ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

マリア様がみてる/アニメ版/感想

マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第5巻 チャオ ソレッラ!/感想/コレクターズエディション版

 「私のためだって思うのよ」(藤堂志摩子)

 『マリア様がみてる』アニメ版3rdシーズンも最終巻。「チャオ ソレッラ!」の感想です。志摩子さん、蟹名静さま、そして佐藤聖さま(ビジュアルとしては登場してこないけど)の白薔薇ラインがかっこいい。
 少女創作ブログで続きを読む

マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第4巻 レディ、GO!/感想/コレクターズエディション版

 「消えた方の福沢祐巳は双子で宇宙飛行士になって今頃火星に行ってる!」(福沢祐巳)

 祐巳×可南子×瞳子の三重奏。
 少女創作ブログで続きを読む

マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第3巻 涼風さつさつ/感想/コレクターズエディション版

 「もし祐巳が何かの大事故に巻き込まれたとするでしょ?担ぎ込まれたという病院にはエジプトのミイラのように全身を包帯でグルグル巻きにされた人が千人ベッドに横たわっていたとして、私なら間違いなく一発で祐巳を探し当てることができるわ」(小笠原祥子)

 DVDジャケットにもなってますが、原作の感動のパンダオチを完全再現。パンダにウルウルときてしまった。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第2巻 略してOK大作戦(仮)』/感想/コレクターズエディション版

 「祐巳、おまえ強くなったな。ちょっと焦るよ」(福沢祐麒)

 特徴として、原作『真夏の一ページ』収録の「略してOK大作戦(仮)」だけじゃなく、『涼風さつさつ』冒頭の「はじめの一歩」までを繋げて構成されたお話で、祐巳と祐麒のシーンから始まって、祐巳と祐麒のシーンで終わる、祐巳祐麒好きだったらこれを見ずして何を見る!な1枚になってます。相変わらず、OVAならではの映像美にはうっとり。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第1巻 子羊たちの休暇』/感想/コレクターズエディション版

 「楽しいですよ。本当です。辛いことも悲しいことも楽しんでるんですよ」(福沢祐巳)

 ついにきた『3rdシーズンOVA 第1巻』。さすがOVAだけあって絵がめちゃめちゃ綺麗で良く動きます。再現された夏の軽井沢の風景。毎年夏になったら視聴し返す映像作品になりそうです。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第13話「パラソルをさして」/DVD第6巻/感想

 「いいえお姉様、私はここにいます」(福沢祐巳)

 良かった。様々な要素を捨象して、弓子さんと祥子さまのお祖母様−祐巳と祥子さま……の時を超えたシンクロ演出一本に絞って最終話にもってきました。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第12話「青い傘」/DVD第6巻/感想

 「受け取りたまえ、君の傘だ。その傘も、君と離れていた10日間のことを知りたいと思っているかもしれないね」(青田先生)

 ダメだ、分かっていても泣けた。作中屈指名場面の傘返還イベント。世界を広げた祐巳のもとに、今の君になら……と語りかけるように祥子さまと重なる「青い傘」が返ってきます。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第11話「レイニーブルー」/DVD第6巻/感想

 「祐巳さんには造りモノの笑顔なんてさせたくないだけ」(築山三奈子)

 素晴らしく祐巳がボロボロになる過程を描いた、見てて軽くブルーになれる破壊力のある1話。映像表現版だけに、始終雨が降ってる暗い場面で劇が展開するのといい、祐巳が雨に打たれまくる絵の痛々しさといい、(視聴者に)フラストレーションをためまくってやるぜ!という気概を感じる1話です。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第10話「黄薔薇注意報」/DVD第5巻/感想

 「それにもっと気持ちを分散しないと」(島津由乃)

 令ちゃんだけに気持ちがいっていてはダメ。黄薔薇の物語はくっつき過ぎだった由乃と令の二人が自立していく話ですが、最初は由乃の方から自立開始って感じなんだよな。先に、有馬菜々を見つけてくるのも由乃ですが、この頃から令さまより先んじる形で自立志向を持ってるような描写がなされてます。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第09話「ロザリオの滴」/DVD第5巻/感想

 片手で仲間を、もう片手で私をつかんでおけばいい」(二条乃梨子)

 これは泣けた。原作も泣けたけど、この台詞、アニメオリジナルですよ。白薔薇物語の帰結を的確に言い表した乃梨子の一言。同時にフラッシュバックする聖さまと片手だけ繋いだ手と、山百合会の面々という演出。アニメ版、現行ベストエピソードです。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第08話「銀杏の中の桜」/DVD第4巻/感想

 「私ね、シスターになりたかったの」(藤堂志摩子)

 アニメ版にても1stシーズンから引っ張りに引っ張った志摩子さん伏線消化回。キーパーソンが新キャラ乃梨子というのがやはりサプライズです。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第07話「チェリーブロッサム」/DVD第4巻/感想

 「銀杏の中にこれただ一本、一人きりなのにこんなに綺麗に咲けるから」(二条乃梨子)

 ついに乃梨子登場。そしてこれでもかと繰り返される志摩子さんのセクシー唇の絵。そしてそれを見て顔を赤らめる乃梨子。せ、先生!こんなシーン原作になかった気がするんですが!いいけど!
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第06話「片手だけつないで」/DVD第3巻/感想

 「あなたも人間の消えた楽園に住みたいクチ?」(鳥居江利子)

 聖さまの物語のキーパーソンは圧倒的に蓉子さまなんですが、こんな台詞から、江利子さまもちゃんと聖さまのこと理解してるんだなーと嬉しくなります。前回が3人の絆中心の卒業話だっただけになおさら。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第05話「いつしか年も」/DVD第3巻/感想

 「じゃあね」(鳥居江利子)
 「じゃあね」(佐藤聖)
 「じゃあね」(水野蓉子)

 作中初代三薔薇さまラストエピソード。お互いへの最後の言葉が、長い語り何一つなくこれだけなのは原作完全再現で良かった。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第04話「Will」/DVD第2巻/感想

 「愛してるよ、祐巳ちゃん。キミとじゃれ合ってるのは本当に幸せだった。祐巳ちゃんになりたいって、私は何度も思ったよ」(佐藤聖)

 祐巳と卒業前の聖さまの教室でのシーンにBパートまるまる使ってきたー!聖さまが祐巳をどう思っていたかの本心が初めて明かされます。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第03話「いと忙し日日」/DVD第2巻/感想

 「隠し芸!?」(福沢祐巳)

 祐巳's安来節を映像で拝見する日が来るとは思わなんだ……!な、なんか、全ては原作の「おまけ」にあたるこのシーンのために構成されていたかのような錯覚すら覚えます。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第02話「黄薔薇まっしぐら」/DVD第1巻/感想

 「結婚したいなぁ。ああ、傘張り浪人の妻になりたい」(鳥居江利子)

 ビジュアル化された山辺さんカッコ良すぎだ!これ、変わり者属性なくても普通に女性一般として江利子さま好きになっちゃうよ!
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる〜春〜』/第01話「長き夜の」/DVD第1巻/感想

 「風が強いですね」(祐巳)
 「春一番ね」(祥子さま)

 というわけで『マリア様がみてる』アニメ版第2シーズン『春』のファーストエピソード。祐巳が回想する形で原作の「長き夜の」のエピソードを中心にしながらも、新シリーズ第01話仕様の独特の味付けになっております。タイトル&冒頭の会話通り、全ては「春」に向かってる感じ。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第13話「ごきげんよう、お姉さま」/DVD第7巻/感想

 「隠さなくてはならない、けれど一方では見つけて欲しいと願ってる」(蟹名静)

 クライマックスは静さまのアヴェ・マリア独唱という、誰が主役じゃという1stシーズン最終回です。静さま山百合会メンバーじゃないのに存在感ありすぎ。静さまの独唱演出を通して、ラストの喫茶店の楽しげな風景とか、全て志摩子さんの孤独を際だたせるための相対的な背景として使われてたのが驚き。最終回は白薔薇が主役だよ。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第12話「ファースト・デート・トライアングル」/DVD第7巻/感想

 「お姉様!ファーストフードのハンバーガーにナイフやフォークは付きません!」(福沢祐巳)

 前回まで2話使った聖さまの過去話とは打って変わって、祐巳−祥子さまの紅薔薇ラインは非常にコメディなお話。コメディに偽装してちょっと切ないオチが付く由乃の黄色薔薇ラインと、相変わらず文芸風味な志摩子さんと静さまの白薔薇ラインと、趣が違う3つのデートが切り替わりながらお話が進むのがこのエピソードの魅力です。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第11話「白き花びら」/DVD第6巻/感想

 「マリア様がみてるから!」(久保栞)

 この話だけは文芸的に一線超えてるというか、百合的にも一線超えてるというか、キスまではいきます
 高山みなみさん演じる先代白薔薇さまが異様にカッコイイのと、予想通り、最後に現代に戻って須賀星さんのリリアン来訪で締めてたのは最高。完全に二つに分けて書いてた原作版では出来なかった演出です。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第10話「いばらの森」/DVD第6巻/感想

 「私はね 大切な人にさえ分かってもらえればいいの だから二人には聞いて貰いたかった」(佐藤聖)

 その今はいない大切な人、“久保栞”は何者なんだ、何があったんだ……という随所の仕込みの後に、EDで過去編へ。久保栞、ビジュアル化されて初登場という流れに痺れました(久保栞はひびき玲音先生のHPでカットが公開されたことがある以外、原作挿絵でもビジュアルは未登場だったのです)。清楚だ!キャストは1stシーズン公式HP見ても不明だ!
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第09話「紅いカード」/DVD第5巻/感想

 「でしたら祥子さんのお裁縫箱、お預かりしましょうか?」(鵜沢美冬)

 これは素晴らしい。アニメ版では今まで見た中でベストエピソードじゃないでしょうか。絶賛。
 やっぱりこれくらいの短編を1話にまとめて映像化するのが一番いいんじゃないだろうか。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第08話「びっくりチョコレート・後編」/DVD第5巻/感想

 「ふぇー、もしかして、祥子さまのファン?」(福沢祐巳)

 祐巳の後を追う祥子さまファンの一団が何か無機的でゾンビチックで、BGMも無駄にホラー調になってたのが妙にウケタ。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第07話「びっくりチョコレート・前編」/DVD第4巻/感想

 「2月14日、ウァレンティーヌス」(藤堂志摩子)

 バレンタインにまつわる祐巳との会話のシーンにて、髪を後ろにまとめた体育前のジャージ姿を志摩子さん披露。原作でも着替えながらの会話だったけど、こうしてビジュアル化されると楽しいな。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第06話「ロサ・カニーナ」/DVD第4巻/感想

 「あたり、ロサ・カニーナは黒薔薇よ」(蟹名静)

 ヤバい、ビジュアル化された静嬢が超カッコいい。なんか、瞳がとろんとした感じで何考えてるのかよく分からない感じがカッコいい。無標の同年代よりも1レベル違った世界を見てる感じが良く出てますよ。これは、3rdシーズンの「チャオ ソレッラ!」も期待できます。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第05話「戦う乙女たち」/DVD第3巻/感想

 「あの時、勝つという意味が少し分かったような気がした」(支倉令)

 無我の境地です。奥には3つの扉があります。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第04話「黄薔薇革命」/DVD第3巻/感想

 「でも、それ、私、全然そんな女の子じゃないの」(島津由乃)

 理想の妹像のヴェールを被ってた頃の由乃のイメージ映像がスゴイです。それに合わせてまだおしとやかに演技してる池澤春菜さんもスゴイ。僕が初めて声付由乃を聞いたのはバラエティ・ギフトのドラマCDでイキイキと江利子さまからの贈り物をヤケ食いする演技だったんですが、橋渡しの情報が無いと、両者の間に何があったのかと思います。変貌ヒロインです。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第03話「月とロザリオ」/DVD第2巻/感想

 「同類はわかる」(佐藤聖)

 な、なんだってー。柏木さんの設定にはまったく触れずだってー。
 少女創作ブログで続きを読む

『マリア様がみてる』アニメ版/第02話「胸騒ぎの連弾」/DVD第2巻/感想

 「令は武道で鍛えた集中力でダンスを覚えたみたいだけど」(水野蓉子)

 せ、先生、剣道やってりゃダンスもイケるみたいな理屈は少々強引だと思います!

 他、「マリア様にはないしょ」とかWEBラジオで聞いてる声優さんトークとかの影響で、笑わんでいい所でなんか笑ってしまったよ。例えば……
 少女創作ブログで続きを読む
WEB小説その2

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台のオリジナル小説『非幸福者同盟』を隔週土曜日更新でWEB連載中。

 2017年6月3日(土)、最新・第254節(第251節)「母から子へ贈られる翻訳された永遠の詩」が公開です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計42000PV達成感謝。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

WEB小説その1

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

 小説『こちら街アカリの復興部!』。(「総合」9位、「青春・友情」2位ありがとうございます!)

 2017年5月29日(月)第26節「焔(ホムラ)の「たましい」と灯理(アカリ)の気持ち(第三章・了)」を更新です。毎週、月、水、金に一節ずつ更新となります。↓

「ノベラボ」様で読む。

小説色々


 <NEW>S市(仙台)が舞台のオリジナル小説シリーズ。前作『妹の紋章』のKindle電子書籍版が2014年8月12日より販売開始中です。「妹萌え×地域復興×バトル」の物語。WEB版は最終的に40000PV、5700ユニークアクセス感謝でした。詳しくはこちらのブログ記事より。
 Amazonさんのサイトからアプリをダウンロードして、各種スマートフォンで読んで頂けます。

追記:2014年8月12日、Kindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位感謝! 新記録で地味に嬉しい……。

 ◇◇◇

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』応援中。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!↓



 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

Advertisements@ガンダムシリーズ
ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

最新のトラックバック
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール
管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム
このブログへのリンク、コメント、トラックバックのガイドライン

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

管理人、相羽の創作活動

▼メインで運営している小説や漫画の創作活動のホームページ
Language×Language

●Amazonさんで販売している同人誌はこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ