相羽です。

 これで20ふぁぼ超えするxaviさんに嫉妬。(挨拶)

 ハロウィーン的な何かもあるよ。

 そんな、当ブログ的には謎の世界、「よちよち(公式サイト)」でお馴染みのxaviさん(ホームページTwitterブログ)と、僕の電子書籍の表紙イラスト等も担当して貰っている柚山さん(ホームページTwitter)とのブランド、「SocksOwl(ソックスオウル)(Twitter)」の展示が十一月から大阪で行われます。

 またゆかりある土地です。現在も、姉が住んでいたりします。

 これからは関西の想像力だというような着想の元、色々と京都・大阪辺りのことを調べていたりしたので、何か縁のようなものを感じます。実際に関西に住んでる方だと、京都近辺と大阪近辺を一括りにされると嫌がるかもですが、やはり、何か連絡し合っている、関東とはまた違う想像力がそこにはあります。

 京都アニメーション。山本寛監督。京都学派。南方熊楠。梅原猛。真田丸。トーテミズム。SocksOwl。などなど。何かが僕の中で繋がってゆく……。

 最近、ネットで知り合った長年の友人の住んでる土地が、自分の御先祖様がかつて住んでた土地だった、みたいな気づきがよくあったりします。ご先祖様同士が、すれ違ってたりするのかなぁ、とか。

 あと、色々とオフレコのレベルでも、何かと縁のようなものが意識されることが多いです。

 僕くらいの年齢にちょうどそういうのを感じやすいものなのか、ちょうど何かのタイミングなのか。

 色々と繋がってゆく感覚。来年あたりから、良い感じに結実してゆくといいなぁ。

 ◇◇◇

 本日の、折姫さん(Twitter)の愛がある感じ。

参考:アイドルマスター シンデレラガールズ最終回の感想〜四人の孤独者と過去の自分を助けに行くということ(ネタバレ注意)

 蘭子が美波の代わりにステージに立つ第13話(感想)もさることながら、第10話(感想)の凸レーションが到着しないケースに備えて蘭子らが代役として待機しているシーンが好きです。



 ◇◇◇

 小説、『こちら街アカリの復興部!』の改稿作業中です。

 半分くらいまできた……かな。今回はかなり本格的にやるので、まだまだこれからなのですが。

 ちょうど、劇中の設定として冒頭が十一月の仙台から始まる『こちら街アカリの復興部!』もタイミングが良いのですが、この季節のこの地方の独特の冬を予感させる寒さが近づいてくると、『妹の紋章』執筆時を思い出します。

 2011年から、かなりの長い期間執筆していた作品ですが、一番書いていたのは、2012年から2013年にかけての冬だったので。

妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 風景描写に重きを置いていたりする地味めの作品かもしれませんが、しみじみしたものが良いという時など、読んでやって頂けたら幸いです。表紙は、さっきも書いたけどSocksOwlの柚山さん! 一時(Amazonさん側で)表記が消えてたのですが「現在 Kindle Unlimited にて読み放題でお楽しみいただけます。」の表記も復活しております。

 そんな感じで、僕が書いている、宮城県は仙台(S市)が舞台の小説色々。読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開しておりますので、こちらの方もまとめておきます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやっておりますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。フォロワー様数2500人達成感謝です。少しずつ、リワードも充実させていく予定でおります。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty