相羽です。

 今週号の週刊少年ジャンプから新連載が始まった「ぼくたちは勉強ができない」は、僕が2013年に一推ししていた『IDOROLL(アイドロール)』の筒井大志先生(ブログTwitter)の作品です。↓


IDOROLL(アイドロール)/第1巻/感想


 主人公がヨシ君の系譜なので期待。

 ちょうど最近電子書籍化されましたので、これを機会に『IDOROLL(アイドロール)』もお勧めです。↓



 ◇◇◇

 先日(4日)第239節「山口県に、ソレはある」を公開した「歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染」なオリジナル小説『非幸福者同盟』ですが、最新・第240節「過去編――一九九五年〜リュブリャナのロマンス」は2月11日(土)に公開です。しばらく、毎週土曜日に一節ずつ公開の方向で。

 ついに、スロヴェニアはリュブリャナの情景描写をお届けできる時がきました。『妹の紋章』にも『こち街』にもそこはかとなくスロヴェニア要素は絡んでいたのですが、実際に場所の描写が出てくるのは今回が初です。
 先週、米澤穂信さんの『さよなら妖精』の書評を書いておりました。↓


米澤穂信『さよなら妖精』/書評


 素晴らしい作品でしたが、米澤先生はスロヴェニア含む旧ユーゴスラヴィア要素に関して、書物の資料で書いたか、取材に行ったとしても短期間で書いた印象も同時に受けました。(余談:巻末の参考文献が、やっぱりそれは参考にしますよね。あるある! だったりでした。(笑))

 不遜に聞こえるかもしれませんが、僕が今作、次回作でスロヴェニア及び旧ユーゴスラヴィアを取り上げるにあたって、僕にアドバンテージがあるのは、実際に一ヶ月弱滞在してきて、空気感・文化感を肌感覚で知ってる点だなと思いました。

 世界史的・物語史的に意味がある形で、旧ユーゴスラヴィア、スロヴェニアが関わってきます。ご期待下さい。

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節分はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、「第2回カクヨムWeb小説コンテスト」の「現代ファンタジー部門」にもエントリしてたりするので、良かったと思ったら応援よろしくです。

 こちらのコンテスト、読者選考期間は2月9日(木)までなので、明日までとなっております。

 またまた、「カクヨム」様の方で、

 なるキャンペーンが開かれている模様です。


◆期間中に初めて★で作品評価すると抽選で40名様に500円分プレゼント
◆期間中におすすめレビューを投稿すると15名様に2000円分プレゼント


 とのこと。

 詳しくはこちらから。↓


総額50,000円分の図書カードがもらえる! カクヨム"Wレビュー"キャンペーン開催! & 新着おすすめレビューコメントのメール通知が実装!/カクヨム ブログ


 もちろん、キャンペーンに便乗してでも(笑)読んで頂いて、良かったと思ったらレビューとかして頂けたら喜びます。

 応援ボタン(ハートマークのやつ)などもありがとうございます。励みになります!

 AmazonさんのKDPを利用して販売させて頂いている電子書籍も引き続きよろしくお願いします!↓

妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


終末の週末
相羽裕司
2013-10-14