ブログネタ
少女☆歌劇 レヴュースタァライト に参加中!
 相羽です。

 アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(公式サイト)』第四話「約束タワー」の感想です。

 日にち的には地域によっては第五話が既に放映されておりますが、とりあえずまだ感想書いてなかった第四話から。

 第一話は、現在「スタァライトチャンネル(公式チャンネル)」で観ることができます。↓
 感想は、ネタバレ注意です。

 一部、前日譚コミックス版『少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア』第1巻のネタバレも含みます。
 ◇◇◇

 第四話に関しては、テリー・ライスさんの第4話感想がとても良いので、是非読んで頂けたらと。↓

 本当、丁寧に追っていきたい視聴者の方には是非ぜひ読んでほしい文章です。

 で、こちらの記事を前提に僕も感想を書いていってみますと。

 赤=華恋が主役の物語、青=ひかりが主役の物語……というような象徴性があるのは確かだとして、その二つの物語の間に「ズレ」があるっていうのがこの作品のわりと重要な要素なのかなと。

 テリー・ライスさんの第4話感想でも可能性がほのめかされていますが、第一話冒頭の幼少期の「スタァライト」鑑賞シーンと、第四話冒頭の幼少期の「スタァライト」鑑賞シーンが違っているのは、演出的な意味のみならず、何かしらSF的なギミックで「ズレ」ている。華恋とひかりでは、いわば「違う世界線(=ループ?)」の幼少期の「スタァライト」鑑賞シーンを原風景として持ってる可能性すらある、と。

 そう考えてみると、第四話の華恋がひかりを追うパートは、繰り返し「ズレ」を描いていたりするのですよね。

 最初の方の、「華恋がイメージしていたひかりがいると思った水族館は違う水族館だった(ひかりはそこにはいない)」からして示唆的です。ここだけでも、華恋とひかりには何か認識に「ズレ」があるのが伝わってくる。

 そうなると、見え方、捉え方の違いで同じ現象を僕はこう捉えたというだけの話なのですが、テリー・ライスさんの第4話感想だと、最後の水族館に華恋とひかりが入れないのは、水族館は「青」でひかりが主役の物語の象徴だから、今回のアニメ版は華恋(赤)が主役の物語であるために入れない……的な捉え方をされていたと思うのですけど、

 別の視点からすると、最後の水族館だけは、場所的には東京タワー(赤)の中の水族館(青)で、華恋とひかりの「共通」の(「赤」と「青」両方の)原風景の象徴。言い換えると、華恋とひかりの「ズレ」の秘密が眠ってる場所で、そこには(第四話の段階では)華恋とひかりはまだ入れない(まだ真実は明らかにできない)という表現なのかな? と思ったりしました。つまり、今回は赤いディスプレイで拒否されちゃったんだけど、物語の後半で、ここがまた舞台になる可能性はまだありそうです。

 設定的にも確か、華恋とひかりの交換したそれぞれの髪飾りを買った場所があの場所なのですよね。その、幼少期に何があったのかを、物語はまだ明らかにしない。ゆえに、本作は現時点では「ズレ」の物語でもあると。

 「ズレ」を解消する物語だったら、最後に二人で東京タワー(赤)の中の水族館(青)に入れて、幼少期の「共有体験」が回復し、二人の「非対称性」は解消される……となると思うのですが、本作は(第四話時点では)そうはならないと。

 ラスト、ポジションゼロを比喩したオブジェ(?)側にいるひかり(「競争原理」、頂点の椅子は一つだけという世界観?)を、華恋が滑り台(二人が一緒だった児童時間の比喩? 頂点の椅子は一つとは限らないという世界観の比喩?)側に引っ張り上げるのですが、このシーンでもなお、僕は二人の「ズレ」は根本の部分では解消されてないんだなという印象を受けました。

 表面的には、ひかりと華恋が「ふたりでスタァ」を目指すという夢を共有した(共有し直した)場面に見えるのですが、そう見せつつ、二人はどこか根本的な部分で「ズレ」たままというような(共有し直すというか、児童時間の二人の共有体験自体が「ズレ」ている?)。実際、このシーンでなお、SF的な意味でも二人は「ズレ」てるのかもしれないですしね。

 ただ、この「ズレ」を否定的に描いているのかというと、そうでもないのかな、とも。

 「相互理解」って胡散臭いじゃないですか(え)

 なんか、この「ズレ」たままだけど、「ズレ」たままなりに美しい言葉を口にして、お互いを尊重してる感じが第四話ラストは美しいなと思ったのですね。

 「演劇」が題材の作品ですし、「ふたりでスタァ」も綺麗事的という意味では「虚構」めいています。でも、美しい「虚構」に意味がないかといえば、そんなことはないわけで。「本質」「正しさ」「真実」、こういうのが流行(はやり)かもですけど、「本質」の部分で「ズレ」ていても、橋を架けるように美しい「虚構」を演じるというのはアリなわけで。

 オープニングの終盤、華恋とひかりの手が重なる(=相互理解の達成?)と思われた瞬間、二人の姿は消えてしまうんですよね。二人は「虚構」だったとでもいうように。でも、演じられた(誰が?)愛城華恋と神楽ひかりという「虚構」の物語に意味がなかったのか? というと、それこそなにか「キラめき」のようなものが残ってる。

 真実ではない真実、みたいなこともあるわけで、舞台にしろアニメ―ションにしろ、「虚構」ネタでかなりキレっキレっのことやってるな〜と思いながら視聴しているところなのでした。

→Blu-ray



→前日譚コミックス

少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア1 (電撃コミックスNEXT)
轟斗 ソラ
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2018-06-27


→前回:アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』第三話「トップスタァ」の感想へ
→次回:アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』第五話「キラめきのありか」の感想へ
アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』感想の目次へ