相羽です。

 馬の助さん(ブログTwitterPixiv)の初描き(たぶん)ヴァイオレットさん。  『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』イイですよねぇ。

 僕としても『小林さんちのメイドラゴン』以来、実に一年ぶりくらい(そんなに!?)で毎週アニメの感想を書くということをやっているのですが、京都アニメーション作品の感想は、書いてブログにアップするとけっこうな人数の方々に読んで頂けて(アクセス解析機能で分かるのです)嬉しいです。

 また、書いてる僕の運気(?)のようなものもアップしてるような感覚があります。何なんですかね、これは(笑)。

→Blu-ray



 自分の活動の方にも、静かなやる気のようなものを頂いてる気がします。
 ◇◇◇

 各小説投稿サイトやTwitterでは書いてたのですが、ブログでも。

 小説『非幸福者同盟』の次回更新は1月20日(土)予定と前回書いちゃってたのですが、すいません、少し延期させてください。

 残り十七節、毎回納得がいく段階まで書いてから更新したいというのがありまして。

 もし楽しみにして下さってる方がおりましたら、もうちょっと(そんなに空かない予定)お待ち頂けたら幸いです。

 そんな、『ひこどう』の方の公開が遅れてる理由の一つでもあるのですが。

 新作小説。「歴女ファンタジー小説」の方を執筆中です。

 今回は賞に応募しようと思ってるのですが、今のところ締切に間に合いそう、ですかね……。

 こちらもとても大事に書いておりまして、今回は場合によっては第十稿、第二十稿と丁寧に改稿を試みようと思っております。

 一区切りできたら丁稚さんに見てもらうことになってるのだった。

 時々リンクを張ってる「ねざめ堂」の丁稚さん、仙台の方なのですが、この前も一緒に『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』を観に行ったりして、アップした感想記事はけっこう丁稚さんの話とかも下敷きになってますね(作中の「連関天則」の話とか)。


ねざめ堂


 執筆中の新作小説の話もけっこうしてきたので、まずは一通り執筆して、見てもらおう……。

 とりあえず読んでくれる人がいるというのは、良いことだ……。

 ◇◇◇

 そんな創作活動。

 クリエイターさんがパトロンという名の月額少額支援者様を募集できるサービス「Enty」様。

 また、新たに月額少額支援者様になってくださる方が現れて、とてもありがたいのでした。

 これで二人ですか。もし十人くらいまでいったら、だいぶすごい(ありがたい)のですが。

 ブログ&メルマガにくわえて、さらに、今年2018年は第2活動拠点くらいの心づもりで、 Enty様もやっていこうかな〜と思っております。

 とりあえず、月額100円以上の支援をしてくださる方向けに、


・月額100円以上支援してくださった方だけが読めるショートショート記事


 そして月額500円以上の支援をしてくださる方向けに、


・月額500円以上支援してくださってる方向けのショート記事

・月額500円以上支援してくださってる方限定で、過去の同人誌の電子版をお渡し

・月額500円以上支援してくださってる方限定で、過去のメールマガジン(現在verになってからのメルマガの初期バックナンバーとか、現在他ではどこでも手に入らないヤツっス)を公開



 などなどは僕の方でそんなにも労力を必要とせずにわりとすぐできるので、Entyで少しずつやっていきたいと思っております。

 限定記事の内容も、ざっと思いつくだけでも。


・介護生活と創作活動を両方やっていくコツ

・WEBで読者さんを集めてちゃんと収入も得ていくビジネス面の話

・ライター仕事などの、語れる範囲での裏話

・最新の知見も含めた英語学習の話

・電子書籍の制作、販売活動の最新の知見



 などなどと、僕としてはわりと気軽に書けるのだけど、人によっては月額支援してでも読んでみたいと思ってもらえそうな題材、けっこうあると思うのですよね。

 僕の負担が大きくなって創作活動に支障が出てきたりすると本末転倒なので気をつけたいところですが、支援者さんのニーズと僕のリワードの提供力の良いバランスのラインがあると思うので、色々研究していきたいと思っております。

 月額少額支援を頂いた方はビジネスでいうVIP顧客みたいなものなので、色々と満足して頂けるものを提供するのを模索していきたいと思っております。

 そうそう、メルマガ経由で「Enty」様に関する話もふって頂きましたので、その方のメールに返信した僕の文章の箇所を引用しておいてみます。

 めっちゃざっくりとは「Enty」は(サービスとして)大丈夫なの的な話だったのですが。

 これはさすがに、僕にも明確な意味では分かりません。外から観察して理解できる事柄には限度もあるので。

 以下、僕の見解について、その方への返信を引用。

---

●●さんが読んだものと同一のものかは分かりませんが、
一時プチバズってたので、
注意喚起記事みたいなのは以前僕も読みました。

ただ、あれを書いてる人は特に法律の専門家でもビジネスの専門家でもない、 という辺りは注意しないとな〜と思って読んでおりました。

・二次創作はグレー
・何も提供しないでお金だけ受け取るのは法的に条件がつく

というのが主な話だったと思うので、
オリジナルでかつしっかり記事なり作品なり提供して
支援してもらう分には、
僕の法知識の範囲では問題ないと考えております。

その上で、
Entyは大企業のKADOKAWAさんが運営してるカクヨムとかとは違って、
ほぼベンチャー起業みたいなのが運営してるサービスなので、
色々とギリギリ感があるというのはその通りです。

起業、ベンチャーの初期サービスはえてして不完全なものなので、
そういうのも基本まあありかなという感じの僕は使ってますが、
ちゃんと安定したものを使いたいという方は使わない方がよいやもしれません。

今後、やっぱりダメだったとサービス終了になる可能性は、
大いにあります(そういうのも含めてベンチャー的サービス)。

(引用ここまで)
---

 もともとが「Patreon」という米国のサービスの模倣から始まったサービスなので(その点はEntyさんも折に触れて語っておられます)、その点からしても、盤石の資本のもとに運営している色々と万全のサービスという感じではないと捉えています。

 ただ、その上で、そういうスタートながらも運営を続けて、けっこうな数の小規模クリエイターさんがパトロンさんから支援を受けて助かったという部分も、事実としてあるわけで。(僕としても、現時点でも月額数百円でも支援はありがたい感じです)

 そんな感じのサービスで、今後やっぱりダメだった、サービス終了みたいな可能性はもちろんあるのですが(最近は、国内で競合の同系サービスもけっこう出てきてるというのもあります)、そういうのも考慮してみた上で一定期間月額支援して、リワードの記事とか読んでみてもイイかな〜という方は、月額少額支援者様になって頂けたらありがたい感じです。

 支援などはこちらから↓


aibasshi

「Enty」TOPページ



相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty


 ではでは!