ブログネタ
少女☆歌劇 レヴュースタァライト に参加中!
 相羽です。

 アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(公式サイト)』第二話「運命の舞台」の感想です。

 第一話は、現在「スタァライトチャンネル(公式チャンネル)」で観ることができます。↓
 感想は、ネタバレ注意です。

 一部、前日譚コミックス版『少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア』第1巻のネタバレも含みます。
 ◇◇◇

 愛城華恋という主人公が、すごいカッコいいなぁと思って観ているのですが。

 今話は華恋と星見純那が中心で、表面的な層では二人が影響し合って「スタァ」への渇望を高めていく(二人ともに負けられない理由がある)、そんな二人がBパートで激突……というストーリーに感じられます。

 特に、第1話Aパートでは今年の「スタァライト」の主役二人も真矢とクロディーヌだろうと受け入れていた華恋が、華恋とひかりが二人で立つスタァの場所に先にその二人が立ってるのは嫌だということを言い出しており、これは第一話Aパートからすると明確な華恋の変化で、華恋にも「競争」への参戦意識が芽生えてきたかのようにも見えます。

 ここで、すわ『仮面ライダー龍騎』か、無印『Fate/stay night』か、一つの奇跡(のようなもの)を奪い合うゼロ年代「バトルロワイヤルもの」作品が2018年に始まるのか……と一瞬思うのですが(『龍騎』も『Fate』も後半は単純なバトルロワイヤルではなくなるのですが、まあ構造として)、本作の愛城華恋が魅力的なのは、今話時点でも既に二点、そういう「競争原理」の枠組みに収まらないスケール感があるキャラクターとして描かれている点です。

 一つは、華恋の「競争」への参戦は、「競争」の敗北者へのまなざしが含まれた上での「競争」への参戦であること。

 第一話の感想で、「競争」と「共同体」のアンビバレント(相克)を扱ってるという点で、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』は近年のヒット作だと『響け!ユーフォニアム』と構造が似てるよねという話を書きましたが。

 ちょうど、この記事で書いてる部分ですね。↓


参考:響け!ユーフォニアム番外編「かけだすモナカ」の感想〜椅子に座れなかった存在への抱擁(ネタバレ注意)


 華恋は、既に「競争」の敗北者、「椅子」に座れなかった者へのまなざしも込みで「競争」に参戦(というか第一話的には「飛び入り」)している感じです。

 『響け!ユーフォニアム』用語を使ってしまうと、一期の頃の麗奈的なもの(「競争」で上を目指す類の「特別」)と、夏紀先輩的なもの(「競争」から零れ落ちた存在に居場所を作る類の「特別」)の両方を、第二話時点でかなり備えている主人公として描かれていると思います。


参考:響け!ユーフォニアム最終回の感想〜ポニーテールと三人のハルヒ(ネタバレ注意)


 「競争」で上を目指す類の「特別」の方は分かりやすいので、書いておきたいのは、やはり「競争」から零れ落ちた存在に居場所を作る類の「特別」の方でしょうか。

 今話で「競争」で敗北するのは純那ですが、まず純那に対して、大場ななが「共同体」的な要素、たとえ敗北しても側にいてくれる「居場所」的な存在として描かれています。

 ここで、前日譚コミックス版『少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア』第1巻を未読の方はネタバレ注意。

 大場ななは、もともと「競争」にはそのままは乗らないキャラクターとして描かれているのです。

---
(以下、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア』第1巻のネタバレ注意)

 星見純那と大場ななで「委員長」という一つの「椅子」を「競争」で奪い合うというシチェーションにて。

 幼稚園での実習中。大場ななは、星見純那が集団からあぶれていた(これもある意味「競争」では敗れていた)一人の女児を気にかけていたのを見て。


 「(純那は)ひとりぼっちの子を ちゃんと見つけてくれる人だって思ったの」(大場なな)


 と、「委員長」を辞退します。(「競争」からは自分から降りたということ。)

 そして、「私も 昔は1人だったから」とも。


---

180723starlight1

私も 昔は1人だったから/画像は『少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア』第1巻(電撃コミックスNEXT)より引用)

---


 大場ななは、もともとちょっと「競争原理」に懐疑的なような。むしろそこから零れ落ちる「独り」の人間に目がいくようなキャラクターとして描かれているのです。

(/『少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア』第1巻のネタバレここまで)
---

 この大場ななという「競争」の敗北者に優しいキャラクターが、今話でもやはり、「競争」に駆られてダウンした純那を、保健室で見守るという役割を担います。

 もう一つ、「競争」の敗北者である純那にまなざしが向けられているのは、ラストシーンで、華恋との「競争」に敗れて「幕」の後ろ、スポットライトの影に追いやられてしまった純那に対して、華恋が「幕」を持ち上げて、「お疲れ様」と声をかける。再び「光」をあてる……というシーンが描かれます。

 ここが、愛城華恋という主人公が、「競争」から零れ落ちた存在に居場所を作る類の「特別」も込みの主人公であるというのが滲み出ている箇所かと思います。

 愛城華恋は、第二話時点で既に、


・「競争」の頂点の椅子は一つだけという世界観を否定している(「わたしは、ううん、わたしたちは、絶対いっしょにスタァになるんだって」)
・「競争」に敗れた人間にも光はあたってよいという世界観で生きている


 という二点で、単純な「競争原理」ルールをブレイクする存在。ルールブレイカー的な主人公として描かれています。

 決め台詞。「みんなをスタァライトしちゃいます」からして、自分一人ではなく、「競争」に敗れた人間も含めて、「みんな」にスポットライトがあたってよいという世界観を提示している主人公なのがみてとれます。

 演出的にも、決め台詞の時のスポットライトは愛城華恋本人を照らすのではなく、外側を向いていて、数も無数です。

 劇中の「競争」の敗北者である純那を照らす光ですが、メタには観客、この『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を鑑賞している数多の視聴者たちを照らす光……という演出に思えます。

 劇中で「競争」に敗北した純那以上に、この作品を観てるのは現実の「競争」社会で敗北しきってるおじさん・おばさんとかでしょうから(偏見!?)、そんなあなただとしても、まだスポットライトは当たり得る。当たってイイ。スタァライトされ得る。純那のイメージ映像的にはマネキンになってたような視聴者としても、おお、これだけ敗北しきった僕でも、まだ「やり直し」てスタァライトされてもイイのか、ちょっともう一度自分の運命の星を探してみようか……と思わず思ってしまうような、粋な演出です。

 かくして、劇中で「競争」に敗北した純那も、「やり直し」的に続く人生を歩んでいく。そんな余韻の第二話だったのですが……。

 ◇◇◇

 ここで、華恋が「「競争原理」の枠組みに収まらないスケール感があるキャラクター」である理由の二点目。

 キリンが、


 トップスタァ。それは運命の舞台に立つ者。無限の煌めきを放ち。時を超えて輝き続ける、永遠の主役。(キリン)


 と、いわばスーパー「競争原理」の中の頂点を一人決めて、時間を超えた未来永劫の永遠の勝者(主役)みたいなのを選抜しようとしているらしいのに対して、華恋の方は、


 ノンノンだよ。一度で終わりなんかじゃない。私たちは何度だって、舞台に立てる。(愛城華恋)


 と、「繰り返し(=やり直し)」を肯定的に捉えているようで、どうも、その度に主役は変わってもイイというようなスケール感の主人公であるらしい点です。


・印象的な時計の描写
・登校を「やり直す」
・同じ演目(スタァライト)を繰り返す
・ひかりのキャリーバッグの車が歯車のようになって「巻き戻る」


 などなどと、どうも本作は「ループ」構造か、そっち方面の何か仕掛けがある作品っぽい予感が第一話時点でビシビシ感じられていたのですが、ゼロ年代的な「ループ」(ちょっとSFチックなやつね)要素と、「演劇」という題材においての、「演目」は何度も繰り返し上演される……というのを、かけてる部分なのかな? と推察したりします。

 つまり、キリンは全「上演」全てで主役を演じるスーパーヒロインを選抜しようとしてるのに対して、華恋は、ある「上演」で華恋が主役でもイイし、華恋とひかりの二人が主役でもイイし、別の「上演」時には、たとえば今回敗北した純那が主役でもイイ、そんな世界観を提示している、という感じでしょうか。

 アニメ版に先行する舞台版が「前のループ」だったりするのかはまだ分かりませんが、「二層展開式少女歌劇」である本作。今後の舞台版で、たとえば純那が主役の「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」も上演されるとかの展開も、あったりするのかもしれません。

 ここまでだと、自分も「競争」に参戦しつつ、「競争」の敗北者にも優しく、数多の他者をもスタァライトしちゃい、「ループ」的な世界観で単純な「競争原理」よりも広大な世界観を提示しちゃうスーパー主人公愛城華恋が、地球っていうか宇宙を優しくしちゃってめでたしめでたしになりそうな勢いなんですが、同時進行で、そんな愛城華恋の「光」の要素を全部「破綻」させてしまうような爆弾もチラついてるのが、本作の怖面白いところ。

 爆弾。一人は、演出上というか強調のされ具合からひかりの存在関係なのでしょうが、これ、起爆しちゃうのはまひるちゃんだったりするんじゃないの……。

 いくら華恋が「みんな」をスタァライトしちゃいますって言っても、まひるちゃんは華恋を独占したいでしょうし。

 最終話のラストで大団円になってエンディングが終わった後、謎のCパートでまひるちゃんが華恋を銃殺して終わってもおかしくないような(え)怖い作品ですよ……。

 ◇◇◇

 テリー・ライスさん(Twitter)のこちらの第一話感想がとても良かったです。↓


「少女☆歌劇レヴュースタァライト」アニメ#1 構成主義とシンメトリー/In Jazz


 すごい考察書く人だなぁと思って読んでたら、何やら僕のブログもはてなアンテナに登録して頂いていたようでビックリ。(ありがとうございます……。)

 ロシア構成主義か〜。

 僕はそんなにも詳しくないですが、2018年にロシアは熱いですね。もう、ちょっとアンテナの感度が高い人とか、今みんなロシアロシア言ってるでしょ。

 第2話の感想も楽しみです。(せかしませんが!)

 そして、やはり全体像を味わい尽くそうと思ったら、舞台版も観ておきたい作品(というかプロジェクトというか)っぽい。

 現時点でBlu-rayが発売してる、



 で、まずはイイのかな〜。

 うちのPC最近のBlu-rayは認識しないので(え)。

 ノウライトさんの家に観に行くか〜。(注:東京)

 クロディーヌさんに勝利して「ディス イズ 天堂真矢!」っていう今話の引きといい、今のところ「競争原理」側の一番の強者は真矢さんってことだと思うのですが、流れ的にはばななさんに戦ってほしい気もする(OPの二刀流カッコいい)。

 真矢さんのような存在の影に隠れて「独り」になる存在に目がいく人VS「競争」の頂点。

 でも、わりとオーソドックスに華恋が戦うのかのう。

→Blu-ray



→前日譚コミックス

少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア1 (電撃コミックスNEXT)
轟斗 ソラ
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2018-06-27


→前回:アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』第一話「舞台少女」の感想へ
→次回:アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』第三話「トップスタァ」の感想へ
アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』感想の目次へ