ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

その他色々な漫画の感想

生き返らせ合い漫画「Re:Survival」が電子書籍でリリースきたゾ

 相羽です。

 AmazonさんのKDP電子書籍にて無料漫画がリリース可能になったので、過去作を順に再公開している、やまなしレイくん(ブログTwitter)。

 ついにこの作品がきた!

 レイくんの初期傑作短編、「Re:Survival」。

 表紙は、僕のために描き下してくれたのか!?w という川本夢姫(かわもと・むき)、2018年絵だッ!


 この作品は、死神のチナリーちゃんが初出!


resurvival1

(画像は『Re:Survival やまなしレイ無料漫画短編集その1 [Kindle版]』より引用)


 「Re:Survival」は好き過ぎてつらい。このチナリーちゃんのコマを見るだけでキュンとなってしまう。

 今回の電子書籍版、「作品解説」に名指しで僕の名前がw

 ええ!? WEBで発表当時、そんなにも反応なかったの!?(僕は絶賛してた)

 どうなんだろう。当時に、今の画力があれば3万リツイートくらい行ったと思いますヨ。問題は、当時はTwitterがなかったことだけどw

 『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』より3年早かったでお馴染みの本作。

 生きること、死ぬこと、明日が見えなくて部屋の片隅で蹲ってしまうような夜にこそ読んでほしい。無料公開扱いなので、Kindle使ってる方はすぐ読めます〜↓


「アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介」という記事を「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様で書かせて頂きました。

idolcomicseyecatch

180711idolcomics1

180711idolcomics2

 相羽です。

 昨年スタートした新「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 長編小説の執筆が終わってからは、ずっとこの記事を書いておりました(笑)。

 もちろん、今回紹介しているアイドル漫画はどれも実際に読んでほしいくらいのオススメの作品ばかりですが、それはそうと、この記事の文章自体が、読んでると何だか元気が出てくる感じに書いてみたつもりです。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、全体的に温かい文章になってると思いますので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、はてなブックマークをしてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

きれいなあのこ/吉田丸悠

 相羽です。

 この漫画、すごく良いんでみんな読んで。

 吉田丸悠先生(Twitter)の『きれいなあのこ』。

180604kireinaanoko

 バレンタインの頃に「バレンタインの使者」を名乗る方(たぶんブログの読者さん?)からAmazonさんの「ほしい物リスト」経由で贈られてきた漫画なのですが「バレンタインの使者」を名乗る方(どなたか存じ上げませんが)、すごい漫画をお勧めしてくれましたね……。
(僕が「ほしい物リスト」に入れてた漫画も贈って下さったのですが、追加でおそらくその方のお勧めのこの漫画も贈って頂いたのです。)

 「平成絶対領域委員会」、略して「絶会」という六人組アイドルグループのメンバーにまつわる、オムニバス形式の短編集ということになるのでしょうか。一つの短編で一人のメンバーを掘り下げていく感じです(「ミニスカートよさようなら」は二人)。

 伝説の百合雑誌「ひらり、」に掲載されていたこともあり、かなりの程度百合めの作品。

 「ミニスカートよさようなら」のラストでけっこう絶望して、「カーテンコール」のラスト1Pで救われましたよ。

 読み終わったあと、ちょっと部屋の中ウロウロしちゃったよ。

 アイドルそのものが題材というより、アイドルじゃなくなってからも当人たちは生きていく……というあたりに焦点をあてていることもあり。

 アイドルという「輝いた」時間もやがて終わるのだけど……という独特の儚い雰囲気、諸行無常、盛者必衰の雰囲気が遠景に沈殿している、「平家物語」系(え)アイドル百合漫画かもしれません。

 アイドルという時間が終わった「後」、アイドルという現場の「外」にカメラが当たっている作品。

 「絶会」解散の契機を描いた「ミニスカートよさようなら」(ややネタバレになるけど、アイドルグループの解散と「死」がちょっと重なる表現になってる)と、グループ解散後の元アイドルと当時のファンの大人になってからの百合を描いた「シャンデリア・ダイヤモンド・スターダスト」が特に良かったですね。

 作品の雰囲気が伝わりそうな扉絵をばちょっと紹介。引用の範囲内ということでご容赦ください。

180605kireinaanoko1
(『きれいなあのこ』より引用)

 ね?

180605kireinaanoko2
(『きれいなあのこ』より引用)

 ね? ヤバい感じでありましょう。

 と思ってたら、吉田丸悠先生のこんなモーメントが! 『きれいなあのこ』のショートアフター的漫画もあるよ〜。↓

 麻由・美優推しの人生をこれからでも始めよう。

 ここのブログとか読んでる方が絶対撃ち抜かれるやつなので、手に取って頂けたら喜びます〜。

→Kindle電子書籍

きれいなあのこ
吉田丸悠
新書館
2014-06-10


→紙版


「漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介」という記事を「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様で書かせて頂きました。

180405fruittartenty

180405fruittart1

180405fruittart2

 相羽です。

 昨年スタートした新「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 前回の『ハナヤマタ』の記事に続いて、二つ目の浜弓場双(はまゆみば・そう)先生作品の記事となります。今回はアイドル漫画だよ!

 今回の記事の視点の一つは、「自分にも他人にも優しくなれる」です。


・『おちこぼれフルーツタルト』を読むと自分にも他人にも優しくなれる。

・この記事の文章自体を読むと自分にも他人にも優しくなれる。



 これが実現できてるとイイな〜と。

 特にまずは「自分に優しく」ですね。

 みんな、基本的に頑張り過ぎだからね!

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、はてなブックマークをしてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

→『おちこぼれフルーツタルト』(電子書籍版)



→参考図書(電子書籍版)


「漫画ハナヤマタのよさこいに打ち込む女子達が海外から見てもカワイイ理由」という記事を「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様で書かせて頂きました。

180216hanayamataenty

180216hanayamata1

180215hanayamata2

 相羽です。

 昨年スタートした新「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


漫画ハナヤマタのよさこいに打ち込む女子達が海外から見てもカワイイ理由/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 漫画『聲の形』の記事、『るろうに剣心』の記事、『ドラゴンボール』考察記事に続いて四つ目の記事となります。

 今回の視点の一つは、「海外から見た日本(の漫画・アニメ文化)」です。

 若かりし頃、中欧(主にはスロヴェニア)に日本語教師の研修で行って漫画やアニメを媒介に海外の人達と語り合ったこと。(現地のアニメ同好会にインタビューを受けたりもしましたw)

 大学の留学生センターで実習して沢山の海外の方々の考え・生き方に触れたこと。

 振り返ってみると、僕の小さな異文化交流でした。

 その後、故・櫻井孝昌さんや声優の上坂すみれさんの「文化外交」の考え方に出会いました。

(今回は上坂さんを声優さん・役者さんというより、「文化外交」に関する書籍の著者として紹介しております。)

 最近は、色々なものが繋がってきている気がしております。

 今回はある意味僕がこれまで生きてきたエッセンスが詰まっている、我が本懐の一つたる、「海外から見た日本」というテーマでの文章です。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、はてなブックマークをしてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

参考(合わせて読みたい!?当ブログのアニメ版の感想):『けいおん!』と『ハナヤマタ』で重ねられている演出とその意図について

→『ハナヤマタ』(電子書籍版)



→参考図書


落ち目の声優が介護開始でも百合?『その日 世界は…』第1巻が発売

 相羽です。

 本日12月17日(日)、やまなしレイ君(ブログTwitter)の新作漫画『その日 世界は…』が発売となりました。

 すごい面白かったです。

 これ、よくぞ形にしたな〜。

 ヒロインが「声優」の夢と「介護」の現実に挟まれるという題材自体は重量ある感じなのですが、これは……。

 これは……奏×夏央とか、水波×夏央とか、女の子同士の、その、ええい、いいから…買うのです……。この物語の初動を、目撃……するのです……。

 第1巻は「きらら」系(『けいおん!』とか『ごちうさ』とか)の輝きから零れ落ちた側を厳しい現実と接合して、それでもなおこの日常を信じて少し違うカタチの輝きを求めるなら……みたいな感じでありました。

 そうですね。こういう記事は大事ですね〜。

 僕なんかは2013年くらいのKDP(AmazonさんのKindleで個人でも電子書籍が販売できるサービス)が始まった頃に自分でも販売する側として活動を始めていたので慣れ親しんだものになってましたが、AmazonのKindle(キンドル)で電子書籍漫画、どういうの? という状態の方々もまだまだ多いのだったのでした。

 意外とスマホとかPCでも読めるの知らない方多いのですよね……。この辺りは知って頂くと僕も嬉しい。

 みんな、初キンドルチャレンジでも買うと良いよ〜。

 AmazonさんのKDPではレイ君は既に『マンガは描ける!絵が描けない人でも』 が個人発作品としてはだいぶ売れた(と言ってよいと思うのですが)実績があるのですが。



 いよいよ漫画本体でもブレイクしたりしてくれたりしたら、KDP作家たちも喜びますよ。

 トップオブトップが伸びていくのはもちろんありがたいとして、レイ君くらいの規模で現在活動してる人がKDPなどでもっと売れるようになってくると、漫画文化の総体としては余裕が出てくると思っているのでした。

 こんな企画も。

 初めて触れる読者さん向けにお勧めしてましたが、「あとがき」で2017年にまさかのあいつらと再会したりw、昔からレイ君の漫画読んでる人にもお勧めですよ。

 時流にのって無双ハーレムする漫画とかも描けそうなものを、こういう作品を描いてしまう。うんうん。レイ君は初期作品から零れ落ちた側にまなざしを向け続けてきたのだからしょうがないね。熱い話だね。

 「内容紹介」ページとかには書いてないキャラだけど奏(かなで)が良かったよ。ちょっとウルっとしちゃったよ。

 第2巻以降の(買った人だけ読める)おまけ漫画では、中学生時代の奏と夏央の瑞々しい女の子同士の友情とかが読めるんですね。作者はそんなこと言ってないですか……。そうですか……。

 読者さんが置かれてる状況によっては、本当に励まされるという人も多いでありましょう。

 現在「日本文学」カテゴリ(基本的にAmazonさんの方で割り振られるカテゴリです)で79位か。うむ、確かに日本文学感もある作品だなw。

 「コミック」ランキングでも上にいってほしい感じ。みんな、読んでみて〜。

その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
2017-12-17


その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
NextPublishing Authors Press
2017-12-20

「親子かめはめ波に感動する理由は?ドラゴンボールの親子の物語を考察」という記事を「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様で書かせて頂きました。

dragonballeyecatch

171029dragonball1

171029dragonball2

 相羽です。

 最近スタートした「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


親子かめはめ波に感動する理由は?ドラゴンボールの親子の物語を考察/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 初回の漫画『聲の形』の記事、前回の『るろうに剣心』の記事に続いて三つ目の記事となります。

 『ドラゴンボール』に関してはブログでも以前書いていたのですが、そういった話の総決算にして、読みやすさも重んじた 現時点で最高の記事を書けたと思います。

 子供の頃に買ってもらってこうして大人になるまで読み継いでるマンガなので、なんかもう、僕の人生とは!? みたいなことまで考える執筆時間でしたよ(笑)。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、はてなブックマークをしてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

→『ドラゴンボール』(電子書籍版)


「続編開始!社会で傷ついた人の心に響く『るろうに剣心』の魅力を語る」という記事を新「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様で書かせて頂きました。

rurounikenshineyecatch

171006kenshin1

171006kenshin2

 相羽です。

 最近スタートした「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


続編開始!社会で傷ついた人の心に響く『るろうに剣心』の魅力を語る/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 前回の漫画『聲の形』の記事に続いて二つ目の記事となります。

 『るろうに剣心』は個人的にもとても思い入れがある漫画なので、最初1万2000字ほど書いてしまってから、だいぶ削ったのでした(笑)。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、SNS等で拡散してやって頂けたらさらに喜びます〜。

・補遺となる、当ブログでの『るろうに剣心』関係の感想記事はこちら↓

炎を統べる るろうに剣心・裏幕/感想(前編&後編)(ネタバレ注意)

『るろうに剣心』キネマ版全話感想

弥彦の逆刃刀/るろうに剣心完全版22巻/感想/和月伸宏/集英社

→『るろうに剣心』(電子書籍版)



→続編「北海道編」第一話掲載の「ジャンプSQ.2017年 10月号」(電子書籍版)

ジャンプSQ. 2017年10月号
ジャンプSQ.編集部
集英社
2017-09-04

「本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介」という記事を新「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様に寄稿させて頂きました。

koenokatachieyecatch2

170918koenokatachi1

170918koenokatachi2

 相羽です。

 今回、最近スタートした「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介/マンガタリ


 という記事を寄稿させて頂きました。

 これからは、自分のブログだけでなく、時々こういう外部メディア向けの文筆業もやっていこうかな〜などと思っていたりです。

 打ち切られなければ(苦笑)、一、二週間に一本くらいのペースで色々な漫画の記事を書いていくという話に今のところなっております〜。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、SNS等で拡散してやって頂けたらさらに喜びます〜。

・補遺となる、当ブログでの映画『聲の形』の感想記事はこちら↓

映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

2016年「アニメ作品」ベスト10〜過去の悲しい出来事を受け取り直し始める震災から五年後の想像力(ネタバレ注意)

→聲の形


ちかのこ/感想

 『けいおん!(!!)』で怒涛の同人活動をやってた頃から「野生の京アニ」の異名で(え)存じてたらぐほのえりか先生のオリジナル漫画、『ちかのこ』の感想です。

 現在は、PixivでWEBで読めます。

●まとめ読みはこちらから。

 絵柄とかだけじゃなく、作者さんが深いところで『けいおん!(!!)』から受け取った様々が愛で変換されて出力されていると感じる作品。続きを読む

ほおばれ!草食女子/感想/一善目

 『巴マミの平凡な日常』でお馴染みのあらたまい先生(ホームページTwitter)の、本日発売の『まんがタイムきららフォワード』2015年8月号より始まった新連載。

 ネタバレ注意です。続きを読む

巴マミの平凡な日常/感想/第1巻&第2巻



 「今日も…物忘れやうっかりばっかで…もし…このまま一人でボケちゃったり大病したらどうなるのかな…」

 あらたまい先生(ホームページTwitter)の漫画『巴マミの平凡な日常』第1巻&第2巻の感想です。

 「アラサーマミさん」のキャッチフレーズの方が有名な作品やもしれないです。

 ネタバレ注意です。続きを読む

SHIROBAKO~上山高校アニメーション同好会~/第1巻/感想(ネタバレ注意)

ブログネタ
SHIROBAKO に参加中!
SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)
ミズタマ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-01-24


 アニメ『SHIROBAKO(公式サイトニコニコチャンネル)』のあおい、絵麻、しずか、美沙、みどりの高校時代を描いた前日譚コミックス、『SHIROBAKO~上山高校アニメーション同好会~』第1巻の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

2014年ランゲージダイアリー的ベスト、「漫画部門」

 毎年恒例、その年に触れた作品などで良かったものを、僕の主観でベスト形式で記載しておこうのコーナー。今年も「漫画部門」と「アニメ部門」を行います。

 ではでは、まずは「漫画部門」からやってしまいます。

 以下、雑誌の最新連載分までは基本ネタバレを含みますので、注意です。続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン/第14巻(最終巻)/感想(ネタバレ注意)

 本日発売のコミックス版(貞本義行版)『新世紀エヴァンゲリオン』第14巻(最終巻)の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

IDOROLL(アイドロール)/第1巻/感想

 筒井大志先生(ブログTwitter)のアイドル漫画『IDOROLL(アイドロール)』コミックス第1巻の感想です。

 今年一推しの作品です。第1話はお試し的にこちらからWEBでも読めます。

 そして、現在(2014年11月20日時点)「ニコニコ静画」では3日間連続で1話ずつ公開中。続きを読む

アイドル漫画『IDOROLL(アイドロール)』が面白い

 掲載される度(現在は隔月)に書いてる気がしますが、『グランドジャンプPREMIUM』で連載中の筒井大志先生(ブログTwitter)のアイドル漫画『IDOROLL(アイドロール)』が引き続き面白いです。



 今回掲載が第5話で、ファーストエピソードが一区切り、11月19日(水)にコミックス第1巻が発売とのこと。

 第1話はお試し的にこちらからWEBでも読めます。続きを読む

炎を統べる るろうに剣心・裏幕/感想(前編&後編)(ネタバレ注意)

 おそらくは映画合わせで「ジャンプSQ.」に掲載された、和月伸宏先生自身の手による志々雄真実を描いた『るろうに剣心』の新規描き下ろし読み切り「るろうに剣心・裏幕─炎を統べる─」の感想です。

 記事中はネタバレ注意です。続きを読む

ラブひな特別編/感想/ヒロユキ/週刊少年マガジン2014年39号

 今週の週刊少年マガジンに掲載された、『アホガール』のヒロユキ先生が描いた『ラブひな』トリビュート漫画の感想です。赤松健先生の描き下ろし『ラブひな』ピンナップもあり。

 世間的に代ゼミの事業縮小のニュースが流れてる中、色々とタイミングを感じます。予備校描写もけっこうあった『ラブひな』でしたが、時代も変わった的な。続きを読む

東京自転車少女。/第1巻/感想


 わだぺん。氏の漫画『東京自転車少女。』第1巻、Kindle版で読んでいたので感想です。

 凄い良かったのでお勧め。続きを読む

2013年ランゲージダイアリー的ベスト、「漫画部門」

 毎年恒例、その年に触れた作品などで良かったものを、僕の主観でベスト形式で記載しておこうのコーナー。

 まだ早いでしょ感も漂いますが、12月にも突入してることですし、週一更新ペースで「小説」「アニメ」とかもやると考えるとそろそろ始めておかないとな感じなので、まずはもう僕的に順位変動がなさそうな「漫画部門」から。

 以下、雑誌の最新連載分までは基本ネタバレを含みますので(『進撃の巨人』はさすがに書かないけど)、注意です。続きを読む

氷球姫 常盤木監督の過剰な愛情/感想/第1ピリオド「愛の観察眼」(ネタバレ注意)

 今週の「週刊少年サンデー」より新連載が始まった小野ハルカ先生の『氷球姫 常盤木監督の過剰な愛情』第1話「愛の観察眼」の感想です。
 ネタバレ注意です。続きを読む

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!/感想/第1巻〜第3巻

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(1) (ガンガンコミックスONLINE)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(1) (ガンガンコミックスONLINE) [コミック]

 谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』、コミックス第1巻〜第3巻の感想です。
 ネタバレ注意です。続きを読む

ヤマノススメ/感想/第1巻

ヤマノススメ(1) (アース・スターコミックス)
ヤマノススメ(1) (アース・スターコミックス) [コミック]

 しろ『ヤマノススメ』コミックス第1巻の感想です。続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン/第13巻/感想

新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】 (カドカワコミックス・エース)
新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】 (カドカワコミックス・エース)

 昨日発売のコミックス版(貞本義行版)『新世紀エヴァンゲリオン』第13巻の感想です。
 ネタバレありなのでご注意ください。続きを読む

けいおん!highscool/感想

けいおん!  highschool (まんがタイムKRコミックス)
けいおん! highschool (まんがタイムKRコミックス)

 昨日発売のコミックス『けいおん!highschool』の感想です。
 ネタバレありなので注意です。続きを読む

最近の感想色々(ガンダムAGE/家庭教師ヒットマンREBORN!/ハヤテのごとく!)

 少し感想書こうかなと思っていた作品の感想をまとめて。
 記事中に各作品の最終回および(雑誌での)最新話までのネタバレを含むのは注意です。続きを読む

るろうに剣心第零幕/感想

 今週のジャンプに掲載されていた『るろうに剣心』第零幕の感想です。続きを読む

雑記(2012年8月17日/範馬刃牙最終回感想)

ブログネタ
介護生活しながらの日記 に参加中!
 引き続きZONEの「secret base」でしんみり中。この曲がヒットしてた頃よりもう少し前になるけど、「刃牙」に関しては高校生の頃最大トーナメント編を毎週楽しみに読んでた頃の記憶が一番鮮明かもしれない。ネット以前時代。ただ、毎週コンビニに配給される雑誌というメディアに、全幅の信頼を寄せて読み手としてむさぼっておりました。続きを読む

雑記(2012年7月5日/松井優征『暗殺教室』第1話感想)

ブログネタ
介護生活しながらの日記 に参加中!
 最近の私的近況はGoogle+になんか書いてることが多くなってきたので、リアル面識あるという方はGmailなどで連絡頂ければサークル登録させて頂きます。


●松井優征『暗殺教室』第1話/感想

 先生が不定形なあたりに、『ネウロ』で扱っていたサイのアイデンティティ問題のテーマ的な継続、あるいは発展系とか描いてくれるのかなと思いました。脱皮も、何やら『ネウロ』で扱ってた「進化」テーマの継続っぽいですよ。続きを読む
今年最大の活動

 知力チート歴女最強ヒーリング聖女の異世界SFファンタジーが演奏スタート。

 女主人公二人が百合っぽく活躍して異世界の戦争を驚きの方法で終わらせます。


 新作長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 毎週、月、水、金の17時に一章ずつ、


カクヨム


 さんで連載中。

 火、木、土は、


pixivFANBOXさん(月額500円の支援者様向け)


 でコラムを更新中。

Special Advertisements

・10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

→12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×2。↓

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガタリ

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に日常と非日常を行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2018年夏より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。



 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ