相羽です。

 特別定額給付金(全員10万円もらえるやつ)が入金されておりました。

 仙台市で申請開始初日の5月18日(月)にオンライン申請して、6月4日(木)振込みでした。参考までに。

 仙台市は5日時点でこういう状況らしいので、↓


10万円給付事業開始から1ヵ月 宮城の支給率17% 仙台市は0.2%/河北新報オンラインニュース


 0.2%に入れたのは運が良いのかもしれません。

 さて。

 『すくりぞ!』の寝子さん絵が描き終わったので、次は『FGO』の(というか『Fate/Requiem』の)宇津見エリセさん絵に取り組みたい気持ちが高まってきています。


200606fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)


 この土日は宇津見エリセ構造分析(え)ですよ!

 『FGO』の今回の『Fate/Requiem』とのコラボイベント、『盤上遊戯黙示録』はストーリーがものすごく良かったですね。

 「輪廻」、「自同律」、この「世界」とは? ……こういった方面のお話の2018年時点での最高峰の一つが『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』だと僕は思っていて(僕はアニメ版のみの視聴)、以前こういう記事を3万字ほど書いてありがたいことに数千PVとか読んで頂けたのですが。↓

 「『Fate/Requiem』盤上遊戯黙示録」は2020年時点での最高峰の一つだなと感じました。少し、スタァライトよりも「進んで」いる印象を受ける部分もありました。本格的に感想を書こうと思ったら、これも3万字とかになりそうです。

 明らかに日本神話とかも関係している話ですからね。今回出てきた●●●●●が何なのかとか、僕なりに考察するところもあったりします。

 とりあえず宇津見エリセについて知るべく、書籍の『Fate/Requiem』も読んでみようかなと。

 ブログの話が宇津見エリセ、宇津見エリセ……みたいになったりしたら、色々と察して(え)頂けたらと思います。

・Kindle版もあった

Fate/Requiem 1 星巡る少年 (TYPE-MOON BOOKS)
星空 めてお
TYPE-MOON
2019-04-25


・もうすぐ発売の第2巻



当ブログの『FGO』感想・プレイ日記
当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(アニメ版)全話考察・感想