ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

雑想@最新

壮大で地道

 相羽です。

 一昨年くらいから、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


 『ハレ婚。』などのNON先生のインタビュー記事の第一弾がアップされております〜(インタビュアーは僕ではないですが)。↓

 漫画家の先生のインタビュー記事とか掲載できるようになってきて、メディアが育ってきた感がありますね。

 『ハレ婚。』はイイですぞ。↓



 僕が先日書いた『ちかのこ』の記事も、雑誌『E☆2(えつ)』様の公式Twitter(こちら)にもRTして頂いて、ありがとうございます。

 雑誌『E☆2(えつ)』はゼロ年代くらいのオタク文化の雰囲気を継承してる感じで癒されます(え)ぞ。

 『ちかのこ』の最新話も載ってます。↓

E☆2(えつ)Vol.62
ビオ・マガジン
2019-04-30


 『ちかのこ』特集ページがね〜、イイんですよね〜。

 可愛くて楽しくて壮大な『ちかのこ』SFとか書きたいですのう。(言うだけ言ってはみる方向)

 ◇◇◇

 pixivFANBOXさんも久しぶりに更新いたしました。

 月額500円でこれまでのも全部読めます。

 こういう仕事術みたいな話って、定番である程度需要あったりするのかなと思って書いてみました。

 記事とか小説って、別に最初から順番に書いていくわけじゃないというのは、あんまり文章とか書かない方に話すとそこそこ驚いてくれる飲み会とかでネタにできるネタだったりしますね。飲み会とかもうしばらくないですけどね(え)。

 じゃあどうやって書いてるのかというのは、気になる方は課金して(笑)読んでみてください〜。↓


記事を書く時の話|相羽裕司(Aiba Yuji)|pixivFANBOX

こわばりをほぐす

 相羽です。

 仙台在住の謎のブロガー、「ねざめ堂」の丁稚さんがまたグレイトな映画記事を書いておられました。↓


『ハウンター』感想:抑圧の連鎖と、その終焉/ねざめ堂


 学生の時同級生にすごい聡明な女子がいて『キューブ』について熱く語ってたのを思い出したりしながら読んでました。

 『キューブ』がヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画だってこの記事を読むまで意識しなかったなぁ。

 その女子に、僕は「ニーチェってヤバいよね」とか(僕が)背伸びして返してましたねw

 ◇◇◇

 先日リリースされた、僕が「マンガタリ」様で書かせて頂いた『ちかのこ』の記事がけっこう好評のようでありがたいです。

 またらぐほのえりか先生(Twitter)にRTして頂いたこともあり(ありがとうございます!)、めっちゃ読んで頂けております。

 『ちかのこ』はイイぞ……。

ちかのこ 1 (E★2コミックス)
らぐほのえりか
廣済堂出版
2018-03-10


 ◇◇◇

 一週間弱ほど、母親が腰が痛い、麻痺側の右側の足が硬直しがちになってしまうということで、様子を見ていました。続きを読む

「百合漫画『ちかのこ』の読むと幸せになれる異種族同居コメディの魅力とは?登場キャラと日常と非日常を巡る不思議なお話をご紹介」という記事を書かせて頂きました。

recomend-chikanoko_eyecatch

190520chikanoko1

190520chikanoko2

 相羽です。

 一昨年くらいから、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


百合漫画『ちかのこ』の読むと幸せになれる異種族同居コメディの魅力とは?登場キャラと日常と非日常を巡る不思議なお話をご紹介/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 令和に入ってからはずっと『ちかのこ』のことを考えながらこの記事を書いてましたw

 ロゴスの世界で生きていると(え)凝り固まりがちな思考が、体が、作品に宿る不思議感覚に触れてるうちにイイ感じにほぐれて、

 あ、何気ないけど、こういうことって「幸せ」だったりするんだよな……とじわじわ優しい気持ちになったりする漫画です。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、全体的に温かい文章になってると思いますので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、はてなブックマークをしてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

気軽にVRorARオフ会とかになっていくんですかね

 相羽です。

 ノウライトさんのツイートは時々本当面白いw

 鋼のメンタルとか人間には実は無理なんで(え)、脳内に自分を褒めまくってくれる、労いまくってくれる二次元キャラクターを住まわせておくとかがイイですよね。心理学的には、二次元キャラクターっていうか、自分で自分を労いまくる習慣が良いらしいですが。

 次のお仕事の書き物は注文してる参考図書(漫画)が届くまで進まないので、ブログを書くのです。

 先日参考資料に、

E☆2(えつ)Vol.62
ビオ・マガジン
2019-04-30


 を買って読んだのですが、良い意味で一昔前の萌え文化が詰ってる雑誌wって感じで良かったです。

 イラストたくさんの『ちかのこ』の特集ページ&本編最新話も載ってるヨ! らぐほのえりか先生(Twitter)はさらにビッグウェーブに入っていく予感がしております。

 まだ撃ち出す前に拳を引いてるくらいの段階で、ペガサス流星拳か彗星拳か何かを放つのはこれから(令和)という印象です。

ちかのこ 1 (E★2コミックス)
らぐほのえりか
廣済堂出版
2018-03-10




 ◇◇◇

 『FGO』もやってます。

 昨日から始まったイベント『惑う鳴鳳荘の考察』面白いですネ!

 僕はそこまでミステリ読んでるって感じではないですが、綾辻行人、竹本健治と読んでた頃の感覚を思い出したりします。

 昔はノベルス読んで感想(書評)サイト見に行くのが楽しみだったものですが、最近は『FGO』内で(ミステリ的な読み物を)読んでTwitterで友達と話す……って感じになってたりですが。

 (通信の)5Gも始まりますし、次は同じ本(なりゲームのシナリオなり)読んだ人と気軽にVRorARオフ会とかになるんですかね……。

 ARざびさん(Twitter)とか我が家に来ますかね。よちよち(Twitter)のアバターとか使ってそう。ウェルカムです。

 吉藤オリィさん(Twitter)の分身ロボットの進化系みたいなのにノウライトさんが憑依(視線入力で遠距離操作とかの精度も上がってきてる)して、ちょっとうちの介護を手伝ってもらおうとかが技術的に可能になってきそうなのは良い方向と捉えてます。どうしても外せない急用なので、30分だけ(遠距離から)見守りお願いします! とかは今の技術でも十分可能だったりしますしね。

 お礼もLINE Payの進化系みたいなやつで、ボタン一つで価値(あるいは、単純な日本円という意味だけではなくなってきてるかもしれない)をやり取り、みたいになっていきそうですしね。

 ◇◇◇

 次の京都アニメーション大賞用の長編小説を書き始めてしまったのです。

 これまで二回応募して二回落選してるのですけどね。

 なんか物語世界を観測してしまって、筆記者として書きとめてるみたいな感覚なのですが、今回も(自分ではw)面白いです。

 謙虚に学びながら、読みやすい感じで書いていけたらなと思っております。勉強に『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とか『氷菓』とかちょくちょく読んでますw

氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫)
米澤 穂信
KADOKAWA / 角川書店
2012-10-01

小説『非幸福者同盟』のイラストを描いて頂いたよ

 相羽です。

 広瀬川でGWの催しものがあったので、母親の車椅子押し押し行ってまいったりしておりましたw

 先日、令和元年初日から連載を再開中の「歴史建造物擬人化×能力バトル」な郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』。

 以前から描いて頂いたイラストをキービジュアルとかに使わせて頂いていた馬の助さん(Twitter)がイラストを描いてくださいました〜。

D5hfPuuWkAEGk6i

 ムッちゃん。

 ありがとうございます。超嬉しいです。馬の助さんが描く和装の女の子はイイですのう。

 擬人化された戦艦陸奥が「陸奥」の名を縁wに東北の郷里を守るために活躍したりするお話です。

 最新・第264節(第261節)「広瀬川灯明邀撃戦線3〜私達は、非幸福者同盟!」を先日公開したところで、

 全十三話構成の長めの物語である本作ですが、現在最終話「大楼閣と古の戦艦」の更新に入っております。

 完結までの残り、「最後の十七節」がスタートしているカタチです。

 連休中に今から読んで頂いても全然オーケーでしてよw

 「カクヨム」様と「小説家になろう」様で同時公開という形で進めております。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 まぎらわしいですが、「カクヨム」様と「小説家になろう」様で最新節の数字が違うのは、「カクヨム」様版は作品冒頭に3節分「プロローグ」が追加されてるからです(+3節分になってる)。今回更新分(最新節分)のエピソード内容には、両者違いはありません。

 ではでは。感想など頂けたら、喜びます〜。

・ションさん(Twitter)が作ってくれたイメージ曲(short ver.)なども引き続きよろしくです。↓

●niconico




●YouTube

漫画『ちかのこ』を漫画を「語る」WEBメディア『マンガタリ』様で紹介させて頂きました。

recommend-2019.1_eyecatch

 相羽です。

 一昨年くらいから、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様の、

 の記事で、らぐほのえりか先生の『ちかのこ』を紹介させて頂きました。

 今、2019年の5月(令和!)なのに1月に読んだ漫画!? という感じですがw特に更新時期にこだわらず、インデックス的に各月のおすすめ漫画をアーカイブしておく的な企画のようなので。

(とはいえ、これからはもっとタイムリーにその月ごとに読んだおすすめ漫画を紹介していく感じになっていくそうです。)

 ありがたいことに作者のらぐほのえりか先生(Twitter)にもリツイートして頂きました。

 ありがとうございます〜。

 『ちかのこ』のボリューム多めの記事今度リリースします的なことをTwitterの中の人が仰ってますが、これは僕が書きますw

 令和の最初は『ちかのこ』のこと考えてますw

 立ち上げ時からライターとしてちょくちょく関わらせて頂いておりますが、「マンガタリ」さんは今年は色々良い感じのことをやっていく予定です。

 (記事の)文章を読んだ人もイイ感じ、(漫画の)作者様も喜ぶ、(記事を)書いてる僕も本懐を全うしている、トータルで漫画文化の発展にも誠実に貢献している。日本の経済とかも良くなる(え)。読むとなんか体の調子とかも良くなる(え)。

 そんな、余裕、喜び、豊かさなどが連鎖していくメディアになっていったらなと思っております。

 とりあえず『ちかのこ』本当面白いので、是非ぜひ。↓

→pixivコミック(MANGA pixiv)

pixivに登録していれば読めます。

→コミックス

ちかのこ 1 (E★2コミックス)
らぐほのえりか
廣済堂出版
2018-03-10


→最新話は一昨日(30日)発売のこちらの雑誌で読めます

E☆2(えつ)Vol.62
ビオ・マガジン
2019-04-30


参考:ちかのこ/感想

平成

 相羽です。

 今日で平成が終わりです。

 個人的に平成と呼ばれる期間は、ずっと母親の介護をしていた印象があります。

 14年半くらいなので、平成の半分くらいやってますからねw

 家事をし、食事を手伝い、歯磨きを手伝い、トイレに連れてき、服の着替えを手伝い、などなどといったことを毎日ずっと繰り返しやっていた印象です。

 今も生きてて最近は『なつぞら』面白いって言って観てるので(面白いですよね)、まあ良かったかなと。

 東日本大震災も大きい出来事でしたね。

 避難所で過ごすことになったり、家が壊れたりしたのにはビビりました。

 僕の平成最大のファインプレーは生きてたことですねw

 けっこう死ぬかと思ってたんですが、意外と生きてましたね(まだあと半日くらいあるから分からないですが!)。

 生きてたので、ブログとかの記事という形にしろ、小説という形にしろ、けっこう作品も生まれましたね。

 なんか心に残ってる記事とか小説とかあるよって言って貰えたら嬉しいですかね。

 小説は、完結した長編小説を10作品書いてからが本番みたいな説があるのですが、僕もようやっとそれくらいの量に達しましたので(書き始めるのが遅かったですからね)、令和もある程度生きてるようなら、本番の作品とかお届けできるんじゃないかという気がしております。

 今書いてるやつ(明日から連載再開する『非幸福者同盟』とは別)とかも、すごいですよ〜。

 ブログという形かは分かりませんが(ライブドアブログがサービス終了する可能性はけっこうありますよねw)、これからも文章は書いていこうと思っております。

 平成のうちに出会った人と、令和でなんかするのかなといった予感はちょっと感じていたりします。

 引き続きご愛顧頂けたら喜びます。

 また、令和で会いましょう。

イマジネーション

 相羽です。

 TJさん(ブログTwitter)の新刊『ジオウ×スタプリ スター・星座・アナザー2019』が届きました。

190420tjsan

 面白かったですw

 まだ通販受付中みたいなので是非ぜひ。↓


 ◇◇◇

 一昨年くらいから、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様。


 先日は漫画『ハレ婚。』『デリバリーシンデレラ』などのNON先生にインタビュー取材を行ったりしておりました。(僕が行ったわけではないですが)↓

(一年半前くらいのメディア立ち上げ初期からちょくちょく関わらせて頂いておりますが)

 これなんらズルとかしたわけではなく、ゼロから立ち上げて一年半かけてコツコツメディアを育てて(月間PV数的にも)かなりの規模にもなり、コンテンツ(記事)のクオリティも高いということで、これくらいのメディアならと取材オッケーになった的な感じなのですよ。

 今年はけっこう(たぶんイイ方向の話で)色々ある予定です。

 僕が執筆した次の記事もそう遠くなく公開になると思いますので、その時はまたよろしくです。(公開されたら告知いたします〜。)





 ◇◇◇

 昨日(19日)は「ねざめ堂」の丁稚さんと、


『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』


 を観てきました。

 凄い映画でしたね。続きを読む

令和

 相羽です。

 新しい元号は、令和。

 今のところ、かなり良いなと思っております。

 日本としては久々のファインプレーでは。

 もうちょっと、経済とか、科学技術とか、働き方改革とかでファインプレーしてくれよ、とは思うのですが、こういう文化方面とかでファインプレーしちゃうのも不思議ちゃんという感じで、(海外から見た時の意味での)カワイイ感じでしょうか。

 良いと思うポイントは、何重にも「両義」なあり方になっている言葉である点。

 「両義」とは、ざっくりとは同時に存在すること。

 「令」に、「命令」のような意味と、「御令嬢」のような「良い、幸先が良い」みたいな意味が「両義」に存在している点がまず良く。

 そして、前者の意味になる時は、「令」の字が後ろに来ることが多く(「命令」「指令」)、後者の意味になるときは前にくることが多い(令息、令月)です。

 このような、語の順番などに関する概念を言語学でざっくりとは「syntacticな(統語的な)」観点と言い、「命令のような意味」か「幸先が良いみたいな意味」かというような話に関する観点をざっくりとは「semanticな(意味論的な)」観点と言います。

 (言葉に関する)人間の認知機能で、「syntacticな(統語的な)」部分と「semanticな(意味論的な)」部分とは分かれているのか、分かれてないのか?(というか要素還元主義的にとらえられるのか? みたいな話) は言語学の(というか心理学、脳科学、認知科学全般的に)一時期の重要な議論の一つですが、僕は「同時に存在している(「両義」である)」派だったので、「令和」の「統語論」と「意味論」が「両義」存在してる感じはとても良いと感じています。

 また、典拠に関しても、「万葉集」としながらも、「万葉集」の該当部分は中国由来の後漢の張衡の賦が(も)関係しているという「両義」性も良い感じだと思います。国粋主義的な志向性の人には「万葉集」! 日本! という感じで良い感じになりますし、同時に中国との交流の歴史もないがしろにするでなく、ほどよい距離感になっていると思います。

 ちょっと僕に中国の古典の教養がないので想像になりますが、これくらいハイコンテクストの「令和」を提示できる人(誰が考えたのかは明らかにされていないですが)なので、おそらく中国の人からみても、まんざらじゃない感じになっていると推測します。さらにおそらく、中国の人が見ても、(人によって)「両義」に映るようになってるんじゃないかと。

 元が他にあるからといっても、『仮面ライダーディケイド(感想)』を観ている僕たちは(え)、今更がっかりしたりしません(別に『Fate』とかでもイイんだけど)。「ニセモノだけどホンモノだ」というテクスト&コンテクストは、宇多田ヒカルの歌(「parody」)から平成仮面ライダーまで、参照しようと思えば参照できるくらいにもう日本に息づいているからです。

 「令」の字が、今PCで表示されてるように書いてもイイし、下のところをいわゆるカタカナの「マ」みたいに書いてもどっちでもイイよ、みたいな「両義」性も、しなやかさや大らかさが感じられて良いです。(これは、どちらかというと「多義」性に近いでしょうか)

 さらに「和」は「昭和」の「和」も意識していると思われますから、「古」の担当で、「令」は今まで元号に使われてなかった字ということで「新」担当。この「古」と「新」のような「両義」性も良いです。

 「昭和」の「和」という方向には、「昭和」の反省も含まれていると読みとったりもできそうです。これくらい良い感じの「令和」を出してくる人が、「令」に「命令」という言葉を連想しやすいという点に気づかないはずはおそらくなく、「和」は「令」の字のもう片方の意味と連動すると同調化圧力の強要のような、良くない事態にもなり得るという反省も感じたりします。しかし良い部分と良くない部分はたいてい「両義」なので、反省の中に、同時に「令(良い感じ)」の方のニュアンスの「和」を見出すこともできます。

 いくつか上げてきた「両義」性も、ストレートに読むと、春はイイなぁ、くらいの意味なので、同時に良い意味で全体としてはユニバーサル(普遍)です。中国の人にしろ、世界中のどこの人にしろ、穏やかな気候良いね! という感覚には、なかなか文句がつけづらいです。

 それでいて、梅の花も春も期間限定のものです。この「いずれ終わる」という感覚は、ざっくりとはそれこそ日本の「侘び寂び」に通じそうです。

 全体的に、単純化、殺ス、みたいな(え)元号なので、良い印象を持っています。

 「論理」における「排中律」=「XはAか非Aかのどちらかであって、Aでも非Aでもないことはあり得ない」をベースにした西欧とは、ちょっと違った方針でいくゾ、みたいな感じもあってカッコいいです。

 実は世界は、両義的だったり、スペクトグラム的だったり、多重存在的だったりするかもしれないので。

 個人的に、たとえば西洋哲学ではこの先にも絶対にドイツやフランスには勝てない(あちらに積み重ねがあるから)感覚を感じてるのですが、「物語」「和歌」「もののあはれ」などに関しては、今でも日本圧勝です。「和歌のもとの平等」を説くまでもなく、千年レベルで、民草レベルで積み重なっているから。どうせなら、得意な分野で勝負していった方がイイ気がしております。「令和」は、パラメータをこれからは得意な方、らしい方にふっていくヨ的な印象です。

 何となく、つらかったことも含めて平成にあったことは伏線だったのかという気がしてきております。

 平成のうちに出会った人と、たぶん令和で何かするのだろうという気がなんとなくしております。

 『ひぐらしのなく頃に』に例えると(え)ここからが「解答編」という気がしてきているのです。

 伏線を回収していったら、ハッピールートだった! という未来に進んでいきたいものなのでした。

平成最後に自分の代表作を貼る

 相羽です。

 Twitterのタグで #平成最後に自分の代表作を貼る が話題になってたので。

 小説でもいいのか分からないのでブログに貼ってみますけど。

 まあ、


妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09



 ということになるかな、と。


・完結している。
・電子書籍というフォーマットで完成している。
・東日本大震災後も自分に虚構が作れることを証明できた。
・フリー版、有料版合わせると、これまで作った全作品で一番売れた。
・AmazonのKindle電子書籍ストア、「無料」の方だけど総合で最高33位。


 自分でも、最終章で彩可が走ってくるところ好きなのよん。

『おちこぼれフルーツタルト』がアニメ化決定(紹介記事を書いてましたヨ)

 相羽です。

 当ブログ的には『ハナヤマタ』の浜弓場双先生の漫画『おちこぼれフルーツタルト』のアニメ化が本日(28日)発売の『まんがタイムきららキャラット』で発表されております。↓

 僕としては、『マンガタリ』さんで紹介記事を書かせて頂いておりました。この日のために1年近く前から仕込んでいたものなのでwアニメ化決定のこのタイミングで是非読んで頂けたらと。

 『おちフル』は本当良いですよ。↓

 関連して、浜弓場双先生の『ハナヤマタ』に関してもけっこう記事を書いておりますので、張っておきます。↓

●『マンガタリ』さんで書かせて頂いた記事↓

●当ブログのアニメ『ハナヤマタ』考察↓

●当ブログのアニメ『ハナヤマタ』全話感想↓

ハナヤマタ感想/ランゲージダイアリー




『クラリオンの息吹』が「小説家になろう」で連載開始

 相羽です。

 個人的に楽しみにしていた蒼原悠さん(Twitter)の新作WEB小説、『クラリオンの息吹』が昨日(23日)より「小説家になろう」様で連載開始となっております。

 初回更新分を読ませて頂きましたが、ストーリーの導入部分もですし、何より言葉の選び方、文体、文の組み立て方が好きです。

 クリックして是非読んでみて〜。↓


『クラリオンの息吹』/小説家になろう


 蒼原さん。才能ある人だと思ってたので、なんか、もう、この作品で世に出てほしいな〜って。

グレイトなマーティン・スコセッシの記事を読んだよ

 相羽です。

 丁稚さん(「ねざめ堂」さん)のグレイトなマーティン・スコセッシの記事を読みました。

 超面白いから読んでみて。↓


マーティン・スコセッシ:ビジョンの拡大と収縮(前編)/ねざめ堂

マーティン・スコセッシ:ビジョンの拡大と収縮(後編)/ねざめ堂


 紹介されてる映画作品を観ていないので文章を読んでだけの感想になりますが、この流れだと新作映画はビジョンの拡大競争あんまり意味ねえよなみたいな映画になりそうw

 丁稚さんとは来月、『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜(公式サイト)』を一緒に観てくる予定だったりします。


参考:当ブログの『響け!ユーフォニアム』シリーズの感想


 久しぶりにプリキュア以外のアニメ作品の感想も書けたらイイなとw

沈黙-サイレンス- [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-08-02


アリスの恋 特別版
ワーナーホームビデオ

八年

 相羽です。

 引き続き、やれることをコツコツとやっていきたいと思います。

 この前、『FGO』のイベントのアイテム交換画面でBBちゃんが、


 「ルーチンワークを笑う者は、ルーチンワークに敗れる。何事も小さなことからコツコツと。」(BBちゃん)


 と言っていて(ボイスで)、くっく、BBちゃん、イイこと言うな! と思ったのですが(え)、


190311fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)


 僕ら普通の人にとっては、復興活動も基本ルーチンだと思うのですよね。

 まだまだ画期的な施策とかが出てくるのにも期待したいですし、

 できれば技術開発があるタイミングでぐーんと大きく進んで、一気に復興が進むルートも願ってはいますが、

 わりと、そういう劇的な改善は狙って起こせるものでもなかったりするので。

 とりあえず、一日一日の家事、介護(ある人は子育てとか)、仕事を、日々丁寧にやっていくということが、まずは僕ら普通の人の復興活動ということになりそうです。

 普通、素晴らしいことですヨ。

 健康の問題などで普通のルーチンが難しいという方は、まずは何らかの形で助けを借りて、休むということ。

 仕事の環境が良くなくて(最近、こういう方が増えておりますね……)普通でルーチンをやるのがけっこう難しいという方は、まずは仕事の環境を変えていくと心を決めること。

 いきなり大きくは変わらないと思いますが、まずは心で決めると、時間差で現実の方も少しずつ変わっていきます。

 最近の脳科学研究、意識の研究などを追っていて思うのは、どうも心が脳に先立つっぽい? ということです。


 心で決める(心・言葉を変える)→脳が変わる→身体が変わる→現実が変わる


 の順番っぽいか? ということです。

 よく言われる例としては、心が変わることで脳の脳内物質が変わる(作られる)ので、人間の心というものは本当に現実(物理世界)に作用するということが、ある程度は言えます。

 心で決断すると、スーパーコンピューターとかよりすごいと言われる脳がほぼ自動で動き出して(ほぼ無意識下で)変えていくための情報を集めたり、時に体の方にも決めた方向に向かっていくための変化を起こしたりしはじめます。時間差で発する言葉、行動が変わり、現実が変わり始めます。

 まずは最初の、自分にとっての本当の言葉をコアから発することです。

 普通のルーチンの日々ができるようになったら、その日常をまずは生きるということです。

 京都アニメーションイズムな感じですが、普通の繰り返されるルーチンというのはネガティブな感じでもなく、回りながら少しずつ彩りを深めていくような側面があります。

 その意味で、復興活動とはぐるぐると回ることでもあります。


パッヘルベルの『Kanon』のように「繰り返し」ながら「受容」の「共同体」は波打つように少しずつ豊かになってゆく〜『小林さんちのメイドラゴン』第5話の感想


 『小林さんちのメイドラゴン』、うんうん、2期やるのも分かるヨ……。

 僕も、とりあえず家事と介護と仕事を日々繰り返し、ある程度余力が生まれたら、ちょっと大きな改善の方向の準備も……って感じでやっていこうと思っております。

 特に、世の介護の問題を解決するという方向で最近考えてることがありますし、わりとマジで役立てる部分があるんじゃないか!? と思っていたりするのでw

 僕の今回の人生(え)の目的はこの世界に全員分の余裕を作ることだと思ってるのですが、まずは介護の問題が(何らかの形にしろ)解決していくようだと、余裕、作られていく感じがしますよね……。

三月です

 相羽です。

 三月です。速いですね。

 メルマガとかの方では書いてたのですが、今年、来年くらいは立て直し期間、準備期間にしようかなといった心持ちですので。

 勉強多め、読んだり観たり多め、あとは部屋の片づけとかして過ごしておりますw

 現在第4話まで放映中の今年のプリキュア、『スター☆トゥインクルプリキュア』がイイですね。(→プリキュア感想のブログ

 毎週楽しみで、これ、もしかして『ドキドキ!プリキュア』に並ぶ、一生ものの作品になるのでは……感を早くも感じております。

 あとは、『FGO』の復刻「CCC」コラボイベントがシナリオがすごくイイんですが、まだ序盤で、水曜日までに終わるのかちょっとヒヤヒヤしてますw

 pixivFANBOXの方も更新しておりました。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■今年、父と母が金婚式でしてね

 相羽です。

 今年、父と母が金婚式でしてね。

 結婚して50年。すごいですねw続きを読む

プリキュアはイイぞ

 相羽です。

 こっちのブログで伝えてなかったのですが、プリキュアブログの方を感想以外にもちょくちょく更新しておりました。↓


ドキドキ!プリキュアが一番好きな理由

プリキュアで集う人々


 「欲しいものリスト」でペンタブも頂いたので(ありがとうございます〜)。


参考:「欲しいものリスト」でペンタブレットを頂いたヨ


 久々にマナりつ絵も描いてみましたw

190218manaritsus

「欲しいものリスト」でペンタブレットを頂いたヨ

 相羽です。

 Amazonさんの「欲しいものリスト」経由で、ペンタブレットを頂いちゃいました。

190211tablet

 わーい。

 これで、一昨年描いてた(その頃ペンタブが壊れた)マナりつ線画が塗れそうです。

170823manaritsublog

 漫画も頂きました。

190211comics

 カツヲ先生の、『ひとりぼっちの○○生活』。

 わーい。

ひとりぼっちの○○生活 (1) (電撃コミックスNEXT)
カツヲ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-11-26


 ありがたいことに「欲しいものリスト」経由でちょくちょく贈って頂くことがあるのですが(本当ありがとうございます〜)、お薦めの漫画など送って頂くと、僕も(タイミングとかが合えば)紹介したりいたす所存であります。

 吉田丸悠先生の、



 は「欲しいものリスト」経由で贈って頂いたきっかけで読んで、僕が「マンガタリ」さんで紹介記事を書いた(おすすめ5選記事に組み込んだ)という流れでありました。↓

 現在は「確定ボタンを押す前に『リストに入っているもの』をキャンセルすることで」、僕の「欲しいものリスト」にないものだけでも贈れる仕様らしいので、


参考:2月14日に向けて「Amazonのほしい物リスト」を公開したので、なんか下さい!(直球)/やまなしなひび−Diary SIDE−


 布教したい漫画などありましたら〜。(文章を書くにあたってタイミングがよいか、「マンガタリ」さんの編集部に記事の企画として通るかなどがありますので、全部記事を書きますとは言えませんが……)

参考:「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

 こちらが僕の「欲しいものリスト」になっております〜。↓

相羽のAmazonさんの「欲しいものリスト」

スタァライトと仮面ライダー龍騎

 相羽です。

 去年、僕がとてもハマっていたアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(公式サイト)』。

 感想も、全話書きました。↓


『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想


 2月10日(日)には、いわゆるオンリーイベント(同人誌即売会)も行われるようです。↓


●スタァライト・ストーリィズ(WebサイトTwitter


 そして、それにTJさん(Twitterブログ)も参加されるらしいという話をちょくちょくしていたのですが、どうも入稿できたっぽいので改めて紹介いたしますヨ。

 圧倒的ボルキャンサーと星見純那さん。いつまで、僕たちは仮面ライダーシザースについて語り続けなければならないのか。たとえ純那さんガチ勢を敵に回すことになってもw、闘わなければ生き残れないのか。

 TJさんはスタァライト放映中に、『仮面ライダー龍騎』スタァライト説をだいぶネタにしておりましたね。

 言い出した最初の人自体はTJさんじゃないらしいんですけどね(最初の舞台公演リアル観劇時点でツイートされていた方がいたらしい)。

 Twitter上に燦然と輝く「 #龍騎スタァライト 」タグとかを作ったのはこの人ですヨ。

 いや、僕もけっこうこのタグで投稿しちゃってましたけど……。

 ネタっぽい方向で楽しんでみた上で、あながち悪ふざけだけでもなく、2018年放映の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』はゼロ年代の金字塔作品『仮面ライダー龍騎』の「先」を描いた物語として捉えると熱い部分があるという話は、僕がこちらのスタァライト最終回記事で書いてるので(後半の方)、そっちもよろしくです。↓

 TJさんの同人誌って、勝者が栄えるというルール(システム)の中で忘却された存在(敗者)をメタとユーモアで再解釈する話が多かったりもして、今回はスタァライトと龍騎というドンピシャの題材なので楽しみだったりもします。

 TJさんが昨年出された同人誌アンソロジー『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』には僕も「仮面ライダーブラックRX」と「フレッシュプリキュア!」のクロスオーバー小説で参加させて頂いているのでそちらも引き続きよろしくです。

 この本も、もっと感想とか聞かせてくれてよいのよw↓

 そして。

 本当に『仮面ライダー龍騎』の新作が制作される世界に。

 正史と偽史(パロディ)で、ゼロ年代の金字塔「龍騎」の(バトルロイヤルという)呪いを解くために、みんな、仮面をとって握手!


参考:小説仮面ライダー龍騎/感想(ネタバレ注意)




仮面ライダー龍騎 Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]
須賀貴匡
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-07-11

劇場アニメ『薄暮』にあやねるさんが参加・僕なりの復興活動を続けること

 相羽です。

 インフルエンザでダウンしている間に劇場アニメ『薄暮』関係が色々発表されていたのでした。

 Amazonさんでも原作小説や「薄暮/IMAGE ALBUM」が買えるようになってますよ〜。↓

薄暮(はくぼ)
山本 寛
アイズクライム文庫
2017-09-01


薄暮/IMAGE ALBUM
鹿野草平、山本寛
株式会社トワイライトスタジオ
2019-01-24


参考:アニメーション映画『薄暮』のティザームービーが公開されました

 2019年5月24日(金)より福島県先行で公開開始ですか。いわきまで行ってみたい気もしますが、まずは仙台の劇場でやるのを発表待ちの方向で待機したいと思っております。

 それにしても、あやねるさん(佐倉綾音さん)も参加ですか!?

 個人的にこんな記事を書いていたタイミングで↓


参考:『五等分の花嫁』第1話の感想〜あやねるさん目当てで観てみたら


 もともとクラウドファンディングにも参加して応援していた劇場アニメ『薄暮』にあやねるさんが!

 これはもう、何かの縁では……。

 ◇◇◇

 さらに驚くことに、上の記事でネタにされてる(え)個人的な友人、


 ノウライトさん(Twitter)と、

 りとるさん(Twitter)と、

 ゆるゆりガチ勢先輩さん(Twitterやってない)


 の三人は福島出身です。『薄暮』の舞台も近いです。

 僕は宮城(仙台)出身。お互い知らなかった学生時代とかに、街ですれ違ったりもしていたのでしょう。

 この前、オフ会を開いてきましたよ。


190131knowlightsanz


 学生時代はいっしょにロボットを作っていて、大人になって少し疎遠になったあと『けいおん!』のライブで再会し、今ではいっしょにミニ四駆作って仙台(ミニ四駆の大会が定期的にあるのです)にちょくちょく遊びにきてくれたりするという面白い人たちです。

 日常を生きるという意味で、ある程度『薄暮』チックな方向なんじゃないかとも思います。これが、俺たちの復興活動だ。

 大人だからね。真面目な仕事の話もするけど、『ゆるゆり』と『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(感想)』の話もするヨ。

 みんな、小松理虔さんの『新復興論』読んで。

(真面目と不真面目を行き来しながら復興みたいな話)

新復興論 ゲンロン叢書
小松 理虔
株式会社ゲンロン
2018-09-01


 ◇◇◇

 そんな東北が舞台の僕が書いてる小説、『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』が、つい一昨日ほどに完結いたしました。

 とりあえず完結までリリースできて、現在心底ホっとしております(笑)。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 おお。PV数もちょっと増えてきている。やっぱり完結してから読むという方もおりますのねん。続きを読む

続・共同体の試論

 相羽です。

 「共同体」について。


・孤立でもイイ派

→これは、無理です。


 ざっくりとは人間は一人では生きられないので。僕も実感を伴ってそう思うようになったのは、一人では生きられないようになった母親の介護をはじめてからです。

 とはいえ、地域共同体とか会社共同体とか壊れてきていて久しいわけで、何とか色々作戦を考えていかないといけない段階だという話でした。


・家族

→僕はやはり普遍性はある派。

 全てが自立化をうたった孤立化と相性がよい資本主義と新自由主義とで解体されていくなかで、共同体の最後の砦ですね。

 僕は、守った方がよいと思っています。

ゲンロン0 観光客の哲学
東 浩紀
株式会社ゲンロン
2017-12-11


 で、なんで新自由主義とかスケールフリーを論じた書の中に、「家族」の項にかなりのページが使われているのかはじっくり考えてみて頂きたいところ。

 とはいえ、従来型の血縁一辺倒の考え方では現状に対応していないのも事実なので、その辺りをどう再構築していくか、なのかと思います。


・趣味共同体

→イイ線はいってる気がする。

 解体されていってる地縁や血縁のレイヤーの代替として、趣味の仲間のレイヤーが共同体の役割を果たすんじゃないかという方向。

 僕もけっこう真面目に考えてますし、今でも上坂すみれさんの「革命的ブロードウェイ主義者同盟」みたいなのは、方向性としてイイ線いってる気がします。仲の良い革ブロ仲間だと、病気の時看病に来てくれる……くらいの現象までは、すでにあり得てそう。そのくらいになってくると、かなり家族共同体の補強レイヤー的な感じになってきます。


 引き続き、考えていきたい方向です。


・友だち続きを読む

プリキュアのライブ

 相羽です。

 『HUGっと!プリキュア』第48話も良かったので、そっちの感想も書こうと思ってるのですが、昨日、一昨日とプリキュアのライブ、


プリキュア15周年Anniversaryライブ 〜15 Dreams Come True〜


 があったりもしましたね。

 プリキュア友達のRubyさん(Twitter)がお子さんと行って来て、感想ツイートされていたのがしみじみと面白かったのでこちらでも紹介させて頂きます。↓

 軽い気持ちでまとめさせて頂いたらTogetterさんで「編集部イチオシ」というカタチで紹介して頂いて、公式サイトの目立つところにも掲載されたので、エラくバズってしまいました(汗)(Rubyさんにはいちおう許可とってあります。)

190121rubysan

 まあ、本当、僕なんかも読んでてウルっとなる部分もある連続ツイートでしたので、良かったら〜。

静凛さんの絵

 相羽です。

 そーよくさん(TwitterPixiv)が描いておられた静凛さん(Twitter)のファンアートがとても素晴らしいです。

 僕としては、昔のハンドルネーム表記で双翼さんという印象がまだありますがw

 僕本人はしずりんさん(静凛さん)を含めVTuber文化にそこまで明るくないのですが、この絵はイイですね〜。

 僕は2006年くらいから双翼さんのこと天才だと思っていて、このまま埋もれるのはもったいないとずーっと思ってたので、今回バズってくれてとても嬉しいですw

 Goodな条件の絵仕事とか、くるとイイっすね。

 応援!

2019年にボルキャンサーを描いてる人はそんなに多くない

 相羽です。

 去年、僕がとてもハマっていたアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(公式サイト)』。

 感想も、全話書きました。↓


『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想


 2月10日(日)には、いわゆるオンリーイベント(同人誌即売会)も行われるようです。↓


●スタァライト・ストーリィズ(WebサイトTwitter


 そして、TJさん(Twitterブログ)も参加されるとのこと。

 作業中サンプルに載ってる、圧倒的ボルキャンサー。2019年にボルキャンサー描いてる人あんまりいなくない!?

 スタァライト放映中に、『仮面ライダー龍騎』スタァライト説をだいぶネタにしていた人です。

 言い出した最初の人自体はTJさんじゃないらしいんですけどね(最初の舞台公演リアル観劇時点でツイートされていた方がいたらしい)。

 Twitter上に燦然と輝く「 #龍騎スタァライト 」タグとかを作ったのはこの人ですヨ。

 いや、僕もけっこうこのタグで投稿しちゃってたけどさw

 ネタっぽい方向で楽しんでみた上で、あながちネタだけでもなく、2018年放映の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』はゼロ年代の金字塔作品『仮面ライダー龍騎』の「先」を描いた物語として捉えると熱い部分があるという話は、僕がこちらのスタァライト最終回記事で書いてるので(後半の方)、そっちもよろしくです。↓

 てかTJさん。冬コミ落選してのんびりしてるのかと思えば、こんなクレイジーな本作ってて……。そのパッションは尊敬に値するゼ……。

 その、BOOTHとか同人誌通販委託とかでの取り扱いも検討して頂けたら喜びます……。

 TJさんが昨年出された同人誌アンソロジー『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』には僕も「仮面ライダーブラックRX」と「フレッシュプリキュア!」のコラボ小説で参加させて頂いているのでそちらも引き続きよろしくです。

 この本も、もっと感想とか聞かせてくれてよいのよw

 現在放映中の『仮面ライダージオウ』のコンセプトとかを推察するに、時代を先取りし過ぎている同人誌ですw↓

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開をさせて頂いております〜。

 金曜日(4日)、


 第二十五章「戦争」


 を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング206位にランクインしておりました。

 おお。評価の星を頂いたので上がってきた。ありがとうございます〜。

 ここからラストまでずーっとクライマックスみたいな感じですねw

 一月末に、完結となります。

 各々のタイミングで読んでやったりして頂けたら喜びます。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)連載期間の三か月は更新していく予定です。

(そして、わりとイイ感じなので、週三ほど頻繁ではないかもしれませんが、『少女輪廻協奏曲』完結の二月以降もpixivFANBOXの更新は続けていこうと思っております。クローズドな分、ちょっと踏み込んだ話とかを書きやすいのが書く方も楽しいので。)

 昨日も、「『いだてん』を観てみようかなと」というコラムを一つ更新しております。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■『いだてん』を観てみようかなと

 相羽です。

 2020年の東京でのオリンピックは、開催が決まるまではどちらかというと反対でした(そのリソースを復興に使ってくれないかなぁと思ってました)。

 しかし、開催が決まってしまってからは、決まってしまったんならやれる範囲でポジティブなことをするきっかけにできれば……と考えるようになっておりました。

 色々な問題が日々指摘されているのもできる範囲でチェックしておりますが、今から自発的に働きかけて中止にするというのも現実的ではない気がしますし(そのリソースがあるなら開催&ソフトランディングに使った方がよい気がしております)、身近な実感として、お年寄りはやはり楽しみにしています。

 僕の父母もそうですし、家にくるケアマネージャーさんや作業療法士さんや看護師さんなどの介護関係の方と話していると、介護が必要なようなお年寄りはやはり楽しみにしている方が多く、なんとか2020年の東京でのオリンピックまでは生きていたいなぁとお年寄りが語っているというのは、介護業界あるある、みたいになっているようです。続きを読む

米津玄師のLemonの歌詞の意味と言語共感覚

 相羽です。

 昨年末の紅白を観て初めて知った、米津玄師(よねづ けんし)さん。

 歌っていたのは、「Lemon」です。↓


 良い歌でした。

 そんな米津さんの「Lemon」の歌詞に関して、作家の飛浩隆さんが元日にこんなツイートをされていました。↓

 歌詞の終盤で、ミステリの種明かしのように「レモン」=「光」であることが判明するというのですが。

 分かりましたでしょうか?

 僕は一発で分かりましたw

 ただ、分からないという方も多いらしく、それはその人がニブいとかではなくて、「言語共感覚」に関する個体差だと思われます。

 「共感覚」。

 特定の色から特定の味を感じたりする事例が有名でしょうか。(視覚と味覚の共感覚)

 で、抽象的なことを把握する(言葉)感覚と、五感の他の感覚が「共感覚」的に鋭くなってる人というのがいます。

 「優しさが眩しい」

 とかですかね。「優しさ」という抽象的なことを把握する感覚と、「眩しい」という視覚が混じっています。こういうのに、あんまりピンとこない人と、ビンビンくる人がいるのです。

 「Lemon」の歌詞の終盤の種明かしの場合は、この言語感覚と視覚の「共感覚」だと思います。

 言葉を視覚(映像)として捉える能力ですね。私ごとですが、僕もこの感覚強めだったりします。

 これは、かなりの程度個体差で、ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドラン博士(「言語共感覚」をずっと研究されてる方の一人)によると、「共感覚」が強い人の神経基盤と、詩人や作家の言語創造とはつながりがあるそうです。

 一説では、シェイクスピアがこの感覚が強かったと言われてたりしますね。(ひじょうに、言葉が他の五感と繋がってるような言語表現が作中に見られる)

 さて。米津玄師さんの「Lemon」。「レモン」=「光」であることが判明するという歌詞終盤の種明かし、分かりましたでしょうか? 言葉を映像として捉えられると分かるのですけどねw(分かる人には、なーんだ、くらいの話です。)

 まあ。新年の雑感でした。

零號琴
飛 浩隆
早川書房
2018-10-18


脳のなかの幽霊 (角川文庫)
V・S・ラマチャンドラン
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-03-25


 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開をさせて頂いております〜。

 月曜日(31日)、水曜日(2日)と、


 第二十三章「推理」

 第二十四章「セイレキ二〇一八年〜仙台」


 を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング279位にランクインしておりました。

 ありがとうございます〜。

 大晦日(31日)更新分の「推理」は分かりましたかねw

 「真犯人」、「世界の秘密」、もうちょっとワクワクを届けたいですね〜。

 一月末に、完結となります。

 各々のタイミングで読んでやったりして頂けたら喜びます。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)連載期間の三か月は更新していく予定です。

 で、わりとイイ感じなので、週三ほど頻繁ではないかもしれませんが、『少女輪廻協奏曲』完結の二月以降もpixivFANBOXの更新は続けていこうと思っております。クローズドな分、ちょっと踏み込んだ話とかを書きやすいのが書く方も楽しいので。

 昨日も、「初夢がギャグ系だった」wというコラムを一つ更新しております。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■初夢がギャグ系だった

 相羽です。

 年が明けました。

 今年もよろしくお願いいたします。

 ちと年末バタバタ気味でこちらの方を更新できてなくて申し訳なかったです。

 更新してなかった分は、どこかで連続更新とかで追いつきたいと思います。

 年頭の所感みたいなのはブログのこちらの記事に書きましたので。↓


●あけましておめでとうございます。/ランゲージダイアリー

http://aiba.livedoor.biz/archives/52425869.html


 こっちでは初夢の話などw

 細かいところまでは覚えてないんですけど、

 なんか、筋肉系で、創作系で、そしてギャグ調の夢でした。続きを読む

ストーリーキング・やまなしレイ(ストリーキングではないw)

 相羽です。

 やまなしレイくん(ブログTwitter)がようやっと自分の強みは「ストーリー」だと気づいた模様。↓


2019年の抱負/やまなしなひび−Diary SIDE−


 僕、『Re:Survival』の頃から天才だって言ってたからネw





 自分としては楽にできるんだけど、他人からみるとなんだかすごいことが才能ですが、よく、大ネタクラスのお話をポンポン思いつくな〜と思ってましたよ。

 去年発表のだと、

 短編小説『待つことには慣れている』↓

 とか

 読み切り漫画『モテ学』↓





 とか、すごい面白かったですヨ。

 他にもたくさん。出力がすごい。

 ストーリーに注力して小説とかchatstoryみたいな形式だったら、もしかして『その日 世界は…』も『ちのしあわせ家族』も一年くらいで完結したりするんじゃないのw

 『マリア様がみてる』の今野緒雪先生が、最初は漫画家を目指していたのだけど、ある時自分は文章(小説)の方が頭の中の世界をスラスラ表現できると気づいて小説メインに変更、やがて『マリア様がみてる』を生み出しゼロ年代のストリームを駆け抜けたという例もあったりします。

 緒雪先生、『マリみて』年三冊くらい出してた時期があって、どうがんばっても数年準備してようやっと(小説だと)一冊分が書けるくらいという僕のような人からみると、やはり天才なのです。

 もしかしてレイくんも、ストーリーならそれくらいの出力いく人なんじゃないの。

 緒雪先生が漫画に固執して『マリア様がみてる』を生みださなかった世界線は誰も幸せにならなかったと思われるので、

 レイくんも『こち亀』第197巻「漫画原作の巻」に出てきた、週刊連載四本分の漫画原作を出力する大物原作者・石川GO衛門先生(サングラス・モヒカン)みたいなのになるとイイかもですヨ。



その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
2017-12-17


参考:アイツが小説を書きはじめたゾ

参考:落ち目の声優が介護開始でも百合?『その日 世界は…』第1巻が発売

あけましておめでとうございます。

 相羽です。

 あけましておめでとうございます。

 2018年のラスト記事みたいなのも書こうと思ってたのですが、30日夜に我が家のテレビが壊れて、31日に買いに行って設定して紅白観てたら年が明けてしまっておりましたw

 僕は別にいいのですが、母親が紅白観たいというのでしょうがないですね。お年寄りで身体が不自由となると、テレビは楽しみですからね……。米津玄師さんと刀剣男士が良かったですね。

 さて、2019年になりましたが。

 まず、小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』が1月末で完結となります。

 これはメイン部分は書き終ってるのでまず完結させられると思いますが、今回WEB公開するにあたってもうちょっと書下ろしたり調整したりする箇所があるので、しばらくはこれに集中します。

 その後で、今年は未完結だった『非幸福者同盟』『夢守教会』のいずれかが、かなり進むか、完結までいくと思います。

 そして、pixivFANBOXさんの方とかでちょくちょく書いていたのですが、今年からは二次元キャラクターのAR(拡張現実)を「ガワ」にした介護補助用途のAI(人工知能)を開発するための言語研究もやっていこうと思っております。

 のんびり小説だけ書いて過ごしていたいところですが、世の中の介護の問題とかが大変で、僕はわりと助力できそうな方なので、まあ少しずつやってみようかと。

 なんか新しい活動のようにも見えるかもしれませんが、僕としては19年くらい続けていた言語の研究の延長線上にある活動です。

 昔から続けていた研究が、時代に対応しながら一定の方向性とリンクしていくのですが、今の時代だったらAI、VR/AR(MR)研究と繋がっていくのを志向するのがまあそうなるだろうという感じです。

 論文を発表したりとか分かりやすい活動に形づくられていくのはまだ先になるでしょうが、まあ今年から意識してやっていきます。

 オフの友人とかには話してましたが、ここしばらく、僕の出番は2021年〜2022年くらいになりそうと思って活動していたので、今年とか来年は準備期間くらいの心持ちになるかもですね。

 出番って、別にその頃うぇーいって感じになるとかではないのですがw、まあ生まれてきて、僕が持ってる力を使う人生上のヤマの一つがその頃くるかもと思って準備してるということです。『FGO』だとアサシン、キャスター、アルターエゴタイプなので、戦いが始まる前に勝利しておこうと思いますw

 総じて、この世界に全員分の余裕をつくるという目的を志向して今年も過ごしていこうと思っております。

 そんな感じで、今年もよろしくお願いいたします。

 またコメント欄も一定期間開放しておきますので、何か新年の雑感とか、今年の抱負(っぽいもの)とかをよかったら書き込んでいってみてください。

 けっこう昔から、新年に僕に抱負(っぽいもの)を聞いてもらうと、何だか分からないけど良いことが起こると評判ですw

2018年ランゲージダイアリー的ベスト

 相羽です。

 年末恒例の、その年に触れた創作作品のベスト記事です。

 アニメだけから選んでる年とか、色んな部門を選んでる年とか、全部シャッフルから選んでる年とか、年によってはやってなかったりとか、わりとアバウトなんですが(え)、今年は全部(小説、漫画、アニメ、ゲーム)シャッフルの中からベスト5を選ぶかたちでやってみます。続きを読む

大介護時代を漫画と柔道で解決していく

 相羽です。

 折姫・ロック・るちやさん(Twitter)が冬コミで上坂さん本を出すようです。↓

 今の日本、なんかヤバいと思う。↓



 の本を買って読む。↓

 革命的ブロードウェイ主義者同盟同志を名乗る↓

 冬コミで、折姫・ロック・るちやさんの上坂さん本を買う↓

 来年から、なんか色々イイ感じになっていく!

 この約束された勝利の年末で、平成の最後は平穏にいきましょう。

 カッコいいことを言うならね。一人一人が今はもういない櫻井孝昌さんにならなきゃならんですよ。

 ◇◇◇

 去年の立ち上げ時からライターとして関わらせて頂いている、新・漫画を語るWEBメディア


「マンガタリ」


 様。

 先日、手塚治虫記念館の館長さんにインタビューした記事が公開されました。↓

 こういった、けっこうオフィシャリティが高めの記事も載せられるメディアになってきましたヨ。

 インタビュアーは僕じゃなくてじょにすけさん(Twitter)ですが、僕も手塚治虫漫画で育った人なので嬉しいです。

 いきなり無名のメディアがインタビューできるものでもなかったりします。

 こういったことができるようになるまでコツコツ試行錯誤しながらメディアを育てていくのを立ち上げ時から裏側から見ていたので、その点でも嬉しい記事。主には誠実さとPVですけどね。(PV数的にも)かなりの規模のメディアになってきたので、来年から色々やっていきます。

 個人的には漫画の力をブーストしていきたいですね。この、国際競争の中では色々全滅な最近の日本の中で、数少ない国際競争力を維持しているジャンルですから、色々な角度からバフをかけるような仕事をやっていきたいと思っております。櫻井孝昌さんご本人レベルは難しくても、プレ・櫻井孝昌さん的な仕事は、一人一人ができるんだヨ。

 まずは、年末〜年始に僕も含めてライターたちが選ぶ「2018年漫画ベスト記事」が公開されますが、それに合わせてTwitterで「あなたの選ぶ2018年面白かった漫画3選」みたいな企画をやる予定だったりしますんで、ここを読んでるあなたも漫画3つ、選んでおいて頂けたらと思います。協力してください。

 単純に色々漫画の話で盛り上がってる様子を見たいというのもありますが、リサーチ的な興味もあります。たぶん、僕の読者さん、「マンガタリ」の読者さんだと、「このマンガがすごい」みたいなオーソリティー主導とは、別な漫画の名前が出てくるはずなんです。そういった作品を、拾いたいです。「誤配」として配線を繋ぎ換えて、縁として届いたら善い読者さんに、届けたいです。全てがパワーとオーソリティー(権威)に回収されて、みんなで同じものを称えてればイイみたいな世界はブっ壊したいですからね(え)。

 また告知しますんで、お願いします、これは! という「あなたの選ぶ2018年面白かった漫画3選」的なもの、選んでおいてください。

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。

 水曜日、金曜日と、


 第十八章「セイレキ二〇一七年〜仙台」

 第十九章「心を繋いで」


 を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング377位にランクインしておりました。

 さすがにランキングは下がってきましたね。応援よろしくです〜。

 ここから十二月後半公開分、フィナーレに向かう一月公開分と(自分で言うのもなんですが)加速度的に面白くなっていくので、たくさんの人に読んでもらいたいと思ってるのでした。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 木曜日分として(遅れ気味なのごめん!)、「親をザリガニだと思おう」というコラムを一つ更新しております。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■親をザリガニだと思おう

 相羽です。

 最近、時々話題に出してる本田晃一さんがブログでまた名言連発していたので、紹介しておきます。↓


・同じような仕事をしてても、人によって収入が全く違ったりするよね。4つの質問に答えると、稼げるようになるのじゃ。やってみてね。ふふふ。続きを読む

大介護時代のオタク生活

 相羽です。

 AmazonさんのKindle電子書籍ストアで、氷室冴子先生の作品のセールをやってる模様です。↓


氷室冴子/Kindleストア


 僕も全部を読んでるわけではないですが、お勧めはやっぱり『雑居時代』ですかね。

 『FGO』の話題多めの最近のうちのブログとしては、奈須きのこさんもいつかの「TYPE-MOONエース」で影響を受けた作家さんの一人に氷室冴子先生の名前をあげておりました。

 まあ、明言はされてなくても、『魔法使いの夜』の青子、有珠、草十郎の三人の雑居生活は、『雑居時代』の影響を受けていると思います。







 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。

 昨日は第十七章「歴史のない世界」を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング180位にランクインしておりました。

 今までで最高順位ですかね。

 ここから十二月後半公開分、フィナーレに向かう一月公開分と(自分で言うのもなんですが)加速度的に面白くなっていくので、たくさんの人に読んでもらいたいと思ってるのでした。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 けっこう、サクサク読めると思います。公開ペースがまったりなのでもうちょっと先ですが、終盤の方で書いた人の渾身の一撃を体感して頂けるかと思います。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日、火曜日分として、「バトラー(執事)ロボと分身ロボで介護生活時代もアニメを観る」というコラムを一つ更新しております。

 今日のは、宣伝も兼ねて、全文ブログの方にも載せちゃいます。支援してくださってる方には申し訳ない。時々は、広報も兼ねてフリー公開する記事もあったりする点をご了承頂けたらと思います。

 今日のやつ、全文です〜。↓


---

■バトラー(執事)ロボと分身ロボで介護生活時代もアニメを観る

 相羽です。

 再び、そのままだと虚構に耽溺してる場合でもなくなってきてるよな〜と感じております。続きを読む

今週を切り抜けたゾ、小説は188位

 相羽です。

 年末とはいえ、余裕をもって暮らしていきたい感じなのですが、十二月でも今週がいちばんハード目だったかもしれません。

 父親がけっこう用事あったからな〜。

 一日のうち、重要事項は手帳に書くのですが、父、母にサポートが多めに必要な案件は最優先で書き込んでます。

 基本的には問題が起こる前に解決しておく、『FGO』だとアサシン、キャスタータイプなので、方針は「先回り」です。

 「先回り」発動が多めだった今週をまずは切り抜けたので、後半の半月は小説書いたりして過ごしたいものですが、こればっかりは天運が関わってくるのであった。(介護生活中の人に限らず、自分や家族が予期せず体調崩したりはあるあるです。それを言い出したら、災害とかもまた十分起こりうる認識の上で既に僕らは生きてますしね……)

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。

 十二日は第十五章「似た街アカリ」、昨日は第十六章「セイレキ二〇一〇年――気仙沼その二」と公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 わーい。

 本日は今までで最高順位です。「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング188位にランクインしておりました。

181215rank

 このまま、まずはジャンル別の100位以内くらいに行ってみたいものですが。続きを読む
祝・完結

――証明してみせる。この世界に全員分の居場所があることを。

 新作異世界ファンタジー(SF)長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 毎週、月、水、金の17時に一章ずつ、


カクヨム


 さんで連載中。(追記:完結いたしました。)

 時々、


pixivFANBOXさん(月額500円の支援者様向け)


 でコラムを更新中。

Special Advertisements

・2018年10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

→2018年12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×4。↓

recomend-chikanoko_eyecatch

百合漫画『ちかのこ』の読むと幸せになれる異種族同居コメディの魅力とは?登場キャラと日常と非日常を巡る不思議なお話をご紹介/マンガタリ

colum-dragonball-douzoku _eyecatch

ドラゴンボールは「同族殺し」に囚われた者達を悟空が自由にしていく話であると考察してみる/マンガタリ

recommend-yuri-jogakuen_eyecatch

百合漫画で女学園ものおすすめ5選!伝統ある学舎で紡がれる特別な関係を描いた作品を紹介

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に虚構と現実と神話が行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 令和元年五月一日(水)より連載再開。超熱量で「最後の十七節」がスタート予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計54000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

●コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。



 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ