ブログネタ
黒子のバスケ に参加中!
 週刊少年ジャンプ連載分の「黒子のバスケ」259Q「絶対止めてやる」の感想です。
 ネタバレ注意です。
 ◇◇◇

 重要な所で自分で行くか、パスを出すか、というのはこれまでの話の中でも、大事な場面で描かれてきた事柄ですが、木吉VS根武谷は、木吉、日向にパスを出してスリー。

 個人の実力は木吉VS根武谷のマッチアップが一番拮抗してると煽っておいて、ラストはパス。何度か書いてるように洛山がif過去の帝光だとしたら、相手が個人能力押しで来た所をこっちはパスもアリという感じなので、過去の帝光のイデオロギー(卓越した個人が独力で勝手にやるのが一番強い)を乗り越えてる感じも。

 黛さんが気にし始めてる赤司くんの異変は何なのかな。等身大の少年(オッドアイ開花前)に戻るか、更なる力に目覚めるかのどっちかかと思うのですが、より深いゾーンという更なる力に目覚め駆けてる火神という流れからすると、後者だろうか。

 「五将」の領域に日向が入ってくる……みたいな「格」にまつわる話が印象的だったのだけど、「五将」の上に「キセキの世代」があって、火神と赤司くんがさらにその上に、みたいな流れでしょうか。





→前回:黒子のバスケ(ジャンプ連載分)258Q「もう止めねーよ」の感想へ
→次回:黒子のバスケ(ジャンプ連載分)260Q「忠告だ」の感想へ
黒子のバスケ/第1巻〜第16巻(ウィンターカップ桐皇戦決着まで)一気読み時の感想へ
『黒子のバスケ』感想の目次へ