ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

雑記

プリキュアはイイぞ

 相羽です。

 こっちのブログで伝えてなかったのですが、プリキュアブログの方を感想以外にもちょくちょく更新しておりました。↓


ドキドキ!プリキュアが一番好きな理由

プリキュアで集う人々


 「欲しいものリスト」でペンタブも頂いたので(ありがとうございます〜)。


参考:「欲しいものリスト」でペンタブレットを頂いたヨ


 久々にマナりつ絵も描いてみましたw

190218manaritsus

「欲しいものリスト」でペンタブレットを頂いたヨ

 相羽です。

 Amazonさんの「欲しいものリスト」経由で、ペンタブレットを頂いちゃいました。

190211tablet

 わーい。

 これで、一昨年描いてた(その頃ペンタブが壊れた)マナりつ線画が塗れそうです。

170823manaritsublog

 漫画も頂きました。

190211comics

 カツヲ先生の、『ひとりぼっちの○○生活』。

 わーい。

ひとりぼっちの○○生活 (1) (電撃コミックスNEXT)
カツヲ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-11-26


 ありがたいことに「欲しいものリスト」経由でちょくちょく贈って頂くことがあるのですが(本当ありがとうございます〜)、お薦めの漫画など送って頂くと、僕も(タイミングとかが合えば)紹介したりいたす所存であります。

 吉田丸悠先生の、



 は「欲しいものリスト」経由で贈って頂いたきっかけで読んで、僕が「マンガタリ」さんで紹介記事を書いた(おすすめ5選記事に組み込んだ)という流れでありました。↓

 現在は「確定ボタンを押す前に『リストに入っているもの』をキャンセルすることで」、僕の「欲しいものリスト」にないものだけでも贈れる仕様らしいので、


参考:2月14日に向けて「Amazonのほしい物リスト」を公開したので、なんか下さい!(直球)/やまなしなひび−Diary SIDE−


 布教したい漫画などありましたら〜。(文章を書くにあたってタイミングがよいか、「マンガタリ」さんの編集部に記事の企画として通るかなどがありますので、全部記事を書きますとは言えませんが……)

参考:「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

 こちらが僕の「欲しいものリスト」になっております〜。↓

相羽のAmazonさんの「欲しいものリスト」

スタァライトと仮面ライダー龍騎

 相羽です。

 去年、僕がとてもハマっていたアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(公式サイト)』。

 感想も、全話書きました。↓


『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想


 2月10日(日)には、いわゆるオンリーイベント(同人誌即売会)も行われるようです。↓


●スタァライト・ストーリィズ(WebサイトTwitter


 そして、それにTJさん(Twitterブログ)も参加されるらしいという話をちょくちょくしていたのですが、どうも入稿できたっぽいので改めて紹介いたしますヨ。

 圧倒的ボルキャンサーと星見純那さん。いつまで、僕たちは仮面ライダーシザースについて語り続けなければならないのか。たとえ純那さんガチ勢を敵に回すことになってもw、闘わなければ生き残れないのか。

 TJさんはスタァライト放映中に、『仮面ライダー龍騎』スタァライト説をだいぶネタにしておりましたね。

 言い出した最初の人自体はTJさんじゃないらしいんですけどね(最初の舞台公演リアル観劇時点でツイートされていた方がいたらしい)。

 Twitter上に燦然と輝く「 #龍騎スタァライト 」タグとかを作ったのはこの人ですヨ。

 いや、僕もけっこうこのタグで投稿しちゃってましたけど……。

 ネタっぽい方向で楽しんでみた上で、あながち悪ふざけだけでもなく、2018年放映の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』はゼロ年代の金字塔作品『仮面ライダー龍騎』の「先」を描いた物語として捉えると熱い部分があるという話は、僕がこちらのスタァライト最終回記事で書いてるので(後半の方)、そっちもよろしくです。↓

 TJさんの同人誌って、勝者が栄えるというルール(システム)の中で忘却された存在(敗者)をメタとユーモアで再解釈する話が多かったりもして、今回はスタァライトと龍騎というドンピシャの題材なので楽しみだったりもします。

 TJさんが昨年出された同人誌アンソロジー『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』には僕も「仮面ライダーブラックRX」と「フレッシュプリキュア!」のクロスオーバー小説で参加させて頂いているのでそちらも引き続きよろしくです。

 この本も、もっと感想とか聞かせてくれてよいのよw↓

 そして。

 本当に『仮面ライダー龍騎』の新作が制作される世界に。

 正史と偽史(パロディ)で、ゼロ年代の金字塔「龍騎」の(バトルロイヤルという)呪いを解くために、みんな、仮面をとって握手!


参考:小説仮面ライダー龍騎/感想(ネタバレ注意)




仮面ライダー龍騎 Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]
須賀貴匡
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-07-11

劇場アニメ『薄暮』にあやねるさんが参加・僕なりの復興活動を続けること

 相羽です。

 インフルエンザでダウンしている間に劇場アニメ『薄暮』関係が色々発表されていたのでした。

 Amazonさんでも原作小説や「薄暮/IMAGE ALBUM」が買えるようになってますよ〜。↓

薄暮(はくぼ)
山本 寛
アイズクライム文庫
2017-09-01


薄暮/IMAGE ALBUM
鹿野草平、山本寛
株式会社トワイライトスタジオ
2019-01-24


参考:アニメーション映画『薄暮』のティザームービーが公開されました

 2019年5月24日(金)より福島県先行で公開開始ですか。いわきまで行ってみたい気もしますが、まずは仙台の劇場でやるのを発表待ちの方向で待機したいと思っております。

 それにしても、あやねるさん(佐倉綾音さん)も参加ですか!?

 個人的にこんな記事を書いていたタイミングで↓


参考:『五等分の花嫁』第1話の感想〜あやねるさん目当てで観てみたら


 もともとクラウドファンディングにも参加して応援していた劇場アニメ『薄暮』にあやねるさんが!

 これはもう、何かの縁では……。

 ◇◇◇

 さらに驚くことに、上の記事でネタにされてる(え)個人的な友人、


 ノウライトさん(Twitter)と、

 りとるさん(Twitter)と、

 ゆるゆりガチ勢先輩さん(Twitterやってない)


 の三人は福島出身です。『薄暮』の舞台も近いです。

 僕は宮城(仙台)出身。お互い知らなかった学生時代とかに、街ですれ違ったりもしていたのでしょう。

 この前、オフ会を開いてきましたよ。


190131knowlightsanz


 学生時代はいっしょにロボットを作っていて、大人になって少し疎遠になったあと『けいおん!』のライブで再会し、今ではいっしょにミニ四駆作って仙台(ミニ四駆の大会が定期的にあるのです)にちょくちょく遊びにきてくれたりするという面白い人たちです。

 日常を生きるという意味で、ある程度『薄暮』チックな方向なんじゃないかとも思います。これが、俺たちの復興活動だ。

 大人だからね。真面目な仕事の話もするけど、『ゆるゆり』と『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(感想)』の話もするヨ。

 みんな、小松理虔さんの『新復興論』読んで。

(真面目と不真面目を行き来しながら復興みたいな話)

新復興論 ゲンロン叢書
小松 理虔
株式会社ゲンロン
2018-09-01


 ◇◇◇

 そんな東北が舞台の僕が書いてる小説、『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』が、つい一昨日ほどに完結いたしました。

 とりあえず完結までリリースできて、現在心底ホっとしております(笑)。↓


『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム


 おお。PV数もちょっと増えてきている。やっぱり完結してから読むという方もおりますのねん。続きを読む

続・共同体の試論

 相羽です。

 「共同体」について。


・孤立でもイイ派

→これは、無理です。


 ざっくりとは人間は一人では生きられないので。僕も実感を伴ってそう思うようになったのは、一人では生きられないようになった母親の介護をはじめてからです。

 とはいえ、地域共同体とか会社共同体とか壊れてきていて久しいわけで、何とか色々作戦を考えていかないといけない段階だという話でした。


・家族

→僕はやはり普遍性はある派。

 全てが自立化をうたった孤立化と相性がよい資本主義と新自由主義とで解体されていくなかで、共同体の最後の砦ですね。

 僕は、守った方がよいと思っています。

ゲンロン0 観光客の哲学
東 浩紀
株式会社ゲンロン
2017-12-11


 で、なんで新自由主義とかスケールフリーを論じた書の中に、「家族」の項にかなりのページが使われているのかはじっくり考えてみて頂きたいところ。

 とはいえ、従来型の血縁一辺倒の考え方では現状に対応していないのも事実なので、その辺りをどう再構築していくか、なのかと思います。


・趣味共同体

→イイ線はいってる気がする。

 解体されていってる地縁や血縁のレイヤーの代替として、趣味の仲間のレイヤーが共同体の役割を果たすんじゃないかという方向。

 僕もけっこう真面目に考えてますし、今でも上坂すみれさんの「革命的ブロードウェイ主義者同盟」みたいなのは、方向性としてイイ線いってる気がします。仲の良い革ブロ仲間だと、病気の時看病に来てくれる……くらいの現象までは、すでにあり得てそう。そのくらいになってくると、かなり家族共同体の補強レイヤー的な感じになってきます。


 引き続き、考えていきたい方向です。


・友だち続きを読む

プリキュアのライブ

 相羽です。

 『HUGっと!プリキュア』第48話も良かったので、そっちの感想も書こうと思ってるのですが、昨日、一昨日とプリキュアのライブ、


プリキュア15周年Anniversaryライブ 〜15 Dreams Come True〜


 があったりもしましたね。

 プリキュア友達のRubyさん(Twitter)がお子さんと行って来て、感想ツイートされていたのがしみじみと面白かったのでこちらでも紹介させて頂きます。↓

 軽い気持ちでまとめさせて頂いたらTogetterさんで「編集部イチオシ」というカタチで紹介して頂いて、公式サイトの目立つところにも掲載されたので、エラくバズってしまいました(汗)(Rubyさんにはいちおう許可とってあります。)

190121rubysan

 まあ、本当、僕なんかも読んでてウルっとなる部分もある連続ツイートでしたので、良かったら〜。

静凛さんの絵

 相羽です。

 そーよくさん(TwitterPixiv)が描いておられた静凛さん(Twitter)のファンアートがとても素晴らしいです。

 僕としては、昔のハンドルネーム表記で双翼さんという印象がまだありますがw

 僕本人はしずりんさん(静凛さん)を含めVTuber文化にそこまで明るくないのですが、この絵はイイですね〜。

 僕は2006年くらいから双翼さんのこと天才だと思っていて、このまま埋もれるのはもったいないとずーっと思ってたので、今回バズってくれてとても嬉しいですw

 Goodな条件の絵仕事とか、くるとイイっすね。

 応援!

2019年にボルキャンサーを描いてる人はそんなに多くない

 相羽です。

 去年、僕がとてもハマっていたアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト(公式サイト)』。

 感想も、全話書きました。↓


『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想


 2月10日(日)には、いわゆるオンリーイベント(同人誌即売会)も行われるようです。↓


●スタァライト・ストーリィズ(WebサイトTwitter


 そして、TJさん(Twitterブログ)も参加されるとのこと。

 作業中サンプルに載ってる、圧倒的ボルキャンサー。2019年にボルキャンサー描いてる人あんまりいなくない!?

 スタァライト放映中に、『仮面ライダー龍騎』スタァライト説をだいぶネタにしていた人です。

 言い出した最初の人自体はTJさんじゃないらしいんですけどね(最初の舞台公演リアル観劇時点でツイートされていた方がいたらしい)。

 Twitter上に燦然と輝く「 #龍騎スタァライト 」タグとかを作ったのはこの人ですヨ。

 いや、僕もけっこうこのタグで投稿しちゃってたけどさw

 ネタっぽい方向で楽しんでみた上で、あながちネタだけでもなく、2018年放映の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』はゼロ年代の金字塔作品『仮面ライダー龍騎』の「先」を描いた物語として捉えると熱い部分があるという話は、僕がこちらのスタァライト最終回記事で書いてるので(後半の方)、そっちもよろしくです。↓

 てかTJさん。冬コミ落選してのんびりしてるのかと思えば、こんなクレイジーな本作ってて……。そのパッションは尊敬に値するゼ……。

 その、BOOTHとか同人誌通販委託とかでの取り扱いも検討して頂けたら喜びます……。

 TJさんが昨年出された同人誌アンソロジー『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』には僕も「仮面ライダーブラックRX」と「フレッシュプリキュア!」のコラボ小説で参加させて頂いているのでそちらも引き続きよろしくです。

 この本も、もっと感想とか聞かせてくれてよいのよw

 現在放映中の『仮面ライダージオウ』のコンセプトとかを推察するに、時代を先取りし過ぎている同人誌ですw↓

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開をさせて頂いております〜。

 金曜日(4日)、


 第二十五章「戦争」


 を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング206位にランクインしておりました。

 おお。評価の星を頂いたので上がってきた。ありがとうございます〜。

 ここからラストまでずーっとクライマックスみたいな感じですねw

 一月末に、完結となります。

 各々のタイミングで読んでやったりして頂けたら喜びます。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)連載期間の三か月は更新していく予定です。

(そして、わりとイイ感じなので、週三ほど頻繁ではないかもしれませんが、『少女輪廻協奏曲』完結の二月以降もpixivFANBOXの更新は続けていこうと思っております。クローズドな分、ちょっと踏み込んだ話とかを書きやすいのが書く方も楽しいので。)

 昨日も、「『いだてん』を観てみようかなと」というコラムを一つ更新しております。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■『いだてん』を観てみようかなと

 相羽です。

 2020年の東京でのオリンピックは、開催が決まるまではどちらかというと反対でした(そのリソースを復興に使ってくれないかなぁと思ってました)。

 しかし、開催が決まってしまってからは、決まってしまったんならやれる範囲でポジティブなことをするきっかけにできれば……と考えるようになっておりました。

 色々な問題が日々指摘されているのもできる範囲でチェックしておりますが、今から自発的に働きかけて中止にするというのも現実的ではない気がしますし(そのリソースがあるなら開催&ソフトランディングに使った方がよい気がしております)、身近な実感として、お年寄りはやはり楽しみにしています。

 僕の父母もそうですし、家にくるケアマネージャーさんや作業療法士さんや看護師さんなどの介護関係の方と話していると、介護が必要なようなお年寄りはやはり楽しみにしている方が多く、なんとか2020年の東京でのオリンピックまでは生きていたいなぁとお年寄りが語っているというのは、介護業界あるある、みたいになっているようです。続きを読む

米津玄師のLemonの歌詞の意味と言語共感覚

 相羽です。

 昨年末の紅白を観て初めて知った、米津玄師(よねづ けんし)さん。

 歌っていたのは、「Lemon」です。↓


 良い歌でした。

 そんな米津さんの「Lemon」の歌詞に関して、作家の飛浩隆さんが元日にこんなツイートをされていました。↓

 歌詞の終盤で、ミステリの種明かしのように「レモン」=「光」であることが判明するというのですが。

 分かりましたでしょうか?

 僕は一発で分かりましたw

 ただ、分からないという方も多いらしく、それはその人がニブいとかではなくて、「言語共感覚」に関する個体差だと思われます。

 「共感覚」。

 特定の色から特定の味を感じたりする事例が有名でしょうか。(視覚と味覚の共感覚)

 で、抽象的なことを把握する(言葉)感覚と、五感の他の感覚が「共感覚」的に鋭くなってる人というのがいます。

 「優しさが眩しい」

 とかですかね。「優しさ」という抽象的なことを把握する感覚と、「眩しい」という視覚が混じっています。こういうのに、あんまりピンとこない人と、ビンビンくる人がいるのです。

 「Lemon」の歌詞の終盤の種明かしの場合は、この言語感覚と視覚の「共感覚」だと思います。

 言葉を視覚(映像)として捉える能力ですね。私ごとですが、僕もこの感覚強めだったりします。

 これは、かなりの程度個体差で、ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドラン博士(「言語共感覚」をずっと研究されてる方の一人)によると、「共感覚」が強い人の神経基盤と、詩人や作家の言語創造とはつながりがあるそうです。

 一説では、シェイクスピアがこの感覚が強かったと言われてたりしますね。(ひじょうに、言葉が他の五感と繋がってるような言語表現が作中に見られる)

 さて。米津玄師さんの「Lemon」。「レモン」=「光」であることが判明するという歌詞終盤の種明かし、分かりましたでしょうか? 言葉を映像として捉えられると分かるのですけどねw(分かる人には、なーんだ、くらいの話です。)

 まあ。新年の雑感でした。

零號琴
飛 浩隆
早川書房
2018-10-18


脳のなかの幽霊 (角川文庫)
V・S・ラマチャンドラン
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-03-25


 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開をさせて頂いております〜。

 月曜日(31日)、水曜日(2日)と、


 第二十三章「推理」

 第二十四章「セイレキ二〇一八年〜仙台」


 を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング279位にランクインしておりました。

 ありがとうございます〜。

 大晦日(31日)更新分の「推理」は分かりましたかねw

 「真犯人」、「世界の秘密」、もうちょっとワクワクを届けたいですね〜。

 一月末に、完結となります。

 各々のタイミングで読んでやったりして頂けたら喜びます。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)連載期間の三か月は更新していく予定です。

 で、わりとイイ感じなので、週三ほど頻繁ではないかもしれませんが、『少女輪廻協奏曲』完結の二月以降もpixivFANBOXの更新は続けていこうと思っております。クローズドな分、ちょっと踏み込んだ話とかを書きやすいのが書く方も楽しいので。

 昨日も、「初夢がギャグ系だった」wというコラムを一つ更新しております。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■初夢がギャグ系だった

 相羽です。

 年が明けました。

 今年もよろしくお願いいたします。

 ちと年末バタバタ気味でこちらの方を更新できてなくて申し訳なかったです。

 更新してなかった分は、どこかで連続更新とかで追いつきたいと思います。

 年頭の所感みたいなのはブログのこちらの記事に書きましたので。↓


●あけましておめでとうございます。/ランゲージダイアリー

http://aiba.livedoor.biz/archives/52425869.html


 こっちでは初夢の話などw

 細かいところまでは覚えてないんですけど、

 なんか、筋肉系で、創作系で、そしてギャグ調の夢でした。続きを読む

ストーリーキング・やまなしレイ(ストリーキングではないw)

 相羽です。

 やまなしレイくん(ブログTwitter)がようやっと自分の強みは「ストーリー」だと気づいた模様。↓


2019年の抱負/やまなしなひび−Diary SIDE−


 僕、『Re:Survival』の頃から天才だって言ってたからネw





 自分としては楽にできるんだけど、他人からみるとなんだかすごいことが才能ですが、よく、大ネタクラスのお話をポンポン思いつくな〜と思ってましたよ。

 去年発表のだと、

 短編小説『待つことには慣れている』↓

 とか

 読み切り漫画『モテ学』↓





 とか、すごい面白かったですヨ。

 他にもたくさん。出力がすごい。

 ストーリーに注力して小説とかchatstoryみたいな形式だったら、もしかして『その日 世界は…』も『ちのしあわせ家族』も一年くらいで完結したりするんじゃないのw

 『マリア様がみてる』の今野緒雪先生が、最初は漫画家を目指していたのだけど、ある時自分は文章(小説)の方が頭の中の世界をスラスラ表現できると気づいて小説メインに変更、やがて『マリア様がみてる』を生み出しゼロ年代のストリームを駆け抜けたという例もあったりします。

 緒雪先生、『マリみて』年三冊くらい出してた時期があって、どうがんばっても数年準備してようやっと(小説だと)一冊分が書けるくらいという僕のような人からみると、やはり天才なのです。

 もしかしてレイくんも、ストーリーならそれくらいの出力いく人なんじゃないの。

 緒雪先生が漫画に固執して『マリア様がみてる』を生みださなかった世界線は誰も幸せにならなかったと思われるので、

 レイくんも『こち亀』第197巻「漫画原作の巻」に出てきた、週刊連載四本分の漫画原作を出力する大物原作者・石川GO衛門先生(サングラス・モヒカン)みたいなのになるとイイかもですヨ。



その日 世界は… 1巻
やまなしレイ
2017-12-17


参考:アイツが小説を書きはじめたゾ

参考:落ち目の声優が介護開始でも百合?『その日 世界は…』第1巻が発売

あけましておめでとうございます。

 相羽です。

 あけましておめでとうございます。

 2018年のラスト記事みたいなのも書こうと思ってたのですが、30日夜に我が家のテレビが壊れて、31日に買いに行って設定して紅白観てたら年が明けてしまっておりましたw

 僕は別にいいのですが、母親が紅白観たいというのでしょうがないですね。お年寄りで身体が不自由となると、テレビは楽しみですからね……。米津玄師さんと刀剣男士が良かったですね。

 さて、2019年になりましたが。

 まず、小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』が1月末で完結となります。

 これはメイン部分は書き終ってるのでまず完結させられると思いますが、今回WEB公開するにあたってもうちょっと書下ろしたり調整したりする箇所があるので、しばらくはこれに集中します。

 その後で、今年は未完結だった『非幸福者同盟』『夢守教会』のいずれかが、かなり進むか、完結までいくと思います。

 そして、pixivFANBOXさんの方とかでちょくちょく書いていたのですが、今年からは二次元キャラクターのAR(拡張現実)を「ガワ」にした介護補助用途のAI(人工知能)を開発するための言語研究もやっていこうと思っております。

 のんびり小説だけ書いて過ごしていたいところですが、世の中の介護の問題とかが大変で、僕はわりと助力できそうな方なので、まあ少しずつやってみようかと。

 なんか新しい活動のようにも見えるかもしれませんが、僕としては19年くらい続けていた言語の研究の延長線上にある活動です。

 昔から続けていた研究が、時代に対応しながら一定の方向性とリンクしていくのですが、今の時代だったらAI、VR/AR(MR)研究と繋がっていくのを志向するのがまあそうなるだろうという感じです。

 論文を発表したりとか分かりやすい活動に形づくられていくのはまだ先になるでしょうが、まあ今年から意識してやっていきます。

 オフの友人とかには話してましたが、ここしばらく、僕の出番は2021年〜2022年くらいになりそうと思って活動していたので、今年とか来年は準備期間くらいの心持ちになるかもですね。

 出番って、別にその頃うぇーいって感じになるとかではないのですがw、まあ生まれてきて、僕が持ってる力を使う人生上のヤマの一つがその頃くるかもと思って準備してるということです。『FGO』だとアサシン、キャスター、アルターエゴタイプなので、戦いが始まる前に勝利しておこうと思いますw

 総じて、この世界に全員分の余裕をつくるという目的を志向して今年も過ごしていこうと思っております。

 そんな感じで、今年もよろしくお願いいたします。

 またコメント欄も一定期間開放しておきますので、何か新年の雑感とか、今年の抱負(っぽいもの)とかをよかったら書き込んでいってみてください。

 けっこう昔から、新年に僕に抱負(っぽいもの)を聞いてもらうと、何だか分からないけど良いことが起こると評判ですw

2018年ランゲージダイアリー的ベスト

 相羽です。

 年末恒例の、その年に触れた創作作品のベスト記事です。

 アニメだけから選んでる年とか、色んな部門を選んでる年とか、全部シャッフルから選んでる年とか、年によってはやってなかったりとか、わりとアバウトなんですが(え)、今年は全部(小説、漫画、アニメ、ゲーム)シャッフルの中からベスト5を選ぶかたちでやってみます。続きを読む

大介護時代を漫画と柔道で解決していく

 相羽です。

 折姫・ロック・るちやさん(Twitter)が冬コミで上坂さん本を出すようです。↓

 今の日本、なんかヤバいと思う。↓



 の本を買って読む。↓

 革命的ブロードウェイ主義者同盟同志を名乗る↓

 冬コミで、折姫・ロック・るちやさんの上坂さん本を買う↓

 来年から、なんか色々イイ感じになっていく!

 この約束された勝利の年末で、平成の最後は平穏にいきましょう。

 カッコいいことを言うならね。一人一人が今はもういない櫻井孝昌さんにならなきゃならんですよ。

 ◇◇◇

 去年の立ち上げ時からライターとして関わらせて頂いている、新・漫画を語るWEBメディア


「マンガタリ」


 様。

 先日、手塚治虫記念館の館長さんにインタビューした記事が公開されました。↓

 こういった、けっこうオフィシャリティが高めの記事も載せられるメディアになってきましたヨ。

 インタビュアーは僕じゃなくてじょにすけさん(Twitter)ですが、僕も手塚治虫漫画で育った人なので嬉しいです。

 いきなり無名のメディアがインタビューできるものでもなかったりします。

 こういったことができるようになるまでコツコツ試行錯誤しながらメディアを育てていくのを立ち上げ時から裏側から見ていたので、その点でも嬉しい記事。主には誠実さとPVですけどね。(PV数的にも)かなりの規模のメディアになってきたので、来年から色々やっていきます。

 個人的には漫画の力をブーストしていきたいですね。この、国際競争の中では色々全滅な最近の日本の中で、数少ない国際競争力を維持しているジャンルですから、色々な角度からバフをかけるような仕事をやっていきたいと思っております。櫻井孝昌さんご本人レベルは難しくても、プレ・櫻井孝昌さん的な仕事は、一人一人ができるんだヨ。

 まずは、年末〜年始に僕も含めてライターたちが選ぶ「2018年漫画ベスト記事」が公開されますが、それに合わせてTwitterで「あなたの選ぶ2018年面白かった漫画3選」みたいな企画をやる予定だったりしますんで、ここを読んでるあなたも漫画3つ、選んでおいて頂けたらと思います。協力してください。

 単純に色々漫画の話で盛り上がってる様子を見たいというのもありますが、リサーチ的な興味もあります。たぶん、僕の読者さん、「マンガタリ」の読者さんだと、「このマンガがすごい」みたいなオーソリティー主導とは、別な漫画の名前が出てくるはずなんです。そういった作品を、拾いたいです。「誤配」として配線を繋ぎ換えて、縁として届いたら善い読者さんに、届けたいです。全てがパワーとオーソリティー(権威)に回収されて、みんなで同じものを称えてればイイみたいな世界はブっ壊したいですからね(え)。

 また告知しますんで、お願いします、これは! という「あなたの選ぶ2018年面白かった漫画3選」的なもの、選んでおいてください。

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。

 水曜日、金曜日と、


 第十八章「セイレキ二〇一七年〜仙台」

 第十九章「心を繋いで」


 を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング377位にランクインしておりました。

 さすがにランキングは下がってきましたね。応援よろしくです〜。

 ここから十二月後半公開分、フィナーレに向かう一月公開分と(自分で言うのもなんですが)加速度的に面白くなっていくので、たくさんの人に読んでもらいたいと思ってるのでした。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 木曜日分として(遅れ気味なのごめん!)、「親をザリガニだと思おう」というコラムを一つ更新しております。

 今回のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■親をザリガニだと思おう

 相羽です。

 最近、時々話題に出してる本田晃一さんがブログでまた名言連発していたので、紹介しておきます。↓


・同じような仕事をしてても、人によって収入が全く違ったりするよね。4つの質問に答えると、稼げるようになるのじゃ。やってみてね。ふふふ。続きを読む

大介護時代のオタク生活

 相羽です。

 AmazonさんのKindle電子書籍ストアで、氷室冴子先生の作品のセールをやってる模様です。↓


氷室冴子/Kindleストア


 僕も全部を読んでるわけではないですが、お勧めはやっぱり『雑居時代』ですかね。

 『FGO』の話題多めの最近のうちのブログとしては、奈須きのこさんもいつかの「TYPE-MOONエース」で影響を受けた作家さんの一人に氷室冴子先生の名前をあげておりました。

 まあ、明言はされてなくても、『魔法使いの夜』の青子、有珠、草十郎の三人の雑居生活は、『雑居時代』の影響を受けていると思います。







 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。

 昨日は第十七章「歴史のない世界」を公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング180位にランクインしておりました。

 今までで最高順位ですかね。

 ここから十二月後半公開分、フィナーレに向かう一月公開分と(自分で言うのもなんですが)加速度的に面白くなっていくので、たくさんの人に読んでもらいたいと思ってるのでした。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、ぜひ。

 けっこう、サクサク読めると思います。公開ペースがまったりなのでもうちょっと先ですが、終盤の方で書いた人の渾身の一撃を体感して頂けるかと思います。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日、火曜日分として、「バトラー(執事)ロボと分身ロボで介護生活時代もアニメを観る」というコラムを一つ更新しております。

 今日のは、宣伝も兼ねて、全文ブログの方にも載せちゃいます。支援してくださってる方には申し訳ない。時々は、広報も兼ねてフリー公開する記事もあったりする点をご了承頂けたらと思います。

 今日のやつ、全文です〜。↓


---

■バトラー(執事)ロボと分身ロボで介護生活時代もアニメを観る

 相羽です。

 再び、そのままだと虚構に耽溺してる場合でもなくなってきてるよな〜と感じております。続きを読む

今週を切り抜けたゾ、小説は188位

 相羽です。

 年末とはいえ、余裕をもって暮らしていきたい感じなのですが、十二月でも今週がいちばんハード目だったかもしれません。

 父親がけっこう用事あったからな〜。

 一日のうち、重要事項は手帳に書くのですが、父、母にサポートが多めに必要な案件は最優先で書き込んでます。

 基本的には問題が起こる前に解決しておく、『FGO』だとアサシン、キャスタータイプなので、方針は「先回り」です。

 「先回り」発動が多めだった今週をまずは切り抜けたので、後半の半月は小説書いたりして過ごしたいものですが、こればっかりは天運が関わってくるのであった。(介護生活中の人に限らず、自分や家族が予期せず体調崩したりはあるあるです。それを言い出したら、災害とかもまた十分起こりうる認識の上で既に僕らは生きてますしね……)

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。

 十二日は第十五章「似た街アカリ」、昨日は第十六章「セイレキ二〇一〇年――気仙沼その二」と公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが。

 わーい。

 本日は今までで最高順位です。「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング188位にランクインしておりました。

181215rank

 このまま、まずはジャンル別の100位以内くらいに行ってみたいものですが。続きを読む

「よりもい」から花田十輝〜花田清輝〜埴谷雄高とか(敬称略)

 相羽です。

 企画展「花田清輝展」が神奈川近代文学館で開催とのこと。↓

 ちょうど、アニメ『宇宙よりも遠い場所』がニューヨーク・タイムズのベストTV 2018 インターナショナル部門に選出されたのが話題ですが。↓

 シリーズ構成・脚本の花田十輝さんのお祖父様ですね。

 僕も、珍しく著作集を全部持ってる人だったりします。

 意外と知らなかったのは埴谷雄高とも交流があったのか。最近、色々なものが繋がってる気もします。

 安易に結び付けて話題にされるのはご本人は嫌がるかもですが、たとえば『響け!ユーフォニアム』(こちらもシリーズ構成が花田十輝さん)の存在論的な部分は、どこか花田清輝チックだし埴谷雄高チックでもある気がいたしますヨ。


参考:まだ生きている大事な人にちゃんと想いを伝えておくこと〜響け!ユーフォニアム2第十二回「さいごのコンクール」の感想(ネタバレ注意)


 「お祖父さんが埴谷雄高と交流してた」は一度言ってみたい言葉にして、それ自体が物語作品の設定みたいな話ですな……。



死霊I (講談社文芸文庫)
埴谷雄高
講談社
2014-05-16


宇宙よりも遠い場所 1(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]
水瀬いのり
KADOKAWA メディアファクトリー
2018-03-28


 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第十四章「セイレキ二〇一一年〜仙台その二」も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しております。

 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』は、本日は「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング322位にランクインしておりました。

 過去最高順位です。続きを読む

オタク的なものから存在論的なものへと移動していくということ

 相羽です。

 今日は、仙台はめっちゃ雪ですw

 昨年スタートした新「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様。

 僕もけっこうライターとして参加させて頂いておりますが。

 昨日、

 こちらの記事が公開されました(ライターは僕ではなくじょにすけさん(Twitter))。

 この後、なんと手塚治虫記念館の館長インタビュー記事も公開予定です。

 時々僕が書いてる謎のメディアくらいの印象だったかもしれませんが(苦笑)、これからはちょっとオフィシャリティ高めの記事も公開されていく感じです。

 今年の年末〜来年と、色々面白くなっていくと思いますヨ。

 ◇◇◇

 今年は、『ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber』 の泉信行さん(Twitter)の論考「にじさんじ公式ライバーたちの実質的現実」が、哲学(存在論)、AI、VR/AR(MR)、キャラクター文化(漫画・アニメ・アイドルなど)、物語などの関係者たちに広く大事な感じです。

 というか、必読です。

 僕の、年明けくらいからやってみようかなと思ってる活動とも関係しているジャンルです。



 是非ぜひ。

 時代は、存在論ですヨ。

参考:『漫画をめくる冒険』を読んだ

参考:『漫画をめくる冒険別冊 リーフィング・スルー/オンルッカー』を読んだ

参考:京都アニメーション作品における「境界領域者」とゲンロン0における「観光客」と漫画をめくる冒険における「身体離脱ショット」と

 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。一昨日は第十三章「異国人として」も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 この作品、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しているのですが、コンテスト開始から一週間が経って、恐怖のランキング発表の時間がやってまいりましたw

 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』は、かろうじて「異世界ファンタジー」部門の週間ランキング347位にランクインしておりました。続きを読む

老いと共に

 相羽です。

 水曜日に母親を眼科に連れていった疲れからようやく回復してきました。

 車椅子の母親が眼科を受診するのはけっこうたいへんで、あの眼の検査をする機械(おでこ当てるやつね)の前に座るのに、車椅子から移動させるとか、わりと体力が入ります。

 今回はまあ良くもないけど今すぐ手術うんぬんほどでは無さそうみたいな感じだったのですが、通院のお供はこれからも増えていくでしょうから、時々こういうことは入るという余裕をもたせた生活スタイルにしていかないとなと改めて思ったのでした。次の日受験生に古文教える仕事とかもあったから慌ただしかったヨ。

 ◇◇◇

 『FGO』は秦良玉さんをLv.90まで育成完了。サポート編成のランサー枠はしばらく良(リャン)さんになります。>フレンドさん各位

 ブリュンヒルデさん、今までありがとう!(自分のプレイ画面ではまだまだ主力だけど)

 そして本日、項羽さんピックアップの日ということで、狙ってた通り項羽さん二枚目きたー。

181208fgo1
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 宝具Lv.2きたー。

181208fgo2
(画像は『Fate/Grand Order』より引用)

 こちらも育成次第、サポート編成のバーサーカー枠になります。>フレンドさん各位

 クイック全体宝具Lv.2のバーサーカーですぜ? スカディさんと組ませて周回するしかないない。

参考:FGO感想・プレイ日記40〜第2部 Lostbelt No.3―人智統合真国 シン 紅の月下美人ラストまで(ネタバレ注意)

→カルデアエースVol.2



 ◇◇◇

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第十三章「異国人として」も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 そして、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しております。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、是非。

 う〜ん、あんまり読まれてないですね〜。続きを読む

十二月だから

 相羽です。

 師走。

 昔は師匠が走ってるイメージはカッコいいものと捉えて、師匠的な俺も走るぜ! みたいなこと言ってた気もするのですが、最近はとくに走らずに穏やかにいつも通りやってるのが一番クールだろうと思ってますw

 忙しすぎて体の調子を崩す人も多かったりな気がするので、あえて休んでいきたい最近です。

 先日紹介した劇場アニメ『薄暮』のティザームービーがもう1万再生超えとかいってる模様です。↓

参考:アニメーション映画『薄暮』のティザームービーが公開されました

 『薄暮』のクラウドファンディングに参加したり、「おいでよ宮城」さんを紹介したりするのは……

 僕なりのスタンスの表明でもあります。

 東北はですね……。実はけっこうイイのです。下手したらここから日本が復活して世界が平和になるくらい(え)の場所なのです。奥州藤原氏(の理念)が蘇り、坂上田村麻呂もダンス!

 僕も、来年くらいからやってみようかな的な活動の準備を黙々と進めたりしております。続きを読む

介護も災害も大変なのでSOS団的な虚構力に現実を手伝ってもらう方向

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。一昨日は第二部の「プロローグ」も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 昨日(土曜日)からは、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加しております。

 こういう↓

 キャンペーンとかもあるみたいなので、是非。

 まだ『少女輪廻協奏曲』には「読者選考中最初のおすすめレビュー」はないゼ。チャンスだゼw

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日も(昨日更新予定だった分ですが)、「自分のためにも」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■自分のためにも

 相羽です。

 年明けくらいから新しくはじめようかと準備していること、実現していけばけっこう世の中の役に立つ気もしていますが、何より自分のためにもそういう未来はイイなと思っていたりします。

 僕の場合親の介護が大変なのですが、残念ながら、これがこれからもうちょっと大変になっていくだろうという予測しているのです。

 そういう時に、

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新自分のためにも/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 最近ちょくちょく書いてる、ちょっとやってみようかなと思ってる活動。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンが、「やれやれ」ってやるみたいな感じで、必ずしも僕のハートのコアからくる超積極的活動でもないのですが、淡々と研究を進めていこうかなと思っているのでした。

 SOS団とか、今になって考えると実質無意味だったっぽい気もしてるのですよ。

 作品が完結する気配がまだないとかそういう話ではなく(え)、SOS団みたいな虚構的な繋がり(時期的にコミュニケーションが簡易化したネットの発展期と重なってる)は楽しかったけれど、SOS団的な繋がりでこれから介護の問題に直面した時や、大きい災害にあった時とかに、何か実質的にいっしょに乗り越えていけるかというと、けっこう疑問です。

 ただ、SOS団的なものがまったく無意味だったかというとそうも言いたくないですし、実際そうでもないだろうと感じる部分もあるわけで。

 虚構的なものを、虚構的なまま現実の実際をも手助けしていくような、虚構Ver2にする、みたいなことを考えています。

 まだあんまり伝わらないと思いますが(pixivFANBOXには具体的に書いてるのですが)、もうちょっと研究を進めてみていけそうだったら、年明けくらいから色々なところでも書いていこうと思っております〜。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日3日(月曜日)の17時に第十一章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。

 「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」への参加も開始したので、もうちょっと読んで貰えたらなと思ってるのですけどね。

 第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 また!


アニメーション映画『薄暮』のティザームービーが公開されました

 相羽です。

 僕もクラウドファンディングに参加させて頂いていたアニメーション映画、『薄暮』。


参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました


 昨日(11月30日)、ティザームービーが公開されました。↓

 『薄暮』には山本寛監督が書いた原作小説があります。(クラウドファンディングに参加した人には紙の文庫本サイズの書籍が届けられています。)

181201hakubo

 以下、原作小説から僕が好きな部分をちょっと引用。↓(ネタバレ注意です)


---

 小六の時に、どうして自分は生きているのだろう? どうして自分は自分であって、お姉ちゃんでもなければお父さんでも、お母さんでもないの? テレビの中で顔を粉塗れにしてふざけているお笑い芸人でもなければ、今日駅前のパチンコ屋の前でぶつかって睨まれたあのおばさんでもないの? という疑問で眠れなかったことがある。
 あの夜は、怖かった。
 自分という存在がどこまでで、どこからが他人なのか、世界と自分との境界が解っているようで、まだ解ってない気がする。自分の皮膚一枚が、どれだけ自分を護ってくれているのだろうか。今にも中の臓腑が飛び出して、理科準備室の人体模型みたくなってしまうんじゃないだろうか。
 だから目の前に見える世界が、時々ぼんやりと霞む。
 お風呂に入っている時、自分のちょっとだけ膨らんだ胸を見て、どうして男じゃないんだろう? とか。
 私はどうして夜になると家の前に集まってくる野良猫に生まれてこなかったんだろう? とか。
 え、これはもしかして夢? 私、生きてる? 誰がそれを証明するの?
 うわー、頭おかしい。そんなこと考えてる自分って、キモいよね。
 周りには決して言えない、私だけの秘密。こんなの相談できないし。

 山本寛『薄暮』(アイズクライム文庫)より


---


 主人公の佐智が「どうして自分は自分であって、お姉ちゃんでもなければお父さんでも、お母さんでもないの?」と言ってるのは、哲学の専門用語でいう「自同律(じどうりつ)」に関してですね。


自同律:「わたしがわたしであること」


 「愛城華恋と再生産」の記事でも書きましたが、予備知識なしだと、わたしがわたしであるって、そんなの当たり前じゃない? って感じかもしれないですが、その「当たり前」を疑ってみる哲学なり作品なりというのは、とても昔から存在しています。続きを読む

日付が変わると「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」がはじまるヨ

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。一昨日は第一部のラスト、第十章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 日付が変わると、土曜日(1日)からは、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加いたします〜。

 「世界の謎を解いていくお話」。

 『少女輪廻協奏曲』は内容を簡潔に伝えるワ―ディングとして、まずはこれを使っていってみようかなと。

 コピーは主人公の志向の向かう先とリンクしてるとイイと思うのですが、異世界もの作品でも本作の場合、異世界でダンジョン探索しようとかハーレム作ろうとか悠々自適生活しようとかではなく、「(異)世界の謎を解く」に主人公のノギクの気持ちが向かっていってる感じなので。

 僕本体も、異世界もの作品、異世界行っちゃったら、満喫しようという方向より、まず「この世界何?」に一番意識が向かないか? とは常々思っていたのでした。これは、僕の個人的な志向性でしょうか。

 そんな感じで、サブコピーも「――全員分の居場所を見つけるために、二人の少女は世界の秘密を解き明かす。」にとりあえずしてみました。

 流行の方向(現実からの逃避とリンクした異世界の満喫?)とは違う感じですが、ただこの作品、最近時々書いてる、来年くらいから僕本体がやってみようかな〜と思ってる(現実の)活動とリンクしてたりもして、もう、自分なりの核心がある世界を伝えていくしかないかなとも。

 今日はコンテストの参加手続きのために、日付変わるまで起きてるぞい。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 昨日はちょっと更新できなかったので、昨日(木)の分のコラムを本日(30日)金曜日に、「アイトラッキングの技術とAI、VR/ARにおける言語学の出番」と題して一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■アイトラッキングの技術とAI、VR/ARにおける言語学の出番

 相羽です。

 ちょくちょく書いてる、年明けくらいからやってみようと思っていること。

 最近の技術に関して包括的な知識が必要になるので、色々と勉強しているところです。

 今回はVRにおける「アイトラッキング」について。

---

 ライトから微弱な赤外線を目に照射して、赤外線センサーで動きをとらえます。それにより、眼球の動き、まばたき、画面の遠くにあるものを見ようとしているのか、近くを見ようとしているのかという微細な違いまで把握することが可能になります。

 新清士『VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK出版新書)より

---

 日本が拠点でVRヘッドマウントディスプレイを開発したりしているフォーブ社が強い部分です。

 アイトラッキングによってユーザーの「感情表現」を仮想空間で可能にしようとしています。

 実際、

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新アイトラッキングの技術とAI、VR/ARにおける言語学の出番/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 最新のメインストーリーが配信されるので集中して『FGO』やるぞいって言ってたんですがw

 は昨日無事クリアいたしました。

 虚淵玄氏の最新のテキストによる物語を、二日くらいかけてじっくりと読むという充実した時間でした。めちゃめちゃ面白かったです。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は今日30日(金曜日)の17時に、第二部の序章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。

 第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 コンテストもはじまるので、色々策を講じていこうと思います。そう、なんかピックアップすり抜けで宝具Lv.3になった、諸葛孔明さんのようにね!(え)

 また!

カクヨムコン4、漫画メディアとキャラクターとVR/AR、FGO

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第九章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 土曜日(12月1日)からは、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 にも参加いたします〜。

 金曜の夜は参加手続きのために、日付変わるまで起きてないと。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(27日)火曜日も、「漫画(物語&キャラクター)とVR/ARにまつわる最近の話」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■漫画(物語&キャラクター)とVR/ARにまつわる最近の話

 相羽です。


 「マンガタリ」さん

https://mangatari.jp/


 のミーティングなど。

 なんか、去年あたりから時々僕がライターの一人として書いてる謎のメディアくらいに思われてるかもしれませんがw 来年あたりから、オオっって思って頂けるようなことが増えてくるかもしれません。

 既に月間PV数とか、オオってくらいのメディアになってるのですが、もうちょっと分かりやすい意味での、オオって感じになっていくと思います。

 去年くらいからの、ある意味泥臭い初期のスタートアップ期を追ってくれていた方は貴重というか、勉強になったりしたんじゃないかとも思います。

 メディアを作る時って。


・完璧で洗練されたものを作ってからスタートしよう

→あんまり上手くいったケースを見たことがないです。大資本が運営するとかならまた別ですが。


・「ブサイクスタート」でもはじめてみて、少しずつ改良していく

→気がつくとけっこうなメディアに育ってたりします。個人や小規模、中資本運営とかなら作戦としてはこっちという気がします。自分事になりますが、僕のブログなどもこっちのパターンですね。


 話題のAI(人工知能)をはじめ、VR/AR(からのMR)とか、技術が色々なものを大きく変えていくまさにその時に僕らは立ち会ってる感じなのですが、「ライター」みたいな仕事も、ちゃんとしてるところはもう「次」に向けて動いております。

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新漫画(物語&キャラクター)とVR/ARにまつわる最近の話/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 今日は夜に、

 を観る予定ですw

 『FGO』第2部第3章、今日の夜からもう配信だと、生活、仕事とかのタイミング的に明日をFGO休暇にするのが個人的にちょうど良かったりするのですが、どうなりますかね〜。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日28日(水曜日)の17時に第十章(第一部のラストの章!)が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 また!

自由競争の限界について:「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」に参加いたします

 相羽です。

 お知らせ。


新作長編異世界ファンタジーSF小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 で、

 12月1日(土)よりはじまる、


「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」


 に参加いたします。

 京アニ大賞に応募して落選した作品を加筆・改稿したものなので、最近僕がハマった作品のキーワード的には「アタシ 再生産」であり「ゾンビランドアイバ」ということで、今年のノリの集大成で12月はいくぞい、という感じです。

 どうでしょう。

 「カクヨムWeb小説コンテスト」は2016年の第1回の時も小説『非幸福者同盟』で参加していて、確か最高で読者選考期間中のコンテストのジャンルランキングの50位とかそれくらいに表示されるくらいまでいって、結局読者選考は通過できなかったのでした。

 今度はもうちょっとちゃんと準備して、新作でもう一回参加してみるかたちとなります。今回は、ちゃんと読者選考期間が終わる来年一月の終わりに、作品も完結するようになってるのでしたw

 同じKADOKAWA系列の賞(土台にあるのは自由競争)に自分も参加してみると言っていて、自己矛盾にもみえるかもですが(実は、論理学の捉え方、一般的に「論理」と言われるものをメタ論理的にどこまで想定するかによっては矛盾ではない)、それにしても競争で勝ち残った一部に大部分が集中しているなと。

 もう一つ、時間が間に合うようだったら僕も短編を応募してみたいと考えている、こちらの「カクヨム」さんの企画。↓

 アーティストの「X→LIST+(エックスリストプラス)」さんがYouTubeに投稿されてるメル・アイヴィーという架空のキャラクターをコンセプトとした曲、とてもイイです。

 こちら↓

 とか、今、僕は毎日聴いています。

 ただ、それでも再生数は現在400程度(この動画単体の場合。投稿されてる動画全部の総再生数だともっといきます)。テキストと動画を一概に比較できませんが、僕のブログの一日のPV以下です。(自慢したいとかじゃなくてね。実感をともなって比較できる一番身近なものが自分のメディアというだけで)

 競争をかなり上まで勝ち抜いて大部分(主にはお金とか広報リソースとかですが)が集中するステージまでは入らないと、たとえば商業のKADOKAWA系列の「カクヨム」さんとタイアップしたとしても、再生数的にはこれくらいなんだなと。

 現在、淘汰の末に様々な要因で勝ち残った『やがて君になる』や『ソードアート・オンライン(SAO)』などに人もお金も祝福も一気に集中しているのですが(そしてもちろん『やが君』も『SAO』も素晴らしい作品なのですが)、こういった一握りの勝者に全てが集中する力学を東浩紀さんの『ゲンロン0 観光客の哲学』では「スケールフリー(統計学では「べき乗則」)」の概念で捉えています。WEBを例にしてみると、ごく少数の強いページ(ハブ)に膨大な数のリンクが集中している一方で、大多数のページにはほとんどリンクが張られない。続きを読む

虚構の力を現実の問題を解決する力に変換する

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第八章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 おお、少しずつフォローしてくださる方とか、ハートマーク付けてくれる方とか増えてきていて嬉しい〜。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(24日)土曜日も、「無意味かもしれない虚構で現実の介護の問題を解決していく作戦」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■無意味かもしれない虚構で現実の介護の問題を解決していく作戦

 相羽です。

 東日本震災以降、虚構(二次元キャラクター)に耽溺してきた僕らの歴史に意味はあったのかということを考えてきたのですが、七年八か月ほどに及ぶ思索と研究の末、ようやく意味があったことを現実に助力する形で証明する目処(仮説)が立ってきました。

 これから、仮説を実証していきたいと思っています。

 虚構、たとえば小説とか漫画とかアニメとかゲームとか、もうそんなこと言ってる場合じゃないんじゃないの? という感覚は2011年〜2012年頃の僕に色濃くありました。

 ある程度、きっと意味はあったはずだ、もう一度やってみようと思えるようになったまでの過程は、AmazonさんのKDPから2013年に出した『ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯』という電子書籍にまとめております。

 で、今回はその発展編です。

 虚構(二次元キャラクター)の力を使って、本当に現実の問題を解決していきます。

 まず取り組もうと思ってるのは、介護の問題です。

 防災、も考えたんですが、どうも介護の方が、僕自身が十四年以上母親の介護をやってることもあり、僕の本質に根差した対象であるようです。

 超少子高齢化ですが、震災の時と同じパターンで、介護の問題を解決しておかないと、僕らは小説とか漫画とかアニメとかゲームとか、やってる場合じゃない……となってしまいます。もう、なってる人も多いです。

 そこで、これまでの歴史で積み重なってる虚構力(のようなもの)を変換して、介護の問題を解決していく一助にするという作戦を仮説として考えています。

 今までは、コンテンツとかキャラクタービジネスを海外向けに展開して、そうして手にしたお金を介護の現場に分配していく……みたいなのを考えていたのですが、今回はもっと直接的な方法です。

 どういうことかというと……

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新無意味かもしれない虚構で現実の介護の問題を解決していく作戦/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 ちと、まだ準備中の初動の初動という感じですが、FANBOXの方にはけっこう書いちゃってます。

 言語学(認知科学)をやってた14年前の力と、虚構と向き合った14年後の力を合わせて、14年間の介護生活の経験も合わせて、世の介護の問題を解決していこうか〜というような話なんですが、まだ勉強しながら仮説を検討してるような段階なので、色々話し始めるのはもうちょっと後で。

 仮説を検討していった結果、どうにも無理そうだとなったら、話自体しなくなりますがw

 年明け辺りから、ちょっと動こうかな? と思ってるような段階です。

 介護の問題を解決しないと、もうプリキュアとかも観ていられなくなりますし、漫画家さんは漫画を描けなくなってきますし、VTuberさんも動画とか撮ってる場合じゃなくなってきてしまいます。(広義で、何らかの意味・状況で介護が大変過ぎて)

 ちょっと、まだオープンにはほとんど何も書いていない状況ですが、クラウドファンディングとかいろんな可能性を検討しております。今だとpixivFANBOXに入って頂くのが一番ありがたいです。たぶん、初動の初動の初動だけでも100万円くらいは集める必要が出てくると思うので。

 小説『少女輪廻協奏曲』も前フリみたいな位置づけなんですね。

 コンテンツとしての作品自体も、ストーリーも、こういうことか、となって頂けるんじゃないかと思います(まだ序盤の序盤を公開してる段階ですが)。なので、もうちょっと読まれるようになってほしいんですけどねw

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明後日26日(月)の17時に第九章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。第一章(8000字くらい)以外は短い文量(1000字〜3000字くらい)なので、サクサク読めますよ!

 また!

ヌルっと宇宙を出していこう

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第七章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 色々勉強したり準備してるもろもろについてもそろそろお伝えしていきたい感じですが、まずは小説の序盤の方をよろしくお願いします。徐々に、面白くなってくるヨ。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(22日)木曜日も、「フォーマット化を拒否すること」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■フォーマット化を拒否すること

 相羽です。

 色々な活動が上手く行きはじめてくる頃に出会うのに、「フォーマット化」の要請というものがあります。

 特に、商業、そんな大々的じゃなくともお金を頂いて仕事するくらいに上手く行きはじめた頃、仕事の依頼主とか編集さん的な人から、(ざっくりとは)「求められてるニーズに応えるために、こういうフォーマットに当てはめるように修正してください」みたいなことを言われることがあります。

 これは、ちょっとクリエイターっぽい仕事をしたことがある人には、「あるある」だと思いますw

 で、「フォーマット」、別の言い方をすると「テンプレ」ですね。確かに、このテンプレートに合わせて書くとある程度読者さんが喜ぶ(=ニーズを満たす)のと相関がある……という「フォーマット/テンプレ」はありますから、別に悪い話ではないのです。むしろ、依頼主さんとか編集さん的な人の立場に立ってみるなら、打率を上げるため(=ニーズに応えて読者さんに買って頂くため)に当然の修正依頼とも言えるかもしれません。

 ただ、ここで気をつけないといけないのが、僕らみたいなちょっとクリエイティブというか、物つくりしたいみたいな人は、そもそもとして「世の『フォーマット』をブっ壊したいという原初欲求が創作衝動の源である」ことが多々あるということです。

 世に蔓延る「フォーマット/テンプレ」が気にくわない(あるいは、そういった「フォーマット/テンプレ」の押しつけのせいで過去に心に傷を負った経験があるみたいなクリエイターさんも多いですね)、だから私がブっ壊して、新しいものを世界に出現させてやる! というのが創作の原初衝動だったはずなのに、なんか、上手く行きはじめたら周りが「フォーマット/テンプレ通りにやれ」と言ってくる……。

 この矛盾に陥って、全てをぶっ壊したいみたいな創作衝動がある、でも編集さんとかは「フォーマット通りにやれ」と言う、編集さんとかが間違ってるわけないしなあ、アレ? 私、どうすればイイの? そもそも何が作りたかったの? みたいに混乱してきて、書けなくなる(創れなくなる)クリエイターさんみたいなのは、けっこう見かける気がします。

 こういう混乱をブっとばすにはどうすればイイかというと……、

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新フォーマット化を拒否すること/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 『少女輪廻協奏曲』も、いちおう「カクヨム」さんでは「異世界ファンタジー」ジャンル(フォーマット)で登録してますが、実態はどうひっくり返っても世界中で僕にしか書けない小説ですねw

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日23日(金)の17時に第八章が公開となります。読んでやって頂けたら喜びます。

 また!

AIとかVR/ARとか線形代数の本とか読んでるよ

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第六章も公開しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 おお、なんかPV数も増えてきている!? ありがとうございます。

 わりと、ここから色々展開していきますので、ブログなりTwitterなりチェックしておいて頂けたらと思います。

 『少女輪廻協奏曲』小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(20日)火曜日も、「最近読んだ本(2018年11月20日)」というコラムを一つ更新しております。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■最近読んだ本(2018年11月20日)

 相羽です。

 最近また、本を読んでいます。

 一番読んでたのは大学〜大学院時代ですが、熱量的にはその頃にせまる(?)くらいのノリです。

 というのも、ちょっと学問的なことも、またやっていこうかな〜と思ってたりしまして。

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新最近読んだ本(2018年11月20日)/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 けっこう今回はたくさんの本を紹介しておりますが、中でも、



 とか、最近の僕の興味wっぽいですかね。

 『少女輪廻協奏曲』は、これからの初動という感じです。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日21日(水)の17時に第七章が公開となります。さらに盛り上がってくる(?)ので読んでやって頂けたら喜びます。

 また!

個人メディアの変遷

 相羽です。

 誕生日の次の日ですw

 昨日、ブログで誕生日の記事を更新した分pixivFANBOXを更新しておりませんでしたので、本日更新いたしました。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

■裏・誕生日〜肩の力を抜いた話

 相羽です。

 昨日(17日)は僕の誕生日だったりしたのですが、

 ブログ↓


●誕生日です

http://aiba.livedoor.biz/archives/52423179.html


 で書いた話以外の話もこちらでちょっとだけ。

 毎年、自分の誕生日は「親に感謝する日」という位置づけにして、自分のお金でケーキを買って親と食べるというのが定番だったのですが。

 昨日は、ケーキのお金は母親が出してくれたのですよ。

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新裏・誕生日〜肩の力を抜いた話/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 そして、毎回配信する度にブログの方でお知らせもあんまりしなくなっていたのですが、「まぐまぐ」さんでのメルマガも本日(というかちょくちょく)出しております。

 興味がありましたら、こちらから登録して頂けたら喜びます。最新の一号分だけは、バックナンバーページで無料で読むことができます〜↓


創作者のためのマーケティングエッセンス/まぐまぐ


 FANBOXにメルマガにと、最近は今までよりもさらに有料のメディアも織り交ぜてる感じですが、近ごろ感じてた個人メディアの変遷について軽く。

 ネットの個人メディアの歴史、めっちゃざっくりとは、


 ホームページ〜ブログ(オープン)
 ↓
 mixi(クローズド)
 ↓
 TwitterとかFacebook(オープン)


 ときたと思うのですが、これが、また「クローズド」のターンになってきてるんじゃないかと。これは本当ここ1年、2年くらいでキャッチし始めてる人はキャッチし始めてる事柄というか。どうでしょう。今、2015年、2016年くらいとかとは全然違う世界になってきたな感を感じては、おられるでしょうか。

 既に、最近のTwitterは何かイマイチだなと感じてる方もけっこうおられると思うのですが、これは、心ある人(?)は最近はもうメインのコンテンツはTwitterに書かないで有料メルマガとか、それこそpixivFANBOXみたいなのとか、自分の有料個人メディアに書いてるからというのもあるかと思います。

 フと真顔になってみると、あのイラストレーターさんの本気絵とか、あの人の本気テキストとか、今まで何でTwitterで見られたんだ? という部分もあり、しばらく、こっちのターンになるかなぁという気がしてきております。

 pixivFANBOXが大手のインフラになっていくかはともかく、おそらく、何らかのそういう有料で小規模コミュニティを個人が運営していく……みたいなサービスがしばらくくるかな、と思ったりしているのでした。

 ではでは。

 小説『少女輪廻協奏曲』は次は明日19日(月)の17時に第六章が公開となります(こっちは、今のところフリー公開です〜)。まったりと三か月ほどはお付き合い頂けたら喜びます。

 また!

誕生日です

 相羽です。

 本日は誕生日なのです。

 母親が僕を産んだ年齢と同じ年齢になってしまいました。

 母親がこういう身体(からだ)になったことに対して、仇討ちをしたい気持ちが自分にあるのに気づきまして。

 ある程度ダークな感情ですから、自分でも揺れがある感じです。まあ、そんなに気にしてもしょうがないと思ってる時もあるし。いや、身体が不自由な人でも幸せに生きられる世の中じゃないとおかしいでしょと強く怒りのような衝動を感じる時もあります。

 仇討ちっていうくらいですから、心の奥の方には、どこか世の中を憎んでいるような部分もあります。

 しかし。

 仇討ちするっつっても、愛という武器でせにゃいかんですよな。

 あるいは、幸せでとか。喜びでとか。

 『少女輪廻協奏曲』が終わったら。さらに『非幸福者同盟』と『夢守教会』も終わったら。

 その後も僕が生きていられるようだったら、どこかのタイミングで、僕の「家族」のことを書いた小説を書かなきゃならんかな、と思っていたりします。一九八〇年代末が舞台の。もう、大まかなプロットはあったりするのですが。

 理想は、死ぬまでに世界に全員分の余裕をつくってみたいものですが、中々世の中そう上手くいかないものだというのは骨身に染みているのでw、まずは一日一日を丁寧にやっていくことだよなぁと思っております。

 いつ死ぬか分からないので、気がついた喜びとかをその時しみじみと味わうことがイイんだろうなと最近は思ってるのでした。

 生まれてこの方。もうちょっと焦点を絞るなら、母親の介護生活をはじめてから14年、震災から7年、色々とご助力頂いてありがとうございました〜。

 お祝いとかして頂けるようでしたら。↓


新作長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』/カクヨム

 小説、読んでくれるだけでも嬉しいです。それが、祝い。 ショウセツ ヨンデクレタヒト ミンナ トモダチ シロクマ ウソツカナイ。


Amazonさんの「ほしい物リスト」

 贈って頂けたりするようでしたら。リストにないものでもウェルカムです。


pixivFANBOX

 入って頂けたら一番嬉しいですが。

 『少女輪廻協奏曲』連載中の来年一月までは、基本火、木、土とタイムリーに更新していくので、その三か月だけでも。

 いちおう、その後も続けようかなと現時点では思っておりますが、そのためにもある程度の人数に入ってほしいなという感じです。目標はまずはFANBOXの会員(?)40人を掲げております。

 ではでは!

需要がないという需要を逆説的に出現させる

 相羽です。

 新作長編異世界ファンタジー(SF)小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』、「カクヨム」さんでWEB公開を開始しております〜。昨日は第三章も更新しております〜。↓


●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558


 本日は、ジャンル別の「異世界ファンタジー」部門で420位でありました。

181113ranking

 ありがとうございます。

 キャッチコピーを変えてみました。この辺りは、どちらのコピーがよりPV数に繋がるか、ミニマルペアで比較して、わりとロジカルにやっていきますw

 「カクヨム」さんのユーザーの方々が立てている「自主企画」にも入ってみました。


尊い物語をあなたに…… 【百合(Girls Love)小説オンリー企画】


 とかにも入ってみちゃった。

 『少女輪廻協奏曲』は「百合」なのか? と言われると「百合」の定義によるとしか言いようがない感じなのですが(苦笑)、まあノギクとヴェドラナのバディがどう世界と向き合っていくか、みたいなお話であります。

 小説の本編は月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新なのですが、

 火、木、土もpixivFANBOXさんで月額500円の「ベーシックプラン(現在プランはこれだけなので、これに入っておけば間違いないです)」支援者様向けのコラムを(最低でも)この三か月は更新していく予定です。

 本日(13日)火曜日も、「87歳になる伯母と話す『楽しく百歳、元気のコツ』について」というコラムを一つ更新しております。

 お年寄りの伯母は、失礼ながら市場原理オンリーの価値観「だけ」だと「需要」がある存在とは言いづらいと思うのですが、僕は伯母と話してるととても優しい気持ちになれたりします。

 え? ということは、やっぱり伯母は(たとえば僕に)「需要」あるんじゃない? みたいな話です。

 そのままの市場原理の中では需要がない事柄、場所、存在の逆説的な需要をブーストさせて世界に届けていくというのが震災以降の僕の一つのテーマですので(このことは『妹の紋章』の琴美編で書きました)、まあ最近考えていたことを読んで頂けたらと思います。

 今日のやつの出だしはこんな感じです。↓


---

87歳になる伯母と話す『楽しく百歳、元気のコツ』について

 相羽です。

 今日は今月で87歳になる伯母の家に行ってきました。母親の生家でもあります。

 吉田久子さんの『楽しく百歳、元気のコツ』という本を伯母が読みたいと言っていたのを、僕がネット通販で買って届いたので、届けに行ってきたのです。

 私自身が100歳まで生きられるとは思ってないけどw、100歳の人がどういうこと考えて暮らしてるのか気になったの(伯母)、とのこと。

 失礼を承知で、市場原理の価値観「だけ」だと老齢の伯母は自由競争社会の中で「需要」がある存在とは言い難いです。市場原理の中で「需要」がある人とは、スーパーアイドルとか、スーパー起業家とか、そういう人ということになってしまいます。(ざっくりとは、ですヨ)

 ですが、震災の頃、僕はむしろ「需要」がない存在というのが、自由競争社会の中で自分の「需要」を求めて過酷競争の中で狂騒し過ぎてる者たちにとっては、逆説的に「癒し」のようになって実は(ちょっと従来の意味とは違う意味で)「需要」があるということに気づきました。

 あなたも、この人、別に(従来的な意味での)市場価値とかない人なのに、なんだか一緒にいるとホっとするなぁという人に出会ったことはないでしょうか。

 場所とかでも、別に大勢の人が集まる(「需要」がある)人気スポットではないのだけど、私にとってはそこを散歩していると穏やかな気持ちになれる何気ない街角のような場所、あったりはしないでしょうか。

 87歳になる伯母も僕にとってはとても話していて穏やかになれる人で、ちょと仕事とかいっぱいいっぱいになりつつ、体調とか崩しながら無理やり頑張ってた頃に、伯母に、「明日やればイイことは、明日やればイイの〜」とのんびりと言われて、とてもホっとしたことがあるのを覚えています。

 そんな感じで、僕は特に震災以降、従来的な市場原理の中では「需要」がない存在の逆説的な「需要」を掘り起こして世界に出現させる……ということを意識してやっています。

 たとえば、

(つづく)
---


 続きは、pixivFANBOXで!↓


<NEW>:本日更新87歳になる伯母と話す『楽しく百歳、元気のコツ』/pixivFANBOX(月額500円支援者様向け記事)


 既にベーシックプランに入って頂けるとけっこうな数のコラムが読めます。とりあえず、新作長編小説連載期間の三か月だけでも入ってみて頂けたら喜びます〜。

 それでは、『少女輪廻協奏曲』は次は14日(水)の17時に第四章が公開となります。まったりと三か月ほどはお付き合い頂けたら喜びます。

 ではでは。また!

・なんか、読むとホっとする本でした↓

楽しく百歳、元気のコツ
吉沢 久子
新日本出版社
2018-09-26

祝・完結

――全員分の居場所を見つけるために、二人の少女は世界の秘密を解き明かす。

 新作異世界ファンタジー(SF)長編小説『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』


 毎週、月、水、金の17時に一章ずつ、


カクヨム


 さんで連載中。

 火、木、土は、


pixivFANBOXさん(月額500円の支援者様向け)


 でコラムを更新中。

Special Advertisements

・2018年10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

→2018年12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×2。↓

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガタリ

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に虚構と現実と神話が行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2019年より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。



 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ