相羽です。

 新作「歴女ファンタジー小説(仮)」は第二十章まで執筆して、そろそろ初稿は終盤。

 どの部分書くのも好きなのですが、気持ちがのる(トランスする感じw)のはやはりクライマックス部分〜終盤ですかね。『妹の紋章』の時も終盤は一気に書いたんだったな〜。ちょうど、今が今回のそのあたり。

 仙台を訪れてきた甥っ子は今度結婚するらしいw

 ゴールデンウィークを利用して仙台くる前に向こうのご両親に挨拶してきたらしい。また、北海道の縁者が増える……。

 結婚関係とかリアル的活動をするのも、小説を書くとかフィクション的活動するのも、うんうん、それもゴールデンウィークだね(「それもアイカツだね」みたいな感じで)。

 そう、オフ会では話してたんですが、「アイカツフレンズ!(公式サイト)」けっこうハマってるんですよ。

 世の諸問題をアイカツノリで解決していく……というのを試みられたらイイんじゃないかと密かに思ってますw 大変なことってもちろん大変なのですが、我慢して苦しい思いして頑張る! の方向だけだと意外と解決していくための力も出せなかったりします。

 アイカツのノリくらいの優しい世界観で、少し力を抜いて、自分が楽にできることで波長が盛り上がった時にどーんと提供していった方が、余裕とか豊かさとか生まれていく気が最近はしてるのでした。

 僕の場合は介護とか地域復興とかに関心がありますが、うーん、アイカツノリで介護とか復興の課題を少しずつ解決していく……できたら良さそうなんですけどね……。

 三蔵ちゃんもきました!(『FGO』)

 最近、仏教仏教言ってたからですかねw

 功徳を積む方向でいきますよ〜。