181228enty

『この地の祈りを、あなたたちに。願いを、言葉に』


 不思議な光の中で、わたしたちは……。

 「たましい」について考えてみたことはある?

 竜の光に触れた時、わたしには人間の「たましい」の一番奥深いところには、一人一人、それぞれの「最初の言葉」が眠っていることに気がついたの。

 「最初の言葉」は、その人にとって一番大切な「願い」の言葉でね。眠っているその言葉を、起こしてあげる必要があったわ。起きて!

 わたしの「最初の言葉」は、


――繋がりたい。


 だった。

---


 相羽です。

 連載をスタートしております、新作異世界ファンタジーSF長編小説、


 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 本日(28日)は、


 第二十二章「セイレキ二〇一〇年〜気仙沼その一」


 を更新です。

 日本の明治の時代。

 宮城県気仙沼。

 神社合祀によって失われた小さな祠(ほこら)とノギクには何か縁があるようで?

 ストーリー的にはそろそろ怒涛がはじまるあたりなので(大晦日更新分で大きく動くように予約投稿してます)、そろそろ読んでくれてよくてヨw


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しております。

 本日は、コンテストの週間ランキング「異世界ファンタジー」部門の373位にランクインしておりました。

181228rank

 ありがとうございます。

 年末年始も、普通に月(大晦日)、水(二日)と更新です。

 ここからの、十二月終盤公開分〜フィナーレに向かう一月公開分と面白くなってきますので、応援よろしくです〜。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです〜。