ブログネタ
日記 に参加中!
 『アニメアイドルマスター』第13話の美希の二曲目のダンスが始まる所はついつい何度も見てしまいますね。
 ◇◇◇

 今年、特に震災以降はなんだか地べたをはって生存戦略してる感じで、来週はもう11月で誕生日が来れば30代突入とか、もしかして僕の20代はろくなことがなかったんじゃないかと軽く絶望しかけるのですが、まだ進んでいきたい方向性のようなものはあるし、何より普通に三食食べられて寝床があるだけで今年比的には現状ありがたい。

 介護して英語教えてせいぜいちょっと文章書いてもうぜいぜい言っているという現在はいくぜ何とかマスター的な上昇志向とほぼ無縁なのですが、上昇志向も食べ物と安全が無ければ何も上昇できないというのが今年の教訓なので、今はまだこれでよい。特に今日は寒い。NHKによれば仮設住宅居住者の改善要求ナンバー1は「収納スペース」とのこと。東北は防寒具が必要になる季節であります。防寒具自体の入手はそこまで高くない現状になってきたと感じるけれど、かさばる防寒具をどこに収納するかの問題はパっと解決策が思いつかない。まだ、どこに上昇していくかとかより、寒さをしのぐフェーズなのである。

 地域の塾で震災により全国比的に勉強が遅れた子どもを教えたりしてるけど、周辺の建物が取り壊された中、残った建物の利用可能スペースをめいっぱい使ってやっている感じである。これ、全員が防寒具着てくるシーズンになったら絶対スペース足りないよな問題は、そろそろ考えないといけない頃です。廊下に、クリーニング屋さんとかにあるだーっと服をかけられるヤツを置けばいいんじゃないかと今思いついた。クリーニング屋さんにも古いのとかありそうだけど、最終的には自作という手段もある。新自由主義の帰結としての孤独のアトムとばかりに老後にパチンコ屋さんに通うおじいさんなどにハンドメイドの仕事とか依頼できないのだろうかと考えるのは一つは傲慢であろうか。

 『思想地図β2――震災以後』に収録されている藤村龍至氏の建築論考「復興計画β:雲の都市」は一見の価値がある。国土レベルのリスク分散の観点から、第二国家軸としての「東北-日本海ベルト」が提案されていて、その場合の中心には仙台が想定されている、というもの。そのまま採用はできないかもしれないけど、漠然と進みたい方向のイメージは提供してくれている。宇宙開発も大事だけど、迫り来る超高齢超少子化社会をどうするかには、都市、共同体構想が必要と感じる。このままだと、宇宙に行く前に大部分が死んでしまう。

 関東のバックアップとしての東北、日本海ラインの国家ベルトを構築するなら、大きい物語よりも、小さい物語の群体を目指したい。つまり、常時コミケ的第二国家軸である(キリっ)。関東の秋葉原のバックアップ的観点も兼ねて、謎の創造力ベルト地帯を形成する。地震も放射性物質も関係ない価値群をローカル(というには東北、日本海ラインになると大きいが)に集中して、外国の人達を呼び込む。この観点から注目している企業様は、シーガルさんである。石巻店をはじめ、続々と復活していく様は一生忘れないくらいカッコよかった。東北の萌えは死なない! 近所の長町店さんも無駄に熱いよ。ぱにゃにゃんだー!

 こっちの方の観点から、第二、第三萌え国土軸の中心になりそうなのは(どっちが第二でも第三でもいいんだけど、とりあえず防災的観点からの関東圏のバックアップ)、やはり徳島である。マチアソビでガンガン人を呼び込み(外国人含む)、もうすぐufotableのアニメ作品向け映画館もできます。心強い。関東圏の大事さはよいとして、関東圏の直下型地震も現実的に心配される現状、バックアップとしての第二、第三軸が、萌えでも何でもいいので力を蓄えておくのが大事だと考えます。少しSF的に想像を飛ばしていいなら、関東圏にダメージがあったら、第二、第三軸から救援や物資供給で一斉にロボとか飛び立っていくイメージがいいよ。時代は、ロボですよ。

 また、東北、日本海ライン構想で行くなら、外国語教育も骨太な土台として展開していきたい。最早関東、関西圏に先がけて、英語も堪能な人達が住む地域として生まれ変わり、少子高齢化対策として数年以内に表で本格的に議論され始めるかもしれない移民導入に関しても、先行して備えておく。どうなるかは分からないけど、外国の人とのコミュニケーションスキルが水面下で上がっておくのは悪いことではない。この点ではジム・ロジャース(有名な投資家)が最近ブログに書いてるように、未来の資産としては子供たちにMandarin(中国語)を教えることがイイと僕も思うけど、アメリカと違って日本はまだ英語すらダメな訳なので、まずは英語を優先する。僕が英語を教えているのも、意識はこの辺りにあります。ゆくゆくは英語とMandarinも使いこなす人々が多様な物語を発信、融和させながら、全体としては大きい価値が集約してるような地域になればカッコいいな、と夢をみる。これは、多様な国家のバランスに視点が置かれる(大まかには)カントの世界共和国の構想が、日本のローカル地域で実現するようなイメージの高揚がある。

 そんな夢も抱きますが、目下の努力項目は、現在英語を教えている子が、この子、名詞の意味が分かってない、そもそも品詞という概念にしっくり来てない。品詞とかは飛ばして教える方向もあるけど、現状受験も大事な状態では何とか理解して貰わないと、みたいな小さい小さい悩みの連続で出来ているのですが、いつか、面白い未来に繋がっていると信じて、今は色々と投げ出さないで、はってでも自分のやれること、あと少しはやりたいことをやっていきたい……。

思想地図β vol.2
思想地図β vol.2

THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05