相羽です。

 台風が大変でしたね。被害にあわれた皆様の状況が少しずつ良くなっていくことを祈っております。

 休んで、動ける時はちょっと動いて、回りの助力の力などもそこはかとなく働いたりして、少しずつ、少しずつ良くなっていきますからね。なんとか生きてまいりましょう。

 僕の近辺は、広瀬川の堤防がギリギリもってくれたので、大丈夫だった感じです。僕本体は現在通常モードの生活をおくれております。

 さて、Twitterなどでちょくちょく「書いてます」と言ってたのですが、先日新作の短編小説の初稿を書き上げました。

 やった。

 相変わらずまずは「ねざめ堂」の丁稚さんに読んでもらったのですが、丁稚さんは基本的にいつも褒めてくれますが(笑)、(何らかの)賞をとってもおかしくないとまで言ってくれたのは初めてな気がします。

 やった!

 もうしばし推敲して、賞に応募しようと思っております。
 今回の新作短編小説は、なんか「縁」のようなものを感じる出来事もあったので、そのうち発表できる日に辿り着けましたら、そんな話もしてみたいと思っております。

 ◇◇◇

 そして、「マンガタリ」さんでの次の記事企画も進めております。

 次の記事はですね。

 どれくらい読んで頂けるか(PV数!)とかは置いておいて、なんというか規模的にはこれまでで最高になるのではないかと。

 ざっくりとは、僕が取材してきて、記事を書きます。

 既に取材させて頂く日とかも決まっていて、まあ行ってきます! という感じです(笑)

 少しずつ情報を出していくプロモーションになるのかな? という感じなので、よろしくしてやって頂けたら幸いです。

 僕、小学校か中学校の時の作文に将来の夢は記者になりたいって書いてた気がするんですが、気がつくとそれに近いことをやっておりますね。

 記者、は、今の時代でより僕の状況や性分にマッチさせるなら、こういったライターといったカタチになるのだという気がしております。

 さらに最近思い出したのですが、小学校の頃は学級新聞の記事担当とかやってて、けっこうウケてましたからね(笑)。子どもの頃に得意だったり褒められたりしたことは、その人の本懐である……というような話は、けっこうその通りかもしれません。

 そんな感じで、次の記事にもご期待です!

 ◇◇◇

 「カクヨム」さんの、

 も、もうすぐ始まります。事前登録はもう始まっております。

 これは、願望をいえば、超ヒット(ランキング上位とか)まで行かなくても、中ヒットくらいでも、「カクヨム」さん経由の収入まあまあじゃん! くらいの状況が出現してきてくれたら、とてもありがたいのですが。

 中ヒットくらいなら、数を撃てば(え)けっこうみんなそれぞれにチャンスがある気がしてるのですよね。

 数か月前の計画的には、『非幸福者同盟』の終盤と『生き別れた娘が誰に転生してるか分からない』の続きを、この「カクヨムロイヤルティプログラム」のスタートに合わせられたら……という感じだったのですが、この二作は現在まだそこまで書き貯まってないので。

 これは、「カクヨムロイヤルティプログラム」の実験も兼ねて、何か新作短編小説(読みやすいですよね)とかかな!? くらいに思い始めてます。

 上で書いた先日初稿が完成した作品で、短編小説ってイイなとちょうど思ってたりもしたんですよね。

 この辺りは、ライブ感で(え)いこうと思ってますので、今年後半の活動を見守ってやって頂けたなら幸いです。

 そんな感じで、文章を書くことは引き続きやっていこうと思っておりますので、よろしくです〜。

●相羽が「カクヨム」さんで書いてる小説など↓

『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『非幸福者同盟』/カクヨム


●AmazonのKindleさんで出させて頂いてる電子書籍など↓

妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


終末の週末
相羽裕司
2013-10-14