『仮面ライダー鎧武(ガイム)(公式サイト)』第11話「クリスマスゲームの真実」の感想です。

 ネタバレ注意です。
 ◇◇◇

 ユグドラシルコーポレーションに踊らされていたアーマードライダーの面々、斬月兄さんに遭遇……というのは劇中の比喩で言えば錠前の中の狭い世界にいた連中が、いきなり外の世界の格上に遭遇の構図なので、みなバタバタと葬られる。アリアハンあたりでいきがってたらいきなりカンダタに遭遇、的な(いきなり例えがドラクエ3!)。

 鳳蓮だけはちょっとギャグモードだったので、本気出せば貴虎兄さんともいけそうな気がしますが。今回は自営業者VS大企業で大企業に負けた感じとして(え)、傭兵の面を押して行けば大企業にも一撃行けるよ!

 世は戦国のごとく支配ゲーム、錠前の外を掌握してるものは、錠前の中の連中は支配してるのさポイズン、自由って何だ? みたいな作劇を今の所感じておりますが、「自分たちがモルモットだと言われていたと知っても、そう言ってた連中を結局助ける」という今話の紘汰の振る舞いは、なんか自由! って感じがした。絵的にも、閉じたユグドラシルコーポレーション内部から、空が見える外まで出ていく感じになってるんだよね。今はまだその空すら誰かに掌握されてるのかもしれないけれど、まず一つ錠前を開けた感、自由決めてやったよ感があって、前半の山場としてカッコいい回だったのでした。

仮面ライダーウィザードVOL.13<完> [Blu-ray]
白石隼也
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-02-07


仮面ライダー鎧武/ガイム 第一巻 [Blu-ray]
佐野岳
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-02-21


→前回:仮面ライダー鎧武第10話「ライダー大集結!森の謎を暴け!」の感想へ
→次回:仮面ライダー鎧武第12話「新世代ライダー登場!」の感想
『仮面ライダー鎧武』感想の目次へ

【関連リンク】

小説『仮面ライダー龍騎』感想へ
仮面ライダーディケイド最終回・メタ解釈の解説へ
『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』の感想へ
『仮面ライダーディケイド』感想の目次へ

『仮面ライダー555(ファイズ)』感想へ(大昔のサイト)
『仮面ライダー響鬼』感想へ
『仮面ライダーカブト』感想へ
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』感想へ