ブログネタ
Fate/Grand Order に参加中!
 相羽です。

 期間限定イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」をクリアいたしました。

 長尾景虎さん推しになりました……。

 TYPE-MOONのスマートフォン用ソーシャルゲーム、FGOこと『Fate/Grand Order』の感想・プレイ日記などです。公式サイトはこちら。↓


『Fate/Grand Order』(公式サイト)


 長尾景虎(上杉謙信)さんが毘沙門天の化身を名乗っているのは、イベントの事前広報でも伝えられていますし、史実でもそうっぽいのですが。

 今回は、『FGO』のストーリー的に何故このタイミングで毘沙門天なのか? といったあたりをつらつらと書いてみたいと思います。

 以下、今回のイベントのラストまでおよび、メインシナリオ第2部第4章ラストまでのシナリオのネタバレもあるので注意です。
 ◇◇◇

 毘沙門天(びしゃもんてん)。

 いわゆる四天王の一人(多聞天ともいわれる)で、七福神の一人。もとはインド神話の神様&仏教の世界観とも関連してますので、このざっくり感は(イイ意味で)とても日本的な神様感を感じる存在です。

 で、今回のストーリー、ポイントとしては毘沙門天は民間信仰の神様の側面が大きいという辺りです。

 戦の神様のイメージが強いのですが、商売繁盛の神様だったりもして、歴史的に古くから「民」に親しまれていた神様でもあるのです。

 今回のイベントのストーリー、僕の解釈では長尾景虎さんは毘沙門天の化身を名乗りつつ、(ご加護みたいなのはたぶんあるんだろうけど)ストーリーの大部分では特に神様の毘沙門天の力というよりは、たんに長尾景虎という人間が強かった(ストーリー的にも強すぎる人間の孤独が描かれている)という扱いになっている。

 で、最終戦のVSマックスウェルの悪魔のところのみ、本当に(神様の)毘沙門天が助けに来てくれた……! という感じなのだと思います。

 では、何故最終戦で本物の(?)毘沙門天様が助けにきてくれたのか。

 最終戦のVSマックスウェルの悪魔のところでぐだ男くん/ぐだ子さんを通して描かれていたのが何だったのかというと、普通の(ある意味お気楽で弱い)人間が生きていられる世界こそが、人類史の進展がもたらしたものであるということ。

 戦国のような強者が弱者を率いる世界ではなく、弱者なりに普通に生きていける世界。

 その「普通」がマックスウェルの悪魔(普通の人間には手の届かない遠大な存在)と対置されている感じだと。

 で、毘沙門天様は先ほど書いたように民間信仰の神様なので、基本的に「普通」の側に寄り添ってくれる神様です。

 じゃあ「普通」の人間の大事なものっていうのが何なのか? という部分として今回(というか『FGO』が)描いていたのが、「家族」だと思います。

 なので、今回のイベントシナリオは第2部第4章「Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」からテーマ的に繋がってる感じなのですね。

 インド神話と仏教は色々関係し合っており、さらに日本でとなるといわゆる神仏習合とかの話も関わってくるという前提の上で。

 第2部第4章で言及されてたクベーラこそがヴァイシュラヴァナ(毘沙門天)のことなので、そうなるとラクシュミー(吉祥天)はその妻、ということになります。

 第2部第4章「Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」で、一番好きだったシーン。

 ラクシュミー・バーイーさんが辿り着いた「願い」に関する述懐がこちら。↓


---

切り捨てられるのは。
なかったことにされるのは。
要らない……不必要で、不出来な、もの。
――ああ、論外だ。不幸と不運の女神ほど、世界に不必要なものもあるまい。
それでも、願いは許されるはずだ。
いかに呪わしい役割を与えられたものであっても。
不出来を運命付けられて生まれた者であっても。
……家族の幸せを祈ることくらいは、許されていいはずだ。
他の誰がおまえを非難しようとも、私はおまえの味方でいよう。心優しきアラクシュミーよ。
国を守れなかった王妃も、不吉さでは似たようなものだが。
だからこそ、信じてほしい。
私は今度こそ、守り抜くと誓ったものを守る。
囚われのラクシュミーを、あの偽りの神の中から救い出したいというおまえの願いを、守り抜いてみせよう。
それは、無論、国ではない。そんな大きなものではない。
掌に収まるほどの、何の変哲もない、ちっぽけな願いだ。
だから……しっかりと、掌に握り込む。
たとえ、世界にだろうが、神にだろうが。
決してこの手を開かせはしない――!


(『Fate/Grand Order』第2部第4章より引用)

---


 「普通」の人の願いとして「家族」の無事を願う。これくらいは、守られる世界であってイイはずだ。

 ここで、毘沙門天が戦の神だったり商売の神だったりもするけれど、「家族を守る神」でもあるとして知られているのがピタっとリンクしてきます。

 今回のシナリオはかなり涙腺にきましたよ。

 つまり、


 アラクシュミー(排斥される犠牲/不要)←ラクシュミー・バーイーさん(守ると言う)
 長尾景虎(排斥される犠牲/異質)←ぐだ男くん/ぐだ子さん(切り捨てないと言う)



 この構図が、第2部第4章と、今回のシナリオとで重なる感じなのです。

 だから、毘沙門天さんからすると、先日は妻の吉祥天(ラクシュミー)とその姉のアラクシュミーをありがとう、カルデアの者たちよ。今度はワシが助っ人するぞい! みたいな感じで今回のシナリオのラストで来てくれたんだと思うのですね。

 『FGO』、「家族」、「夫婦」というものを大事に描いているフシがあります。

 毘沙門天さんは第2部第4章的には北の守護神のクベーラ(これも毘沙門天)の神性としても出てきましたから、妻・ラクシュミーと、子の那托(なた)という「家族」の物語も組み込まれていると思われます。

(若干フライング気味で語ってみると、毘沙門天(クベーラ)と吉祥天(ラクシュミー)の子は五人いて、後を継ぐのは末子の善膩師童子なので今後出てくるかも?)

 毘沙門天と吉祥天もそうですが、これ、やはりパールヴァティーさん(依り代は桜)に物語として焦点が当たりまくってることから、夫としてシヴァ神がどこかでくる。本命としては千子村正(依り代は士郎)にシヴァ神要素が入ってくる……とかは予想・妄想してしまいますね。

 第2部第4章にアシュヴァッターマンが既にシヴァ神の化身の一人として出てきますが、もうちょっとダイレクトにというか、有名な千手観音が「千の手を持つもの」でシヴァ神の異名で(じゃっかん複雑)、「千子」の名の由来は「千手観音より賜りし子」という説があるので、千子村正=何らかのシヴァ神関係のネタを入れてくる……は僕としてはかなり本命の予想です。

 第2部のクライマックスに「家族」というネタをストーリーのコアに絡めるにあたって、士郎と桜の夫婦が連想されるような、シヴァ神とパールヴァティーの夫婦。そして、そっちに物語を向けていく仕込みとして、毘沙門天(クベーラ)と吉祥天(ラクシュミー)の夫婦を描いている。

 ゆえに、何らかの「夫婦」、「家族」ネタへの準備としての、今回の毘沙門天様マジできてくれた! 展開なのではないかと考察してみたいところなのでした。

 ◇◇◇

 長尾景虎さんを宝具Lv.5にするのが間に合いました。


190716fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)


 この後『FGO』フェスとか今年の水着イベントとかあると思うのですが、僕としては星4サーヴァント確定チケットをまたやってほしいのが、今一番の願いですかね。

 ラクシュミー・バーイーさんをゲットしたいですよ。

 長尾景虎さんと並べて霊基一覧画面で眺めながら、毘沙門天様、吉祥天様(の姉)、夫婦、家族……神仏習合ウェイウェイ! みたいな気分(え)に浸りたいのだった……。

→コミックス





→前回:FGO感想・プレイ日記43〜新バビロニア(カルデア)とナボポラッサルが重要ではないかと考えていた頃(ネタバレ注意)
→次回:FGO感想・プレイ日記45へ
FGO感想・プレイ日記の目次へ

・メインクエスト読了時の感想はそれぞれこちら↓

FGO感想・プレイ日記1〜序章:特異点F A.D.2004―炎上汚染都市冬木クリアまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記5〜第一特異点 A.D.1431―邪竜百年戦争オルレアンラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記7〜第二特異点A.D.0060―永続狂気帝国セプテムラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記9〜第三特異点A.D.1573―封鎖終局四海オケアノスラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記10〜第四特異点A.D.1888―死界魔霧都市ロンドンラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記11〜第五特異点A.D.1783―北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナムラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記17〜第六特異点A.D.1273―神聖円卓領域キャメロットラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記23〜第七特異点B.C.2655―絶対魔獣戦線バビロニアラストまで〜両義者としてのイシュタルとエレシュキガル(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記25〜終局特異点A.D.2016―冠位時間神殿ソロモンラストまで(ネタバレ注意)

FGO感想・プレイ日記31〜亜種並行世界 寛永十六年―屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負のストーリー感想(ネタバレ注意)

FGO感想・プレイ日記34〜第2部プロローグ「序/2017年 12月31日」のストーリー感想へ
FGO感想・プレイ日記39へ〜第2部 Lostbelt No.1―永久凍土帝国アナスタシア 獣国の皇女ラストまで(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記40〜第2部 Lostbelt No.3―人智統合真国 シン 紅の月下美人ラストまで(ネタバレ注意)へ

・イベントの感想はそれぞれこちら↓

FGO感想・プレイ日記13〜「復刻:天魔御伽草子鬼ヶ島ライト版」で風越丸と闘っていた頃(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記21〜「復刻:夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー 〜癒やしのホワイトビーチ〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記22〜「復刻:夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアヒートオデッセイ 〜進化のシヴィライゼーション〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記27〜「オール・ザ・ステイツメン! 〜マンガで分かる合衆国開拓史〜」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記28〜夏の水着イベント(2017年)のストーリー感想―どちらの虚構を選ぶのか?へ
FGO感想・プレイ日記30〜「復刻:ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 〜そして冒険へ……〜 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記32〜「復刻:二代目はオルタちゃん〜2016クリスマス〜ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記35〜「復刻:ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 ライト版」のストーリー感想(ネタバレ注意)
FGO感想・プレイ日記42〜「惑う鳴鳳荘の考察」の考察を考えていた頃(ネタバレ注意)

・物語考察

人理の「ゆらぎ」と桜ルートの「次」(『FGO』第2部へ向けた物語考察)

・プレイ日記を最初から読む場合はこちら↓

Fate/Grand Order……そろそろ?

・原点的ゲーム『Fate/stay night』の感想・プレイ日記はこちら↓

セイバールート(Fate)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
遠坂凛ルート(Unlimited Blade Works)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
間桐桜ルート(Heaven's Feel)/感想(TYPE-MOONファン別ブログ)
『Fate/stay night』の感想・プレイ日記を最初から読む場合はこちらから(TYPE-MOONファン別ブログ)

・その他のTYPE-MOON作品の感想はこちら↓

『劇場版「空の境界」未来福音』の感想(ネタバレ注意)
『魔法使いの夜』の感想(ネタバレ注意)(TYPE-MOONファン別ブログ)
当ブログの別館TYPE-MOONファンブログ

・管理人による二次創作はこちら↓

→以前コミックマーケットで頒布したSSコピー誌


→『魔法使いの夜』小説同人誌