ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

雑想@最新

小説『妹の紋章』の期間限定無料キャンペーンはあと1日です

 相羽です。

 今日は「リマインダー」です(笑)。

 思うところがありまして、3月8日(木)より僕の電子書籍(小説)代表作、『妹の紋章』の期間限定無料キャンペーンを行っておりました。

 これのキャンペーン期間が明日(13日)で終わりますので、忘れてませんか? というリマインダーです。

 けっこう、Twitterの方とかでも告知ツイートをRTとかして頂けて、ありがたい限りです。

 今までのところだと、最高だとAmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で33位にランクインしておりました。

180310rank4

 キャンペーン期間中、だいたいTop100には入ってて、「読み物」カテゴリだとかなりの時間継続して1位だったような状態でした。

 さすがに冊数の方も、けっこうな数ダウンロードして頂いておりまして、うーむ、これやって良かったな〜と。

 ダウンロードして頂いた方、SNSで拡散などしてくださった方おりましたら、ありがとうございます。

 さて、そんな感じでキャンペーンもあと一日です。

 まだゲットしてなかったという方は、ゲットしてやって頂けたら喜びます。↓


---

 7年ぶりに再会した妹と始める新生活。

 震災後の2012年の東北は仙台(S市)を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 国宮真司(くにみやしんじ)は孤独の体(てい)で7年ぶりに列島の北の方にある街に帰って来た。

 一年前の大きい地震の影響で、様々なものが修復中の雪の街。待っていたのは、三人の少女。

 地域の支配的企業の社長令嬢、「女王」麗源琴美(れいげんことみ)。

 相互報酬を教義に抱える謎のネットワーク集団の代表者、「聖女」中谷理華(なかたにりか)。

 そして、長年離れて暮らしていた「妹」の国宮彩可(くにみやあやか)だった。

 暮らしたり、働いたり、闘ったり。――妹×地域復興×バトル。

 ちょっと違った場所での、ちょっと違った人間関係での、青春劇。

---


 2018年3月8日(木)17:00〜3月13日(火)16:59までの5日間、AmazonのKindleストアより無料でダウンロードして頂けます。

 228ページとけっこう長いので、すぐに全部読もうとしないまでも、これを機会にとりあえずゲットだけしておいて頂けたらと。

 「お守り」になるような小説を目指してましたかね。


・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。


 一応キャンペーン終了は僕の方では3月13日(火)16:59と把握してるのですが、Amazonさん側のシステムで早めに(?)終ったりするかもしれないので(基本アメリカの会社なので標準時間がどこなのかとか、若干把握が面倒だったりするのです)、できれば今日中にダウンロードしちゃってくれたら幸いです。

 こちらをクリックでよろしくです〜↓


妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09



 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、感想を書いてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

東日本大震災から7年

 相羽です。

 東日本大震災から7年。

 宮城県は仙台で暮らしていると、まだまだ色々と続いている感覚です。

 悲しい出来事は起きなかった方が良いのですが、起きたことをなかったことにもできないので、できるだけそこから学んで次の備えに生かしていきたいところです。

 また、最近よく書いてる「両義」的にとらえるという観点からすると、悲しい出来事の中にも、裏を返せば良いことも見つけられたりします。

 もちろん震災が起きて良かったみたいな話じゃ決してないです。悲しい出来事の中で浮かび上がってきた良い点があったのなら、その点は大事にしていけたらなという話です。

 壮大なスケールでの(復興とかの)グランドデザインが大事な一方で、特に権力を持ってるとか、そういうのじゃなくてもめっちゃ卓越した能力があるとか、めっちゃお金があるとか、そういうのではない一般人である我々は、小さく地道に日常を積み重ねていくことも大事かと思います。

 「良かった」が見つけられた点は、少しずつ伸ばしていくこと。

 変えた方が良いと分かった点は、少しずつ変えていくこと。

 小さくその繰り返しの日常を生きていくということ。

 その営みを守るように生きていく、という方針です。

 この辺りは、京都アニメーションイズムに共感していたりします。

 『たまこまーけっと』エンディングの回るレコードの表現もイイですが、今思うと『小林さんちのメイドラゴン』エンディングの回り続ける日常の表現もすごいイイですよね。


参考:パッヘルベルの『Kanon』のように「繰り返し」ながら「受容」の「共同体」は波打つように少しずつ豊かになってゆく〜『小林さんちのメイドラゴン』第5話の感想


 本日はせっかくなので、「良かった」が見つけられた点の方を、少し思い出しつつ、いくつか書いておこうと思います。

 良かったこと。

 本震の日、半身不随の母をマンションの上の階から下まで下すのをマンションの人が手伝ってくれたこと。

 母親重いwので、僕一人では抱えて避難はできなかったのですが、これまでそんなにも交流がなかった同じマンションの人が手伝ってくれました。続きを読む

Kindleストア「売れ筋ランキング」Top100入りありがとうございます。

 相羽です。

 思うところあり、昨日から僕の電子書籍(小説)代表作、『妹の紋章』の期間限定無料キャンペーンを行っておりますが。

 瞬間風速かもしれませんが、9日(金)、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で58位にランクインありがとうございます。

180309rank6

 無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。「読み物」カテゴリではなんと1位……。

180309rank7

 こちらも、無料の方とはいえKindleストアのカテゴリランキング1位は初めてなので嬉しいです。

 読んで頂いた方、SNSで拡散などしてくださった方おりましたら、ありがとうございます〜。

 2018年3月8日(木)17:00〜3月13日(火)16:59までの5日間、 AmazonのKindleストアより無料でダウンロードして頂けます。

 228ページとけっこう長いので、すぐに全部読もうとしないまでも、これを機会にとりあえずゲットだけしておいて頂けたらと。

 「お守り」になるような小説を目指してましたかね。


・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。


 こちらをクリックでよろしくです〜↓


妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 何かしらピンとくるところがあったら、感想を書いてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

電子書籍『妹の紋章』の期間限定無料キャンペーンが開始です

imoutocamenty

 相羽です。

 思うところがありまして、僕の電子書籍(小説)代表作、『妹の紋章』の期間限定無料キャンペーンを行います。

 当時2年くらいかけて書いた作品ですが、数日前、フとこの作品、届くと色々良い感じになるのは今なんじゃ……と閃いたのでした。

 完結している長編小説という意味では、現時点での僕の代表作と言えるかと思います。

 WEB版、40000PV、5700ユニークアクセス。電子書籍版、最高でAmazonのKindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位。けっこう読んで頂けた作品です。


---

 7年ぶりに再会した妹と始める新生活。

 震災後の2012年の東北は仙台(S市)を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 国宮真司(くにみやしんじ)は孤独の体(てい)で7年ぶりに列島の北の方にある街に帰って来た。

 一年前の大きい地震の影響で、様々なものが修復中の雪の街。待っていたのは、三人の少女。

 地域の支配的企業の社長令嬢、「女王」麗源琴美(れいげんことみ)。

 相互報酬を教義に抱える謎のネットワーク集団の代表者、「聖女」中谷理華(なかたにりか)。

 そして、長年離れて暮らしていた「妹」の国宮彩可(くにみやあやか)だった。

 暮らしたり、働いたり、闘ったり。――妹×地域復興×バトル。

 ちょっと違った場所での、ちょっと違った人間関係での、青春劇。

---


 2018年3月8日(木)17:00〜3月13日(火)16:59までの5日間、 AmazonのKindleストアより無料でダウンロードして頂けます。

 228ページとけっこう長いので、すぐに全部読もうとしないまでも、これを機会にとりあえずゲットだけしておいて頂けたらと。

 

「お守り」になるような小説を目指してましたかね。


・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。


 こちらをクリックでよろしくです〜↓


妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 何かしらピンとくるところがあったら、感想を書いてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

小説、喜び溢れる、すごくない私とすごい私

 相羽です。

 ざびさんのこの絵超イイですよね。↓

 ざびさん、マジで日本のトーベ・ヤンソンみたいになる人でしょ。よちよち、ギリギリムーミン的な何か(妖精!?)に見えないこともないでしょ。

 ああ、もう去年僕が描いたよちよち(Twitter )ファンアートも張っておこう。

170727yochiyochi
 朝の掃除に出るよちよちを書きました。

 あと、えいりさん(Twitter)の掌編小説も良かった。↓

 こういう短めで読みやすい小説もイイよね〜。

 ◇◇◇

 自分で書いてる小説の話。

 去年(一昨年?)くらいからずっと考えてる考えてると言っていた新作の「歴女ファンタジー小説(仮)」を実際に書きはじめていて、昨日第一話の初稿が書き上がりました。

 四月に「ねざめ堂(こちら)」の丁稚さん(『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の見事な感想を書いてる!?)と『リズと青い鳥(公式サイト)』観に行く予定なので、その時見てもらおう〜。

 スマートニュース×カクヨム「連載小説コンテスト」合わせで毎日更新していた小説、


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 も、昨日更新分で完結しておりました。

 やっぱり、丁寧に作った文章(小説)を最後まで読んで貰えるのって、ものすごい喜びがあるのですよね。

 これ、Twitterで見かけた投稿ですけど。↓

 面白いw

 これは絵の場合ですけど、小説でもこういうところあります。

 昨日、『こち街』の最終節が自動投稿されて、読んで下さった方から評価の星と応援(ハートマーク)付いたところで、僕、この漫画の最後のコマみたいになってましたよ(笑)。

 喜び、溢れる。続きを読む

アサシン式さんゲット、復興、受験生

 相羽です。

 『FGO』の「空の境界」復刻イベント。アサシン式さん、正式加入〜。

180224fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 シナリオ、けっこうジンときてしまった。(古の『空の境界』ファンだから……。)

 奈須きのこさん本人執筆だから、陰と陽、善と悪は「両義」であるみたいな話がちゃんと絡んでいるシナリオでありました。

 識のことを思い出してしまう作りになってたよね……。







参考:空の境界/殺人考察(前)/感想/奈須きのこ/講談社文庫

 ◇◇◇

 小説『こちら街アカリの復興部!』のリビルド版のカクヨム様用版(まぎらわしい!?)、本日20時更新分の第24節「我ら、街アカリの復興部!」は自分でもすごい好きな回です。


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 響野夏菜先生の『東京S黄尾探偵団』のオマージュになってるのですw



 やまなしレイくん(ブログTwitter)が続きを読む

上坂すみれさんとハナヤマタとアジアと

 相羽です。

 折姫さん(Twitter)がまた上坂すみれさんの絵を描いておられる……。↓

 僕の、おもむろにw上坂すみれさんの話が出てくる「マンガタリ」様の『ハナヤマタ』の記事はいかがだったでしょうか。↓

 記事告知ツイートが数日で45リツイートとかは、歴代最高のいきおいです。(ありがとうございます!)

 台湾の方からも反応頂いたりして嬉しかったですよ。

 海外に目を向けると、おお、日本、というかアジア圏ってけっこう「近い」? という感覚になってきます。

 まだおぼろげなイメージですが、台湾なども含めたアジア圏の「趣味共同体」のレイヤーの創出って、できる気がするし、今やっておくと後々良い気がしているのですよね……。

 で、昨日「まぐまぐ」さんのメルマガを配信しておりました。

 最新号はサンプルとして、「まぐまぐ」さんのバックナンバーページでフリーで読めるのですけど、わりとすぐログが流れてしまうので、気になるので読んでみようかな〜という方は、「まぐまぐ」さんの登録ページから登録しておいて頂けたら喜びます。

 配信は不定期ですが(今年は、わりと書くつもりですw)、最新号が配信されたら、そのつどお手元のメールボックスに届くようになります↓


メルマガ『創作者のためのマーケティングエッセンス』/まぐまぐ


 今日か明日辺りかな(予定)。メルマガ向けの話題だと思うので、このアジア圏の「趣味共同体」の話を書いて配信してみようかな〜と思っております。

 僕が注目しているWEBメディアとかも紹介しちゃいますよ〜。

 ではでは!

→『ハナヤマタ』(電子書籍版)



→参考図書


「漫画ハナヤマタのよさこいに打ち込む女子達が海外から見てもカワイイ理由」という記事を「漫画語り」WEBメディア『マンガタリ』様で書かせて頂きました。

180216hanayamataenty

180216hanayamata1

180215hanayamata2

 相羽です。

 昨年スタートした新「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様に、


漫画ハナヤマタのよさこいに打ち込む女子達が海外から見てもカワイイ理由/マンガタリ


 という記事を書かせて頂きました。

 漫画『聲の形』の記事、『るろうに剣心』の記事、『ドラゴンボール』考察記事に続いて四つ目の記事となります。

 今回の視点の一つは、「海外から見た日本(の漫画・アニメ文化)」です。

 若かりし頃、中欧(主にはスロヴェニア)に日本語教師の研修で行って漫画やアニメを媒介に海外の人達と語り合ったこと。(現地のアニメ同好会にインタビューを受けたりもしましたw)

 大学の留学生センターで実習して沢山の海外の方々の考え・生き方に触れたこと。

 振り返ってみると、僕の小さな異文化交流でした。

 その後、故・櫻井孝昌さんや声優の上坂すみれさんの「文化外交」の考え方に出会いました。

(今回は上坂さんを声優さん・役者さんというより、「文化外交」に関する書籍の著者として紹介しております。)

 最近は、色々なものが繋がってきている気がしております。

 今回はある意味僕がこれまで生きてきたエッセンスが詰まっている、我が本懐の一つたる、「海外から見た日本」というテーマでの文章です。

 メディアや読者層に合わせていつもとは文体なども変えておりますが、温かい文章になるように書いてみたつもりなので、読んでやって頂けたら喜びます。

 読んでみて何かしらピンとくるところがあったら、はてなブックマークをしてくださるとか、SNS等で拡散してくださるとか、やって頂けたらさらに喜びます〜。

 ではでは!

参考(合わせて読みたい!?当ブログのアニメ版の感想):『けいおん!』と『ハナヤマタ』で重ねられている演出とその意図について

→『ハナヤマタ』(電子書籍版)



→参考図書


日本再興戦略と京都アニメーション作品と革命的ブロードウェイ主義者同盟の関係

 相羽です。

 話題の書、落合陽一さんの『日本再興戦略』を買ってみました。

180214rebuild

 だいたい京都アニメーション作品でした。

 僕の実際に書籍を読む前の落合陽一さんのイメージ。↓

 「陽一」なんて名前だし(え)、一線の科学者だし、なんか近代合理主義で競争を勝ち抜くぜイェーみたいな人なんじゃないかなぁ……。


 実際に書籍を読んだ後の僕のイメージ。↓

 べ、別にそんなことなかった。むしろ、東洋的なものと西洋的なものを「和合」していこう……というような方向性の人だった。


 『日本再興戦略』より引用。↓


---

 これからの日本に大事なのは、いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられることです。

 どのコミュニティを選ぶかは本当に人それぞれです。家族を基盤にしてもいいし、会社を基盤にしてもいいし、地域コミュニティを基盤にしてもいいし、趣味を基盤にしてもいい。ひとつのコミュニティに依存するのではなく、いろんなコミュニティに依存すればいい。そういう風になれば、日本人の生活や仕事はもっと楽しくなるはずです。

(落合陽一『日本再興戦略』(幻冬舎)P44より引用/太字の強調箇所は相羽によるもの)

---


 この辺りの話は、僕の京都アニメーション作品感想とか読んでくださっていた方は、『小林さんちのメイドラゴン』じゃん! となるのではないかと思います。

 いちばん、この手の新しい「共同体」のカタチについて僕が書いていた文章ではこの回の感想記事を読んで頂きたいですかね。↓


参考:小林さんちのメイドラゴン/感想/第6話「お宅訪問! (してないお宅もあります)」(ネタバレ注意)


 特に、「B. 本作で描かれる「共同体」同士の相互貫入について」の箇所は必読だゾ。

 また、「趣味を基盤にしてもいい」と「趣味共同体」も選択肢に入ってるのは、これは上坂すみれさんの「革命的ブロードウェイ主義者同盟」的な話だと思います。↓続きを読む

こちら革命的ブロードウェイ主義者同盟

 相羽です。

 昨年の冬コミ(C93)では上坂すみれさん本が完売した折姫るちやさん(Twitter)。


参考:冬コミ(C93)応援


 「革命的ブロードウェイ主義者同盟」の同志。基本、革命志向なので……。

 今年、2018年のアイコンは「ポプテピピック」です。

 今年も穏やかに過ごし、そしておもむろに世の中に中指立てていくぞ! という姿勢が伺えます。

 最近Twitterにアップされた上坂さん絵も愛が溢れております……。

 上坂すみれさんの「革命的ブロードウェイ主義者同盟」とは?↓


参考:上坂すみれ_official/Twitter


 2013年2月11日、ニコファーレで開催された『上坂すみれプロジェクト〜決起集会vol.0』にて、上坂さんのアーティストデビューが発表されると共に「革命的ブロードウェイ主義者同盟」の結成が宣言されました(Wikipediaより)。

 同盟は「生産・団結・反抑圧」をスローガンに掲げ、「同志諸君(ファン)」と「決起集会(イベント)」を重ね、最終的には「国家」を樹立することを目標としている
……らしいぜ。

 今度「マンガタリ」さんで公開される僕の漫画(語り)記事は、とても革命的ブロードウェイ主義者同盟チックなので(上坂さんの話も出てくる)、みんな、期待して待ってくれていたら嬉しいんだゾ。

 記事公開日となりましたら、また連絡いたします……。


「漫画が好き」という情熱さえあれば(経済的にも)生きていけるシステムを考えたりしている

 相羽です。

 「バレンタインの使者」を名乗る何者かwからAmazonさんの「ほしい物リスト」 経由でお勧めの百合漫画?&『1518 イチゴーイチハチ!』の持ってる分の続きを贈って頂きました。↓

180203vallentine

 ありがとうございます。

 『1518 イチゴーイチハチ!』は第1巻も(おそらく今回とは別な方から)「ほしい物リスト」経由で贈って頂いたのでした。


 好きな漫画の話をブログで書く→

 →漫画ファンの方々が集まってくる

 →Amazonさんの「ほしい物リスト」 経由でブログの読者さんにお勧めの漫画などを贈って頂く

 →贈って頂いた漫画の記事を「マンガタリ」さんなどで書く(僕に原稿料も入る)

 →「マンガタリ」さんとかの記事がきっかけでまた僕のブログにも読者さんがやってきてくれる

 →ブログ経由で広告料(Amazonアソシエイトとかね)や電子書籍販売料(最近はKindleUnlimitedとかで読んで頂いたページ数に応じて入ってきます)も入ってくる


 みたいな良い感じの循環が出来上がりつつあります。

 これだけで、経済的にも生活していくのに最低限のラインを越えられるかというともう少しという感じですが(僕も、語学講師とか、他にもいくつか仕事している)。

 もうちょっと改良して、


「漫画が好き」というパッション(情熱)さえあれば(経済的にも)生きていけるシステム


 にまで再現可能な形でブラッシュアップできないかな〜と考えたりしています。


 課題。


 課題その1。

 マンガWEBメディアで原稿料頂いて文章を書いたりできるのは能力がある人だけではないか? 生存者バイアスではないか?続きを読む

リアル女子高生、絵を描く理由

180203enty

 相羽です。

 Entyさんの方を更新いたしました。↓


リアル女子高生、絵を描く理由/Enty(月額100円以上の支援者様向け)


 今年は、こういうEntyさんで月額100円で読める文章というのもちょくちょく更新していく予定です。

 以下、文章の冒頭。↓

---

 相羽です。

 東日本大震災以降、近所の学習塾で高校生に英語と国語を教えるということをやっております。

 「女子高生に教えてる」というと、オフ会とかで(おもにオッサン男子からw)「イイな!」と言われたりします。

 ただ……

(つづく)
---

 気になった方は是非w↓

 支援などはこちらから↓


aibasshi

「Enty」TOPページ

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty


 あと、Enty(のようなPatreon型サービス)について聞きたいという声を頂いたので、ちょっとメルマガあたりに書いてみようかな〜と思っております。

 ではでは。

(補遺)

 月額100円支援頂いた方には「限定文章がちょくちょく読める」がリワードだとして、月額500円以上支援コースの方には、


・メルマガのバックナンバー公開

・昔の(オリジナル)同人誌の電子版をお渡し


 の二つは今の所考えております。

 ただ、同人誌はオリジナルだけだと三、四冊しかなく。またメルマガバックナンバーの公開も編集作業とかけっこうかかるので、毎月何本公開します! みたいには言えない感じです。

 Enty(のようなPatreon型サービス)系、僕の方が大変になっちゃって小説書いたりができなくなったりすると本末転倒なので、その辺りはご理解頂けたらと思います〜。

二月

 相羽です。

 今日から二月ですね。

 ちょっとタイミングがあって勉強に『ガンダムSEED』のOP・EDを見ておりました。

 今になって分かる凄さがあります。両澤さんと福田監督四十代の仕事なんだよな。自分はあと十年でこの領域にいけるだろうか。

 好きなキャラクターだったからというのもあるけれど、ラクスに目がいってしまう。

 物語上も重要なキャラクター。

 第8話の「あなたが優しいのはあなただからでしょう?」はちょっと不思議。

 「あなたは個だ」ということを言っているのだけれど、何故か新自由主義的な個を自己実現させてウェーイ! みたいな感じがまったくなく、ただただ優しい。

 第34話の「私は、ラクス・クラインです」もそう。

 「私は個だ」ということを言っているのだけれど、やっぱり個性が大事ウェーイ! みたいな感じがまったくなく、ただ女子としてのシニフィアンと、奥にある深い決意のシニフィエを(伝わる視聴者には)静かに伝えるシーンになっている。

 この辺りの言葉の繊細な感覚、組み立て方が、僕が時々一人師とあおいで尊敬してる人がいるなら両澤さんだと言っているゆえんだったりする。(とても苦しかった頃に、言葉をかけてもらったからという恩義ももちろんある)

 ◇◇◇

 以下、連絡です。

 メルマガ。続きを読む

読書、友人、家族

 相羽です。

 昨日の夜は、毎年プリキュア最終回の夜にやってるプリキュアチャットをやっていました。

 たしか? フレッシュの最終回くらいから毎年やってるのでけっこう長い慣習ですw プリキュアガチ勢チャットですw

 Rubyさん(Twitter)のお子さんが十五年分くらいのRubyさんが趣味で買ってたプリキュアグッズや女児アニメグッズ(きらりん☆レボリューションとかね)を発掘して遊んでる話が面白かったよ。

 さかいさん(ブログ)の双子さんとか、毎年このチャットやってる間にみんなお子さんとかできてるので、リアルにプリキュアを媒介にした世代超えストーリーになってきつつありますw

 HUGっと!(公式サイト)からまた感想再開したりしようかな〜。どうしようかな〜。

 ◇◇◇

 本日は銀ブラならぬ、仙ブラ(仙台ブラブラ)しておりました。続きを読む

没頭

 相羽です。

 没頭して、新作歴女ファンタジー小説を執筆中。

 心配事が一つ、ある程度大丈夫だったので、今が書く時なのかもしれない。

 母親が定期健診で引っかかってたのが心配事の一つだったのですが、さらに検査してみたところまずはすぐにどうこうという心配はない感じだろうと。今は、(母親が)ちょっと風邪引いてますけどね。

 もう何件か心配事はありますが、複数重なることを憂慮していたので、まずは何とか。別の心配事は、対応が必要になっても、まあある程度は対応していけるんじゃないかという推定なので。

 というわけで、ちょうどこの時期英語を教える仕事も少し暇な時期ということもあり、執筆です。

 そういえば、『妹の紋章』も『こちら街アカリの復興部!』も、中心部分はこの時期に一気に書きあげたんだったのでした。仙台で雪降ってる頃に黙々と書いてる心象があるよ。

 執筆してる間は、時間がワープしてる感じがあります。

 『SAO』の川原礫先生もちょっとそんなことを仰ってたことがありますが、別の世界のことを記述してるような感覚なので、こっちの世界に戻って来た時にちょっと変な感じに。ええ!? こっち、なに? みたいな独特の感覚になります(笑)

 二月、三月で初稿は書き上げてしまいたい感じなのですが、さてはて。

 ◇◇◇

 『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」』のBlu-rayが予約開始です。

 良い映画でありました。主題歌の「花の唄」とか今でも聴いてますよ。







 冬木の雪景色の中、士郎がボロボロになって桜のもとに戻ってくるところでぐわーっとなる。

 Heaven's Feelは桜の話ですが、そうだよな、士郎も失い切って、傷つき切ってるんだよな。

 去年(2017年)観た映画の中の二柱の一柱ですかね。『FGO』から『Fate』に入った人なんかも是非。

 もう一柱は『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』です。こちらは、シリアスな題材をユーモアでくるんだ、キラ星シエルここにありという映画。我々も、カラスを避けながらスイーツを作りたい。



 ではでは。また!

思いがけない助力

 相羽です。

 馬の助さん(ブログTwitterPixiv)の初描き(たぶん)ヴァイオレットさん。  『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』イイですよねぇ。

 僕としても『小林さんちのメイドラゴン』以来、実に一年ぶりくらい(そんなに!?)で毎週アニメの感想を書くということをやっているのですが、京都アニメーション作品の感想は、書いてブログにアップするとけっこうな人数の方々に読んで頂けて(アクセス解析機能で分かるのです)嬉しいです。

 また、書いてる僕の運気(?)のようなものもアップしてるような感覚があります。何なんですかね、これは(笑)。

→Blu-ray



 自分の活動の方にも、静かなやる気のようなものを頂いてる気がします。続きを読む

勉強します

 相羽です。

 年が明けて半月ほど経ちますが、今のところ今年はノリノリで作ってどんどんリリースしていくぞ! という方向よりは、準備期間としてじっくり色々勉強したい気持ちに傾いて来ています。

 なんか、世の動きに2000年頃と同じ雰囲気を感じてるのですよね。

 僕の人生上、二度目くらいの、これ、世の中色々変わるな感。

 一度目の2000年頃に大きかったのは、やはりインターネットの出現・普及です。

 当時、直感がもうバリバリ、これは世の中変わる、これを勉強しなきゃというのを告げていて、それこそ最初は「図解インターネット入門」的な書籍を買って勉強を始めたものでした。

 おかげで、わりと早めにネット社会に対応した活動を始められたのは、振り返ってみるとやはり良かったのです。

 で、二度目の直感が告げている現在、これは、ブロックチェーン技術、AI、VR/AR技術、ゲノム編集技術、などなどです。しかも今回はこれらは全てかなり親密に関連し合ってますからね。

 インターネットの出現・普及の頃の感度と同等かそれ以上の勢いで、これ、世の中色々変わるな感を感じています。続きを読む

アイツが小説を書きはじめたゾ

 相羽です。「アイツ」は敬ってる呼称扱いで。

 先日、漫画『その日 世界は…』をKDPで販売開始したやまなしレイ君(ブログTwitter)。

その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
2017-12-17


その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
NextPublishing Authors Press
2017-12-20


参考:落ち目の声優が介護開始でも百合?『その日 世界は…』第1巻が発売

 今度は小説(初めて書いたらしい)を各種WEB小説サイトにて公開したよ。↓

 僕も利用してるWEB小説投稿サイト様だと、


カクヨムさま@『待つことには慣れている』

エブリスタさま@『待つことには慣れている』


 でも読めます。

 短いからすぐ読めるよ。

 面白かったですよ。

 僕、基本的に本当に面白いな〜と思ったやつしか紹介しないっス。コミケの時とか作品本体を読む前に紹介することはありますが、それは日ごろの実績からの応援ってことで。

 読んでみて良いと思ったら(ここは大事)、各種WEB小説サイトに登録して是非ぜひ評価の星を入れたりするんじゃゾ。

 最近のWEB小説事情的に、特に「カクヨム」さんとかは数人が星を入れると一気にジャンル別ランキングに載ったりもするんじゃ。

 反映される応援は、宝なんじゃ。

 ◇◇◇

 自分の小説の話。続きを読む

ナイチンゲールさんの本

 相羽です。

 先日、『FGO』でナイチンゲールさんをゲットして以来、めっちゃナイチンゲールさんが気になっています。

171215fgo
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 クイックカードのおもむろに銃を取り出す攻撃カッコいいよね。伊達に従軍してない。

 高難易度クエスト向けに色々使い方に幅があるのは『FGO』のサーヴァントのナイチンゲールさんですが、史実の方のフローレンス・ナイチンゲールさんもとても興味深い人物でありました。

 看護と介護は少し違いますが、僕も後者の方を十三年くらいやってるので、なんかこう、縁を感じます。

 Wikiとか、WEBで日本語で読める基本情報は読んじゃったので、ナイチンゲールさん本人が書いている本を読みたい。

 Amazonさんの「欲しいものリスト」に入れておきますので(え)、支援してくれるという方は贈ってやって頂けたら喜びます。


シロクマさんの2018年新春頃の欲しいもの


 「犠牲なき献身こそ真の奉仕」。カッコいい。

 言葉に、力がある。

 ちなみに『FGO』の戦闘中にも言っている(沢城みゆきさんボイス)「天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦う者である」はナイチンゲールさん本人の有名な言葉だったのか……。

 日本語に翻訳されたものを読んでみて、グっとくるようだったら英語の原書を読んでみたい勢い。

看護覚え書―看護であること看護でないこと
フロレンス ナイチンゲール
現代社
2011-01


 『FGO』といえば……続きを読む

おみくじ

 相羽です。

 大吉でした。こういうのけっこう気にするので嬉しい。

 なんか、すごいイイことばかり書いてあります(笑)

 いよいよ僕のターンがくるのでしょうか!?

 ひょーう。

あけましておめでとうございます

 相羽です。

 今年の抱負というような、方向性というような話。

 昨年末の記事にだいたい書いたんで、そんなにも新たに書くことないのですが(笑)。

 まず、小説は書くっス。

 新作小説、「和歌を題材にした青春恋愛小説」と「歴女(百合)ファンタジー小説」。

 どちらかは今年中に第一稿が書き終って、最初のアクションが始まるんじゃないかな〜という予感がしております。

 どっちも、面白いよ!

 あとは、余裕をさらに余らせておく、みたいなのが敢えて書くなら方向性でしょうか。続きを読む

今年もまた暮れてった

 相羽です。

 大晦日なので、今年の個人的なことを振り返っていってみます。

 あからさまに今年目標ですと宣言していたのは、和歌が題材の新作小説を書く……というのと、『FGO』で不夜城のキャスターさんをLv100・スキルMax・絆レベル10にする……くらいだとは思うのですが、両方完全な形では実現しなかったのは残念だな〜と思います。

 不夜城のキャスターさんは、結局孔明さんを優先してスキル上げしちゃったからなぁ。小説に関しては後述。

 とはいえ、最近はそんなにも暦の区切り・締切などに影響を受ける活動スタイルもしていないので(ある程度はありますが)、そのまま進めて、来年なり何なりベストなタイミングで花を咲かせたいと思っております。

 ◇◇◇

 『FGO』。

 そう、『FGO』ですよ……。続きを読む

冬コミ(C93)応援

 相羽です。

 コミケです。サークル参加の友人・知人の応援です。

 もう本日(30日:2日目)参加の方とかもいて時間がないので(僕が昨日の夜まで仕事だったのだ!)、「刃牙」最大トーナメント入場風で簡単に。


 この前のオフ会の時にサンプルのエロさは(僕が)確認済み!特撮×プリキュア界の雄・TJさんの入場だ!


 もう当日(30日:土)!既刊再販の『エグゼイド対キュアぱず』の神本っぷりは言うにおよばず。

 今回はコミケだし、新刊スケベブックも出しちゃうゾ。

 みんな買おう。そしてラスト2Pで月に向かって叫ぼう。


 原画担当の新作『BALDR BRINGER EXTEND CODE』もよろしく!オリキャラのマカロンさんとチョコミントさんもマフラー化しちゃうぞ!最近自由だね!初期の同人誌のええ!?っていうオチも大好き!ビューティフルレイン&スノー!あめとゆき!  準新刊の『FGO』本もお勧めです。

 もはや大手サークルさんだから、みんな行儀よく並ぶんじゃゾ。


 赤いマントのあいつは!すみぺ愛でフリルを黙々と描き続けて幾星霜!維新趣味提唱者・折姫るちやもやってきたゾ!

 革命的ブロードウェイ主義者同盟同志です。

 革命志向なので普段は闇属性で隠れていますが、控えめに街の片隅に潜んでいる天才です。本日冬コミ2日目は、「東F-40a『ORIONLINE』」で同志同士で握手!


 ある時は働きマン!またある時はソシャゲおじさん!だがその正体は歴戦の絵師だ!コミケが型月・葉鍵時代だった頃の思い出を(僕と)しみじみと語り合ったぞ・双翼さんが北海道から参戦だ!

 腰を痛めておられてリハビリしながら描いておられましたが、完成(無理は……しないでね……)。いざハレの日へ。ありし日のKEYの話とかふると朗らかに答えてくれるゾ。


 買うのです。コミケに訪れました折には、紹介したサークルさんの分は、全部買うのです……。お願いします……。

 ではでは!

落ち目の声優が介護開始でも百合?『その日 世界は…』第1巻が発売

 相羽です。

 本日12月17日(日)、やまなしレイ君(ブログTwitter)の新作漫画『その日 世界は…』が発売となりました。

 すごい面白かったです。

 これ、よくぞ形にしたな〜。

 ヒロインが「声優」の夢と「介護」の現実に挟まれるという題材自体は重量ある感じなのですが、これは……。

 これは……奏×夏央とか、水波×夏央とか、女の子同士の、その、ええい、いいから…買うのです……。この物語の初動を、目撃……するのです……。

 第1巻は「きらら」系(『けいおん!』とか『ごちうさ』とか)の輝きから零れ落ちた側を厳しい現実と接合して、それでもなおこの日常を信じて少し違うカタチの輝きを求めるなら……みたいな感じでありました。

 そうですね。こういう記事は大事ですね〜。

 僕なんかは2013年くらいのKDP(AmazonさんのKindleで個人でも電子書籍が販売できるサービス)が始まった頃に自分でも販売する側として活動を始めていたので慣れ親しんだものになってましたが、AmazonのKindle(キンドル)で電子書籍漫画、どういうの? という状態の方々もまだまだ多いのだったのでした。

 意外とスマホとかPCでも読めるの知らない方多いのですよね……。この辺りは知って頂くと僕も嬉しい。

 みんな、初キンドルチャレンジでも買うと良いよ〜。

 AmazonさんのKDPではレイ君は既に『マンガは描ける!絵が描けない人でも』 が個人発作品としてはだいぶ売れた(と言ってよいと思うのですが)実績があるのですが。



 いよいよ漫画本体でもブレイクしたりしてくれたりしたら、KDP作家たちも喜びますよ。

 トップオブトップが伸びていくのはもちろんありがたいとして、レイ君くらいの規模で現在活動してる人がKDPなどでもっと売れるようになってくると、漫画文化の総体としては余裕が出てくると思っているのでした。

 こんな企画も。

 初めて触れる読者さん向けにお勧めしてましたが、「あとがき」で2017年にまさかのあいつらと再会したりw、昔からレイ君の漫画読んでる人にもお勧めですよ。

 時流にのって無双ハーレムする漫画とかも描けそうなものを、こういう作品を描いてしまう。うんうん。レイ君は初期作品から零れ落ちた側にまなざしを向け続けてきたのだからしょうがないね。熱い話だね。

 「内容紹介」ページとかには書いてないキャラだけど奏(かなで)が良かったよ。ちょっとウルっとしちゃったよ。

 第2巻以降の(買った人だけ読める)おまけ漫画では、中学生時代の奏と夏央の瑞々しい女の子同士の友情とかが読めるんですね。作者はそんなこと言ってないですか……。そうですか……。

 読者さんが置かれてる状況によっては、本当に励まされるという人も多いでありましょう。

 現在「日本文学」カテゴリ(基本的にAmazonさんの方で割り振られるカテゴリです)で79位か。うむ、確かに日本文学感もある作品だなw。

 「コミック」ランキングでも上にいってほしい感じ。みんな、読んでみて〜。

その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
2017-12-17


その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
NextPublishing Authors Press
2017-12-20

ちょっと上京してきます。

 相羽です。

 明日(16日)は久々にちょっと東京に行ってきます。

 オフ会みたいなのとかしてきますよw。

 簡易更新はTwitterの方とかよろしくです。

 帰ってきたら予約済みのやまなしレイ君(ブログTwitter)の新作漫画『その日 世界は…』Kindle版(電子書籍版)のDL開始だ(12月17日発売)。

 楽しみ。

その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
2017-12-17

プリキュアブログを久々に更新したよ。

 相羽です。

 本日は、久々に少女創作ファンブログの方でプリキュア雑記を更新しておりました。


171213fresh1
(画像は『プリキュアつながるぱずるん』より引用)


キュアぱず魔道の果てに昔信じたヒーローたちと再会する


 よろしくです〜。

オフ会白熊・FGO×パセラコラボレーション・5000フォロワー様感謝

 相羽です。

 だいたい僕の2017年にやることは終わっていて、来年から数年はどんな感じにしようかな〜みたいなことを歩きながら考えたりしております。

 2017年はあとは、できれば小説『ひこどう』もう一節執筆したいのと、執筆途中の次の「マンガタリ」様の漫画記事丁寧に仕上げるくらいの感じで。

 リアル語学講師業も、今年教えてた学生さんはもうAOとかで半分は合格済みで、残ってる人もこの前の模試で全国二桁順位とか取ってたので、わりと大丈夫っぽいかな……とか。

 合格済みの学生さんに大学準備として、高度なw授業やったりしております。

 そんなこんなで、2017年けっこうがんばったんじゃないか? と自分を労いがてら、来週の土曜日(16日)は仙台から東京までぬらりぬらりと赴いて、オフ会とかやってきます。続きを読む

すべてを語るには、人生はあまりにも短い

 相羽です。

 えいりさん(Twitter)の新作短編小説「すべてを語るには、人生はあまりにも短い」が「エブリスタ」様にて公開されております。↓


すべてを語るには、人生はあまりにも短い/エブリスタ


 以前こちらの記事とかで紹介していた「ちるちる」さんの「第4回BL小説アワード」で大賞を受賞された『週末のはなし』よりも、BL作品というよりは文芸よりの作品になってる印象でありました。

---

 『週末のはなし』は主演、山中真尋さん(Twitter)&中澤まさともさん(Twitter)、イラスト橋本あおい先生(Twitter)でドラマCD化されていたりします。

週末のはなし
イメージ・アルバム
フィフスアベニュー
2017-09-15


参考:(追記あり)週末のはなし/ドラマCD/感想

---

 今回の「すべてを語るには、人生はあまりにも短い」も良かったので、「エブリスタ」様でレビューも書いてみました〜。

 巻末解説文風(笑)になってるやもです。↓

---

(寂しいシロクマより)

 ミステリ風味の「仕掛け」の中で進行してゆく、テンポよく読める、ファミリーレストランでの友人との何気ない会話・語り尽くせなかった恋の話……誰にでもいつかの昔あったような気がする温かい時間の描写が、種明かしと共にラストで今と合流する時、読者はいくつかの意味で「再会」を経験します。

---

 レビューの「続き」はこちらをクリックでよろしくです。

 というか……続きを読む

林ももこさん&異端なるセイレム&続・シリスギオトメ

 相羽です。

 来年のプリキュアさんのタイトルも発表された最近。

 Rubyさん(Twitter)が久々にライブレポのブログを更新しておられる。↓


感想:林ももこワンマンライブ 〜Live Your Life〜/穴にハマったアリスたち


 Rubyさんの、


>「(本記事は私の記憶・主観に基づいたものであり、実際の演者の意図・言動とは異なる場合があることをご了承ください)


 の前書ききたー(マネさせて頂いたこともありますw)。

 今回は歌われなかった模様ですが、林ももこさんというと僕としては『フレッシュプリキュア!(感想:別ブログ)』ED曲の「Youmake me happy!!」と「H@ppy Together!!!」を思い出します。

 当時はつらい時期でありました(主に介護関係ですが)。個人的にも『フレッシュプリキュア!』という作品に。林ももこさんの歌声に救われていた部分がありました。

 貰った分を、少しずつ少しずつ次の誰かに恩返ししていけたら良いですね……。続きを読む

続・チアフルーツ単行本&続・森のおく&シリスギオトメ

 相羽です。

 あずせさん(Twitter)による『アクションヒロイン チアフルーツ(公式サイト)』コミカライズ。

 先日11月20日(月)に単行本が発売いたしました。

 僕の元にも届いたのでした。

171122cheer1

171122cheer2

 本編は雑誌連載時に読んでたのですが、改めて面白い。熱い。

 「あとがき」のご当地ヒーローに取材したとか(だからあずせさんよく「海峡戦士タイガーフーク」さんをRTしてたのか!)、コミケでムラムラちゃんの声優さんに会ったとかの話も喜びに満ちてる感じです。

 愛されている…。

 徳が高い…。

170717cheer1
(画像は第一話より引用)


参考:チアフルーツ/感想/第1話&第2話(コミカライズ版/「ヤングチャンピオン烈」2017年No.7掲載分)


第1話の試し読みはこちら

●Amazonさんでも発売中↓





 応援!続きを読む
Special Advertisements

・7月18日(水)発売


指輪を二回渡す意味〜映画中二病でも恋がしたい!-Take On Me-の感想(ネタバレ注意)

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事。↓

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に日常と非日常を行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2018年夏より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ