相羽です。

 「マンガフル」さんで書こうかなと準備している『ちかのこ』第5巻の記事は、「家族」を一つの視点に、『ちかのこ』の『ノコちゃんズの​アイラブユーだわね!』までも射程に入れたボリューム感あるものにしようかと画策しております。

 『ちかのこ』第5巻収録のエピソードでおそらく多くの読者さんが度肝を抜かれたのは「寄せ鍋ダークネス」かと思いますが、「ノコちゃんズの​アイラブユーだわね!」は「寄せ鍋ダークネス」と比肩する『ちかのこ』の超絶傑作エピソードの一つです。ファンの間では事実上の最終回のように捉えている人も多いくらいのエピソードです。

200508chikanoko

 同人誌形式で発表された作品で、第5巻にはおそらくあまりに「特別」過ぎるエピソードだからという方向の動機で収録されていないのですが、すごい深度があるエピソードですね。

 「メロンブックス」さん、「とらのあな」さん、「軸中心派」さんの通販だとまだ買えるでしょうかね。↓


ノコちゃんズのアイラブユーだわね! | ragho​


 現在準備中の次の『ちかのこ』記事。

 「小林さんちのメイドラゴン」の感想を書いていた頃の僕の文章を読んでくださっていた方などには興味深く読んで頂けるテキストになるのではないかと思います。

 共同体、ループ、日常、といった話ですね。

小林さんちのメイドラゴン/感想/第11話「年末年始! (コミケネタありません)」(ネタバレ注意)


 らぐほのえりか先生ご自身が京都アニメーション作品から学びながら作品を発表してきた作家さんだったりもしますしね。

・「マンガフル」さんで書かせていただいた『ちかのこ』の紹介記事↓
・『ちかのこ』も紹介させて頂いている2010年代の百合漫画を紹介する記事↓



 記事自体は恒常性があるものを書きたいなと意識しておりますが、『ちかのこ』自体は爆笑作品なんでこれを機会に是非。

ちかのこァ‘蛋版 (E★2コミックス)
らぐほのえりか
廣済堂出版
2020-05-01