ブログネタ
Fate/Grand Order に参加中!
 相羽です。

 期間限定イベント「バレンタイン2018 〜繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタイン〜」に参加中の今日この頃。

180212fgo5
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 ロックオンチョコでナイチンゲールさんからチョコを貰ったよ。

 う、うん。救急キット大事だよね。また大きい災害とか、あるかもしれないですし……。

 TYPE-MOONのスマートフォン用ソーシャルゲーム、FGOこと『Fate/Grand Order』の感想・プレイ日記などです。公式サイトはこちら。↓


『Fate/Grand Order』(公式サイト)


 本日はようやっと『FGO』のゲームとしての面白さに目覚めてきた(遅い!?)という話とかですよ。
 ◇◇◇

 基本的にはストーリーを読む目的で『FGO』をプレイしていたのですが。(←小説『空の境界』辺りからの奈須きのこさんの物語のファン)

 『FGO』のゲーム要素に関しては、初期はバトルとか、バフをかけてバスターカードで殴る。全滅したら聖晶石を使ってコンテニュー……くらいのノリでやっておりました。

 ところが最近ようやっと、『FGO』ってこれ、デッキゲーム、定義はともかく攻略のためにデッキ(『FGO』の場合はパーティ)を組む点に知的面白さがあるゲームなのか!?という部分に開眼してきました。

 サーヴァントの召喚も、推しキャラ(好きなキャラ)をゲットしたいという方向はもちろん楽しいのですが、デッキゲームとして、攻略用に組むデッキ(パーティ)にこのカード(サーヴァント)が必要だ……という方向で考え始めると、また別の面白さが出てくるのです。

 デッキ(パーティ)、カード(サーヴァント)を組む方向は、「周回」用と「高難易度」用と主には二種類あります。


・「周回」用

 アイテムとか目当てに、同じクエストを何回もクリアする時用に、予めどういうデッキを組んでおくか? という楽しさ。

 何回もクエストをやるので、時間を節約したく、基本的には最短の3ターンでクリアできるデッキをどう組んでいくか? という知的面白さがあります。

 例えば、現在のイベントの「チョコ製造 フルタイム・グレー級」というクエスト「周回」用だと、僕の場合、


・弓ギルガメッシュさん
・諸葛孔明さん
・アーラシュさん
・狂ランスロットさん
・サポート枠(イベント礼装を付けてる)
・アンデルセンさん(イベント礼装を付けてる)

 で、だいたい3ターンでクリアできます。


 このデッキで、もう何十回も同じクエストを「周回」していますw

 この6枠のデッキをどう組んでいくか? 如何に効率的で精神的にも楽しいデッキをどう組んでいくか? という点に知的面白さがある感じですね。


・「高難易度」用

 イベントなどで条件を満たすと出現する、報酬が凄い分めっちゃ難しいクエスト。あるいはストーリーのボス戦など。

 こちらは、発想としては「詰碁」の面白さに近くなります。

 詰み=敵全部のHPを全部減らす状態……に持っていけるデッキをどう組めるか? という知的な面白さです。

 こちらは時間は気にせず、「スキル」や「宝具の効果」なども考慮して、どうこちらが詰まれずに敵を詰めるか? というゲームになります。

 「魅了」や「ガッツ」といった「スキル」もゲーム上重要な要素なんだ!? と気づいてくるのはこのくらいの段階ですね。

 敵が男性サーヴァントだから、1ターンこちらが「詰み」になるのを延長するためにスキル「魅了」が使えるエウリュアレさん(男性特攻も付いてる)もデッキに入れよう……みたいな感じに頭使ってデッキを組んでゆくのがこちらですね。

 これら、色々考えながら攻略していく方向の面白さに関しては、いつも色々考えてる(笑)Sunithaさんのブログが楽しいですよ。↓

参考:Sunitha_Venaduの日記

 ◇◇◇

 新たなるサーヴァント、鈴鹿御前さんとパールヴァティーさんをゲットしておりました。

 鈴鹿御前さんは何故か二枚!?

 どうも、リアル自分と縁があるサーヴァントがくるという超常的なw法則を感じる。

 次の小説(今書いてるやつ)でけっこう坂上田村麻呂について調べたりしていたところなので、ちょっと怖いくらいだぞw

 そしてパールヴァティーさん、上記の「頭を使って」攻略を考えていく方向の面白さを追求してゆく視点だと面白いサーヴァントです。

 「宝具」で中確率で「魅了」が付与できる!? 「スキル」で自分のNPを他のサーヴァントに譲渡できる!?

 戦略的には、今のイベントの「チョコ製造 フルタイム・グレー級」みたいなバーサーカークラスが徒党を組んで出てくるタイプのクエストだと、ライダーイシュタルさん(凛)とパールヴァティーさん(桜)で姉妹パーティが相性ばっちりだったり(両者ともQuick宝具なので)するのに気づいてしまった僕は。

180212fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 凛様と桜さんでバーサーカー連隊に連続クリティカル&宝具を食らわせるの図。

 また、パールヴァティーさんの「宝具」「トリシューラ・シャクティ (恋見てせざるは愛無きなり)」が美しいです。

180212fgo2
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 「桜」のシニフィアンから……。

180212fgo3
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 舞う、インドの女神さま。

 うむ。好きだ……。

 パールヴァティーさんは「霊衣解放」すると『Fate/stay night』の桜の格好をしてくれるという古参ファン向け要素もあるので、とりあえずマナプリズム(「霊衣解放」権には1000個必要)を集めよう……。

 ◇◇◇

 一方、「チョコ製造 フルタイム・グレー級」で「鳳凰の羽根」が集まったので、贋作イベントの時の宿題だった……諸葛孔明さんのスキルMAXが達成なりました。

180212fgo4
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 どやっ!

 ナイチンゲールさんに次ぐ、二人目のスキルMAXサーヴァント。

 もともと『FGO』界でサポート系の強サーヴァントとして名を馳せてる孔明さんで、Lv.100で宝具Lv.も2なので、フレンドの皆々様からも引っ張りだこだぜ……。

 実は、QPさえあればギルガメッシュさんとライダーイシュタルさんもスキルMAXにできるので(素材は足りてる)、とりあえずQPを稼ごう……。

 ◇◇◇

 今年から実験的に記事のコメント欄をしばらく開けておくので、私の『FGO』小話とか、『FGO』考察とか聞いてほしい〜みたいなのがあったら気軽に書き込んでみてください。

 礼儀は重んじた上でよろしくだゾ。

→このフィギュア懐かしいな……



→前回:FGO感想・プレイ日記35〜「復刻:ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
→次回:FGO感想・プレイ日記37へ
FGO感想・プレイ日記の目次へ

・メインクエスト読了時の感想はそれぞれこちら↓

FGO感想・プレイ日記1〜序章:特異点F A.D.2004―炎上汚染都市冬木クリアまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記5〜第一特異点 A.D.1431―邪竜百年戦争オルレアンラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記7〜第二特異点A.D.0060―永続狂気帝国セプテムラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記9〜第三特異点A.D.1573―封鎖終局四海オケアノスラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記10〜第四特異点A.D.1888―死界魔霧都市ロンドンラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記11〜第五特異点A.D.1783―北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナムラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記17〜第六特異点A.D.1273―神聖円卓領域キャメロットラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記23〜第七特異点B.C.2655―絶対魔獣戦線バビロニアラストまで〜両義者としてのイシュタルとエレシュキガル(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記25〜終局特異点A.D.2016―冠位時間神殿ソロモンラストまで(ネタバレ注意)

FGO感想・プレイ日記31〜亜種並行世界 寛永十六年―屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負のストーリー感想(ネタバレ注意)

FGO感想・プレイ日記34〜第2部プロローグ「序/2017年 12月31日」のストーリー感想へ

・イベントの感想はそれぞれこちら↓

FGO感想・プレイ日記13〜「復刻:天魔御伽草子鬼ヶ島ライト版」で風越丸と闘っていた頃(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記21〜「復刻:夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー 〜癒やしのホワイトビーチ〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記22〜「復刻:夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアヒートオデッセイ 〜進化のシヴィライゼーション〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記27〜「オール・ザ・ステイツメン! 〜マンガで分かる合衆国開拓史〜」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記28〜夏の水着イベント(2017年)のストーリー感想―どちらの虚構を選ぶのか?へ
FGO感想・プレイ日記30〜「復刻:ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 〜そして冒険へ……〜 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記32〜「復刻:二代目はオルタちゃん〜2016クリスマス〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記35〜「復刻:ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)

・物語考察

人理の「ゆらぎ」と桜ルートの「次」(『FGO』第2部へ向けた物語考察)

・プレイ日記を最初から読む場合はこちら↓

Fate/Grand Order……そろそろ?

・原点的ゲーム『Fate/stay night』の感想・プレイ日記はこちら↓

セイバールート(Fate)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
遠坂凛ルート(Unlimited Blade Works)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
間桐桜ルート(Heaven's Feel)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
『Fate/stay night』の感想・プレイ日記を最初から読む場合はこちらから(TYPE-MOONファン別ブログ)

・その他のTYPE-MOON作品の感想はこちら↓

『劇場版「空の境界」未来福音』の感想(ネタバレ注意)
『魔法使いの夜』の感想(ネタバレ注意)(TYPE-MOONファン別ブログ)
当ブログの別館TYPE-MOONファンブログ

・管理人による二次創作はこちら↓

→以前コミックマーケットで頒布したSSコピー誌


→『魔法使いの夜』小説同人誌