ブログネタ
黒子のバスケ に参加中!
 週刊少年ジャンプ連載分の「黒子のバスケ」268Q「どうすりゃいいんだ」の感想です。
 ネタバレ注意です。
 ◇◇◇

 火神ついに体力切れ、という所で、引きで謎の男が会場に来場。

 謎の男は萩原シゲヒロかな。過去編の全中ラストのリフレイン、バッドエンドの乗り越え的になってる現在編決勝戦の、最後の面子がそろった的。

 過去編の萩原シゲヒロのチームにはいなかった火神を持ち上げる感じになってもいいし、黒子の片側のリストバンド繋がりで、何か勝因要素を送ってくれる感じでも良さそう。

 過去編で破綻したのには、「キセキの世代」という共同体と、黒子と萩原シゲヒロ、と二軸あって、極論すれば過去に壊してしまった人間関係を何らかの形で再生していくのが『黒子のバスケ』という作品だと思うのですが、断絶していた黒子と萩原シゲヒロの線もラストに繋がるなら綺麗そう。



黒子のバスケ 2nd SEASON 9 [Blu-ray]
小野賢章
バンダイビジュアル
2014-09-24


→前回:黒子のバスケ(ジャンプ連載分)267Q「久しぶりだね」の感想へ
→次回:黒子のバスケ(ジャンプ連載分)269Q「諦めるな!!」の感想へ
黒子のバスケ/第1巻〜第16巻(ウィンターカップ桐皇戦決着まで)一気読み時の感想へ
『黒子のバスケ』感想の目次へ