アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works(公式サイト)』、第24話「無限の剣製」の感想です。

 ネタバレ注意です。
 ◇◇◇

 マスに訴求できるメディア(TVのチャンネルなど)リソースも、大規模な創作をする人的・資金的リソースも有限なんだから、最近のけっこう前の作品を大規模に映像リメイクする流れには、そろそろ後進に道を譲ってほしいと思うこともあるのですが、実際に凄いクオリティの作品になって見せられるとやっぱり燃えるのですよね。原作ゲームをプレイしたのは個人的には8年前くらいなのですが、あの時の感動が2015年に再び蘇る。

 BGM、「THIS ILLUSION (piano ver.)」、「約束された勝利の剣」、「エミヤ」とか、卑怯過ぎでした。そりゃ、音楽聴いただけで泣くよ……。

 例によって、贋作の剣製で「ホンモノ・正統者・原典者」に猛攻をかけるラストの士郎は熱い。「いくぞ英雄王――――武器の貯蔵は充分か」……この台詞を筆頭に、今ではFateパロくらいに氾濫してる名台詞の数々も爆発でありました。固有結界からのアクション映像も素晴らしかった……。

 個人的に、「UBW」が一区切りしたら今度は「桜ルート」がいよいよ気になって、エッセンスや結末は鮮烈に記憶してるけど、細かい所忘れてるなーと思って、以前の自分のFateプレイ日記読み返していてしまった。↓


間桐桜ルート(Heaven's Feel)/感想/A Blog for TYPE-MOON Fans


 そうだった、桜ルートはこういう話だった。「UBW」も物語自体の長文の感想はこちらのプレイ日記に書いてるので、良かったら。↓


遠坂凛ルート(Unlimited Blade Works)/感想


 またまた個人的に、「UBW」に関してはグッドエンド(セイバーが現界してる方のエンド)アフターを基本的な世界観にした二次創作SSをPixivに公開していたりします。便乗して宣伝しておきます。初出は2008年冬コミ(C75)で頒布したコピー誌です。↓
 細かいところまで満たされる映像化でありました。「エピローグ」、そして発表されてる「桜ルート」の映画も楽しみに。





→前回:Fate/stay night Unlimited Blade Works second season:Review episode #13
劇場版「空の境界」未来福音/感想(ネタバレ注意)
『魔法使いの夜』感想(別ブログ)

当ブログの別館TYPE-MOONファンブログ