ブログネタ
仮面ライダー鎧武 に参加中!
 『仮面ライダー鎧武(ガイム)(公式サイト)』、第28話「裏切りの斬月」の感想です。

 ネタバレ注意です。
 ◇◇◇

 前回、最初は反目した紘汰と貴虎も信じ合える関係になれたし、人類とオーバーロードもきっとなれるさ、という希望的な部分が描かれた反動か、やっぱり人、信じられないとばかりに裏切り乱舞。

 人、というか自分以外の他者を信じられるか、というのは作中で大事な分岐点として描かれていると思っていて、信じられるのなら、例えば時に衆愚的に描かれている(ユグドラシルの情報操作に踊らされてる時の描写など)民衆も最終的には信じられる、という方にいくのかもしれない(そして、「ちゃんと生きてる民衆」の代表がたぶん紘汰のお姉さん)。

 一方で信じられないとしたら、他人と理解し合えるなどと思わずに、自分が進歩・進化を追って、それこそ競争の末に俺一人が「禁断の果実」を手に入れる……という方向になる。

 この「信じられるか」を、「表面的な外見と中身」、のギミックで描いているのは上手い。表面的には斬月だけど、中身(真実)は光実、というギミックが、そのまま表面を嘘で覆って、真実を隠していたユグドラシルのやり口と重なる。作劇としては、紘汰も今の斬月の中身は光実という真実に到達するし、民衆も世界の危機という真実を知る……となっていきそうかなぁ。

 崖落ちで貴虎兄さんが生きてるのは規定事項だけど、これ、貴虎兄さんゲネシスドライバーじゃなくて戦極ドライバーで変身する展開にならないかな。ゲネシスドライバーが「搾り取る(搾取)」モチーフで、戦極ドライバーが「切り開く」モチーフなので、ここで戦極ドライバーで変身だとめちゃめちゃ熱いと思うのですが。

→キャラクターブック



→『仮面ライダー龍騎』Blu-rayBOX

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 1
須賀貴匡
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-07-11


→前回:仮面ライダー鎧武第27話「真実を知る時」の感想へ
→次回:仮面ライダー鎧武第29話「オーバーロードの王」の感想へ
『仮面ライダー鎧武』感想の目次へ

【関連リンク】

小説『仮面ライダー龍騎』感想へ
仮面ライダーディケイド最終回・メタ解釈の解説へ
『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』の感想へ
『仮面ライダーディケイド』感想の目次へ

『仮面ライダー555(ファイズ)』感想へ(大昔のサイト)
『仮面ライダー響鬼』感想へ
『仮面ライダーカブト』感想へ
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』感想へ