190104enty

 やがて、光が世界を照らし始めた。リュヴドレニヤにも、太陽は昇るのだから。

 夜明けの光と共に、機械竜が飛び立ってゆく。地上も、騎士たちが駆けはじめる。

 続いて、わたしとミティアくんも出陣する。一度大きく翼をはためかせてから、徳兵衛が飛び立つ。

---


 相羽です。

 連載をしております、新作異世界ファンタジーSF長編小説、


 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 本日(4日)は、


 第二十五章「戦争」


 を更新です。

 最後の戦いが始まった。

 前線に向かったノギクはついに戦場でヴェドラナを見つける。

 彼女と「糸」が繋がった、その時……。


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しております。

 本日は、コンテストの週間ランキング「異世界ファンタジー」部門の375位にランクインしておりました。

190104rank

 ありがとうございます。

 わりと、ここから一月末の完結までずっとクライマックス部分です。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております。読んでやって頂けたら喜びます。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです〜。