相羽です。

 『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』のBlu-rayが予約開始です。

 2018年の年明け早々に、劇場で観てきた僕の感想はこちらです。↓


指輪を二回渡す意味〜映画中二病でも恋がしたい!-Take On Me-の感想(ネタバレ注意)


 そう、意外と七宮智音の映画なんですよ。

 2期、『中二病でも恋がしたい!戀』、結末は分かる。ただ、智音の立場に立つと、信念も六花に上回られて、恋愛でも敗北して、寂しいです。

 中二病も恋愛も両方やります。一人ではなく二人の関係性の中で進んでいきます。

 そう言われてしまったら、恋愛を捨てても中二病(虚構)世界を守ろうとした「過去」の智音の気持ちは、一人で頑張り続けた智音の想いはどこにいってしまうのか? 全ては、無意味だったのか?

 そういう部分を救ってくれてる映画で、だいぶ幸せになれる映画です。リア充度に応じて、勇太と六花に共感するか、智音に共感するか分かれそうな映画です(笑)。

 そして、朝チュンする凸森と丹生谷さん。その設定生きてたの!? と重要なところを持っていく二代目邪王真眼……。



 そして、TVシリーズの低価格BOXも予約受付開始とのこと。





 『境界の彼方』はもう2013年の作品なのか。

 僕が能力バトルもの小説書こう! と思ったきっかけの一つの作品です(笑)。

参考:境界の彼方/第12話(最終回)感想(少しラストシーンの解説含む)