ブログネタ
Fate/Grand Order に参加中!
 相羽です。

 イベント「惑う鳴鳳荘の考察」面白かったですね。

 最近は『わたモテ』にハマっておられる(え)円居挽先生(Twitter)によるシナリオが良かったのでした。

 TYPE-MOONのスマートフォン用ソーシャルゲーム、FGOこと『Fate/Grand Order』の感想・プレイ日記などです。公式サイトはこちら。↓


『Fate/Grand Order』(公式サイト)


 それでは以下、シナリオの内容が第2部後半のストーリーの暗示になってるとして、時期的に(残る異聞帯も4つ)そろそろガチ暗示なのではとの発想のもと、「考察」の考察的な話です。

 イベント「惑う鳴鳳荘の考察」シナリオ全編のネタバレがあるので注意です。
 ◇◇◇

 シンプルに「ナダイ・ナーダ」=第2部本編における「編纂事象(汎人類史)」の暗示として読むと、


・ミゲル=キリシュタリアのポジションなので、本編でもキリシュタリアは汎人類史を裏切ったわけではない(敵対してるように見えるのは何らかのフェイク)

・それぞれの考察=異聞帯……の暗示なので、第2部終盤では汎人類史(紫式部が考えていた的な当初の予定の正史)と異聞帯(それぞれの考察で可能性として生まれた的な異聞)が貫入し合う「メタ人類史」みたいなのを創造する感じに物語が進むのかも

・鳴鳳荘=棄却されたそれぞれの考察(可能性)をしたキャラクターたちが一緒に暮らす場所になるというエンディングなので、第2部本編でも剪定された異聞帯の存在たちの「避難所(居場所)」を作る的な話にもなっていきそう


 あたりは強く感じましたね。

 今回のストーリー、紫式部と『源氏物語』が本歌的に関わってくるわけですが。

 正史である『源氏物語』(自体が生の一回性に焦点が当たってるような部分がありFGOと相性がイイのですが)では絶望して(と一言で言えるような感情としては描かれないですが)死んだ紫の上に、メタ(作者である紫式部とその仲間)の(想像力による)貫入で救われる(報われる)可能性を創造するみたいな話でしたからね。

 奈須きのこさんが以前のエイプリルフールネタイベントの時に、Twitterを使ったユーザー参加型のあり方の可能性に高揚していたこともあり、

 一旦バッドエンドが決まってから(『源氏物語』における紫の上級のキャラクターが絶望の末死んでしまう?)、俺たち(作者たち)とあなたたち(ユーザーさんたち)で、違う可能性を創造するんだ、虚構、現実、メタを相互貫入させるんだ、事法界、理法界、理事無礙法界、事事無碍法界だ(仏教方面の言葉)……みたいなというか。そういう方向をゲーム的なギミックと掛け合わせた何かを考えてそうな気がいたしますかね。

 あと、邪ンヌさんの考察も暗示だとすると、もろにプレイヤー(というか藤丸立香)のメタネタはやっぱりありそうですね。邪ンヌさんの考察はカメラを回していた(スマートフォンでプレイしていた的な)プレイヤーが犯人ということで、僕もそんな気がすると感想で書いてきた藤丸立香が人類悪説の暗示って感じにもとれますが、さてはて。(/シナリオの感想ここまで)

 ◇◇◇

190522fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)


 シトナイさんをLv.100にしたりしておりました。

 生き方(シロクマ)ですからね。しょうがないですね。

 第2部のラスボスはシトナイさんのシロクマ宝具で倒す予定ですw

 ◇◇◇

 最近、実験的に記事のコメント欄をしばらく開けておりますので、私の『FGO』小話とか、『FGO』考察とか聞いてほしい〜みたいなのがあったら気軽に書き込んでみてください。

 礼儀は重んじた上でよろしくだゾ。

→小説版



→円居挽先生がハマってる『わたモテ』



→前回:FGO感想・プレイ日記41〜ブラダマンテさんが実装されていた頃(ネタバレ注意)へ
→次回:FGO感想・プレイ日記43へ
FGO感想・プレイ日記の目次へ

・メインクエスト読了時の感想はそれぞれこちら↓

FGO感想・プレイ日記1〜序章:特異点F A.D.2004―炎上汚染都市冬木クリアまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記5〜第一特異点 A.D.1431―邪竜百年戦争オルレアンラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記7〜第二特異点A.D.0060―永続狂気帝国セプテムラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記9〜第三特異点A.D.1573―封鎖終局四海オケアノスラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記10〜第四特異点A.D.1888―死界魔霧都市ロンドンラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記11〜第五特異点A.D.1783―北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナムラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記17〜第六特異点A.D.1273―神聖円卓領域キャメロットラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記23〜第七特異点B.C.2655―絶対魔獣戦線バビロニアラストまで〜両義者としてのイシュタルとエレシュキガル(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記25〜終局特異点A.D.2016―冠位時間神殿ソロモンラストまで(ネタバレ注意)

FGO感想・プレイ日記31〜亜種並行世界 寛永十六年―屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負のストーリー感想(ネタバレ注意)

FGO感想・プレイ日記34〜第2部プロローグ「序/2017年 12月31日」のストーリー感想へ
FGO感想・プレイ日記39へ〜第2部 Lostbelt No.1―永久凍土帝国アナスタシア 獣国の皇女ラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記40〜第2部 Lostbelt No.3―人智統合真国 シン 紅の月下美人ラストまで(ネタバレ注意)へ

・イベントの感想はそれぞれこちら↓

FGO感想・プレイ日記13〜「復刻:天魔御伽草子鬼ヶ島ライト版」で風越丸と闘っていた頃(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記21〜「復刻:夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー 〜癒やしのホワイトビーチ〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記22〜「復刻:夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアヒートオデッセイ 〜進化のシヴィライゼーション〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記27〜「オール・ザ・ステイツメン! 〜マンガで分かる合衆国開拓史〜」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記28〜夏の水着イベント(2017年)のストーリー感想―どちらの虚構を選ぶのか?へ
FGO感想・プレイ日記30〜「復刻:ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 〜そして冒険へ……〜 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記32〜「復刻:二代目はオルタちゃん〜2016クリスマス〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記35〜「復刻:ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)

・物語考察

人理の「ゆらぎ」と桜ルートの「次」(『FGO』第2部へ向けた物語考察)

・プレイ日記を最初から読む場合はこちら↓

Fate/Grand Order……そろそろ?

・原点的ゲーム『Fate/stay night』の感想・プレイ日記はこちら↓

セイバールート(Fate)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
遠坂凛ルート(Unlimited Blade Works)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
間桐桜ルート(Heaven's Feel)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
『Fate/stay night』の感想・プレイ日記を最初から読む場合はこちらから(TYPE-MOONファン別ブログ)

・その他のTYPE-MOON作品の感想はこちら↓

『劇場版「空の境界」未来福音』の感想(ネタバレ注意)
『魔法使いの夜』の感想(ネタバレ注意)(TYPE-MOONファン別ブログ)
当ブログの別館TYPE-MOONファンブログ

・管理人による二次創作はこちら↓

→以前コミックマーケットで頒布したSSコピー誌


→『魔法使いの夜』小説同人誌