が二次元で、もう片方が三次元」みたいな感じのお話らしい。色々凄い。これで最終的なメッセージが「二次元最高」だったら日本どうなるんだろう。

 真面目には、監督さん(山本寛さん)が同じ人ですが、『らき☆すた』越えに挑んでいる印象を受けます。

 原案も務めている東浩紀氏編集の去年の『思想地図Vol.4』という言論誌には、現在『物語』は瀕死で、何とか3つのパターンでもがいている。

・もう物語なくてもいいんじゃない的『らき☆すた』パターン
・ガチで再構築してまた物語しようとしている『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』パターン
・物語の断片を集めて、それを物語として成立させようとする『コードギアス』パターン

 といったお話(だいたいの概意ですが)が載っていたりしました。

 その記事の対談に参加していた二人が、とりあえず『らき☆すた』越えに挑んでいるかのような感じ。東氏自身、この前Twitterで『フラクタル』のキャッチコピーの「"終われない世界"に、立ち向かう決意をした」の「終われない世界」は京都アニメーションのことかもしれない、なんて趣旨のツイートをちらっとしたりもしています。

 大変楽しみ。ただ、「ノイタミナ」枠って仙台ではいつも放送しないのがネック。WEB配信とかもやってくれないかなー。

Newtype (ニュータイプ) 2011年 01月号 [雑誌]
Newtype (ニュータイプ) 2011年 01月号 [雑誌]

思想地図vol.4 特集・想像力 (NHKブックス別巻)
思想地図vol.4 特集・想像力 (NHKブックス別巻)

 ◇◇◇

●今週のチャンピオンの『聖闘士星矢冥王神話』/感想

 車田正美御大が自ら激筆している紛れもない『聖闘士星矢』の続編。なんだか異様な盛り上がりに。

・ついに「天界」の戦士が出て来て、いよいよ、車田御大が昔から、「『聖闘士星矢』の天界編は構想としてある」と言っていた話が、この作品なんだと盛り上がってきました。車田御大の作家人生の集大成がこの作品なのかもしれない。

・『聖闘士星矢』でタイムリープネタ炸裂という超展開に入っている訳ですが、今考えると「神話」を扱ってる『聖闘士星矢』という作品にとって、時間遡行ネタはもの凄くマッチしてると思ったのでした。しかも『聖闘士星矢』ラストの、「ハーデスは何で星矢の顔を知っていたのか?」という有名な未回収伏線があって、どうもその頃から構想自体はあったっぽい気がするんだよなー。今回に関しては、『B'tX(ビートエックス)』以来の何かが宿った車田御大を感じています。

・そして次回、ついに氷河登場っぽい。ギャー。ダイヤモンドダスト! オーロラエクスキューションのポーズを真似したことがない僕世代の男の子はおるまい!

聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)

B'TX ビートエックス 1 (ホーム社漫画文庫)
B'TX ビートエックス 1 (ホーム社漫画文庫)

 ◇◇◇

 今晩辺りにアメブロのビジネスブログの方に記事をアップして(ちょっと遅れるかもですが)、僕のまだ一般販売してなかった教材(3つほどあります)の冬季セールを一定期間行わせて頂きます。

 『経済危機入門』とか『コピーライティング特講』とか、凄まじい熱量を込めて作成した教材ですので、この機会に必要とする人に届けば幸いなのでした。